美白になるためのスキンケア方法とは?正しいスキンケアと習慣で目指せ美白!!

ソファーに座ってパソコンを入力している外国人女性 美白

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

白い肌を手に入れたいと思って様々な方法を試しているけれど、中々効果を実感できないという方は多いと思います。
とにかく白くなりたいといった漠然とした目標では、いくら美白をしてもキリがありません。
まず初めに、自身の白さの限界をチェックしてみましょう
そこで、最初に美白は本当に良いのか?を見ていきましょう。

美白は本当に良いの?

同じ造りの顔の人がいても、色白でスベスベの美肌だと美しく見えますよね?
人は第一印象が肝心と言いますが、第一印象は初対面からわずか3秒~15秒程で決まってしまいます。
パッと見た一瞬の中では、顔の中でも面積が広い肌が自然と視野に入ります。

そして、瞬間的に目に入ったイメージから「品が良くて大人しそうな人」「明るくて社交的そうな人」など、その人の全体像まで想像します。
そのため、肌の印象はその人の第一印象さえも左右してしまうと言っても過言ではないのです。

ところで、美白の人って具体的にどのような印象を与えるのでしょうか?
日本人大学生を対象として肌の色が与える影響について調査した実験データが存在します。

美白と色黒の合成顔画像をいくつが作って、それらの画像の性別を判断してもらったところ、なんと色黒=男性美白=女性と判断される傾向が見られました。

やはり、美白は女性らしく見えるのですね。

白いドレスを着て本を読んでいる外国人女性の画像
ちなみに、男性が美白の場合は「女性っぽい」「弱々しい」と言われることがあり、どうやら女性っぽい印象を与えてしまうようです。

近年では「カッコよくなりたい」「男らしく見られたい」などの理由から、海や日焼けサロンに通って肌を黒くする男性が増加しています。

女性が色黒の場合、「明るい」「活発そう」「開放的」「積極的」「自立してそう」など、元気な印象を与えるそうです。
すなわち、ボーイッシュな感じなのですね。

また、日本人大学生に「感じの良い女性」の肌色についてアンケートを取ったところ、男性も女性も共通で「女性は美白が理想」と答えた人が圧倒的に多かったようです。

今まで小麦色やガングロブームはありましたが、やはり美白は根強い人気を誇るようですね。
「上品」「清潔」「清純」「清楚」「女性らしい」「おしとやか」など、女性的な印象を与えます。

美白を保つには、肌をできるだけ日光に当てないことが重要です。

知っておきたい美白の本来の意味!美白の定義と美白ケアの基礎をお教えします!!

肌が黒くなるのは何故?

肌が焼けて黒くなる原因は、太陽光の中の短い波長で強力な紫外線B波(UV-B)が大きく関与しています。
このUV-Bを浴びることで肌が黒く焼けることを「サンタン」と言い、日焼けによって赤く炎症を起こすことを「サンバーン」と言います。
それでは何故、UV-Bを浴びると肌が黒く焼けてしまうのでしょう?

その理由は、肌に元々存在するメラニン色素が紫外線のダメージから肌を保護するために過剰に作り出されるためです。
肌が白い人は生まれつきメラニン色素の量が少ないため、黒くなりにくいのですが、紫外線から肌を守る力は弱いと言えます。

色白の若い女性に多いことですが、肌が焼けなければ見た目にほとんど変化がないので、あまり気にしない人が多いようです。
しかし、サンバーンを引き起こすUV-Bは皮膚がんの原因にもつながっていて、皮膚細胞内のデオキシリボ核酸というDNAにダメージを与えてしまうので要注意です。

この細胞を回復させようとする際に炎症や日焼けが起こるのですが、過剰に日焼けしすぎると細胞が死んでしまい、皮が剥けてしまうのです。
生まれ持ったメラニンの量の違いによって赤くなる肌質と赤くならない肌質に分かれ、日本人は次の3つのスキンタイプに分けられます。

  1. 時折赤くなった後、黒くなる→健康な明るい色
  2. 赤くなった後、微かに黒くなる→色白の人
  3. 赤くならずに黒くなる→小麦肌

日本人よりも色白の人種は紫外線に弱く、色黒の黒人は紫外線に強いということです。

肌の表皮の細胞をケラチノサイトと言い、その下部にあるのがメラノサイトと言われるメラニン色素の工場になります。
肌の表皮のケラチノサイトが紫外線を吸収して、メラノサイトに情報伝達を行うことにより、メラノサイト細胞ではメラニンの合成に取り掛かります。

