保湿はほどよくが良い!乾燥肌で保湿をしすぎるとどうなってしまう?

ダイニングテーブルで鏡を見ながら自分の肌に疑問を持っている女性 肌荒れ

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

皆様のお肌はどんな具合でしょうか。
お肌というのは敏感でちょっとの刺激で乾燥しやすくなりますよね。
乾燥肌という肌質もあり、何より保湿が大切になりますね。
今回はこの「保湿」といううるおいを与える方法を詳しく紹介していきたいと思います。
保湿はお肌にとってとても大切ですよ。

乾燥肌で保湿をしすぎてしまうとどうなってしまう?

乾燥肌じゃなくても美肌のためには「保湿が大切」と聞きますよね。

なぜ保湿が大切なのか

まずお肌というのは外側から表皮・真皮・皮下組織と3層が存在しています。
そのうちの表皮の一番外側にある角質層には、3つの保湿要素が備わっています。

  1. 皮脂
  2. 天然保湿因子
  3. 角質細胞間脂質

お肌には本来これらの保湿要素を作って、角質層に蓄えておく力が備わっていますが、残念なことに加齢により減少していきます。
減少していくということは、お肌が乾燥しやすくなります。
お肌が乾燥していくとこんな肌になる

このような肌トラブルを防ぐためにも保湿は重要になってきます。

保湿性が高く、十分な水分量を維持できている肌というのは、ハリやツヤ、なめらかさを保つことができます。

ニキビや吹き出物もできにくくなって、健康な肌の状態を維持することができるようになります。
ツヤのある肌は女性を若く見せてくれるのでエイジングケアのためにも保湿は大事なのです。

逆に保湿しすぎるとどうなる?

乾燥肌で保湿しないとどうなってしまう? 肌悩み乾燥肌とは皮脂量が少なく、保湿能力も低下した肌のことです。
肌荒れしやすく、触るとカサカサ・ザラザラしているのが多いです。
また、洗顔後に肌がつっぱる場合もあります。

そんな乾燥肌には保湿が不可欠です。
肌の角質層には紫外線や外部刺激から守る「バリア機能」という働きがあります。
ところが、肌が乾燥しているとこの機能が崩れて、先に述べたようなトラブルが生じてきます。

そのバリア機能を維持していくためにも、保湿が必要なのですが、逆に保湿をしすぎるとどうなるのでしょうか。

店頭では化粧水に乳液、美容液に美容オイル、パック、クリームとあらゆるスキンケアアイテムが販売されていますね。

しかし、なんでもかんでも塗ったり、クリームをべったり塗る、あるいは肌に合わない保湿剤を使うといったやり過ぎの保湿を続けていると、思わぬ肌トラブルに見舞われます。

ニキビができやすくなる

保湿をやり過ぎると皮脂の分泌量が乱れやすくなります。

先ほども述べましたが、お肌には3つの保湿成分があります。
その中の皮脂は「皮脂膜」で作られていて、「天然のクリーム」とも呼ばれています。

この皮脂は分泌が少なすぎると肌が乾燥しやすくなり、反対に多すぎるとニキビの原因となるアクネ菌のエサになってしまうためニキビができやすくなります。

それにクリームを付けすぎると化粧品には油分がありますから、それもニキビを招く原因になってしまいます。

毛穴トラブルになる

特に毛穴が開きやすい方は要注意です。
保湿をやり過ぎてしまうと、開いた毛穴に保湿剤が入り込んでしまいます。

それによって、もっと毛穴が開いてしまいます。
毛穴が開くと、乾燥やたるみによって余計悪化しますよ。

肌が痒くなる

乾燥肌で保湿しないとどうなってしまう? 痒いこの肌の痒みというのは、単に保湿剤が肌に合わないだけでなく、過剰な保湿が原因で肌の機能が低下し、カビや細菌などの影響を受けてしまっているからなのです。

保湿剤でべたべたになっている顔は、カビにとってまさに格好の餌食です。
肌自体の「うるおう力」も正常に作用しなくなってしまうので、ちょっとした刺激に対しても敏感に感じ、肌が痒くなるのです。

皮膚炎が発症しやすくなる

セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸といった保湿成分を取り入れるのは大事ですが、過剰に補うと肌の常在菌が乱れてしまうことがあります。

常在菌とは表皮ブドウ球菌やアクネ菌など元々ある菌のことです。
それらが正常の量であれば肌荒れを起こす菌を退治したり、肌を弱酸性に保つ働きをしてくれます。

しかし、この常在菌のバランスが乱れると、菌本来の働きを果たせずに湿疹や皮膚炎になるリスクが高くなります。

保湿のし過ぎってどの程度?

