日焼け止めを使って美白肌に!日焼け後のアフターケアと保湿効果のある日焼け止め乳液をご紹介!

浜辺で読書する女性 美白

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

日焼け対策、皆さんどうしていますか。
今回は日焼け後のアフターケアと保湿の方法、そしてシミへの対策を調べてみました。
更に保湿効果のある日焼け止めについても紹介していますので、皆さん参考にして下さいね。

日焼け後のアフターケア

太陽が強い日に限って「今日、日焼け止め塗ってない!」なんてことありませんか。
キチンと毎日紫外線対策をすることは大事なのですが、バタバタとして忘れてしまうということも有りがちですね。

暑い夏は日焼け後にヒリヒリした痛みや肌が赤くなったり、皮が剥けたりしたことがありますよね。

実は、日焼けは日光皮膚炎と呼ばれる軽度の火傷のような状態なんです。
一口に日焼けといってもレベルは様々なのですが、症状に限らずにアフターケアは忘れないようにしましょう。
でも酷く痛むようだったり、激しい水ぶくれを起こしてしまったという場合は、直ぐに皮膚科に行くようにして下さい。

日焼けのアフターケアのタイムリミットは72時間と言われています。
では、一体どんなケアをすれば肌へのダメージを軽減できるのでしょうか。

クールダウンをさせる

日差しに当たった肌は火傷をしているような状態ですので、先ずは火照りを抑えるために冷やさなければなりません。
冷たいシャワーや水で濡らしたタオルで、肌をクールダウンしましょう。

体の冷やし方

水道から水を出している手簡単に保冷剤などで冷やしても良いのですが、部分的に集中し過ぎると低温ヤケドを起こす心配があるので、やり過ぎは注意しなければなりません。
足や腕などは冷水で直接冷やすのが良いのですが、勢いよくシャワーをかけるのは絶対に止めましょう。

冷やす箇所の周辺からゆっくりと水を流すようにしたり、清潔な洗面器に氷で冷やした水を入れ、足や腕を浸すことでヒリヒリとした痛みを抑えましょう。
水をかけづらい体や顔の場所は、冷水を清潔なタオルに含ませて日焼けした箇所をゆっくりと冷やしましょう。

シャワーを掛けたり水に浸すことは、外側から肌を冷やすという効果がありますが、次は多めに水分を取って体の内側から冷やさなければなりません。
日焼けした肌は内外どちらも水分も失っていますので、普段以上に水分補給するようにしましょう。

水分補給をすると言う事は、肌のためのとても大事なアフターケアなのです。

屋外のレジャーでは

また、屋外のレジャーなどに行くというときは、クーラーボックスにクールダウンできるスキンケア用品を入れておくと、体を冷やすために効果的です。

軽度の日焼けには、クーラーボックスにあらかじめ化粧水を冷やしておき、顔や体に化粧水を多めに塗って乳液で保湿するというアフターケアも有効です。

しかし、肌が弱い人や水ぶくれしている酷い日焼けをしてしまったという場合には、市販されているケア用品は使えないという場合があります。
そんな場合は保冷剤をタオルで巻いて、体や顔に当てるなどして日焼けしてしまった箇所を冷やします。
このとき、長時間冷やしてしまうと逆に凍傷になる危険性があるので注意しましょう。

また日焼けが酷い場合は、寒さや吐き気を感じてしまうことがありますが、そんな場合はすぐに病院に行き相談して下さい。

プールサイドで日焼けする女性の画像
海『海水浴・砂浜』での紫外線対策方法とは?日焼けしない服装は?

