シミの予防とシミ消しに美白化粧水は効果があるの?シミの予防と対策におすすめの美白化粧水もご紹介!

ブロンドの髪の外国人女性の画像 美白

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

最近、シミができて困っている方はたくさんいらっしゃると思いますが、一度できてしまったシミはなかなか消えてはくれず厄介ですよね。
そんなシミを消すのに美白化粧水は効果があるのでしょうか?

シミの種類と美白化粧水

まずは、シミの種類と美白化粧水について説明していきましょう。
シミの種類は大きく分けて4つに分けられます。

日光黒子(にっこうこくし)

ほとんどシミが「日光黒子」で主な原因は紫外線が考えられます。

老人性色素斑や日光性黒子とも呼ばれ、濃褐色から淡褐色の色素で露出が多い部分、顔、腕、手、背中にできやすいシミです。

屋外での作業で紫外線を浴びている方は注意しましょう。

雀卵斑(じゃくらんはん)

皆さんが良く知るそばかすのことです。
大きさは数ミリですが丸い茶褐色の斑点が顔にでき、鼻や頬の辺りにできやすいと言われています。

原因は遺伝が多く3~4歳頃から出始め思春期を迎えると目立つようになってきます。
家族にそばかすのある人がいれば、なりやすくなります。

炎症後色素沈着(えんしょうごしきそちんちゃく)

化粧品、火傷、かぶれ、ニキビで肌の炎症が落ちついた後にできるシミで褐色をしていて、性別、部位、年齢は直接的な関係性はない、炎症が原因のシミです。

時間が経てば少しずつ沈着が薄くなっていきます。

肝斑(かんぱん)

特に女性の方に発症するケースが多いのが特徴で、主にホルモンバランスの乱れが原因です。
経口避妊薬や妊娠などで悪化し、女性ホルモンや紫外線が関係して発症するそうです。

薄い褐色で特徴は、頬骨に沿り左右対称にできるのですが、高齢の方にはなりにくいと言われています。
レーザー治療で治そうとすると逆に悪化を招きますので、気をつけてください。

シミのメカニズム

皮膚は内側の真皮と外側の表皮とに分かれていて、シミと関わりがあるのが表皮です。

表皮は「表皮細胞(ケラチノサイト)」と、表皮の一番下にある「色素細胞(メラノサイト)」で成り立っています。

肌は紫外線を浴びるとチロシナーゼと呼ばれる酵素が生成され、色素細胞でメラニンという色素が作り出され表皮細胞に渡され紫外線から細胞核を守っているのです。

皮膚の細胞にはターンオーバー(新陳代謝)があり、およそ28日のサイクルで新しい細胞へと変わっていくのです。
「垢落とし」と言い換えれば分かりやすいでしょうか。

紫外線で生成されたメラニンも、この周期で役割を果たし一緒にはがれ落ちていくのです。

ですが、色々な原因でメラニンが大量に生成されると、新陳代謝のサイクルが乱れ滞ってしまうと本来はがれ落ちるメラニンも滞ってしまい「シミ」となって肌に沈着するのです。

シミとなる根本の原因は紫外線の影響です。

紫外線を浴び続けると肌は大きなダメージを受けてしまい、皮膚細胞の再生能力の低下や、メラニンを排出する力が弱まります。

またストレスやタバコは老化を進行させる原因で活性酵素を増加させ、活性酵素はメラニンの多量生成を起こしやすくさせます。

過労や不規則な生活などで血行が悪くなっても、メラニンの排出が遅れシミになるのです。

シミが出来ているデッサン人形の画像
そのシミは、美白化粧水によってケアできるのでしょうか?

シミには4つのタイプがあることを説明しましたが、ここではどんな美白化粧水がそれぞれのシミを消す効果があるのかを探っていきたいと思います。

日光黒子
このシミを消すには、美白化粧水、ビタミンC、イオン導入、レーザー治療、フォトフェイシャル、ケミカルピーリングなどの方法があります。

美白化粧水は初期の段階であればシミを薄くさせることができます。

成分は、ハイドロキノン、ビタミンC誘導体、プラセンタエキス、エラグ酸やコウジ酸、マグノリグナンや4MSK、リノール酸やルシノールを含んだ化粧水を使うと良いかと思います。

