紫外線を浴びると目に受ける影響って何?紫外線から目を守る為の方法とは

目を押さえる女性の画像 紫外線

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

紫外線が肌に与える影響は幾多のメディアやサイトでも取り上げられており、情報が浸透してきています。
では、紫外線が肌以外の部位に与える影響はどうなっているのでしょうか?
今回は気になる顔の中でも一番目立つ目について調べてみました

紫外線が目に与える影響とは?

日差しが強くて紫外線が気になっている方は、日焼け止めが欠かせないと思います。
肌への紫外線対策には日焼け止めを使用している方が多いと思います。

肌以外にも目への紫外線対策も心掛ける様にしましょう。
肌と同じく目から入った紫外線は肌やへダメージを与えてしまいます。

角膜に紫外線が当ると角膜が炎症を起こしてしまい、強い目の痛みや充血などの症状が出たりします。
それを電気性眼炎(雪目)と言います。

さらに、ダメージを受け続けるとそれは蓄積されてしまい、目の細胞組織を破壊してしまいます。
それが原因となり白内障などの目の病気に繋がる事があります。

白内障とは
白内障は目の水晶体が濁ってくる病気であり、進行してしまうと見えづらくなってくる病気です。

水晶体とはカメラのレンズのようなものであり本来は透明で光を良く通すのですが、遺伝や加齢などの色々な影響を受ける事によって少しずつ白く濁ってきてしますが、紫外線も原因の一つとされています。

白内障の中でも程度は様々です。
初めから水晶体全体が濁ってくる事はまれですが、白内障の初期には濁っている部分と透明な部分が混ざっています。
白内障によって起きた濁りが水晶体の端の部分にある場合や、中央部分にある場合によって自覚症状が違ってきます。

この様ないろいろな目の病気を予防する為にはコンタクトレンズやサングラス、帽子などの利用が大切になってきます。

目を紫外線から守る方法とは?

では、紫外線から目を守る為には何をしたら良いのか、具体的なグッズを挙げて見ていきましょう。

サングラス

長時間強い紫外線を浴びたりすると、白内障黄斑変性症(おうはんへんせいしょう)と言う、目の視界が歪んで見えたり目が見えなくなったりする病気を起こす可能性があります。

屋外でのレジャーや、畑仕事をする時など昼間に強い紫外線の中で過ごす場合には、サングラスをかける事が一番良い紫外線対策になります。

色が濃いレンズの方が紫外線をカット出来ると思われがちですが、紫外線カットの効果は色とは関係はないとされています。

紫外線透過率は、レンズにどれだけ紫外線が透過するかを表す数字なので、低いほどレンズの性能が優れていると言う事になります。

紫外線カット機能の付いたサングラスには紫外線透過率が表示されており、効果が高いものを選ぶと目への影響を抑える事が出来ます。

サングラスは、目への紫外線の影響を80%程度カットする事が出来ますので、紫外線カット機能のものを使用する様にすると良いと思います。

紫外線100カットサングラスはどういうもの?100カットで目の保護を

ティアドロップサングラスの画像

日傘

紫外線対策アイテムとして活躍する日傘ですが、紫外線対策に適した生地(素材)傘の差し方があります。
UVカット率(紫外線カット率)が高いかどうかが重要であり、UVカット加工が施されているものが良いです。

日傘の寿命は2〜3年ほどしかなく、強い日光に晒されてUVカット効果が薄れてしまいます。
また、生地が傷んで擦り切れた箇所から紫外線が入ってくる事もありますので、良い日傘を買っても2年ほどで買い換える必要があります。

UVカット加工がされていれば日傘の色は黒でも白でも紫外線対策効果は変わりません。
日傘の外側は黒ではなく色が薄いものを選ぶ様にすると良く、日傘の内側は黒にする方が良いです。

建物・空気中・地面から乱反射してくる日光が日傘の内側に反射した場合に日傘の内側が白っぽい色ですと、反射光が顔に当たってしまいます。
また、黒や暗い色だと光を吸収しますので、日傘の内側は黒に近い色を選ぶ様にしましょう。

ポリエステル素材の日傘が紫外線対策としてとても効果的です。
しかし、ポリエステルは熱を吸収しやすく日傘内部が暑くなりがちになりますので、暑がりの方は麻などの素材の日傘にすると良いと思います。

差し方よってカット率が変わってきて、カット率を上げる場合は出来るだけ顔や身体に近づけて傘を差すようにすると良いです。

  • 顔と日傘の距離が30㎝の時
    →紫外線カット率は90%
  • 顔と日傘の距離が60㎝の時
    →紫外線カット率は70%

建物などから乱反射してくる紫外線も、顔の近くに日傘を差している方が少なくなります。
身体から高い位置で日傘を差さずに身体から近い位置で日傘を差す様にする事がポイントです。

メガネで紫外線の影響を防ぐ事は可能?

