美白成分トラネキサム酸とは?トラネキサム酸の美白効果と美白に効果的なトラネキサム酸の使用方法とは

美白

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

美白成分のひとつであるトラネキサム酸は元々は医療の世界で治療薬として処方されてきた薬です。
今回はこのトラネキサム酸の美白効果についてご紹介させていただきます。
女性の美しいお肌のために是非ご参考になればと思っています。

トラネキサム酸とは

トラネキサム酸はアミノ酸の一種で抗炎症・抗アレルギー効果や止血効果を持っており、元々は湿疹(しっしん)、蕁麻疹(じんましん)の治療や止血の目的などで長い間医療の現場で使われています。
医療機関で処方されるのはトランサミンという医療品で様々なジェネリック医薬品もあります。

しかし、30代~40代に多い肝斑(かんぱん)に効果があるとされ、美容皮膚科の分野では保険適応外ですが長い間肝斑治療に使われてきました。
薬用医薬品においてはメラニンの生成を抑えてシミそばかすを防いでくれる成分としてスキンケア化粧品にも配合されています。

トラネキサム酸には炎症性プロテアーゼ(プラスミン)抑制作用があるとされます。
これがどう美白に作用するかというと、日焼けやシミの原因であるメラニンを産出するメラノサイトを活性化させる因子の一つとされるのがプラスミンです。

このプラスミンの働きに抑制力があるのがトラネキサム酸なのです。
因みにメラノサイトのメラノとは、英語で「黒い」という意味だそうです。

また、プロスタグランジン(シミ活性化因子)の伝達抑制をするチロシナーゼ活性抑制があり、肌荒れ予防やその改善効果も認められています。
このような効果から現在ではトラネキサム酸はシミの治療薬や化粧品などに幅広く使用されているのです。化合物

トラネキサム酸の美白効果

トラネキサム酸の美白効果は、はじめに病気に対する治療の時に肝斑にも有効であることが発見されました。
トラネキサム酸にはシミの原因になるメラニン色素の生成を抑える作用や炎症を抑える作用があり、これにより美白効果が期待できます。
なので、そばかすや肝斑、老人性色素班、傷などの炎症後色素沈着といったシミに効果があると言われています。

しかし、美白効果を実感する期間は人によって違い、早いと2週間ほどですが大抵は3ヶ月位で身体のターンオーバーの周期、体質、体調などに左右されます。
2ヶ月程は様子を見ながらトラネキサム酸の配合されている化粧品を使い続けて、肝斑やシミが薄くなっているかシミが増えてはいないかなど効果をチェックした方が良いでしょう。

肝斑の治療にはトラネキサム酸内服薬がおすすめ
肝斑の治療法には特にトラネキサム酸の服用が効果的です。
トラネキサム酸は色素細胞のメラノサイトの活性化を促進するメラニン色素生成に関わっている物質「プロスタグランジン」や「プラスミン」の働きを抑制し、老人性色素班(一般的なシミ)や肝斑の原因になることも防ぐことができます。

トラネキサム酸は老人性色素班肝斑の両方に効果がありますが、トラネキサム酸内服薬の期間は4~5週間程が目途(めど)と言われています。
そして、トラネキサム酸は長期間に服用しても女性ホルモンのバランスが乱れないため、肝斑を治療する薬として使用されることが多いのです。

トラネキサム酸配合の危険性

基本的にトラネキサム酸は、肌表皮に塗布して使うより内服薬として服用して血液によって皮膚の深層部にあるメラノサイトまで運んでもらう方が効果は高まります。
医療機関で内服薬の処方が多いのもそのためです。

トラネキサム酸を内服薬として服用する場合は食欲不振や胸やけ、嘔吐といった副作用が起こる可能性があります。
そのためシミ対策の場合は塗布するのがおすすめです。
副作用のリスクは化粧品のほうがはるかに少ないと思います。

