年代によってお肌のケアは違う!各年代それぞれのシミ、そばかすの原因・対策方法とは

噴水が見える公園で共に微笑む親子 そばかす

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

年代によってシミとそばかすが違うことを知っていますか。
今回は年代別による原因と対策を探っていこうと思います。
この記事を参考にしてシミとそばかすの予防をしましょう。
こちらでは10代から40代までのそばかすの原因と対策を見ていきます。

10代のシミ、そばかすの原因と対策

ジュースを持ってバスケットをしようとしている女子10代という若さでもシミ、そばかすができます。

原因

主な原因は紫外線や生活習慣、スキンケアなどです。

紫外線は浴びると細胞を守る為に体内でメラニン色素が作られます。
新陳代謝が正確に行われていればメラニン色素は排出されます。

紫外線量が多すぎたり、新陳代謝が上手くできていなかったりすると、メラニン色素が肌に残ってシミができてしまいます。
10代ですと、部活動や体育祭等で紫外線を多く浴びすぎていることも原因になっています。

メラニンとは
メラニンとは肌を守ってくれる重要な役割をしています。
メラニン色素を排出するには、肌のターンオーバーが正常に行われている必要があります。
古い角質や細胞が落ち新しい肌の生まれ変わりのサイクルのを肌のターンオーバーと言います。
このターンオーバーがうまく働かないと、肌トラブルを引き起こします。
ターンオーバーがうまく働かないのは睡眠不足や食生活の乱れ、生活リズムが不規則だったりするからです。

お菓子やインスタント食品等を頻繁に食べたりしていると、糖分の過剰摂取や栄養が不足してしまうことが多いです。
かといって栄養不足でも、肌が上手く再生されずにメラニン色素が残ってしまいシミとなってしまいます。

他にはクレンジングや洗顔の際のこすりすぎもよくありません。
肌への刺激もメラニン色素の生成を早めてしまい、シミの原因にもなります。
皮脂の分泌が多い為にそれをクレンジングで取り除くことを意識しがちですが、シミ予防に大切な保湿がいい加減になっている可能性もあります。

対策

このように原因は様々ですが、対策方法はあります。
今回は三つに分けて紹介いたします。

紫外線対策

1つ目は紫外線の予防方法です。
高校生でも日焼け止めクリーム日傘を使用している方は多いと思いますが、併せてアームカバーの使用をお勧めします。
プライベートならサングラスの着用もできるので紫外線から目を守ることは可能です。

授業で外に出る場合も日焼け止めを塗り、汗で落ちてしまう可能性もあるのでこまめに何度も塗りましょう。
建物の中にいても窓際やガラス越しに日焼けすることがあるので、室内にいるときでも対策をすると良いです。

食生活や生活習慣

2つ目は食生活や生活習慣の改善です。
過剰な糖質や質の悪い油、食品添加物が多いものは避けるように心がけることが大切です。

高校生や大学生は学校帰りや休日に友達と出かけて食べ歩きなどをすることもあるので、糖分などを避けるのは難しいかもしれません。
逆にたんぱく質ビタミンミネラルなどは摂るようにしましょう。
睡眠不足も原因になるので早寝早起きを心がけ、生活習慣を整えるようにしましょう。

スキンケア

3つ目はスキンケアをしっかりと行うことです。
美白化粧品は多くありますが、金銭的に買いづらいかもしれません。
そんな時は100均の美白化粧品を購入することをお勧めします。
また、プチプラ商品も多く販売されているので試してみてはいかがでしょうか。

シミ予防とケアにメラニン色素を排出することと保湿を行うこと、肌への不要な刺激を避けるためにクレンジング等を含む洗顔はしっかり泡立てて優しく洗うことが大切です。

10代から始める美白のためのスキンケアとは?10代が抱えている肌トラブルとおすすめの美白化粧品とは?