保湿は大事だけどし過ぎてもいけないと難しい具合です。
目安として、右手の人差し指をカギ型に曲げて、第1関節と第2関節の間の平らな面に頬をそっと当てて、指を離してください。

人差し指を折って頬に当てて保湿の度合いを見ているイラストそのときに指が頬にベタッとくっついていると、過剰保湿です。
サラッとしていたり、ちょっとくっつくぐらいでしたら適正な保湿です。

乾燥肌には化粧品の使い方がカギ!お肌に負担かけないスキンケアの方法とは

乾燥肌でうるおいを与える方法

ついつい外側からの水分を重視しがちですが、乾燥肌には「こまめな水分摂取」も重要です。

どんな飲み物が良いの?

粉末のルイボスと注がれたルイボスティーのどが渇いているなと感じている頃には、すでに体は水分不足に陥っていますのでのどが渇く前に飲むのが望ましいです。

水や麦茶、ビタミンを含むハーブティーやフレッシュジュース、温かい白湯や生姜湯などを選びましょう。

コーヒーや紅茶といったカフェインを含む飲み物は利尿作用があるため、かえって体内からの水分を排出してしまうので注意してくださいね。

食べ物からうるおい補給

乾燥肌で保湿しないとどうなってしまう? レバー食事を摂れば血液中に栄養素が取り込まれて全身へ運ばれます
そのことが肌の健康に役立ちます。

栄養不足だと古い肌細胞が新しい肌細胞と置き換わる「ターンオーバー」が乱れ、肌の水分を保持するバリア機能が低下します。

これにより肌内部の水分を保てなくなるため肌が乾燥してしまうのです。
栄養素とともに食べ物で肌にうるおいを届けましょう。

ビタミンA皮膚や粘膜の健康維持に役立つ栄養素です。
にんじんや小松菜、海藻類、レバーなどに多く含まれています。
ビタミンB6この栄養素はタンパク質をエネルギーに変換するのを助け、皮膚の健康維持に役立ちます。
鶏肉やレバー、魚介類、にんにくなどに多く含まれています。
ビタミンC肌の酸化を抑え、鉄やカルシウムの吸収をサポートする栄養素です。
加熱や流水をすると栄養素が減少してしまうため、できるだけ生で食べましょう。
赤ピーマンやセロリ、ブロッコリー、キウイやいちごなどに多く含まれています。
ビタミンE肌の酸化を抑える栄養素です。
サバなどの魚介類、ほうれん草、アボカド、さつまいもやナッツ類などに多く含まれています。
タンパク質タンパク質はアミノ酸に分解され、皮膚や筋肉、血液などの材料になります。
肉や魚介類、卵や乳製品などに多く含まれています。
亜鉛亜鉛は肌のターンオーバーを促進します。
亜鉛から必要な酵素が作られます。
うなぎや牡蠣などの魚介類、肉類、海藻、チーズなどに多く含まれています。

乾燥肌の原因は食生活にも?どんな食事をすれば肌質改善出来る?

乾燥肌で保湿効果を高めるスキンケアの方法とは?

記事の前半で「保湿のし過ぎ」の注意をお伝えしましたが、だからといって保湿やスキンケアをおろそかにしてはいけません。
乾燥肌向けの保湿効果を高めるスキンケア方法をご説明しましょう。

