クレンジングで美白に!美白肌に必要なクレンジングとは?

クレンジングの画像 美白

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

美白肌に必要なクレンジングとはどんなものなのでしょうか?
今回はクレンジングについての基礎から、クレンジングの方法や種類、おすすめの商品までご紹介します。

クレンジングって?洗顔との違い

クレンジングとはメイクなどの油性の汚れを落とすためのものです。
油性の汚れは水で洗い流そうとしても油が水を弾いてしまうのでなかなか落とすことができません。

クレンジングには界面活性剤という水と油分を馴染ませるための成分が含まれています。
この界面活性剤が含まれている量によって、メイクなどの汚れをどれだけ落とすことのできるかが変わってきます。

クレンジングと洗顔の違いは、メイクなどの脂よごれや毛穴に詰まった汚れである角栓、黒ずみなどを落とすものがクレンジングです。
それに対して洗顔は、古くなり、肌に必要なくなった角層や余分な皮脂や汗、顔についたホコリなどを落とします。

クレンジングは、主に油性の汚れや落ちにくい頑固な毛穴の詰まり、洗顔は主に水性の汚れをキレイにするものととらえられます。

クレンジングと洗顔、どちらかのみではきちんと汚れを落とすことができず、様々な肌トラブルを起こしてしまう可能性があります。

そのため、メイクをした日はクレンジングでメイクを落とした上でホコリや余分な皮脂、不要な角質などの汚れを洗顔で落とす必要があります。

顔を洗っている女性の画像

クレンジングの順番

クレンジングはさまざまなタイプのものがあり、メイクを落とすことが基本的な役割です。
その正しい方法や使い方の基本は、まずは優しく丁寧にしっかりメイクを落とす。

そして素早く行って肌の負担を減らす。
この2つのポイントを守りながら次の注意点に沿って進めていきましょう。

  1. 雑菌が付いたままの手で顔に触れると、様々な肌トラブルが起こりやすくなってしまいます。クレンジングのみならず「スキンケアの前には必ず手を洗って清潔にする」ことを意識しましょう。
  2. クレンジングですべてを一気に落とそうとせず、ポイントメイクは先に落としましょう。完全に落とそうと無理矢理擦るのもよくないので、大半のポイントメイクが落ちたら次のステップへ進みましょう。
  3. お使いの商品に「乾いた手のひらで」と説明書きがある場合は、必ず手を拭いてから出しましょう。クレンジングに水が加わるとメイクが落ちにくくなり、肌を擦りすぎて肌への負担がかかりやすくなってしまうためです。皮膚の表面にある角質層は非常に薄いため、摩擦による影響を受けやすい部分です。
  4. できるだけ肌への摩擦を減らすため、比較的皮脂量が多いとされるTゾーン(額から眉間、鼻にかけてのライン)から先になじませます。Tゾーンになじませられたら肌全体にもクレンジングを伸ばしていきましょう。ポイントはこすらないこと、時間をかけすぎないことです。
  5. 水を手に取り乳化させる。ここがポイントです。「乳化」とは、透明のクレンジングに水を加えることで白く濁らせることをいいます。乳化をするかしないかで、メイクの落としやすさや肌への負担の違いが感じられることと思います。
  6. お湯が熱すぎると肌に必要な油分まで取ってしまうことがあり、肌が乾燥しやすくなってしまいます。少しぬるめかと思うくらいが適温です。
  7. 油性のメイクと違い、洗顔は汗やホコリなどの水性の汚れを落とすことを目的としてますので、洗顔はクレンジングの後にしましょう。洗顔はゴシゴシと擦るのではなく、泡のクッションで汚れを浮かすイメージで馴染ませます。すすぎの際は、前髪の生え際やあご下などに洗い残しが無いように注意しましょう。
  8. 洗顔後の肌は、落としたメイクと一緒に潤いも奪われているので、乾燥に傾きやすくなっている状態です。ゴワゴワしたタオルを使用したり、強くゴシゴシ拭くのは控えましょう。

効果的なクレンジングの所要時間

メイクをした日は必ずクレンジングを使いますが、時間をかけて念入りにメイクを落とすと肌が乾燥しやすくなってしまいます。

特に、濃いメイクをした日は完全に落とそうとして3~5分以上かけてクレンジングをしているという方も多いのではないのでしょうか。

しかし、乾燥を招きにくいクレンジングの所要時間は1分程度と言われてます。

クレンジングに5分以上かけいてたり、クレンジング剤を長時間肌につけていると角質層がはがれ、肌が急激に乾燥してしまうことがあるので注意が必要です。

1分以内だとなかなかメイクが落ちないイメージがありますが、アイメイクやリップメイクなどをあらかじめポイントリムーバーで落としておくことで、顔全体のクレンジング時間を短縮できます。

