日焼けした肌は元に戻りづらい!?肌のターンオーバーの仕組みと日焼け肌を戻して美白になる方法とは

湖で陽を浴びている女性 美白

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

一度日焼けしてしまったらなかなか元には戻らない肌にお悩みの方。
日頃のフェイスケアは実行していても、ボディケアは忘れがちになっている方。
日焼けをなかったことにするためには、直後即効で72時間リカバリーケアというものが存在します。
今回は日焼けケアの基本に戻り、日焼けの仕組みってどうなっているのか、焼けたばかりのお肌には化粧水ケアで良いのか、日焼け肌から美白なお肌を取り戻す方法を知りたいといった疑問について調べてみました。

日焼けのメカニズム

何事も基礎が大事ですので日焼けのメカニズムについて少し説明します。
日焼けとは太陽光による火傷(日光皮膚炎)のことで、表皮が日光により火傷した状態のことです。

表皮といわれる一番外側の皮膚層は、角質、顆粒層、有蕀層(ゆうきょくそう)、基底層の4つの順で並んでいます。
日焼けで肌が黒くなるのは黒や黒褐色(または橙赤色)のメラニンという色素が肌に溜まることが原因です。

燦燦とした太陽光しかし、何かと肌トラブルの原因とされるメラニンは、人体を紫外線から守るという大切な役割を担っているのです。
表皮で働くメラニンがなかった場合、紫外線は肌の奥まで届き炎症や水膨れを引き起こしてしまいます。

要は黒くなることで後から来る紫外線を一番外側で吸収(ブロック)し、皮膚の中まで入れないようにして身を守っているのです。

その後、黒くなった肌はどうなるか。
時間が経つごとにお肌は古い角質を剥がし、新しい表皮が生まれ変わるターンオーバー(新陳代謝)を繰り返しています。

このターンオーバーが正しく働かないと、メラニンが悪者へとなってしまうシミなどの肌トラブルへとつながってしまいます。

顔だけじゃない!全身を美白にするボディケアのイロハとは?日焼け対策・スキンケア・食生活までご紹介!

ターンオーバーを理解する

ターンオーバーを理解するために、肌の構造と角質層が作られるメカニズムについてまとめてみます。
皮膚は厚さは0.2mmの表皮と1.8mmの真皮で、その下の皮下組織と併せた三層構造となっています。

一番下の基底層が細胞分裂を繰り返して有棘層から顆粒層へと押し上げられて、最終的に角質層へと変化し硬いケラチン状の細胞膜が残ります。
これが角質細胞となり垢になって剥がれ落ちます。

ターンオーバー構造正常なターンオーバー(肌の新陳代謝)のサイクルは、基底層から2週間で角質層に上がり角質層から垢となって剥がれ落ちるまでに2週間かかります。
このようにターンオーバの1サイクルは合計4週間程になります。

はじめの基底層から角質層になるまでの2週間は成長期間にあたり、この間に丈夫なケラチンとアミノ酸からなる天然保湿因子(NMF)と角質細胞をつなぐ役割の細胞間脂質が蓄えられます。

また、角質は無理矢理に剥がされると十分な成長ができず、皮膚の内側からの水分の蒸散を防ぐと共に皮膚の外側からの異物の侵入を防ぐという力が弱まり、敏感肌の傾向が強く出ます。

トラブルによって多く溜まった未熟な角層は不全角化と呼ばれ、剥がれる時にごっそり剥がれ落ちるようになります。
不全角化は悪循環を繰り返して肌トラブルと敏感肌の傾向性を高めるので、そのような名称が付くようになりました。

ターンオーバーの悪循環
ターンオーバーの乱れは

角化亢進→バリア機能の低下→乾燥→さらなる角化亢進

このように歯止めが効かなくなっています。

正常なターンオーバーを保つ努力を継続する事はとても大切なことです。

鼻や上顎の顔の皮がめくれる原因は乾燥肌以外にもある?ターンオーバーの仕組みから対処法まで解説!!