20代のシミ、そばかすの原因と対策

オレンジの上着を着て仕事に没頭している20代女性次は20代の肌対策です。

原因

20代でできるシミは紫外線によって起こる一般的なシミや長時間に渡ってできるシミ、遺伝的なそばかすがあります。

20代でできるシミ、そばかすは老人性色素斑や花弁状色素斑、遺伝的なそばかすの3種類です。

老人性色素斑紫外線によって起こる一般的なシミ
花弁状色素斑海やプールやスキー等で長時間にわたって紫外線を浴びてできるシミ
遺伝的なそばかす色白で皮膚が薄い人に見られるそばかす

こういったシミやそばかすは、紫外線による光老化(紫外線を長年にわたって浴び続けることで引き起こされるもの)が起こりやすい色白の人に見られます。

対策

対策は早めに美白化粧品を使用したり、日焼け対策をすることが大切です。

美白化粧品はビタミンC誘導体コラーゲン、スクワラン、ヒアルロン酸などが配合された物を選んでみましょう。
ビタミンC誘導体はメラニンの生成を促進し、新陳代謝が上がりメラニンの排出を助けてくれますから、シミ対策に有効です。
敏感肌の方は肌に優しいタイプの物を選びましょう。

日焼け対策はこうした化粧品の他にも帽子日傘も使えます。
紫外線は夏だけでなく、1年中降り注いでいますよ。

また、20代後半からターンオーバーが遅くなるので、乱れがちなターンオーバーを正常にしましょう。
その為には食事や生活習慣を見直してみましょう。
食事としてはここでも肉や魚、大豆製品などのタンパク質、美肌を作るビタミンCを摂るのがおすすめです。

まだ早いと思っていると何十年先になって悩むことになりますので、早いうちからケアしていきましょう。

20代からのケアが大事!20代がシミ・そばかすを消すのに行う肌ケアはどんなこと?

30代のシミ・そばかすの原因と対策

青いセーターとシャツでバリバリ仕事をしている30代女性今度は30代の肌の原因と対策を見ていきましょう。

原因

30代でできるシミやそばかすの原因は紫外線対策の不十分と肌の新陳代謝能力の低下、ホルモンバランスの乱れ、ストレス等です。

紫外線対策が不十分とは、10代や20代の時に紫外線対策を十分にしてこなかった為に多くシミやそばかすができることです。
年を取るとターンオーバーが遅くなってしまい、追いつかなくてシミやそばかすになってしまいます。
出産してホルモンのバランスが乱れてしまってシミになるケースもあります。

他にも身体を酸化させる原因がストレスで、それによって活性酸素が増えることでシミになります。

活性酸素とは
活性酸素とは体内に侵入した細菌やウイルスなどの敵からの攻撃からカラダを守るために、白血球が作り出す物質です。
1つの細胞がサビると、その細胞は次々に周りの細胞を酸化させていきます。
また、たばこやアルコール、排気ガス等でもシミやそばかすになります。
また、真面目な人ほどストレスを抱えてしまうので、頑張りすぎないようにしましょう。

対策

対策としては紫外線対策を正しいスキンケアや保湿を十分に行い、規則正しい生活を送りストレスを抱えない生活をしましょう。

また、30代でしたら美白化粧品内側からケアする成分を摂取してみるのも一つの手だと思います。
できてしまったシミには、前の項目で挙げたビタミンC誘導体と肌の漂白剤とも言われるハイドロキノンが効きます。

しかし、ハイドロキノンはメラノサイトの活動停止の働きをしてくれるものの、副作用が強いので皮膚科を受診することが必要です。
予防にはメラニンの生成を抑制してくれる、アルブチンプラセンタエキス、メラニンを作る細胞であるメラノサイトの活性を抑えてくれるトラネキサム酸が必要です。
アルブチン
アルブチンはメラニンを作る際に色素沈着の抑制をしてくれます。
また、肝斑にも効果があります。

そして、プラセンタには3つの作用があります。

作用効果説明
血行促進作用血行を早めることで肌の細胞の隅々まで栄養を届け、肌のターンオーバーを促し、美肌の再生を助けます。
さらに、肌の老廃物を押し流す重要な役割もあります。
抗酸化作用メラニンの生成を抑制してくれる他に、肌のハリ・弾力を支えるコラーゲンのダメージを抑制してくれる作用があります。
線維芽細胞増殖線維芽細胞は美白を手に入れるには欠かせない細胞です。
プラセンタは線維芽細胞の増殖を早める働きがあり、美肌成分の生成を助け、内側からハリと潤いが溢れ出る肌を手助けします。

そして、内側からのケアにはこのような成分が必要です。

  • ビタミンA
    (ターンオーバーを正常にし、促進してくれる)
  • ビタミンC
    (シミを消す)
  • ビタミンE
    (活性酸素から肌を守る)
  • L―システイン
    (メラニンの生成を抑制してくれる)