洗顔の見直し

保湿を行う前に洗顔が大事になります。
メイクをした場合はクレンジング剤を使用しましょう。

クレンジング剤は適度な洗浄力のある肌に負担をかけないタイプを選びましょう。
ミルクタイプやクリームタイプが良いので、そうした製品でメイクオフします。

その後洗顔ですが、洗顔料を使う際は手指で肌を直接こすらないようにしっかり泡立ててから洗いましょう。

その際は熱いお湯ではなく、ぬるま湯を使うことを心がけましょう。
お湯だと肌に必要な油分まで、取り除いてしまうからです。

柔らかいタオルを使って水分を取り除いたら、すぐに保湿ケアを開始しましょう。
洗顔後の肌は乾燥しやすいので、早めに保湿です。

保湿の見直し

セラミドを増やして敏感肌をケア スキンケア次はやり過ぎない保湿の仕方です。

化粧水

洗顔後には化粧水です。
化粧水を手のひらに取ったら、少し温めましょう。
そうすると肌への浸透を高めてくれます。

使う目安は製品によって使用量が違いますから、よくパッケージを見て出しましょう。

付ける際は両手のひらで肌を包み込むようにして付けましょう。
面積が広い部分や乾燥しやすい部分から付けていき、細かい部分は指の腹を使って丁寧に付けましょう。

最後にハンドプレスして化粧水を肌になじませます。

乳液

次に乳液です。
乳液は肌の表面に薄い膜を作って、肌の水分を逃がさないようにしてくれます。

化粧水だけだと付けても肌の水分が蒸発してしまうため、必ず乳液も付けましょう。
乳液の使い方も化粧水と同じように付けてください。

クリーム

乾燥肌は文字通り肌が乾燥しやすい状態なので、乳液だけでなくクリームも付けます。
クリームの良いところは乳液に比べて油分が多いため、水分を逃がさないようにしてくれます。
クリームを薄く伸ばして使い、乾燥しやすい部分には重ね塗りしても良いです。

他にも美容液やワセリン、美容オイルなどさまざまなアイテムがありますが、今回は「保湿のし過ぎ」がテーマなので省きました。

化粧品を付けるということは、肌をこすって摩擦によって肌を傷つけてしまう恐れもあるので気をつけてくださいね。

乾燥肌を改善させるには選び方!乾燥のお肌に合ったスキンケア用品の選び方をおさらいしましょう!

乾燥肌で保湿効果を高める化粧下地の方法とは?

乾燥肌で保湿しないとどうなってしまう? スキンケア皆様、メイクの時に化粧下地は使っていますか?
乾燥肌の方は皮膚のバリア機能が低下しているため、乾燥や赤み、肌荒れなどができやすいし、そんな状態でも外出せざるを得ない場合が出てくると思います。

外出すれば紫外線の問題が出てきます。
だから乾燥肌にもメイクが必要ですが、ファンデーションだけだとついつい厚塗りになってお肌に負担をかけてしまいます。

化粧下地を使えばファンデーションの量を少なくでき、外気の乾燥や紫外線、花粉、ほこりといった外部刺激から肌を守ってくれます。

乾燥肌のための化粧下地の選び方

選び方として、まず乾燥肌ですから低刺激性が望ましいです。
紫外線吸収剤やタール色素が不使用の物、それに無香料などが良いでしょう。

また、ノンコメドジェニックテスト済みやアレルギーテスト済みなども低刺激性が考えられている目安となります。

あと化粧下地もメイク用品ですから、摩擦の点でも肌に落としやすい方が良いです。

それとやはり外出する際に使うことが多いですから、しっかりと紫外線カット効果が表れるタイプの物を使用しましょう。

乾燥肌のための化粧下地の使い方

化粧下地は前項目のスキンケアが終わった後に塗ります。
使用する目安は「小豆粒大」です。

  1. 小豆粒大を手に出したら、手のひらで広げてなじませる。
  2. 中指で化粧下地を手に取って、内から外に向かって顔の広い面からなじませる。
  3. 塗る場所は両頬、余った分を鼻と顎に少量つければ完了!

顔全体にのっぺり塗るのではなく、顔の高くなるところに塗るイメージです。
そうしたところに塗れば、ハイライト効果で顔に立体感も出ますよ。

乾燥肌にはどんなような化粧下地がいいの?成分から考える選び方とは

乾燥肌で保湿は大切ですがバランスを

今日は乾燥肌と保湿の重要性について見てきました。
保湿が必須なのが変わりありません。
ただ、さじ加減が大事なのです。

保湿をやり過ぎると、思わぬ肌トラブルに見舞われてしまいます。
スキンケア用品の使用量を守って、効果的な保湿を続けていってくださいね。

 

乾燥肌とはどんな状態の肌?改善するためにはどんな栄養や成分が必要?

乾燥肌のスキンケアは重要!乾燥肌をよくするために行うべきこととは

おすすめの乾燥肌アイテムはこちら
ナチュラルエレメンツバランシングゲル乾燥肌対策はこれ1本でOK!

これ1本で保湿しながら美白できる「SimiTRY薬用美白オールインワンジェル」

薬用ヘパリンミルクローションで徹底保湿!「へバリン類似物質」の正体とは?