焼けたばかりの肌へのケア

日焼けした背中・肩火傷状態でヒリヒリして痛い時の対処方法としては、低刺激で保湿力の高い化粧水を使います。
「低刺激」あるいは「敏感肌用」の表記された化粧水を選んでください。

中でもセラミド入りの化粧水は保水力が高くおすすめです。
アルコールやエタノールの配合、ビタミンCや着色料が入っているものは刺激が強くなるので避けましょう。

化粧水を使用する時は冷蔵庫に保管しておくと、保湿と冷やしの両方を得られますので非常に効果的です。

塗る時はバシャバシャと叩かず、少量ずつ優しくなじませるように塗ります。
はじめは保冷剤をガーゼやハンカチなどにくるんで幹部に当てて冷やしたり、氷水に浸したタオルやコットンを患部に当てます。
注意としては皮膚組織はダメージを受けているので、保冷剤や氷を直接患部に当てるのは止めましょう。

また、冷えピタなどの冷却シートは貼らないでください。
お肌への刺激は厳禁で後々剥がすときに、皮膚も一緒に剥がれ痛みを伴う事態になるからです。

日焼け止めを使って美白肌に!日焼け後のアフターケアと保湿効果のある日焼け止め乳液をご紹介!

ターンオーバーを活かす方法

ミネラルウォーターを注ぐターンオーバーの正常化において日常生活の中で継続方法を考えてみると、そのキーワードはにありました。
成人身体は60~65%を水分で占めていますが、この割合は肌細胞も同じで、水分が不足すると肌細胞の構造は崩れてしまいます。

ターンオーバーにおいても外側の角質層が剥がれ落ちた後は、内側の未熟な細胞を保護する上でも水分が必要です。
しかし、この時の水分は化粧水などの外側のケアだけでは補い切れません。
水を飲むという内側からのスキンケアが美肌の基礎だったのです。

水は温度37~40℃と体の内部温度と同じくらいがベストで、できるだけミネラルバランスの良いものを選ぶことで新陳代謝は活発にスムーズになります。

その他にもビタミン類の豊富な野菜サプリメントなどの栄養摂取はメラニンを抑制し新陳代謝を活性化します。
血行促進のフェイスマッサージお風呂につかる事で新陳代謝は活発になり、年齢問わずどなたにでもターンオーバーを活かせます。

肌の水分量を増やす方法とは?年齢別平均から上げる食べ物まで!!

化粧品などを使った方法

顔に保湿をしている日本人女性日焼けや生まれつきの色黒も毎日のケアの継続で白いお肌になることが可能です。
例えばピーリングで古い角質を剥がし、豊富な栄養成分が有効に働くヨーグルトパックは、黒く暗く見えていたお肌を明るくしてくれます。

化粧品では、ホホバオイルが無添加・無着色の天然オイル100%で優しくお肌に作用します。
1つで9役もこなす優れたホホバオイルは多くの美容効果があって、お値段もお手頃なオススメの美容オイルとなっています。

ホホバオイル9つの美容効果

  • 紫外線ケア
  • 入浴剤
  • アトピー対策

  • 頭皮ケア
  • ヘアトリートメント
  • 妊娠線予防


美白化粧品の中でも日焼けによる炎症を集中的ケアするコスメは、適度に十分な保湿とミネラルたっぷりな栄養成分が有効的に日焼けや黒ずみ肌に働きかけてくれます。

プラセンタ、セラミド、ヒアルロン酸のような美容成分が入っている商品や火傷の時の鎮静作用成分が入っているコスメは最良です。
一度冷蔵庫で冷やしてクーリング効果を高めてから肌に乗せて下さい。

また、トラネキサム酸、コラプラス等の成分は消炎作用や保湿効果あり、アロエ成分も消炎効果が有効とのことです。
ミストローションの中には抗炎保湿がある商品がありますから、外出先でもほてりを感じた時にすぐに使える利便性があって効率的です。

日焼け後のパックで美白に!日焼けした後のケアの仕方と効率の良いおすすめのパックをご紹介します

日焼け対処の即効性を望むなら医療や医薬品の力を借りる

点滴皮膚科では症状に応じてリンデロン軟膏、トプシムスプレーなどのステロイド外用薬、NSAIDs(ノンステロイドの消炎鎮痛剤)外用薬、ロキソニンなどの痛み止めの内服薬が処方されます。
また日光皮膚炎が酷く熱中症併発の場合、脱水症状まで出ているような場合には点滴治療が施される場合もあります。