30代女性に美白を目指すスキンケアの方法をご紹介!くすみ、シワのメカニズムから対策まで

40代のシミ、そばかすの原因と対策

黒いセーターと白シャツでかっこよく仕事している40代女性最後は40代のシミ・そばかすについてです。

原因

40代のシミは紫外線によって起こる一般的なシミと、女性ホルモンのバランスで変化がおきる肝斑です。
一般的なシミは老人性色素斑とも呼ばれます。

老人性色素斑日光性色素斑や日光性黒子とも言われています。
加齢や紫外線によって起きます。
40代では顔の他に手の甲、背中等にも出ます。
輪郭がはっきりしており、濃いのが特徴です。
肝斑女性ホルモンのバランスの変化で起き、淡褐色のシミが頬骨に沿って左右対称に同じ大きさで表れるのが特徴です。

対策

対策は正しい洗顔を行うこととご自身に合った化粧品を選ぶことです。
洗顔はどの年代でも必要かもしれませんが、40代になるとさらにお肌の乾燥が進むからです。
今一度正しい洗顔方法を身につけて、水分を肌に浸透させましょう。

洗顔方法

  1. 手に付いた雑菌を洗い落とします。
  2. 洗顔前にホコリや汗をぬるま湯で優しく洗います。
  3. 泡立てネットを使用し、きめ細かい泡を作ります。
  4. ぬるま湯を手に溜めて優しく20回~30回程度すすぎます。
    ぬるま湯の温度は32~34℃くらいです。
    すすぎ残しがないように注意しましょう。
  5. こすらずにタオルで優しく抑えるように拭き取ります。

40代の方への化粧品について、注目してほしいのは「コウジ酸」と「アスタキサンチン」です。
コウジ酸
メラニン生成のときに早いタイミングで直撃してシミができるのを防ぎます。
チロシナーゼの核部分の働きをストップさせ、シミを作らせません。
アスタキサンチン
大人の肌を取り巻く環境の中で、低下しがちなハリ・弾力をケアします。
若々しくいきいきとしたハリや弾力を与える天然保湿成分です。
その他にも40代の方への化粧品は次のことを注意して選びましょう。

  • 天然素材が多いものを選びましょう。
    肌が本来持っている力を引き出すことが大切です。
  • 金額的に負担にならないものを選びましょう。
    出費が重なりストレスになる可能性があるからです。
  • パッチテストを行いましょう。
    合わないと皮膚が炎症したりする為、自分にあったものを探すことが重要です。
  • 心地良いものを選ぶことです。
    使用感がよくないと使用続けることが困難になる為です。
  • 広告に惑わされないことです。
    パッケージや広告に惑わされて買ってしまうと自分に合わない可能性も出てきますので、ご自身の肌に合った化粧品を選ぶようにしましょう。

今度は40代に必要な保湿の方法をご紹介します。
保湿の方法

  1. 化粧水を優しく肌になじませます。
    肌に優しい化粧品を選び、肌を包み込むように押さえて浸透させていきます。
  2. 美容液は優しく指の腹を使い数ヶ所にのせていきます。
    (乾燥している肌の場合は敏感肌になる可能性があるので、肌に優しい美容液を選びましょう。)
  3. 高い保湿力がある肌に優しい乳液やクリームを選んで油分を補いましょう。
    両手に乳液またはクリームを広げ、優しく大きな円を描くように顔の中心から外側へ、頬、おでこ、顎、鼻の順番でなじませていきます。

40代女性必見!気になり出す40代からのシミ・くすみの原因と対策をお教えします!!

各年代ごとのシミ・そばかす対策を

紫外線対策にサングラスをかけて散歩する親子今回は10代から40代のシミ、そばかすの原因と対策を紹介しました。

全てに共通することは食生活や生活習慣を見直して、ターンオーバーを正常化にすること、そして紫外線対策を徹底することです。
特に40代になってくると保湿の方法が変わってきますので、正しい保湿の方法を知ってケアしていきましょう。

10代のうちから紫外線対策やご自身に合った化粧品を使用していれば、40代になった時にシミやそばかすに悩まなくて済みます。
実践して自分に合うケアを探してみましょう。

 

シミ・そばかすを消したい!シミやそばかすのメカニズムとその改善方法まで

スキンケアでそばかすを消す「そばかすスキンケア」の方法とは?

おすすめのそばかすアイテムはこちら
ホワイピュア薬用美白クリームでシミ・そばかすをシャットアウト!!

シミ・肝斑・クスミを狙い撃ち!美白クリーム プレミアムベルエタンセル

30代40代のシミに『葡萄樹液ホワイト11』口コミから有効成分まで徹底解説!