まだまだ美しくありたい50代の方の美白のためのスキンケアとアンチエイジングとは?

茶髪で長髪の美魔女 美白

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

窓ガラスに映った自分の想像以上の姿にドキッとしたり、写真をみて自分の肌にがっくりしたことはありませんか?
想像以上に老けて見えてしまっている自分にショックを隠し切れないのではないでしょうか?
それは、スキンケアが現在の貴方のお肌の状態に合っているものではないからかも知れません。
そこで今回は50代が抱える肌トラブル、50代が抱える肌トラブルの原因、50代の美白とアンチエイジングのためのスキンケアをご紹介していきたいと思います。

50代の方が抱える肌トラブルとは?

50代の方はどの様なお肌の悩みをかかえていらっしゃるのか、見ていきたいと思います。

50代の方の肌トラブルには何がある?

50代の方が抱えていらっしゃるお肌の悩み
項目割合
たるみ49.2%
シワ32.8%
シミ19.7%
目の下のクマ・くすみ14.8%
毛穴の開き・つまり9.8%
そばかす1.6%
ニキビ・ニキビ跡0.0%

ある美容外科の初診の患者さんに「お肌の悩み」に関するアンケートに答えて頂いた結果が上記の表になります。

今回は50代の方の結果しか載せていませんが、40代、50代の方のお肌の悩みで最も多かったのが「たるみ」であり、二番目に多かったのが「シワ」でした。

その結果から言える事は年を重ねるに伴い「肌老化の悩み」が増加傾向にあり、どうしても避けては通れないと言う事でしょう。

50代に入った時のお肌は目じりが目立ったりなどのシワの症状がはっきりと現れる様になってきます。
また、しわ以外にもシミ・たるみ・ほうれい線などのあらゆる肌トラブルに悩まされるようになってきます。
50代の代表的な肌トラブルがシミたるみシワなのです。

50代を迎えると女性ホルモンの分泌量が大幅に低下してしまい、肌質が変化してしまったりとお肌の状態が悪くなり、お化粧のりが悪くなってしまうのです。

また、お肌が乾燥肌の状態である場合、保湿成分がお肌の隅々まで行き渡らなくなってしまう事もあり、万全は保湿ケアが必要になってきます。

シワやシミがある手の甲

50代の方の乾燥肌の特徴とは

50代での乾燥肌の場合、体内で生成されるコラーゲンやアミノ酸の減少によってお肌が乾燥の影響を受けやすいとされています。
これらの成分は保湿成分のために必要であり、コラーゲンやアミノ酸の減少は保湿の為にはマイナスなのです。

また、分泌される皮脂が減少してしまう事も大きな特徴です。
皮脂には保湿作用があるため、お肌を乾燥から守るためには必要なのです。

肌が老化する仕組みから防止・予防対策できる食べ物は?

50代の方が抱える肌トラブルの原因とは

ここでは、先ず50代のシミ・そばかす・たるみ・くすみの原因について見ていきたいと思います。

50代のしみ・そばかすの原因

年代を問わずシミやそばかすが出来る主な原因は紫外線にあります。
そのため、若い頃から紫外線対策を常に行うなど紫外線に注意していく事が肝要です。

また、年を重ねるにつれてお肌の新陳代謝機能であるターンオーバーが乱れやすくなりますが、50代以降はこれが原因で老人性色素斑というものが出現する事があります。
老人性色素斑はシミの中でも代表的なものであり、この老人性色素斑も紫外線が原因です。

若い頃は紫外線を受けてメラニン色素が生成されたとしてもそれを外に出す力を持っているのですが、40代・50代と年を重ねるにつれてその機能が弱くなり、シミとして残ってしまうのです。

老人性色素斑は特に40歳以降に生じやすく、50代以降の女性の方の多くが悩んでいます。

50代のたるみの原因

お肌に紫外線を浴びてしまう事でコラーゲンの生成サイクルやターンオーバーが乱れてしまう事により、お肌のハリが無くなってしまいお肌がたるんでしまいます。

50代 たるみの写真

50代のそばかすの原因

そばかすは遺伝性のものが多く、やはり紫外線によってだんだん濃くなっていきます。
また、お肌が紫外線からの影響を受け続けることによって、全体的に老けた印象にもなりかねません。

50代のくすみの原因

50代、60代と年を重ねていくとターンオーバーの期間が長くなり、お肌がゴワゴワとした感じになってしまったりくすみが目立ってきてしまいます。

ツヤが無くなりお肌のくすみが気になる50代、60代は年を重ねると共にターンオーバーが乱れてしまい、更にインナードライで乾燥が進行してしまいます。

インナードライ肌とはお肌の表面は大量の皮脂でテカテカしているにも関わらず、お肌の内部は水分量が少なく乾燥している状態のお肌の事を言います。

お肌の乾燥が増えるとお肌はそれ以上の水分蒸発を防御するため多くの皮脂を出し、お肌に厚い油の膜を貼ろうとします。
すると、お肌の内部は乾燥しているのに表面は多くの皮脂でテカテカ状態になります。
この状態のお肌がインナードライ肌と言われています。

