美白に効果のある美容液の正しい使い方や順番とは?他の美容液と併用しても大丈夫なの?

首を傾げてポーズをとっている外国人女性 美白

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

日頃から何気なく使用している美容液ですが、正しい使い方がある事をご存知でしょうか?
また、保管方法や使用期限などの正しい知識をご存知ですか?
美容液には様々な種類が存在しますが、ニキビケア・美白・保湿・エイジングケアなどの目的で使用されます。
今回は美容液の主な役割について詳しく説明したいと思います。

美容液、その役割とは?

美容液とは一般的に美白や保湿など、たっぷりと美容成分を配合したスキンケアアイテムの事を言います。
顔全体はもちろんですが、気になる箇所に集中して使用するなど日頃のスキンケアアイテムにプラスする事によってお肌の悩みに沿ったお手入れをする事ができ、スキンケアの満足感が得られるとされています。

しかし、美容液に使用されている美容成分の量にはこれと言った決まりがないため、配合成分やテクスチャーはメーカーによって異なります。
ですので、貴方好みのテクスチャーやお肌の状態によって美容液を選ぶ事をおすすめします。

美容液の役割

それでは、美容液の役割について説明したいと思います。
美容液の役割として基本中の基本と言えるのが保湿です。
保湿美容液はもちろんですが、美白美容液やエイジングケア美容液なども基本的に保湿の役割を持ちます。

その他の美容液は美容成分をお肌の角質層まで行き渡らせると言う役割があると言われています。
すなわち、「お肌の乾燥を予防したい」「乾燥による小じわを目立ちにくくしたい」「日焼けによるシミを予防したい」などハッキリとした目的があるのであれば、美容液の使用をおすすめします。

一般的に美容液は何歳から使用するべきと言った事は特にないとされています。
お肌の乾燥が気になる場合や早いうちからエイジングケアを行いたいと言った場合は、20代から美容液を取り入れてみましょう。

しかし、肌タイプ、お肌の悩み、化粧品に使える予算は人によって異なります。
そのため、自分の肌状態や生活環境に合わせて上手に美容液を活用しましょう。

美容液のしずくの画像

保湿について

次に、美容液の基本的な役割を理解するために保湿についてご説明したいと思います。

始めに、十分に保湿された肌とは「適量の水分が保湿成分によって肌の内部に繋ぎ止められ、更に油分によって水分の蒸発を防ぎ、肌にきちんと保湿された状態」を保持しています。
潤った肌の方は正しい保湿が出来ていると言えます。

肌は皮脂・セラミド・天然保湿因子などの保湿成分を持っています。
これらの保湿成分が正常に活動していれば、バリア機能によって保水されたりお肌の水分の蒸発を防ぐ事が可能です。

しかし、加齢や環境の変化などで保湿成分を作る働きが弱まるとお肌が乾燥してしまいます。
お肌自体を乾燥しづらくするためには、美容液などの基礎化粧品を使用して以下の3つの要素を満たす事が大切です。

  1. 肌に水分を与えます。
  2. 肌の水分を保ちます。
  3. 肌の水分の蒸発を防ぎます。

以上の3つの要素のうち「肌に水分を与える」事は化粧水やローションなどの水分を沢山含んだ化粧品が得意とします。

知っておきたい美白の本来の意味!美白の定義と美白ケアの基礎をお教えします!!

美容液を付ける順番ってあるの?

美容液は基本化粧水などで肌を整えた後、油分を含んだクリームや乳液などの基礎化粧品を使用する前に塗ります。
基礎化粧品アイテムの役割についてご説明していきたいと思います。

  1. クレンジング  → メイクを落とします。
  2. 洗顔      → お肌の汚れと落とし残しのメイクの汚れを落とします。
  3. 化粧水     → お肌に水分を与えて保湿します。
  4. 美容液     → お肌に必要な栄養分を角質層まで行き渡らせます。
  5. 乳液・クリーム → お肌に油分を与えて滑らかにします。

同じブランドで揃えるライン使いかどうかに関係なくこの順番で基礎化粧品を使用するのが基本です。
何故なら、洗顔直後は油分が少ないため、水溶性の割合の多い化粧品を使用する方がお肌に浸透しやすいためです。