内服薬
注意点
血栓を溶けにくくする成分なので、血栓症の方や血栓症を起こす恐れのある方などは医師や薬剤師へ相談の上で服用する必要があります。
副作用
発疹、吐き気、腹痛、頭痛、めまいなどの副作用が起こることもありますので服用には十分注意してください。
化粧品
注意点
内服薬に比べて効果が出づらい傾向にあるので、続けやすい値段のものを使用するようにしましょう。
副作用
化粧品ではほぼ副作用はないとされていますが、肌が敏感な方はパッチテストを行なってから使うのが良いでしょう。
トラネキサム酸による副作用(軽度)
トラネキサム酸の軽い副作用として吐き気や食欲不振、胸やけ、下痢などを起こしてしまうこともあります。
症状が軽い場合にはトラネキサム酸が原因の副作用だと思わない方が多いようです。
もし、軽度の副作用だとしても長い間続けば日常生活に支障をきたしてしまうので、軽度の症状であっても病院で診察してもらいましょう。
トラネキサム酸による副作用(重度)
トラネキサム酸は止血剤として使われている成分で人によっては血栓ができてしまう可能性があり、動脈硬化や脳梗塞を引き起こす危険性もあります。
血液の病気や腎臓の病気がある方は、トラネキサム酸を配合した内服薬や化粧品を使用する前に一度医師に相談して下さい。
トラネキサム酸は薬局やドラッグストアでなら買えそうですが店舗での市販はしておりません
トラネキサム酸は皮膚科で診察を受けてから処方されるので、持病や病歴などがある方や使用するにあたって心配な方は皮膚科でトラネキサム酸が身体に合うかどうかを相談することをおすすめします。

どんな薬や化粧品でも使用方法が間違っていれば効果が出なかったり副作用が出たりする恐れがあります。
トラネキサム酸は安全性の高い美白成分で、美白化粧品にも配合されていてその効果の高さは評判があり口コミでの評価も高いです。

皮膚科に通うのに抵抗感がある方は、最初はトラネキサム酸配合の化粧品から始めてみるのが良いと思います。

トラネキサム酸配合の化粧品の効果的使い方

トラネキサム酸配合の化粧品はどのように使うのが効果的なのか、見てみましょう。顔を洗う女性

顔全体に使う

シミができそうな部分だけ塗っていると、塗っていなかった所からシミが現れてしまうことがあります。
顔にシミがない部分でも肌の奥に蓄積したメラニン色素が潜んでいる可能性がありますのでお手入れは必要です。

トラネキサム酸配合の化粧品を顔全体にムラなく使った後、気になる所には重ね塗りをしてみると良いでしょう。

使用量を守る

「もったいないから」と使用量を減らしてしまうとムラづきになってしまう場合があります。
また、使用量を減らしてしまうと指の滑りが悪くなってしまい、摩擦で肌にダメージを与えてしまうこともあります。
商品のパッケージに記載されている使用量をきちんと使うようにしましょう。

美白美容液の場合は化粧水で肌を整えた後に次の手順で使っていきます。

  1. パッケージに記載されている使用量を手のひらに出す。
  2. 両方の頬(ほお)、額、鼻、顎(あご)の5ヶ所に置く。
  3. 顔の中心から外側に向かい円を描くように優しく丁寧になじませる。
  4. 気になる部分には重ね塗りする。

他の美白成分とあわせて使う

トラネキサム酸の美白成分効果はそれぞれ作用するタイミングが異なります。
トラネキサム酸の美白化粧品は異なる働きを持った美白成分が配合されることで、相乗効果が期待できたりするのです。

トラネキサム酸と異なる働きをもつ美白成分にはリノール酸、アルブチンビタミンC誘導体プラセンタエキスなどがありますが、美白成分の働きの違いを利用してより美しい白肌を目指せるスキンケアを行なっていきましょう。

継続して使用する

紫外線は1年中降り注いでいます。
美白ケアはだけでなく秋冬も継続することが大切です。

おすすめのトラネキサム酸配合化粧品

ここでトラネキサム酸が配合されている化粧品をいくつかご紹介しましょう。

トランシーノ 薬用ホワイトニングエッセンスEX

トランシーノ薬用ホワイトニングエッセンスEX
  • メーカー名:第一三共ヘルスケア
  • 商 品 名:トランシーノ 薬用ホワイトニングエッセンスEX
  • 価   格:4,500円(税別)
  • 内 容 量:30g
  • 成   分:トラネキサム酸、クワエキス、セイヨウノコギリソウエキスなど