50代60代女性のおすすめスキンケア方法、継続することで絶望から美魔女へ

50代の美白とアンチエイジングのためのスキンケア

それでは、50代の方はどうしたら美白になれるかのスキンケアについて、イロハを見てみましょう。

まず、アンチエイジングとは

アンチエイジングとは、日本語で言うと抗老化・抗加齢と言う事です。

アンチエイジングは時計の針を止める事ではなく、針をちょっと戻してその進みを遅らせる事と考えます。
例えば、肌の若返りはお肌のお手入れなどにより外から皮膚それ自体をケアする事であり、針自体を逆戻りさせる事に相当します。

そして、普段の生活における食事睡眠運動美容などを内容の濃いものにしていく事も、アンチエイジングには欠かせない事です。

次に50代の美白について見てみましょう

貴女は50代に入った現在でも30代や40代と変わらないお肌のお手入れをしているのでしょうか。

10代の頃は似合っていた服や化粧が年を重ねると共に似合わなくなっていく様に、お肌のお手入れも年と共にそのお手入れ方法を変えていかなくてはなりません。

美白ケアに関しても同様の事が言えます。

50歳を過ぎるとお肌がペラペラに

女性ホルモンはお肌の弾みに欠く事の出来ないコラーゲンの生成を促す働きや、肌のターンオーバーをコントロールする役目を果たしています。

女性ホルモンの分泌が殆どなくなると、コラーゲンが減ってしまいお肌の細胞が上手く生まれ変わらないため、お肌が薄くなってしまう菲薄化(ひはくか)という現象が生じてしまいます。

この様な状態のお肌を「ペラペラ肌」「ビニール肌」と言う事があります。

このお肌は、一見滑らかに見えるのでお肌にいいと間違った解釈をする方も見受けられますが、顕微鏡などで見るとお肌の表面のキメがとても粗くなっています。
「キメが細かく整った肌」は美肌の基です。
このキメとは表の細胞が美しく並んでいる状態であり、光を反射しツヤのある滑らかな肌に見せられます。

お肌の生まれ変わりがよくないとキメが乱雑になってしまい、粗くなってしまいます。
そして、キメが粗いと毛穴が広がり、シミが目立ってきます。

更に、菲薄化したお肌は様々な害をもたらします。

肌が敏感になる
お肌が菲薄化するとバリア機能が低くなり、お肌が傷つきやすくなったり、敏感肌になったりします。
何年も使用してきた化粧品で肌荒れを起こしてしまったり、メイクをすると皮膚が被れたりするのもこのせいです。

少しでも異常が現れたら、まずは原因と考えられる化粧品の使用を中止して様子をうかがいましょう。
そして、美白のスキンケア・メイク用品はお肌に対してかなうものを選びましょう。

しわやたるみができやすくなる
肌の弾力を守るコラーゲンの量が減る事によってお肌の奥の基礎が壊れ、深いしわやたるみが出来やすくなってしまいます。

乾燥やたるみを防御するためにも貴女のお肌に合った油分のたっぷり入ったスキンケア化粧品を使用する様にしましょう。

紫外線の影響を受けやすくなる
お肌が薄くなると言うのは「紫外線も通りやすくなる」と言う事です。
シミが目立つ様になるため、紫外線対策はきちっとやらなくてはなりません。

しかし、紫外線防御力の大きいものはお肌に刺激が強すぎて負担を掛けたりするため、出来るだけお肌に優しい日焼け止めを選びましょう。

そして、まめに塗り直す様にするほうがいいです。
帽子サングラスで紫外線を防ぐことも大事です。

プチ肌断食もためしてみて

「肌断食」という言葉をご存知でしょうか。
断食を肌に行う事によりスキンケアやメイクを一切或いは出来るだけ止めるという方法です。

肌荒れが酷い時に数日間の肌断食を行うのはいいですが、完全な肌断食の生活を一生涯送る事は推薦する事は出来ません。
それはスキンケアを全然してこなかった方のお肌を見れば直ぐ分かりますが、深いシワができ、お肌は黒く、実際の年よりも老けて見えます。
ですので、肌断食をするのであれば「プチ肌断食」を推薦します。

例えば急激に敏感肌になってしまいスキンケア・メイクそのものが怖くなってしまった方は、

何日か全てのスキンケア・メイクを止めて様子をうかがってみましょう。
そして、様子をうかがいながら化粧水とクリーム、或いは乳液のみ、ワセリンのみでお手入れしましょう。
そこから乾燥が気にならなくなるまでアイテムを少しずつ加えていきましょう。
メイクは出来るだけ避け、日焼け止めはごく弱いものを使用する事を推薦します。