ですが、シミの沈着が濃くなってしまうと改善させることは難しいでしょう。

雀卵斑
美白化粧水を使い、メラニン色素を作り出されるのを抑えられれば、そばかすを薄くすることは可能です。

ですが、遺伝的なものが多いため、効果が十分に発揮されないこともある場合も否定はできないと思います。

炎症後色素沈着
炎症性色素沈着のシミは、抗酸化作用や抗炎症作用が強いビタミンCが配合されたクリームや化粧水でケアをし、スキンケアもメラニン還元作用のあるハイドロキノンを含んだ美白化粧品を使うのも良いとかと思われます。

食べ物でしたらビタミン剤やサプリメントでビタミンCを取り入れるのも炎症性色素沈着のシミを消す効果があるのです。

肝斑
肝斑には、トラネキサム酸が配合された美白化粧水を使うことをおすすめします。

1979年から30~40歳の女性に多かった肌悩みの肝斑の改善に効果があると発表され、肝斑の治療にも用いられるようになりました。

肌が炎症を起こすとプロスタグランジンというメラニン色素生成を誘導する因子の発生を抑え、そばかすやシミを防ぐ美白効果があり医薬部外品として厚生労働省から2002年に認められた美白成分です。

4つのシミにどのような化粧水を使うのが良いのかを見てきましたが、ここで紹介できなかった有効な成分を配合した美白化粧水は豊富にあります。

やはり、自分の肌に合っている化粧水を使うのが安心できますので、お使いになられる場合は見極めることが重要になってくるのです。

シミ対策に効果がある美白成分

シミ対策になる美白成分はあります。
それではどんな成分がシミ対策になるのでしょうか?

成分名
メラニン色素の生成を抑える成分
  • ビタミンC
  • ビタミンC誘導体
  • アルブチン
  • 茶抽出液
  • プラセンタエキス
  • 油溶性甘草エキス(グラブリジン)
  • カミツレエキス(カモミラエキス)
紫外線のダメージを抑制する成分
  • ポリフェノール(オリーブ葉エキス、オウゴンエキス、イチョウエキス、茶抽出液)
メラニン色素の排出を促す成分
  • フルーツリンクルプロテクトエッセンス
  • AHA ( リンゴ酸、乳酸、酒石酸、クエン酸)
  • レチノール
  • フェノール

この3つの成分を配合した化粧水を使うことで、シミの改善や予防の対策になるのです。

出来てしまったシミを消すことはできるの?

鏡を見たらいつの間にかシミができていた経験はありませんか?

女性の方なら尚更気になってしまいますよね。
できれば消したいシミですが果たして消せる可能性はあるのでしょうか?

肌トラブルを抱える女性の画像
結論から言えば誰もシミを消す方法は分らないのです。

現在の医学では本来の意味でシミを消す方法というのは、まだ確立されていないのが現状です。
化粧水についても同じなのです。

ですので、一見シミを薄く見せたり見えなくする化粧品、美容医療、医薬品が広く知られるようになったのです。

どの方法を試しても一見良くなっていていたシミが、また再発するので途中で挫折してしまいます。

シミを消すことは、スキンケアの永遠の課題と言えると思います。

シミの改善には健康な肌を作る事、これが基本になります。
それには肌の健康を維持し、シミ対策や紫外線対策に良いことを実行しなければなりません。

でも、紫外線対策やシミによい対策をしていても、肌の健康維持を忘れてしまうことも。
これではシミ対策どころか、シミが増えても当然です。

これはシミ対策になるの?と聞いても、「シミが薄くなることを目的にしているので、シミが消えることはなくシミ対策には違いない」と言うことなのです。

シミの予防には化粧水は効くの?

シミは消えることがないことが分かりましたが、予防の為に化粧水は効くのでしょうか?
シミが出来る前のある程度の予防としては、シミ対策に化粧水は効きます。
そのポイントは化粧水の選び方からあります。

選ぶポイントは、パッケージのラベルに医薬部外品・美白の表記があるものを選びましょう。
美白と表示されている化粧水は「国が承認した成分」を含んだ医薬部外品だけだからです。