日焼け後には保湿が大事です

肌の大敵である紫外線は外部刺激から肌を守るバリア機能を低下させて、乾燥へと導きます。
保湿の重要性を述べる前に肌のバリア機能について少し説明させてもらいます。

バリア機能とは
バリア機能とは肌表面の薄い角質層が水分を蓄えて外部刺激や乾燥から肌を守り、また自身の水分を外に漏らさないようにする機能で、紫外線は当然この外部刺激に含まれます。

この薄い角質層や細胞間の潤いが減少すると隙間が出来たような状態となり、紫外線へのバリアが低下して肌の奥へと紫外線が侵入し、日焼けし易くなってしまうのです。

元々バリア機能が正常であった健康的な肌も、紫外線によってバリア機能を損傷されます。
その後、アフターケアをしない無防備な状態で再度紫外線を浴びてしまうと紫外線を肌に通しやすくなり、日焼けはおろか様々な肌トラブルを招く悪循環に陥ってしまうのです。

バリア機能が低下して肌水分量が減少した状態から回復する近道が保湿ケアなのです。
バリア機能が低下した肌はとても敏感になっていますから、肌に優しいパラベンフリー・アルコールフリーの化粧水できちんと保湿をしましょう。

火照っているからと冷えピタのようなジェルシールを貼ったり、液体状のスーッとするモノを塗ると逆に症状が悪化する可能性が高くなるので絶対に使用してはいけません。

紫外線対策アイテム、帽子、サングラス、日焼け止めクリーム、日傘
美白肌の大敵!紫外線による日焼けを予防する方法と日焼けをしてしまった場合の対処法などUVケアをご紹介!

シミ対策もしっかりと

「日焼け直後は痛いし触りたくない!」、「肌が黒いのも今だけだからその内に治るだろう」と思う方もいるかも知れませんが、まずは肌にこもった熱を冷まして炎症を抑えるようにしましょう。

そして炎症が治まったら、シミの原因になるメラニンの過剰生成を抑えるための美白化粧水を使用したり、日焼けによって奪われた水分を肌に与えるよう保湿をしましょう。

シミの原因とされるメラニン自体は、紫外線を吸収して肌細胞を守ってくれているので決して悪者ではありません。
役目を終えたメラニンが排出されないのが問題なのです。

このメラニンが順調に排出されない原因の第一は、ターンオーバー(肌の新陳代謝)の乱れにあります。
ターンオーバーを正常に戻すのが、日焼け後のシミ対策と言えるでしょう。

では、ターンオーバーを乱れを整え、正常化するにはどうしたら良いのでしょうか。

日焼け後には今まで述べてきた、肌の冷却や保湿ケアは当然すべき対策ですが、ここから述べることは日焼け以外のターンオーバー対策にも有効なので取り入れて下さい。

睡眠をしっかりとる
ターンオーバーを促進してくれる成長ホルモンが活発に分泌されるのは、眠り始めから3時間と言われています。
この3時間に深く良い睡眠をとるようにしましょう。
睡眠の妨げになる要因は人様々ですからアロマやハーブを使う、音楽を流す、耳栓やアイマスクを使うなど状況に合わせて工夫して下さい。
入浴で体を温める
睡眠の1時間以上前にお風呂で体を温めると眠りに就き易く、体もリラックスできます。
お風呂の温度は40℃前後の熱すぎない温度にして下さい。
食事もバランス良く
ターンオーバーを正常化するインナーケアでは、まず食事による栄養素の摂取が大事です。
タンパク質、ビタミン群、アミノ酸やミネラルをバランス良く摂りましょう。
食事での摂取が難しい場合は、サプリメントなどで補充してください。
紫外線対策をしっかりとする
焼けてしまった後よりも焼けない様にするのが一番の対策、季節を問わずに日焼け対策は万全に行いましょう。

保湿の重要性は理解していただけたでしょうか。
次はオススメの日焼け止めを紹介いたします。

スキンケアクリームを塗る手
シミ対策に有効的な美白成分とは?シミを予防する美白美容液とおすすめの美白美容液とは

保湿効果のあるオススメの日焼け止め

ここからは保湿効果のある日焼け止めや日焼け止め乳液を紹介していきます。

高保湿UV乳液(美白) しっとり

ソフィーナ高保湿UV乳液 SPF50+ PA++++ しっとり 30g
  • メーカー名:ソフィーナ(花王)
  • 商 品 名:ソフィーナボーテ 高保湿UV乳液(美白) しっとり (30g) 【医薬部外品】
  • 価   格:3,300円(税込)
  • SPF50+ PA++++

