顔に出来たシミはよく目立つ!そんなシミを作らせない方法はある?

シミ対策をしている外人の女性 美白

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

海や外でのレジャーでシミが出来ちゃった。
もしくは何も思い当たらないのにシミが出来ちゃった。
ある年齢になってくると、シミに悩む人も増えてきます。
シミが出来てしまう原因どうやったらシミが出来にくくなるのか、そのあたりをご紹介したいと思います。
ぜひ読んでみてくださいね。

顔のシミが与える影響

30代40代の女性の7割が悩んでいるといわれるシミ。

顔回りのお肌トラブルで一番気になるのがシミというアンケートもあります。

後ほどご紹介しますが、シミはお肌のトラブルです。

シミを体の変化と捉えることもできますが、シミがどう影響を与えるかというと、他人が見た時の印象ではないでしょうか。

平均で29歳からシミが気になり始めるそうです。

そして、シミが出来ている部分はどこかというアンケートで最も多かったのがCゾーンです。
Cゾーンとは頬骨、目の下、眉の下から目じりのあたりを指します。

ここにシミが集中しやすいのですが、Cゾーンにシミがあると一言で言えば老けて見えるのです。

シミを気にする女性Cゾーンにシミがある写真とシミがない写真を見比べてもらったら、なんと7歳以上も老けて見られたそうです。

他には、幸薄そうとか、汚いとか、暗く見えるなどもあったとか。

このように他人が見た時の印象が悪くなりがちなシミです。

『肌の変化』顔や体の茶色・黒ずみ原因と白くする方法とは?