火傷のレベルに対応した処方薬として出されているものには、ピュアビタミンC・抗酸化成分PQQ(ピロロキノリンキノン)を配合した美容液があります。

外用剤ではメントール・カンフルのような刺激作用を持つ成分が配合されていることもあるので注意が必要です。
グリチルリチン酸、グリチルレチン酸は抗炎症作用の期待で配合されているので積極的に使用しましょう。
日本薬局方オリブ油は日焼け後の肌や火傷、かぶれの時に肌を守る役割をするので、滑らかで生き生きとしたお肌の状態にします。

因みに内側からケアできる飲む日焼け止めというものがありますが、出かける前に飲むだけで光老化を防ぐことができるので皮膚科の先生もおすすめとして紹介されています。

365日紫外線に晒されているお肌、ふと気が付いた時はヒリヒリして痛みとともに水ぶくれができてしまい、肌ケアに迷うことが多々あります。
特に敏感肌や、アレルギー体質、アトピー肌の方は、自分では日焼けレベルの判断は難しいと思います。

皮膚科の先生のお話では一般的にお肌のほてり程度の来院でも適切なスキンケアのアドバイスができるそうです。
自己判断に頼らずに専門家の話を聞くことも良いのではないでしょうか。

美白のために医療施術を頼るには!?全身美白の為に美容外科や美容整形で受けられる治療とは?

日焼け肌に対する意識を大切に

帽子やサングラス、日焼け止めなどのグッズいかがでしたか。
日焼けは太陽光による火傷のことで、表皮が日光により火傷した状態のことです。
表皮といわれる一番外側の皮膚層は、角質、顆粒層、有蕀層、基底層の順で並んでいます。
そして、日焼けで肌が黒くなるのはメラニン色素が肌に溜まることが原因です。

火傷状態でヒリヒリして痛い時の対処方法としては、低刺激で保湿力の高い化粧水を使います。
中でもセラミド入りの化粧水は保水力が高くおすすめです。

黒くなった肌は、時間が経つごとにターンオーバーを繰り返していますが、これが正しく働かないとシミなどの肌トラブルへとつながってしまいます。

ターンオーバーを活かす方法としては「水」が重要になります。
成人身体の60~65%は水分で占められていますが、この割合は肌細胞も同じですので、水分が不足すると肌細胞の構造は崩れてしまいます。

水は温度37~40℃と体の内部温度と同じくらいがベストで、できるだけミネラルバランスの良いものを選ぶことで新陳代謝は活発にスムーズになります。

ホホバオイル化粧品などを使った方法も有効です。
中でもホホバオイルが無添加・無着色の天然オイル100%でお肌に優しく9つの美容効果があっておすすめです。

プラセンタ、セラミド、ヒアルロン酸のような美容成分が入っている商品や火傷の時の鎮静作用成分が入っているものも良いでしょう。
また、トラネキサム酸、コラプラス等の成分は消炎作用や保湿効果あり、アロエ成分も消炎効果が有効です。

そして、即効性を望むなら医療や医薬品の力を借りるのもありでしょう。
皮膚科では症状に応じてリンデロン軟膏、トプシムスプレーなどのステロイド外用薬、NSAIDs外用薬、ロキソニンなどの痛み止めの内服薬が処方されます。

また、日光皮膚炎が酷く熱中症併発の場合、脱水症状まで出ているような場合には点滴治療が施される場合もあります。

日常の生活においてのフェイスケアはできていてもボディケアは忘れがちです。
常に日焼け止めクリームを塗ったり帽子で日差しを遮ったりと、基本的な対策をして健やかなお肌を保たせ日焼け肌に対する意識を大切にしましょう。

美白肌の大敵!紫外線による日焼けを予防する方法と日焼けをしてしまった場合の対処法などUVケアをご紹介!

日焼け止めだけで紫外線対策は大丈夫?

おすすめの美白アイテムはこちら
オーストラリア発のオーガニック日焼け止めクリーム、ソレオ オーガニックスで紫外線から肌を守りましょう!

夏の紫外線は危険なの?「サンタンブロック」の口コミから見る日焼け対策サプリの効果

「Psホワイトクリーム」シミを撃退できるオールインワンの有効成分とは?!