L-システインをサプリで摂取しましょう!L-システインの美白効果とは

手すりに寄りかかる女性 美白

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

これを読んでいるみなさん、様々な肌トラブルを抱えて悩んでいませんか?
その悩んでいる肌トラブル解消にビタミンCなど、効果のある栄養素を摂取して肌トラブルの解決に努力されているかと思います。
皆さんはL-システインという成分を耳にした事はありませんか?
CMなどでシミに効果があると謳っていますが、L-システインにはどの様な美白効果があるのでしょうか。
今回はL-システインとは何か、L-システインの美白効果などについて見ていきたいと思います。

L-システインとは

L-システインは非必須アミノ酸の一つであり、体内ではメテオニンから合成されます。

肌、髪、爪などに含まれており、たんぱく質であるケラチンの構成成分です。
黒色メラニンの発生を抑制、アルコールを分解する過程で発生するアセトアルデヒドとL-システインが反応する事で無毒化する働きがあります。

そのため、L-システインは肌や髪のトラブル改善、美白、二日酔い予防の目的でサプリとして販売されています。

髪の毛がなびいている様に見える画像

L-システインは小麦胚芽、牛肉、牛乳、ブロッコリー、芽キャベツ、ニンニク、玉ねぎ、赤唐辛子などの食品に少量含まれています
必要量を食事で全てを摂取する事は難しいですが、体内で合成する事が出来るため必ずしも食事から摂取する必要はありません。

L-システインを体内で合成する素となるメチオニンを含む食品(大豆、鶏肉、ホウレンソウ、カツオ、イワシなど)を補う事でL-システインの合成量を増やす事が出来ます。

ペプチドとは?ペプチドが多い食品や肌と化粧品の関係について

L-システインの美白効果とは

美白サプリに配合されているL-システインは肌にどの様に働きかけて美白効果を発揮しているのでしょうか?
ここではL-システインの美白効果についてみていきたいと思います。

L-システインの美白効果

効果
ターンオーバーの促進肌の代謝を正常化させるため、角質層に沈着してしまったメラニンの排出を促します。
メラニンの生成の抑制L-システインとビタミンCがメラニン色素が過剰に生成される事を抑制します。
黒色メラニンを無色化L-システインとビタミンCが黒色メラニンをドーパキノンに還元し、無色化にしてくれます。
活性酸素を除去L-システインには抗酸化作用があるため、シミやシワの原因となる活性酸素を除去します。
肝機能を改善「顔は内臓の鏡」と言われています。
特に肝臓が疲れていると肌の黒ずみの原因となりますが、L-システインは肝機能を改善する働きがあります。
他には…

L-システインの美白効果を高めるためには

肌だけではなく髪の毛や爪などにも多く存在しているL-システインはたんぱく質を構成するアミノ酸の一種です。
L-システインをビタミンCと一緒に摂取する事によって美白効果を発揮します。

知っておきたい美白の本来の意味!美白の定義と美白ケアの基礎をお教えします!!

L-システインの安全性とは

L-システインの安全性と副作用について見ていきたいと思います。

L-システインの安全性

L-システインはアミノ酸の一種であり、人間の体内で作り出される栄養素です。
日々の食事やサプリで摂取しても安全性が高く、副作用が出にくいとされています。

L-システインの副作用

一方、いくら安全性が高く副作用が出にくいからと言って副作用はない事はありません。
L-システインの副作用にはどの様なものがあるのでしょうか?

L-システインなどのアミノ酸は、過剰に摂取された分は体外へと排出されます。
過剰摂取は身体に負担を掛けてしまいますので注意をしなければなりません。

副作用説明
糖尿病を
悪化させてしまう恐れがある
血液中にL-システインが増加するとβ細胞という所からインスリン分泌が抑制されるという事が研究で明らかになっています。