逆に、油分の多い化粧品を先に使用して水溶性の割合が多い化粧品を後から使用してしまうと、美容成分がお肌に浸透しづらくなって本来の効果が発揮されません。

スキンケア化粧品の成分における水溶性の割合は基本的には以下の通りになります。

化粧水>美容液>乳液>保湿クリーム
よって、美容液を使用する順番は基本的に化粧水の後乳液の前ですが、乳液を使用しない場合は化粧水の後・保湿クリームの前に美容液を使用して下さい。
但し、商品によっては化粧水の前に使用するタイプもありますので、必ずパッケージを見て使用手順をチェックして下さい。

美容液と言う言葉の定義は特に決まっていないため、メーカーによって美容成分の配合濃度は異なります。
そのため自分自身でしっかりと美白成分の配合量を確認して判断しなければなりません。

デパコスで選ぶ美容液で美白美人に!デパコスで扱われているブランドや美白美容液の選び方などをご紹介!!

美容液の有効期限とは?

食品の賞味期限や消費期限では少し位の期限切れなら気にならないと言う方から一日でも期限が過ぎたら嫌だと言う方まで様々な方がいらっしゃいますが、我々はその期限を一定の目安としています。
期限が切れたものは体に良くない、健康を阻害してしまうという事をご存知だからです。

そして、化粧品にも同様に有効期限があるのはご存知でしょうか?
有効期限の切れた化粧品はお肌を綺麗にするどころか、むしろ肌トラブルを引き起こしてしまう事があります。
美容液の有効期限は開封前ならば3年開封後なら半年です。

美容液は未開封の場合でも成分によっては沈下や分離が起こってしまう事があります。
完全に密封されている様に見えても実は酸化が進んでいたり、高温多湿の所に保管していた事で美容液がダメージを受けてしまっている事もありえます。

更に、開封後は空気に触れて酸化する事によって劣化がどんどんと進んでしまうため、開封後はなるべく早く使い切りましょう。
成分をチェックする女性の画像
近年では無添加や防腐剤を使用していない美容液が注目を集めています。
この美容液はお肌にも優しく、実際に使用した際の満足度も一般の美容液とは比べものにならないでしょう。
しかし、劣化を防ぐ成分を使用していないため、一般の美容液と比べて有効期限が短いので注意しましょう。

未開封であれば商品によっては多少の差異はありますが保存期間はおよそ2年位ですが、一度開封してしまうと有効期限はとても短くなります。

ですので、3週間程度から長くても3か月以内には使い切りましょう。
また、商品によって異なりますので有効期限がシッカリと記載されている商品を使用すると良いでしょう。

特に美容液はクレンジングや洗顔後の素肌に使用する化粧品ですので、有効期限の過ぎた商品を使用すると直接お肌に刺激を与えてしまい肌荒れに繋がります。

幾つかの商品と並行して使用するとそれだけ使用期間が伸びてしまいますので、スキンケア商品は出来るだけ一つの商品を集中して使用した方が良いでしょう。

短期間では使い切れないと思う方も多いと思いますが、一度に使用する量からしっかり有効期間が計算されているので使用方法をきちんと守っていれば大丈夫です。

美白になるためのスキンケア方法とは?正しいスキンケアと習慣で目指せ美白!!

美白美容液と他の美容液は併用する事は出来る?

先に結論を言いますと、美白美容液と他の美容液は併用してもあまり問題はありません
ですので、お肌に大きな悩みが2つほどあるのであれば美白美容液と保湿美容液を併用しても構いません。

しかし、それは必ずしも問題が生じないと言う事ではありません。
肌質の違いで人によっては他の美容液と併用する事でトラブルが生じる場合もあります。

例えば他の美容液と併用する事でお肌に過剰な成分を与え過ぎている場合も生じます。
サプリメントなどで摂取する栄養素も同じですが、基本的に何かに何かを加える場合には適量と言うものが存在します。
その適量を超えた際に悪い影響を及ぼしてしまう場合があるのです。

美容液を2つ以上使用する事で過剰にお肌に何かを与えてしまう事になり兼ねないのです。
ですので、人によっては肌トラブルを引き起こしてしまう場合があります。
過剰に何かを与えても平気な方が多いのも事実ですが、注意は怠らないで下さい。

美容クリームを肌に塗っている日本人女性
美容液を使用する際は幾つかの美容液を併用したくなる事もありますよね?
例えば、美白美容液だけでなく保湿美容液を使用したくなる事もあるでしょう。
殆どの方がお肌の悩みは一つではないでしょうから、こうして沢山のスキンケア用品を使用したくなる気持ちも頷けます。

それでは、こうして美白と保湿の美容液を使用する際にはどちらから先に使用するのが正しいのでしょう?