トラネキサム酸でシミを予防しメラニンを抑制する植物エキス配合した低刺激にこだわった美白化粧品です。
雑誌でも評価が高く、潜在シミにしっかりとアプローチしてシミを予防します。
トラネキサム酸以外にもシミを予防するクワエキス、セイヨウノコギリソウエキスなども含まれています。

肌ラボ 白潤プレミアム薬用浸透美白化粧水

肌ラボ白潤プレミアム薬用浸透美白化粧水
  • メーカー名:ロート製薬
  • 商 品 名:肌ラボ 白潤プレミアム薬用浸透美白化粧水
  • 価   格:900円(税別)
  • 内 容 量:170ml
  • 成   分:トラネキサム酸、ビタミンC誘導体、ナノ化ヒアルロン酸、ビタミンE

浸透処方で有効成分を肌の奥までしっかり浸透し、白潤の名の通り肌に白さと潤いを与える化粧水です。
美白成分ビタミンC誘導体のほか、ナノ化ヒアルロン酸やビタミンEといった潤い成分が肌の美白と保湿を叶えます。
肌なじみ成分を配合し浸透をより良くする浸透処方で、トラネキサム酸を肌深くまで導きます。

アクアレーベル ホワイトアップローション

アクアレーベルホワイトアップローション
  • メーカー名:資生堂
  • 商 品 名:アクアレーベル ホワイトアップローション
  • 価   格:1,512円(参考価格)
  • 内 容 量:200ml
  • 成   分:m-トラネキサム酸(トラネキサム酸)、ベビーアミノ酸(D-アミノ酸)配合

m-トラネキサム酸とベビーアミノ酸で潤いながら美白します。
資生堂の研究によって開発された美白成分m-トラネキサム酸と潤い成分ベビーアミノ酸の2つの成分が、潤った透明感と輝きあふれる肌へと導きます。
ライトローズの香りととろみのあるテクスチャなので、毎日の美白や保湿ケアが癒しタイムになります。

トラネキサム酸配合化粧品で美白を目指しましょう

いかがでしたか。
トラネキサム酸はアミノ酸の一種で抗炎症・抗アレルギー効果や止血効果を持っており、元々が湿疹や蕁麻疹の治療、止血の目的などで医療の現場で使われていた薬です。

肝斑にも効果があるとされ、美容皮膚科の分野では肝斑治療に使われてきました。
薬用医薬品においてはメラニンの生成を抑えてシミやそばかすを防いでくれる成分としてスキンケア化粧品にも配合されています。

トラネキサム酸にはシミの原因になるメラニン色素の生成を抑える作用や炎症を抑える作用があり、これにより美白効果が期待できます。
そばかすや肝斑、老人性色素班、傷などの炎症後色素沈着といったシミに効果があると言われています。
肝斑の治療にはトラネキサム酸内服薬がおすすめです。

顔を拭く女性トラネキサム酸を内服薬として服用する場合は食欲不振や胸やけ、嘔吐といった副作用が起こる可能性があります。
そのためシミ対策の場合は塗布するのがおすすめです。

また、トラネキサム酸は店舗での市販はしておりません。
トラネキサム酸は皮膚科で診察を受けてから処方されます。
内服薬として使用する場合は用法、容量をしっかりと守るようにしましょう。

頬や目元といった目立つ位置にできてしまうシミや肝斑をトラネキサム酸配合の化粧品を上手く利用して、シミや肝斑のない美しいお肌を目指していきましょう。

その他のトラネキサム酸に関する記事はこちら
美白を目指すには同時に美肌も!美肌と美白のためのスキンケア

美白医薬品の効果とは?美白成分を中心にご説明します!

美白化粧品は医薬部外品?医薬部外品と美白効果について

おすすめの美白アイテムはこちら
キメテ薬用ホワイトニングナイトクリームの3つの医薬部外専用成分とは?!

シミ対策薬用美白オールインワンジェルましろっぷであなたも真っ白肌に!

ホワイピュア薬用美白クリームでシミ・そばかすをシャットアウト!!