顔にシミが発生するメカニズムとは

なぜ目立つシミが出来てしまうのでしょうか。

理由はいくつか考えられます。

メラニンの増殖、間違ったスキンケア、紫外線、バリア機能の低下、ターンオーバーの乱れなどです。

それを1つ1つ見ていきましょう

シミの犯人はメラニン

シミにはメラニンというものが大きく関わっています。

メラニンは人を含む動物や、植物、原生植物、その他一部の菌類や真正細菌で形成されている色素のことであり、メラニン色素とも言います。

主として黒褐色の真性メラニン(エウメラニン)と、橙赤色の亜メラニン(フェオメラニン)の2種類が存在します。

脊椎動物の場合は大体が皮膚の表皮最下層の基底層や毛髪の毛母に存在するメラノサイト(色素細胞)によって生成されて、一部は網膜色素上皮細胞によって生成されます。

メラノサイトはメラニンを生成する働きがあるだけで、メラニンを蓄える細胞ではありません。

メラニンはタンパク質と固く結びついており、微細な顆粒状をしていますが、その生成段階は複雑です。

このメラニンが何らかの原因で増えてしまいシミになるのです。
シミのイメージ図

紫外線

紫外線は肌の老化やシミの原因に繋がります。

  • UV-Bも肌をくすみやシミにしてしまうなど美白を維持している方には大敵です。

シミになってしまう原因は、加齢や紫外線でDNAが損傷、その際肌に溜まってしまったメラノサイトと物質がメラニン色素を多く生成してしまうからです。

ターンオーバーの乱れ

ターンオーバーというのはお肌の生まれ変わりのサイクルのことです。

年齢にもよりますが、だいたい28日くらいでお肌は生まれ変わっています。

正常にお肌が生まれ変わらないと、老廃物が滞ってしまったり、お肌のハリや潤いがなくなってきます。

本来であれば外に排出されるであろうシミの要因もお肌に残ってしまい、シミになってしまうのです。

バリア機能の低下

3大保湿因子の一連の働きをバリア機能と呼びますが、このバリア機能が低下することもシミの原因の1つです。

これには保湿が関係してきます。

保湿がカギ

保湿成分とは辞書によると「皮膚や毛髪の水分を保持し、乾燥を防ぐ作用のある物質」とあります。

水分が足りないからと言って外から補っても、水分はすぐに蒸発してしまいます

外から水分を補うことも大切なことですが、本質的に求めたいことは体内からの水分をお肌に閉じ込め保つことです。

その為に必要なのが保湿であり、保湿成分なのです。

お肌の保湿メカニズムを簡単に確認してみましょう。

肌は3つ層で出来ていて、1番外側が「表皮」、その内側が「真皮」「皮下組織」となっています。

表皮の一番外側の外気に触れる部分が「角層(または角質層)」と呼ばれます。

表皮の構造この角層が外部からからの水分の侵入を防ぎ、内部の水分の蒸発を防ぐのです。
この角層には約30%の水分が含まれていて、この水分が肌の滑らかさ、ハリ、柔らかさを維持しています。

そして、この水分を維持する機能は3つの要素で成り立っています。

それは、天然保湿因子(NMF)、細胞間脂質、皮脂膜で、3大保湿因子といいます。

この3つの要素はそれぞれ角層の中で役割が異なり、どれも重要です。

  1. 天然保湿因子(NMF)は角質細胞にあり、その役半分はアミノ酸で出来ています。
    役割は水分を含み、そして保持することです。
  2. 細胞間脂質は角質細胞同士を繋ぎます。
    セラミドやコレステロール、遊離脂肪酸といった成分で構成されます。
    この細胞間脂質の役割は水分を留めることで、また、天然保湿因子を安定させてもいます。
  3. 皮脂膜は肌の表面の膜として、水分の蒸発を防いでいます。

この一連の機能を「バリア機能」と呼び、その働きはセラミドが約80%、天然保湿因子が17~18%、皮脂が2~3%の水分を守っているとされています。

間違ったスキンケアがバリア機能を低下させる

スキンケアの目的の1つは保湿です。

スキンケアの仕方を間違ってしまうと、しっかり保湿されなくなってしまいます。

間違ったスキンケアがお肌の状態を損ねてしまいます。

お肌の状態が良くなければシミも出来やすくなってしまいます

若い女性
シミって何?お肌のシミを作らせないその方法が知りたい!

シミが出来てしまったらどうすればいい?

結論はシミが薄くなるようケアするか、隠すかになると思います。

薄くするには

ケア用品などで薄くしたり、外科的に薄くするなどがあります。

美白化粧品

これらにはまず、美白成分の入った化粧水や美容液でスキンケアしましょう。

保湿はスキンケアの基本で、化粧水の役割は水分を補給することです。
忙しいからと言って、朝だからといって、保湿を省くのはやめましょう。

保湿をサボってお肌が乾燥してしまうと、メイクの乗りも悪くなってしまいます。
保湿はし過ぎということはありませんので十分にやりましょう。

また、美容液は美白成分や保湿成分が濃縮され配合されている基礎化粧品で、配合されている成分を角質層に届け、肌の水分を保つことが役割です。

そして、もう1つの大切な役割として水分の蒸発を防ぐことです。
化粧水で補給した水分はすぐに肌から蒸発してしまうので、美容液で蒸発を防ぎます。

レーザーでシミを消す

シミをすばやく確実に消したいなら、レーザーでの治療方法もあります。

シミ治療に特化したレーザーを当てて、肌の治癒力を促すのです。
これにはそばかすも適用できるでしょう。

ですが、保険適用外なので1回あたり2万~からの費用がかさみます。

医薬品でシミを消す

日頃ドラッグストアで販売されている医薬品やサプリメントでも、シミが薄くする働きがあるようです。
選び方は「医薬品」と表示されているもの、それに美白有効成分が複数配合されていることです。

医薬品に摂り入れたい美白成分

隠す

化粧品である程度隠すことができます。
コンシーラーやファンデーションで隠します。

コンシーラーの場合

  • ぽつぽつと散らばったシミやピンポイントな範囲→ペンシルタイプやスティックタイプ
  • 薄く広がったシミ→クリームタイプやリキッドタイプ

ファンデーションの場合

  • リキッドタイプ
  • クリームタイプ
  • スティックタイプ

このようなタイプなのを選びましょう。
いずれもご自身のシミの大きさを見ながらですね。

ファンデーションでシミ・そばかすを消すには!?プチプラや乾燥肌の方にも使える物はある?