すなわち、メラノサイト工場内において、酵素チロシナーゼがチロシンを酸化させてメラニン色素を作り出し、肌表面へ上がってくる、シミ・そばかす・日焼けが浮き出てくるというメカニズムです。

さらに、そのメラノサイト内ではチロシナーゼ酵素が分泌されると、チロシンと言われる成分を酸化させ、黒いメラニン色素へと変えて上の表皮のケラチノサイトへと送り出しているのです。

この際に大量発生して上へと押しだされず排出しきれずに溜まってしまったメラニン色素が、色素沈着が進んでシミとなってしまいます。

紫外線対策は一年中必要?一年を通して使える紫外線対策アイテムの種類と選び方とは

肌を気にする女性の画像

一度黒くなった肌は白くなるの?

夏になると肌をこんがりと日焼けする人が多くなりますが、夏が過ぎたら元の白い肌に戻したいですよね?
しかし、一度日焼けによって黒くなった肌はそう簡単に元には戻りません

なるべく早いうちに元の白い肌に戻したいと思っている人は多いと思いますので、今回は日焼けによる黒い肌を白くする方法についてお教えします。
日焼けしたくなかったのに、いつの間にか日焼けをしていたというような「うっかり日焼け」の人も是非参考にしましょう。

日焼けによって一度黒くなった肌を白くする方法どのようにすれば良いのでしょうか?

肌を白くする方法①それ以上の日焼けを防ぐ

まずは、必要事項としてそれ以上の日焼けを防ぎましょう。
日焼けによって肌が黒くなるのが気になるという人は、それ以上黒くならないようにしっかりと対策しましょう。

日焼けを繰り返して肌が黒くなるにつれ、元の白い肌に戻るのに必要となる時間は増えますので、日焼けを悪化させないようにしてください。
しっかり帽子をかぶって紫外線を遮ったり、日焼け止めを使うなどの基本的な対策を心掛けましょう。

紫外線対策グッズの画像

肌を白くする方法②十分な保湿を心掛ける

先ほども説明しましたが、日焼けによって肌が黒くなる原因はメラニン色素が肌に溜まることです。
肌は時間を重ねるごとに表皮が生まれ変わり、古い表皮が垢となって剥がれ落ちるターンオーバーを繰り返します。

よって、日焼けによってメラニンを含む角層も次第に落ちるため、時間が経過すれば少しずつ日焼けした肌は元通りになるのです。
そして、できるだけ早い期間で元の白い肌に戻すにはターンオーバーを早めることが大切であり、そのために必要なのが保湿が必要になります。

ターンオーバーは肌の状態を良くして新陳代謝を向上させることで活性化します。
肌が乾燥したり荒れたりしている状態ではターンオーバーは低下するので、適度に十分な保湿を心掛け肌の状態を健やかに保つようにしましょう。

肌の状態が改善されれば肌が生まれ変わる周期も早まるので、日焼けによる黒い肌を早い期間で元通りにできます。
ただ保湿のし過ぎも良くないので適度に行ってください。

『地黒でも美白になりたい方必見』効果のある食べ物も調査!!

美白にいい生活習慣

歳を重ねるとともに忍び寄るシミやくすみ、そして日に焼けてしまったときには気持ちに影が差し込みます。
しかし、知らず知らずのうちにシミやくすみができていたとしても心配することはありません。

まずは新陳代謝を活性化することについて見ていきましょう。

新陳代謝を活性化して28日のターンオーバーを目指す

ターンオーバーが正常でも、肌が生まれ変わるには28日程かかります。
新陳代謝が悪化すると、この日数ではターンオーバーしきれずに徐々にシミくすみが出てきます。

新陳代謝の促進方法は入浴です。
ゆっくり湯舟に浸かることで、発汗して血行を促進され、毛穴が開くので汚れや毛穴の詰まりを解消することもできます。

その結果、ターンオーバーが促進され悪い角質が取れやすくなるのです。

ターンオーバーが早いイメージ画像

美白に効果的な食べ物はどんなものがある?

ビタミンCとビタミンEは、併せて摂取すると美白に効果的な栄養素です。

ビタミンCが多く含まれている食べ物ビタミンEが多く含まれている食べ物
レモンアボカド
キウイアーモンド
みかんピーナッツ
いちごかぼちゃ
きんかん

リコピン
トマトに多く含まれているリコピンは高い抗酸化作用を持つ栄養素で、紫外線を浴びて日焼けした肌だけでなく癌細胞の生育を抑制する効果もあります。
これらの食べ物を積極的に摂取しましょう。

ゴールデンタイムの睡眠時間

肌の新陳代謝を活性化するために、肌のゴールデンタイムと言われる夜10時~2時までに熟睡することが肝心です。

テレビを見ても女優さんたちが意外に早く睡眠をとるといったコメントがありますが、さすがに美のプロの人たちはこの理論を知っているのですね。

化粧品の見直し。美白化粧品は刺激が強いのか?