「極端なプチ肌断食は出来ない」と言う方は今までのスキンケアを少々見直してみましょう。
例えばピーリング(古い角質を取り除き、ターンオーバーを正常にする角質ケアの一種)は50代以降は止めた方がいいです。
何故なら、ピーリングはお肌表面の細胞を削ってしまいお肌を薄くする力があるからです。
ただでさえお肌が薄くなっているのにその上ピーリングを行うとお肌はどんどん老化していきます。

50代女性 洗顔
また、メイクも厚化粧は止め、夜にクレンジングをしなくてもいい位のメイクが理想的です。
日焼け止め淡いメイクなら夜のクレンジングはいらず、洗顔フォームだけで大丈夫です。
そして、朝は洗顔料を使用せずに水洗いで終わりにしましょう。

クレンジングや洗顔料に含まれている界面活性剤はメイクと良く混ざる様にしたり、泡立ちを良くする目的で入っています。
しかし、長く使用し続ける事によってお肌の表面の細胞を削ってしまい、お肌を薄くしてしまいます。
少しでもお肌への重荷を減らすには、クレンジングや洗顔料がお肌に触る時間を短くする事も大事です。

ファンデーションはリキッドタイプではなくパウダータイプのもの、アイライナーやマスカラは止めて色の薄いアイカラーのみでアイメイクを完成させましょう。

また、プチ肌断食を始めたのなら、外からのケアではなくインナーケアをきちんと行って下さい。
美白サプリメントを摂取したり、女性ホルモンの働きを高めるイソフラボンを摂ったりしましょう。
また、バランスよい食事を取る事も大事です。

肌断食はニキビが大量にできて効果がないからやめたほうがいいの?

50代のアンチエイジングのためのスキンケア

子育てには一段落しても仕事や介護などやるべき事が沢山ある50代には、若い頃とは違った忙しさがあります。

時間を掛けずに出来るアンチエイジング化粧品を選択して、毎日のお手入れを楽しんでやっていきましょう。

洗顔、保湿

皮脂の分泌が少なくなってきていますので、洗顔料は避けてぬるま湯で洗う位で十分です。

乾燥しやすいですので顔を洗った後直ぐに保湿をします。
長くとも30秒以内に洗顔を終わらせる様に手早くしましょう。

ローションやクリームなどで顔全体を保湿した後はもう1度目元に重ね塗りをして集中的にお手入れしましょう。

手のひらを使って、目元を被せる様に温めると効果抜群です。

下から上へ、を心がけて

アンチエイジング化粧品を顔に塗り終えた後は化粧品が顔に浸透する様に手のひらで顔を押さえていきます。

シワを伸ばす様な感覚で手のひらを下から上へと動かしましょう。

スキンケアクリーム

入浴後の保湿

入浴後は身体が温まり、化粧品の成分がお肌に染み渡りやすい状態です。
首筋まで念入りに保湿する様に心掛けましょう。

早めの就寝で美肌作り

質の良い睡眠は滑らかなお肌に効果的という話もあります。
夜遅くまで起きているとお肌に出やすい年齢ですので、早寝の習慣を取り入れましょう。

時には集中パックでスペシャルケアを

ほうれい線など気になる箇所にスキンケア化粧品をたっぷりつけ、10分位パックシートで被せます

長く置いた方が効果があると思いがちですが、長過ぎるパックはお肌に重荷を掛けますので、10分以内が理想です。

美白になるためのスキンケア方法とは?正しいスキンケアと習慣で目指せ美白!!

50代、まだまだ美しくいられます!

ヨガ着を着用している美魔女
50代になるとホルモンの関係などで、シミ・しわ・たるみなどが目立ってきます。
原因は紫外線によるものが多く、皮膚の新陳代謝の低下も原因の一つに数えられます。

50代の美白とアンチエイジングのためのスキンケアはお肌に対して穏やかなものを選びましょう。
また、スキンケア用品はアンチエイジング化粧品を選んで使用しましょう。

そして、バランスの良い食事や質の良い睡眠を心掛け、紫外線対策も怠らない様にしたいものです。

 

プラセンタ配合美容液はどうして美白に効くの?プラセンタの効果やプラセンタの安全性とは

ビタミンCの進化型、ビタミンC誘導体!ビタミンC誘導体配合美容液で美肌に!

ハイドロキノンでシミが消える!?その効果と副作用とは?ハイドロキノン配合化粧品の美白ケアの方法についてご紹介!

おすすめの美白アイテムはこちら
保湿・潤い・白肌の3つのケアが同時にできる、魔法のパッククリーム「王妃の白珠」

”カリスマエステティシャン”が作った!ニューピュアフコイダン 

新発想のナイトクリーム「おやすみ中のご褒美」ってどんな効果があるの?!