シミを作らせない方法はある?

日々の対策でシミを作らせないようにすることも大切です。

紫外線対策

紫外線対策グッズ
紫外線がシミの原因の1つなわけですが、対策することでシミが出来ることを防ぎましょう。

サングラス

サングラスは紫外線対策に非常に効果的で、また、WHOもサングラスをかけることで目への紫外線の影響は90%減少すると言っています。

サングラスは、①紫外線カット率、②可視光線透過率、③色、④フレーム形状のポイントで選ぶのがコツです。
それぞれ見てみましょう。

  1. 紫外線カット率…%で表示され、カット率が高いほど紫外線をカットしてくれます。
  2. 可視光線透過率…%で表示され、透過率が高いほど光を通し明るく見えます。
  3. 色      …保護レベルによってグレード分けされ、イエローやグリーンが保護クラス0~2、グレーなどが保護クラス3になっています。
  4. フレーム形状 …サングラスをかけたときに、隙間が少なく、フィットするものがおススメです。

帽子

帽子をかぶることで、特に顔への紫外線をツバがカットしてくれます

UVカット加工の物がおススメで、長く効果を期待するなら、紫外線を防ぐための素材が帽子に織り込まれている物が長期にわたって紫外線をカットしてくれます。

また、黒など濃い色が紫外線をよく吸収してくれますが、濃い色は蒸れやすいのでUVカット加工がしてあれば白などの明るい色でも大丈夫です。

日傘

日傘は内側の色に注意しましょう。

帽子と違って日傘は蒸れることがないので(紫外線の)地面からの照り返しを考慮し、紫外線を吸収してくるなどの濃い色の物を選択するのがおススメです。

正しいスキンケア

お肌に汚れや余計な皮脂があると、お肌が良い状態を保てなくなり、バリア機能などが低下し、シミの遠因になってしまいます

正しいスキンケアをし、シミが出来にくいお肌に整えましょう。

紫外線対策や保湿の重要性をお伝えしてきましたが、顔の洗い方も注意しましょう。

洗顔する時ゴシゴシ洗っていませんか?
そうした刺激でもシミができやすくなります。

刺激の少ない石鹸や洗顔料でよく泡立てて、優しく洗ってぬるま湯で落とすようにしてくださいね。

食生活からのシミ予防

シミ予防は体の内側からでもできます。
そして、シミ予防に最適な食べ物があります。

  • ビタミンC→ブロッコリー、キウイフルーツ、イチゴ、アセロラ、パセリ、柑橘類など
  • ビタミンE→ナッツ類、アボカド、うなぎ、鮭、胚芽米など

注意していただきたいのは、ソラレンという成分です。
キウイや柑橘類にはこのソラレンが含まれており、紫外線を吸収しやすくする成分となっています。なので、これらの食材を摂るときは朝より夜をおススメします。

ビタミンのある食材
シミに効く食べ物で美白に!シミに効く栄養素とそのレシピをご紹介!!

日々の暮らしから楽しく美白

いかがでしたでしょうか。

ある年齢になるとシミが出来やすくなります。
それは、シミのメラニンが表れてくるからです。

他にもターンオーバーの乱れ、紫外線、間違ったスキンケアなどが原因です。
紫外線対策をしたり、美白成分の配合された化粧品を使ったりと対策はいろいろとあります。

けれども、あまり気にしすぎると、そればっかり気になって日々の生活も楽しくなくなってしまいます。
出来ることからやってみましょう。

 

気になってしょうがない、目尻に出来るシミ!目に特化した予防や対策をご紹介!

腕に出来るシミの理由は何?腕に効くシミ対策の方法とは

おすすめの美白アイテムはこちら
今度のプラスナノHQは新成分でシミを撃退!ハイドロキノンは入ってないの?

フォトショップでシミを消す?「フォトショップリフティングセラム」とは?

泥の洗浄力を実感してください!ホワイトクレイ酵素配合洗顔フォーム