ビタミンはシミと美白に効く!?ビタミンCはお肌に良いかを解説します

グレープフルーツを持っている女の子 美白

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

皆さんはシミを防いだり、美白肌を目指したりする際にどの様な成分を摂っていますか?
よくお肌のためにはビタミンが良いと言う事でフルーツやサプリメントをすすめられたりします。
世間的に推奨されているビタミンはどの様な点でシミや美白に効くのでしょうか?
今回はビタミンに焦点を当ててシミや美白に本当に効果があるかどうか解説していきたいと思います。

ビタミンの種類

私達が日々摂取している栄養素にビタミンは欠かせないものであり、身体のバランスを整える上で必要な栄養素になっています。
よく野菜やフルーツにこのビタミンが多く含まれていますが、このビタミンには幾つか種類があります。

ビタミンとは

カボチャ、パプリカ、ほうれん草などのお野菜

ビタミンは人が健やかに成長するため、健康を維持する働きを持っています。
エネルギー源や身体を作る成分ではありませんが、他の栄養素が上手く働く様に上手い具合に機械の潤滑油の様な役割を持っています

言い換えればビタミンが不足すると体内のビタミンも不足してしまい、様々な欠乏症が現れ、健康を維持する事が出来なくなってしまいます。
ビタミンは身体の内側からでは殆ど生成する事が出来ませんので、食べ物サプリメントから摂る事が必要です。

ビタミンの分類

ビタミンと一言で表していますが、ビタミンに分類される栄養素は何と13種類もあります。
その中でビタミンは大きく2つに分類する事が出来ます。

水溶性ビタミン

  • 水に溶けやすいが油には溶けにくい、尿などから身体の外に排出されやすい
  • 少量ずつ分けて頻繁に摂ると良い

【ビタミンB1、B2、B6、B12、C、葉酸、ビオチン、パントテン酸、ニコチン酸】

脂溶性ビタミン

  • 油に溶けやすいが水には溶けにくく、身体の中に蓄積されやすい
  • 油と一緒に摂ると吸収が良くなる
  • 摂り過ぎると過剰症を引き起こす

【ビタミンA、D、E、K】

ビタミンの種類

先ほどの項目でビタミンには、13種類も存在するとお伝えしました。
その13種類のビタミンをご紹介しましょう。

栄養素成分内容や特徴
ビタミンA
  • 皮膚や粘膜の健康維持を助ける
  • 視覚に良く効き、夜盲症や視力低下などを防ぐ
  • 不足すると骨や歯の発育不全、細菌への抵抗力が低下する
ビタミンB1
  • 皮膚や粘膜の健康維持を助け、炭水化物からのエネルギー生産に役立つ
  • 糖質の代謝がスムーズに行われるために補酵素として働く
  • 脚気や多発性神経炎、ウエルニッケ症候群(老年性痴呆症候群の一つ)を予防する
ビタミンB2
  • 特に脂質の代謝に深く関わっており、皮脂の分泌を調節する
  • 肝臓にも関わっており肝臓の働きを強めたり、毒物を解毒させる
  • 不足すると口角炎や口唇炎、舌炎などの口元の炎症が生じやすくなる
ビタミンB6
  • たんぱく質からのエネルギーの産生や皮膚、粘膜の健康を維持する
  • たんぱく質がアミノ酸に分解する過程で関わったり、ヘモグロビンの合成に必要な補酵素として働く
  • 不足すると皮膚疾患や神経障害、ビタミンB6反応性貧血になる
ビタミンB12
  • 赤血球の形成を助けてたんぱく質の代謝に関係する
  • 植物には全く含まれていないので、菜食主義者は不足しやすい
ビタミンC
  • 抗酸化作用を持ち、皮膚や粘膜の健康を維持させる
  • 血管や細胞間にあるコラーゲンを生成する際に必要
  • 風邪やアレルギー反応、壊血病を予防する
  • タバコを吸う方は体内のビタミンCが早く失われるので注意が必要
ビタミンD
  • 腸管からのカルシウムとリンの吸収を助け、骨の発育を助ける
  • 若い頃から不足すると骨軟化症や骨粗しょう症の原因になる
ビタミンE
  • 体内の脂質を酸化から守り、細胞の健康を維持させる
  • 筋肉の緊張を和らげ、末端の血液の循環を良くする
  • 抗酸化作用があり、ビタミンCと共に細胞に含まれており、活性酸素から細胞を守る
  • ビタミンAやカロチノイドなどの他の抗酸化物質の酸化を防ぐ
ビタミンK
  • 正常な血液凝固を維持する
  • ビタミンDと共にカルシウムによる骨の石灰化に関係し、骨粗しょう症を予防する
ナイアシン
  • 皮膚や粘膜の健康維持を助ける
  • 解毒や老化防止にも作用し、血管を拡張させる働きもある
  • 不足すると全身疲労や口内炎などの皮膚粘膜の障害が起きる
葉酸
  • 赤血球の形成を助け、貧血を予防する
  • ビタミンB12との組み合わせにより肺ガンの前段階である気管支上皮の異型を正常化させ、また子宮頸部の異型上皮の進展も防ぐ
パントテン酸
  • 炭水化物、脂質、たんぱく質の代謝に関係している
  • 神経中枢の発達を助け、傷の治りを良くする
  • 不足すると末梢神経障害が起きる
ビオチン
  • アミノ酸や脂肪酸を正常な代謝に不可欠であり、筋肉痛を和らげる
  • 人間の場合は腸内細菌によって作る事が出来る