もし、美白美容液と保湿美容液を使用するのであれば、基本的には美白美容液を先に付けるのが正解です。
先に化粧水を付けて肌にしっかり水分を与えたら、次に美白美容液を付けましょう。

そして、美白美容液がしっかりお肌に浸透したらフタをする様に保湿美容液を付けていきます。
それでは何故美白美容液と保湿美容液を併用する際に美白美容液を先に付けるのが正解なのでしょうか?

その理由は保湿美容液の方が油分が多いからです。
保湿美容液と言うのは名前の通り保湿効果の高い美容液です。
保湿効果が高いと言う事はそれだけ油分が豊富だということです。

もちろんクリームや乳液と比較すると油分のレベルは高いとは言えません。
しかし、少なくとも美白美容液と比較すれば油分が多い事は確実ですので、美白美容液と保湿美容液を併用するのならば美白美容液を先に使用する事になるのです。

また、美容液にはオールインワンというものが存在します。
オールインワンとは例えば美白成分や保湿成分、そしてお肌をリフトアップするアンチエイジングの成分などを含んだ美容液の事です。
これを使用すれば2つの美容液を使わなくても問題なく2つの肌トラブルに対してアプローチする事が出来ます。

美白美容液の化粧水、クリーム、乳液との違いと役割とは?スキンケア用品の特徴を徹底解剖!

正しく美容液を使って白く美しい肌を目指そう!

美容液の使い方や順番について見ていきましたが、いかがでしたでしょうか?

美容液の役割として基本中の基本と言えるのが保湿です。
保湿美容液はもちろんですが、美白美容液やエイジングケア美容液なども基本的に保湿の役割を持ちます。
その他に美容液は美容成分をお肌の角質層まで行き渡らせると言う役割があります。

美容液を付ける順番

  1. クレンジング
  2. 洗顔
  3. 化粧水
  4. 美容液
  5. 乳液
  6. クリーム

が基本です。

但し、商品によって化粧水の前に使うタイプもありますので、必ずパッケージを見て使用手順をチェックしましょう。

美容液の有効期限について見ていきました。
使用期限の切れた化粧品は肌を綺麗にする所か肌トラブルを引き起こしてしまう事があります。
美容液の有効期限は開封前ならば3年、開封後なら半年ですが、無添加や防腐剤を使用していない美容液は有効期限がもっと短くなります。

化粧品のボトルが三本ある画像
美白美容液と他の美容液は併用しても基本的に問題はありませんが、必ずしも誰でも問題が生じないと言う事ではありません。
個人個人肌質が異なりますので十分に注意しましょう。

心配であれば美容液にはオールインワンというものが存在します。
オールインワンであれば2つの美容液を使用しなくても問題はなく、2つの肌トラブルに対してアプローチする事が出来ます。

貴方も是非この機会に美容液を使用して美白を目指してみてはいかがでしょうか?

 

ハトムギ化粧水を使用すると美白になる?ハトムギ化粧水の効果とハトムギ化粧水の使い方をご紹介します!

プラセンタの正体は何?プラセンタ配合化粧水の美白効果とおすすめのプラセンタ配合化粧水とは

ビタミンCの進化型、ビタミンC誘導体!ビタミンC誘導体配合美容液で美肌に!

おすすめの美白アイテムはこちら
保湿・潤い・白肌の3つのケアが同時にできる、魔法のパッククリーム「王妃の白珠」

”カリスマエステティシャン”が作った!ニューピュアフコイダン 

新発想のナイトクリーム「おやすみ中のご褒美」ってどんな効果があるの?!