普通の化粧品から美白化粧品に乗り換えたとき、刺激が強いと感じませんか?
美白化粧品の一つの欠点として挙げられる乾燥が原因です。

これについては美白ラインを実際に使用すると分かりますが、サッパリとしたタイプが多く、さらに医薬部外品のため効果は高いのですが、これが刺激になってしまうことがあります。

ですので、美白化粧品だけでは保湿が足りないと感じた場合は保湿力の高い化粧水などでまずはしっかり保湿を行って、その後に美白ラインを使用しましょう。

紫外線対策を徹底的に

日焼け止めが毎日必要だと分かっていても、「曇りの日」や「少しの時間だから」と、うっかり忘れてしまうことがありますよね?

紫外線は曇りの日でも室内にいても、雲や窓から通り抜けてあなたを襲います。
ですので、紫外線対策にはしっかり紫外線グッズを用意して完璧に備えることが重要です。

紫外線カットカーテンや紫外線をカットするシートなどで家の紫外線をシャットアウトし、帽子、日傘、手袋は常に携帯し、日焼け止めクリームはこまめに塗り直しましょう。
特に高くなっている箇所である額、鼻、頬などは要注意です。

目にも紫外線対策は必須なので、サングラスUVカット加工がされたコンタクトレンズを使って保護しましょう。

化粧品選びや日焼け止めクリームで紫外線対策を行うことはもちろんですが、美白に近づく第一歩は生活習慣を見直すことです。

『衝撃!!漂白剤が地黒の犯人逮捕』肌を白くするその方法とは一体?

美白肌のためのスキンケア

紫外線のダメージに耐えられる強い肌を作るために、日々のケアを心掛けましょう。
具体的にどのような肌質かと言うと、乾燥知らずの潤い肌が理想です。

潤いのある肌はバリア機能が整っているため、肌のターンオーバーが正常で外的刺激をガードしてくれます。
そんな土台を作るには、保湿が欠かせません。

保湿は水分と油分のバランスが大切です。
特に水分は失われやすいため、化粧水やパックなどでこまめに水分補給を行いましょう。

また、紫外線の多い季節は週に一度スペシャルケアを行いましょう。
美白成分が含まれたシートマスクで肌にたっぷりと潤いを与えたり、美顔器を使用してより肌の奥に浸透させるのも良いでしょう。

紫外線を浴び過ぎてしまった場合には、クリニックに行って美白注射や美白点滴を受けるのもおすすめです。

美白美容液の化粧水、クリーム、乳液との違いと役割とは?スキンケア用品の特徴を徹底解剖!

正しい生活習慣とスキンケアで美白を目指そう!

美白になるためのスキンケアの方法について、いかがでしたでしょうか?

美白肌は上品で清潔感があるため女性にとっては理想的ですが、男性の場合は色黒の方が活発で女性に好かれるようです。

肌が黒くなる理由は、肌に元々存在するメラニン色素が紫外線のダメージから肌を保護するために過剰に作り出されるためです。
一度日焼けした黒い肌を白くする方法は、それ以上の日焼けを防ぐ、十分な保湿を心掛けるなどが挙げられます。

美肌にいい生活習慣は、ゆっくり入浴して新陳代謝を活性化させたりビタミンC・ビタミンE・リコピンなどを積極的に摂取することが挙げられます。

美白肌のためのスキンケアは保湿が欠かせません。
特に水分は失われやすいため、化粧水やパックなどでこまめに水分補給を行いましょう。

あなたも是非この機会に、正しいスキンケアで美白を目指してみてはいかがでしょうか?

両頬に両手を当てている日本人女性の画像

 

肌荒れを防ぐ紫外線対策とは?紫外線による肌荒れを防ぐ効果的なスキンケアとおすすめグッズとは?

シミの予防とシミ消しに美白化粧水は効果があるの?シミの予防と対策におすすめの美白化粧水もご紹介!

おすすめの美白アイテムはこちら
保湿・潤い・白肌の3つのケアが同時にできる、魔法のパッククリーム「王妃の白珠」

”カリスマエステティシャン”が作った!ニューピュアフコイダン 

新発想のナイトクリーム「おやすみ中のご褒美」ってどんな効果があるの?!