どんなビタミンが美白にはいいの?ビタミンの種類と美白効果について解説!!

ビタミンCのシミへの効果とは

先述した通り、ビタミンと分類する事が出来る栄養素は実に13種類あるとお伝えしました。
ここではその内のビタミンCについて取り上げます。

皆さんはシミを治そうとする際、ビタミンCを摂ると肌が良くなると耳にしますよね。
このビタミンCという栄養素は本当にシミや美白に効果があるそうです

メラニンの生成を抑える

オレンジを持ちながら驚いている女性

化粧品の世界での美白という定義「メラニンを作らない、シミを予防する」という意味です。
ビタミンCはその定義通りメラニンの生成を抑制してシミを予防する働きを持っています。
ビタミンCはメラニン色素の元の酵素となるチロシナーゼの働きを抑制し、メラニン色素が生成されない様にしてくれます。

出来てしまったシミも薄くしてくれる

ビタミンCには黒色メラニンを白色メラニンに変えるという魔法の様な性質があります。
つまり、出来てしまったシミにも効いてくれるという訳です。
日焼けなどによって生じてしまったシミ以外にもそばかすニキビ跡にも効果があるそうです。

活性酸素を除去する

シミの元はメラニン色素が出来るからなのですが、もっと辿れば体内に活性酸素が出来るからなのです。
活性酸素が出来る理由は紫外線以外にもストレスやタバコ、アルコールといった生活習慣が挙げられます。
この様な活性酸素を取り除いてシミを予防してくれるのもビタミンCの役目です。

ビタミンCのこの様な働きのおかげでシワやたるみなどのお肌のハリが良くなったり、ストレスに強い肌にさせてくれたりするのです。

紫外線対策に効果的なビタミンとは?ビタミンエースって何?

シミと美白のため、効果的にビタミンCを摂取する方法とは

お肌に良い事ずくめのビタミンCですが、摂るのなら効果的に摂取したいですよね。
ここではシミと美白に対してどの様にビタミンCを摂取すればお肌に良いかを見てみましょう。

スキンケアとして化粧品から肌に塗る

クリームを目元に付けている女性

先ずは外側からビタミンCを取り込む方法です。
この方法についてはビタミンC誘導体をおすすめします。

ビタミンCという成分は水に溶けやすく、安定性も低く空気に触れると酸化もしやすいです。
こうした弱点を克服したのがビタミンC誘導体であり、肌の角質層への透過を良くして長時間活性を持続させる性質を持っています。

ビタミンC誘導体が入っている化粧品は化粧水美容液などです。
ビタミンC誘導体にも3つの種類があり、以下の様になります。

ビタミンC誘導体の種類

  1. 水溶性ビタミンC誘導体
  2. 油溶性ビタミンC誘導体
  3. 両親媒性ビタミンC誘導体

これらを挙げましたが、どれが良いかは最初の内は分からないと思いますので、先ずは両親媒性ビタミンC誘導体から選んでみましょう。
APPSと表記されているのが両親媒性ビタミンC誘導体の成分です。

食事やサプリメントから摂る

オレンジ、レモン、イチゴ、リンゴが入ったジュース

ビタミンを食べ物から摂る場合、1日の摂取目安量は決められています。
通常健康のためには100~200mg程度の摂取で良いそうですが、シミを消したいなどの美容のためには1日1,000mg以上必要だそうです。

具体的な食物とビタミンCの含有量は以下の通りになります。

食材100gあたりのビタミンC量

  • アセロラ 1,700mg
  • 赤ピーマン 170mg
  • 芽キャベツ 160mg
  • 黄ピーマン 150mg
  • 柚子 150mg
  • ブロッコリー 120mg
  • レモン 100mg
  • 柿 70mg
  • キウイフルーツ 69mg
  • いちご 62mg
  • みかん 32mg