そのため、糖尿病を患ってしまっている方がL-システインを摂取してしまうと糖尿病が悪化してしまう可能性があります。

糖尿病を患っている方はL-システインの摂取を止めるか、医師に相談する事をおすすめします。

白髪が増える?因果関係ははっきりとはしていませんが、白髪になるのはメラニン色素が生成されにくくなるためです。

L-システインはビタミンCと摂取する事によってメラニン色素の生成を抑制する働きがありますが、長期間服用すると白髪が増えるとされています。

過剰摂取するとどうなる?L-システインは食品からも摂取する事は可能です。

しかし、高濃度配合のサプリメントなどを沢山摂取する事によって過剰摂取になる事があります。

摂取するL-システインが1,500mgになると過剰摂取と言えます。

過剰摂取をすると吐き気、腹痛、下痢などが現れますので、用量・用法を必ず守る様にしましょう。

美白サプリの基本と効果とは?美白サプリの上手な服用と注意点とは

L-システインサプリを選ぶ際に気を付けるべき点とは

美容目的でL-システインを摂取するならサプリメントが不可欠です。
ここでは、サプリを選ぶサインのポイントを見ていきたいと思います。

ポイント説明
L-システインの配合量が多い事L-システインの配合量は次の項で書きます1日の推奨摂取量の範囲内において、L-システインの配合量が多い物を選ぶと良いでしょう。
ビタミンCが配合されている事L-システインはビタミンCと連携して効果的に働きますので、L-システインはビタミンCと一緒に摂取しないとその効果は発揮しきれません。
ビタミンB群が配合されている事ターンオーバーの促進や活性酸素の除去など、ビタミンB群のそれぞれの作用がL-システインをサポートしてくれますが、よりその効果を発揮する事が出来ます。
値段がリーズナブルである事L-システインは効果が直ぐに現れたり現れやすくなると言った事はありませんので、毎日欠かさず摂取する事で効果が現れます。
ですので、続けやすい価格も重視したいですね。
医薬品である事医薬品の場合、効果が明確にされており、確かな効果を実感する事が出来るというメリットがあります。

以上のポイントをチェックし、L-システインサプリを選びましょう!

海外で使われている美白サプリとは?日本製と比べてどうなの?その効果や注意点など

L-システインサプリを飲むタイミングと1日の摂取量とは

L-システイン配合のサプリメントの効果を最大限に発揮するためには、飲み方や飲むタイミングに大切です。
これを間違えてしまうと折角サプリメントを摂取しても効果が現れにくいので、必ず確認しておきましょう。

L-システインサプリを飲むタイミングとは

サプリメントの表記に食前や食後などがあれば分かりやすいのですが、その表記すらないサプリメントもあります。

L-システインサプリは食後に服用すると、より美白効果を発揮してくれます。
食品と一緒に吸収されますので、より時間を掛けてゆっくり体内で吸収されるからです。

瓶から飛び出している錠剤

L-システインサプリの1日の摂取量とは

L-システインに関して、明確に推奨されている摂取量や過剰摂取量が決められている訳ではありません。
WHO(世界保健機関)では、L-システインの原料である「メチオニン」と合算された摂取量が定められています。

L-システイン + メチオニン の1日の推奨摂取量は、体重1kgに対して15mgです。
この数字を元に体重ごとの推奨目安量は以下の通りになります。

体重推奨目安量体重推奨目安量
45kg675mg55kg835mg
50kg750mg60kg900mg

一方、日本で販売されているサプリの承認基準は1日あたり30mg~240mgと決められており、高濃度配合のサプリでも500mgまでです。
この量が日本人の身体へ負担を掛ける事無く摂取する事が出来る量ですので、1日240mgまでを目安に摂取しましょう。

L-システインは一度に沢山摂取したからと言って効果が直ぐに現れたり現れやすくなると言った事はありません。
ですので、毎日欠かさず摂取する事で効果が現れますので、規定量を超えて摂取する事は避けましょう。

美白サプリを安く手に入れたい!ドラッグストアやネットで買えるプチプラサプリをご紹介!

L-システインで美白へ

今回はL-システインについて見ていきました。

L-システインは非必須アミノ酸の一つであり、肌、髪、爪などに含まれています。
食品にも少量含まれていますが、食事だけで摂取する事は難しいため通常はサプリで摂取します。

L-システインの美白効果は様々あります。

  • ターンオーバーの促進
  • メラニンの生成の抑制
  • 黒色メラニンを無色化
  • 活性酸素を除去
  • 肝機能を改善
  • 色素沈着、シミやそばかすの色を薄くしてくれる
  • ニキビ、ニキビ跡の改善
  • コラーゲン繊維の生成の促進
  • 育毛効果
  • 美肌維持  などがあります。

L-システインに限らずものには限度があり、それを超えて摂取する事によって逆効果になってしまいます。
L-システインの副作用として、糖尿病を悪化させてしまう恐れがある、白髪が増える、過剰摂取をすると吐き気、腹痛、下痢などが現れますので、用量・用法を必ず守る様にしましょう。

階段に座っている女性

L-システインの1日の摂取量は日本では決まった基準はありませんが、WHOの基準ではL-システインの原料である「メチオニン」と合算された摂取量が定められています。
L-システイン + メチオニン の1日の推奨摂取量は体重1kgに対して15mgです。
サプリメントで摂取する場合の摂取量は30~240mg、高濃度配合でも500mgです。

L-システインはビタミンCと一緒に摂取する事によって美白効果をより強力にしてくれます。
L-システインを摂取して美白肌を目指しませんか?

 

美白を目指すには同時に美肌も!美肌と美白のためのスキンケア

美白も保湿もどっちも欲しい!そんなあなたに両方を得るスキンケアをお教えしましょう

おすすめの美白アイテムはこちら
「Psホワイトクリーム」シミを撃退できるオールインワンの有効成分とは?!

シミ対策薬用美白オールインワンジェルましろっぷであなたも真っ白肌に!

「キヌコ モイスチャーゲル」純国産シルク配合のオールインワンゲル!