次に、美白成分が目的に合っているか、使い続けることが出来る価格なのか、しっかり見極めましょう。

美白成分には多くの種類が販売されていて、様々な成分でシミを防ぎますが、化粧水は長い期間使い続けないと効果はありません。

ですので、高い化粧水を購入するよりも、手頃な価格の化粧水を使い続けることがシミ予防に繋がります。

最後に、肌の将来を考えシミを防ぎたい、今あるシミをできるだけ薄くしたいなどの目的を叶えたい場合は、美白成分を配合された化粧水を選ぶことが大切です。

シミを予防したいのか、それとも薄くしたいのか、シミに対してどのような効果を期待するかによって、美白化粧水に配合されている有効成分は異なります。

厚生労働省が承認した美白成分で、取り入れやすい美白成分は以下の成分です。

シミを予防する成分

  • アルブチン
  • コウジ酸
  • エラグ酸
  • ルシノール
  • ビタミンC誘導体
  • プラセンタエキス
  • 4MSK
  • カモミラET
  • m-トラネキサム酸
シミを薄くする成分
  • エナジーシグナルAMP
  • リノール酸S
シミの予防休みを薄くする成分
  • ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体」はシミ予防と薄くする効果を備えた成分ですのでシミでお困りの方にはおすすめします。

成分を見分けることが分からない方は、「医薬部外品」と表示してあるものを選んでください。
必ず美白成分のうちのいずれかが含まれています。

以上のことを踏まえると「状況にあわせて化粧水を選ぶ」ことがシミ予防になるのかなとも思います。

特にビタミンC誘導体を含んだ化粧水はシミ予防に最適な成分ですので、一度お使いになられてみたらいかかでしょうか。

シミの予防と対策におすすめの美白化粧水

シミの予防と対策に効果的な成分が配合されている美白化粧水をご紹介します。

ホワイトニング 化粧液 II しっとり

ホワイトニング 化粧液 II しっとり(ファンケル)の商品画像
  • メーカー名:ファンケル
  • 商 品 名:ホワイトニング 化粧液 II しっとり
  • 価   格:¥1,836(税込)

メラニンの生成を抑えて悩みのないお肌へ導く、ファンケルの薬用美白化粧水「無添加ホワイトニング化粧液」です。

ビタミンC誘導体を含んでいるので、シミ対策と保湿を同時に叶えます。

  • ビタミンC誘導体
  • メラノブライト
  • 白ブドウ発酵エキス
  • ヤグルマギクエキス

サエル ホワイトニング ローション コンセントレート

サエル ホワイトニング ローション コンセントレート(DECENCIA)【医薬部外品】の商品画像
  • メーカー名:株式会社DECENCIA
  • 商 品 名:サエル ホワイトニング ローション コンセントレート
  • 価   格¥5,400(税込)

ポーラ・オルビスの敏感肌専門スキンケアブランド・ディセンシアの薬用美白化粧水「サエル ホワイトニング ローション コンセントレート」です。

肌の炎症を抑え、シミを目立ちにくくし透明感のあるくすみのない肌にしてくれます。

  • グリチルリチン酸2K(抗炎症有効成分)
  • セラミドナノスフィア(保湿成分)
  • アルブチン(美白有効成分)

アスタリフト ブライトローション

アスタリフト ブライトローション(富士フイルム)の商品画像
  • メーカー名:富士フィルム
  • 商 品 名:アスタリフト ブライトローション
  • 価   格:¥4,104(税込)

富士フイルムの美白ライン・アスタリフトホワイトの薬用美白化粧水「ブライトローション」です。
美白に加えて高い保湿力でうるおいケアもできるのが特長です。

  • アルブチン
  • アスタキサンチン
  • コラーゲン

毎日のスキンケアでシミを予防しよう!

今回はシミの種類や対策としての化粧水についていかがでしたでしょうか?

シミは女性の方にとっては永遠の悩みなうえに、消すことができないので増々悩んでしまいますよね。

シミを作らないことは、毎日のスキンケアが大切になってきます。

両頬に手を当てにこやかな表情を見せる女性の画像
まず、自分の肌が今どんな状態かを知ることがシミ対策の第一歩なりますので、諦めずにしっかりと自分に合った化粧水を使ってシミから大事な肌を守りましょう。

 

夏のスキンケアで肌トラブルをまとめて解決

肌トラブルを紫外線対策とスキンケアで防ぎましょう!肌トラブルの種類とは?

顔や肌がかゆみやシミ黒ずみ・赤くなるのは摩擦が服やマスクなどで起こっているから?

おすすめの美白アイテムはこちら
保湿・潤い・白肌の3つのケアが同時にできる、魔法のパッククリーム「王妃の白珠」

”カリスマエステティシャン”が作った!ニューピュアフコイダン 

新発想のナイトクリーム「おやすみ中のご褒美」ってどんな効果があるの?!