乾燥肌の人におすすめのSOFINA beaute(ソフィーナボーテ)の高保湿日焼け止め乳液です。
SPF50+ PA++++配合で紫外線をしっかりカットしながら保湿力も良く、朝から夕方まで肌の潤いを守ります。
日焼け止めとは思えない程に、肌をしっかりと保湿してくれるのが嬉しいです。

ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイド

POLAホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイド 50g
  • メーカー名:POLA
  • 商 品 名:ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイド 50g
  • 価   格:3,850円(税込)

肌を紫外線から守る日焼け止め乳液はさらっとして瑞々しいクリームタイプです。
付け心地がエアリーで日焼け止め特有の不快感や重たさがなく、ストレスなしで使用することができます。
やわらかいテクスチャーで、肌にしっかりと密着するのも嬉しいです。

天然由来100% 岡田UVミルク (日焼け止め乳液)

天然由来100% 岡田UVミルク (日焼け止め乳液) 5g
  • メーカー名:無添加工房OKADA
  • 商 品 名:天然由来100% 岡田UVミルク (日焼け止め乳液) 5g
  • 価   格:550円(税込)

こちらの日焼け止め乳液は、合成ポリマー、シリコーン、紫外線吸収剤が無添加でノンケミカル100%なので肌に優しく毎日の日常生活で使えます。
敏感肌の人だけでなく、親子で使えるのも嬉しいです。
専用のクレンジングなしでも、簡単に石けんで落とせるのでメイクを落とす際に気を使う必要がありません。

B.A プロテクター (日中用クリーム・日ヤケ止め)

ポーラB.A プロテクター (日中用クリーム・日ヤケ止め) SPF50・PA++++ 45g
  • メーカー名:POLA / ポーラ B.A
  • 商 品 名:B.A プロテクター (日中用クリーム・日ヤケ止め)45g
  • 価   格:12,100円(税込)
  • SPF50・PA++++

POLA(ポーラ)のB.Aは「生命がもっとも美しく輝くあり方にこそ、真の美しさがある」という理念の元に生命科学研究の理論を取り入れた最高峰のブランドです。
ポーラ B.Aの日焼け止め乳液は紫外線だけでなく、クーラーなどの乾燥や近赤外線からも肌を守ってくれます。

美白へのUV対策に美容液は効果アリ?人気の日焼け止め美容液もご紹介!

日焼けはヤケドと一緒、シッカリ対策を

日焼けはヤケドの一種で軽度から中度のレベルに位置します。

日常の生活では、熱湯や熱いモノに触れた場合は慌てて水や氷で冷やし、時には薬を付けたりします。
でも、日焼けは瞬発的な痛みが無くジワジワ来るので、なおざりにしてしまいがちですね。

日焼けも中程度になると一番外側の皮膚の下にある真皮にまで影響を及ぼし、ひどい人では水膨れになったりします。

プールの横で寝そべっている女性日焼けで肌が黒くなること自体は、紫外線から肌を守るバリアの役目なので悪い事ではありません。
逆に黒く成り難い人ほど紫外線のダメージを直に受けている様なものですから、しっかりと紫外線対策をして下さい。

日焼け止め乳液は日焼け止めクリームに比べ、付け心地が軽やかで手軽に紫外線対策ができます。
毎朝のメイク時間も短縮に出来て、保湿をしっかりしながら紫外線もカットできるのが嬉しいですね。

絶対に焼きたくない方は、日焼け止め乳液を使って美白肌をしっかりとキープしましょう。

UV乳液で日焼け対策と保湿を!これ1本で紫外線も乾燥も怖くない

日焼け止めクリームでかえって肌が荒れてる人必見!敏感肌の日焼け止めの選び方をご紹介!

おすすめの美白アイテムはこちら
オーストラリア発のオーガニック日焼け止めクリーム、ソレオ オーガニックスで紫外線から肌を守りましょう!

高SPFなのに無添加!エポラーシェ カラー&UVベース  

夏の紫外線は危険なの?「サンタンブロック」の口コミから見る日焼け対策サプリの効果