メガネの女性

目の紫外線対策にはUVカットメガネがおススメです。
UVカット効果は値段でなく、紫外線対策の加工がレンズにどの様に加工されているかで決まってきます。

紫外線のUVカットの効果
「UV380」や「UV400」という数値のものがあります。

  • 「UV380」 → 紫外線を約94%。
  • 「UV400」 → 紫外線を99%以上 カットします。

新しいものはUVカットの性能に差はありませんが、コーティング剤は使用してると劣化やコーティングが剥がれてきてしまいます。

サングラスのレンズの色の濃さはとUVカットの効果は、紫外線対策がされていれば透明なレンズのメガネでも紫外線カットの効果があります。
サングラスを購入する際はUVカット率を見てから購入すると良いでしょう。

紫外線はメガネと顔の隙間からも入ってきてしまうので、顔にフィットするデザインのものを選びましょう。
形はサングラスのフレームが大きくサイドまで覆うデザインのものだと高いUVカット効果が得られます。

正面からだけでなく背後や横側から入ってきてしまう紫外線から角膜を守る為に、裏側にもコーティングされた商品も販売されてます。

コンタクトレンズで紫外線の影響を防ぐ事は可能?

目は紫外線により日焼けをしています。
UVカットのコンタクトレンズは大きく分けて2つの素材でできているのですが、素材によって若干UVカット率が異なります。

素材によるカット率
  • HEMA素材         → UVA波97%カット/UVB波99%カット
  • シリコーンハイドロゲル素材 → UVA波96%カット/UVB波99%カット

最近ではシリコーンハイドロゲル素材のものが増えており、角膜に酸素を届ける事が出来る素材のため注目されています。

コンタクトレンズは黒目の角膜の部分につけますが、白目までは紫外線を防げません。
コンタクトレンズのみよりも、UVカットサングラスやUVカット眼鏡と一緒に使用する事をおススメします。

コンタクトレンズは使用者を選ばない紫外線対策グッズか!?

室内にいても目に紫外線の影響を受けてしまう?

室内から見た窓際の画像

窓を閉めていても日の当たる窓付近であれば、外と比べて約80%の紫外線を浴びている事になります。

直接日光に当たらない場所であっても床や壁などを使って反射・散乱する為、空気中には約10%の紫外線があります。
屋根があっても窓を閉め切っていても紫外線A波の量は同じです。

紫外線は目においても様々なリスクの要因になります。

紫外線によって活性酸素が過剰に発生する事により白目が黄ばんでしまったり、角膜が傷ついてしまって充血やヒリヒリした痛みの原因になったりする他、目の病気に繋がる事もあります。

視界が歪んで見えたり、部分的に暗く欠損したりする黄斑変性症や白目の部分が隆起して黄色く変色している瞼裂班(けいれつはん)などは、紫外線によるダメージの蓄積が危険因子の一つとして知られています。

紫外線は老眼を進めてしまったり、水晶体が年を取ると白く濁って視力が低下する「白内障」の一因になったりなど目の老化につながる原因になります。

朝と夕方は斜めの角度から直接目に紫外線が入りやすく、日本人は瞳の光彩の色が濃いので欧米人と比べて眩しさを感じにくいのです。
たとえ眩しくなくても紫外線を浴びている可能性は大いにあります。

室内や車の中でも油断は大敵なのです。窓からの紫外線に注意しましょう。

紫外線対策は肌だけでなく目も必要です

日焼けをして肌のケアはする方は多いですが、目をケアしない人も多いのが事実です。
身体も日焼けしてダメージがある様に、も紫外線ダメージを受けています。

目が充血していたり痛いと思ってから対処する事は大事ですが、出来ればその前に目を守る事が大切です。
サングラスで予防したり、目に良い栄養素をとって身体の中からも目を守りましょう。

例えば、ほうれん草や緑黄色野菜に含まれているルテイン・ビタミン・ミネラルや、目に良いとされるブルーベリーなどのベリー系などがおススメです。

今は食事だけでなく、サプリメントでも目の紫外線対策を手軽に行う事が可能です。
人間の身体に必要な紫外線ですが、目にはとても有害なものです。

日焼け対策と同じくらいしっかりと対策をして、外出を楽しみましょう。

 

目・眼の紫外線対策はどうしたらよい?眼の対策をしないと肌が黒くなるの?

クリアなレンズで紫外線対策に!おすすめの紫外線対策メガネとは?

おすすめの紫外線対策アイテムはこちら
高SPFなのに無添加!エポラーシェ カラー&UVベース  

オーストラリア発のオーガニック日焼け止めクリーム、ソレオ オーガニックスで紫外線から肌を守りましょう!

紫外線対策クリーム『ペネロピムーン・エバーピンク』の口コミは?