クレンジング選びやクレンジング剤の量、洗う順序や水の温度などに気をつけてクレンジング時の肌の乾燥を防ぎましょう。

アイメイクを落としている女性の画像

クレンジングの種類

クレンジングには色々な種類がありますが「いったい何がどう違うのか?」いまいちわからない方もいると思います。

そこで種類別にクレンジングの特徴や違いを見ていきましょう。

種類特徴
クレンジングシートシートにクレンジング料が含まれておりメイクをふき取るだけで簡単にオフできるタイプです。
オイルクレンジング名前の通りオイルが主な成分のクレンジングです。
リキッドクレンジング主に水分でできているタイプのクレンジングです。テクスチャーはさらさらとした液状のものが多く使用感はさっぱりとしています。
ジェルタイプのクレンジングジェル状のテクスチャーで厚みがありメイク汚れと馴染ませる際の摩擦を抑えられます。
クリームタイプクレンジングでテクスチャーに厚みがあります。油分を多く含んでいるので肌が乾燥しやすいときなどに使いやすいと言われています。
ミルククレンジング乳液状のタイプで使用感がサラッとしています。油分の多い滑らかなテクスチャーで、伸びがよく、比較的肌になじみやすいタイプです。

オススメのクレンジング

クレンジングについて理解を深めたところで、おすすめのクレンジングをご紹介します。

カウブランド 無添加メイク落としオイル

カウブランド 無添加メイク落としオイルの商品画像
  • メーカー名:牛乳石鹸
  • 商 品 名:カウブランド 無添加メイク落としオイル
  • 価   格:¥880+税(ポンプ付150mL)

牛乳石鹼で広く知られるカウブランドの「無添加メイク落としオイル」です。
しっかりメイクも落とせるタイプですが、保湿成分セラミド配合、着色料・香料・防腐剤などは無添加という肌に優しい処方なので肌への負担が気になる人にもおすすめです。

150mLで880円というコスパの高さも魅力的です。

マイルドクレンジングオイル

マイルドクレンジングオイルの商品画像
  • メーカー名:ファンケル
  • 商 品 名:マイルドクレンジングオイル
  • 価   格:¥1,836(税込)

ファンケルの「マイルドクレンジングオイル」は濡れた手で使用可能なウォータープルーフのマスカラにも対応できる高機能なクレンジングオイルです。

こすらずに落ちてくれるので肌に余計な負担がかかることがないのが嬉しいところです。
さらに防腐剤・香料・合成色素・石油系界面活性剤などが無添加の優しいクレンジングです。

ザ クレンジングバーム

ザ クレンジングバーム(デュオ)の商品画像
  • メーカー名:デュオ
  • 商 品 名:ザ クレンジングバーム
  • 価   格:¥3,750(税込)

肌をいたわりながらメイクや汚れもしっかりオフしてくれるのがD.U.O.(デュオ)の「ザ クレンジングバーム」です。

肌にのせると固形バームがとろけて馴染み、濃いメイクはもちろん毛穴の奥の汚れもスッキリ落としてくれます。

さらに鉱物油・石油界面活性剤・合成香料アルコールなどが無添加なので、デリケートな肌の方にも使いやすいのが特徴です。

ミルキュア ピュア クレンジングクリーム

ミルキュア ピュア クレンジングクリーム(ハウス オブ ローゼ)の商品画像
  • メーカー名:ハウス オブ ローゼ
  • 商 品 名:ミルキュア ピュア クレンジングクリーム
  • 価   格:¥2,500+税

天然由来成分を配合した商品作りにこだわるHOUSE OF ROSE(ハウス オブ ローゼ)の「ミルキュア ピュア クレンジングクリーム」です。

肌にのせるとするすると馴染み、メイクや皮脂の汚れをしっかりと落としてくれます。
無香料・無着色・アルコールフリーなので肌への刺激を減らしたい方にオススメです。

スイサイ プレミオリティ クレンジングクリーム

スイサイ プレミオリティ クレンジングクリーム(カネボウ)の商品画像
  • メーカー名:カネボウ
  • 商 品 名:スイサイ プレミオリティ クレンジングクリーム
  • 価   格:¥2,500(税抜)

カネボウより発売の「スイサイ プレミオリティ クレンジングクリーム」はエイジングケアにオススメです。
無香料・無着色のクリームがやさしく肌をいたわりながらメイクも落としてくれます。
ヒアルロン酸やコラーゲンなど8つの美容成分も配合しているので洗い上がりの肌がしっとりします。

クレンジングで毛穴汚れを落として透明感のある肌に!

メイクなどの脂汚れや毛穴に詰まった汚れである角栓・黒ずみなどを落すのがクレンジングで、古くなった肌に必要なくなった角層や余分な皮脂や汗・顔についているホコリなどを落とすことを洗顔と言います。

クレンジングは油性、洗顔は水性の汚れを落とすもので、どちらかのみではきちんと汚れを落とすことが出来ず肌トラブルの原因になる可能性がありますので、メイクをした日はしっかりと両方ともする必要があります。

しかし、クレンジングは時間をかけすぎると乾燥招きやすくなってしまいます。
なので、クレンジングに用いる時間は一分程度がおすすめです。

クレンジング選びやクレンジング剤の量、洗う順序や水温などに気をつけ、しっかりと汚れを落としましょう。

美白を目指すには石鹸で洗顔を!美白のための洗顔石鹸のランキング

プチプラ、デパコス、ドラッグストアの美白洗顔料ランキングからのオススメ

メイクで美白肌に!?メイクで魅せる美白方法とは!おすすめの化粧品もご紹介!

おすすめの美白アイテムはこちら
新発想のナイトクリーム「おやすみ中のご褒美」ってどんな効果があるの?!

シミ・肝斑・クスミを狙い撃ち!美白クリーム プレミアムベルエタンセル

花印ディープクレンジングローションで”するん”とメイクオフ!