そんなに食物から摂れないと言う方はサプリメントをおすすめします。
医学ではビタミンCを安全に取り入れても良い上限が決められており、1日2,000mg位とされています。

ぜひ、サプリメントも利用してみて下さい。
ただし、くれぐれもサプリメントのパッケージをよく読み、摂取量の目安は守りましょう。

ビタミンCを摂るにはどうすればいいの?美白効果があると人気のビタミンCサプリ

ビタミンCを扱う注意点とは

シミや美白に効果のあるビタミンCですが、幾つか注意点がありますのでご説明します。

敏感肌の方は化粧品に注意

先程ビタミンC誘導体の効能として化粧水や美容液を推奨しました。
ですが、これらの化粧品は敏感肌の方には気をつけなければいけません。
ビタミンC誘導体には保湿力が欠けており、若干の刺激もあります

敏感肌の方には申し訳ないのですが、ビタミンC以外の保湿効果の高い美容成分が配合されている物や敏感肌用と表記されているお肌が弱くても使用する事が出来る商品を選ぶ様にしましょう。

ビタミンCは水に溶けやすい

フレッシュなオレンジがたくさん重なっている写真

ビタミンCは水溶性ビタミンであり、水に溶けやすく熱でも壊れやすいです。
ですので、調理をする際も注意しなければなりません。

調理をする際、食材を大きめに切ったり、水にさらす時間を減らしたり、加熱する際にも出来る限り長い時間熱を加えない様にしましょう。

この様な調理の工夫でビタミンCの流失を減らす事が出来るのです。

毎日こまめに摂ること

ビタミンCは一定以上は体内に貯蓄する高知尾が出来ない様な特性を持っています。
摂取しても2~3時間で排泄されてしまうため、少量ずつ頻繁に摂る事が肝心です。
出来る事でしたら3食に分けて摂ってみましょう。

ソラレンが含まれているビタミンC

ビタミンCが配合されている食物の中にはソラレンというシミになってしまう物質がある事を忘れてはなりません。
ソラレンは少量の摂取ならば肌への問題はありませんが、沢山食べた際は紫外線を吸収させる事があります

美容のためにビタミンCを摂りたいと思う方は朝ではなく夜に摂った方が賢明です。

ソラレンが多く含まれている食材

  • レモン
  • オレンジ
  • グレープフルーツ
  • ライム
  • いちじく
  • きゅうり
  • セロリ
  • パセリ など

ちなみに、ビタミンC配合のサプリメントにはソラレンは配合されていませんのでご安心下さい。

フルーツを食べて紫外線対策をしよう!どんなフルーツが紫外線に効果的?

ビタミンはお肌の味方です

グリーンスムージーやフルーツジュースの出来を見ている女性

今回は美容におけるビタミンの働きについてを見てみました。

ビタミンと一言で言ってもその分類成分は13種類ものあります。
その中でも特にビタミンCはシミを薄くしたり、活性酸素を減らすなど美容に良い事が分かりました。

ビタミンCで美白をしたいという方法は外側からと内側からの2つのアプローチ方法があります。

  1. ビタミンCを肌に塗る
  2. ビタミンCを食事やサプリメントで摂る

ビタミンCを肌に塗るにはビタミンC誘導体という成分が配合された化粧品で摂り入れるのがおすすめです。
化粧水や美容液などで取り入れてみましょう。
ただし、敏感肌の方には刺激が強い可能性があるのでおすすめできません。

食事やサプリメントから摂る方法は、かなりの量を摂取しなければいけません。
食物摂取にはソラレンというシミになりやすい物質に、またサプリメントの場合は使用方法や摂取目安量に気をつけて摂り入れましょう。

ビタミンCを上手に活用して美白肌に努めていきましょう。

 

ビタミンC誘導体を含む美白化粧水とは?ビタミンCとビタミンC誘導体の違いとビタミンC誘導体は美白に効果はある?

ビタミンCの進化型、ビタミンC誘導体!ビタミンC誘導体配合美容液で美肌に!

おすすめの美白アイテムはこちら
然プラス生ビタミンシリカ導入シャワーの口コミは?完全無添加の速浸透で輝く肌に!

野田ハニーザクロジュースの効果・効能は?美容・健康・生理不順や妊活にもおススメ!

次世代型ドリンク「ラメリアプレミアムドリンク」ってホントに効果あるの?!