跡を残さない大人ニキビのケア方法、ニキビを改善させるための生活習慣とは?

微笑みながら水を飲んでいる女性の顎のアップ ニキビ

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

思春期の頃にできるニキビと大人ニキビでは、できてしまう部分などが違ってきます。
大人ニキビを防ぐためには、症状に合っている治療をしていくことが大切になってきます。
これから大人ニキビの原因や症状・ニキビのケア方法をご紹介させていただきます。
皆様の健康なお肌の参考になれればと思います。

大人ニキビはなぜできる?

大人ニキビとは20歳を過ぎてからできるニキビのことを言い、思春期のニキビ鼻筋など皮脂の分泌が多い所にできます。
大人ニキビはあご・首などにできやすいのが特徴です。

大人ニキビができる仕組みとしては、大人ニキビは不規則な生活・過労などで、体のリズムが乱れるとできやすくなってしまいます。
体のバランスを崩してしまうと、肌の生まれ変わりのリズムが乱れてしまい、ニキビを招いてしまいます。

大人ニキビの原因

大人ニキビが発生する原因としては、睡眠不足・ストレス・過労・不規則な生活・食生活の乱れ・肌の乾燥などがあります。
ホルモンも大人ニキビを引き起こす原因の一つで、ホルモンのバランスは過労・不規則な生活・偏った食生活などさまざまな原因で乱れてしまいます。

その影響で肌のターンオーバーのリズムが乱れてニキビができやすくなってしまい、肌の乾燥によるバリア機能の低下がニキビの原因となることもあります。
古い角質がスムーズに剥がれ落ちずに分厚くなり、毛穴を塞いで大人ニキビができてしまいます。

女性の大人ニキビの原因
女性ではメイクが原因となることもあるため、適切な洗顔でしっかりメイクを洗い落とすことが大切です。
また、大人ニキビで生理前にニキビが増えて悪化してしまうのは、女性ホルモンのプロゲステロンの影響です。

大人ニキビができやすい部位

思春期のニキビは、鼻や額などのTゾーンに多くみられますが、大人ニキビはあご・頬・口周りUゾーンに発生します。
男性では髭剃りの影響で口周りにできてしまったり、また胸のあたり背中にできてしまうこともあります。中央に何故と書かれた文字
ニキビのケアは部位によってちがう!ニキビ肌をケアして輝く美肌になる方法とは

ニキビが悪化する過程とケア方法

ニキビが悪化する度合いとそれをケアする方法について、見ていきましょう。

ニキビの色と症状

ニキビの色によって違う症状と原因をこれからご紹介いたします。

ニキビは色によって炎症が進んでいるのかが分かり、大人ニキビのできる肌は乾燥しやすく、ストレス・ホルモンバランスの乱れなどが原因です。
大人になってニキビがすぐにできてしまう方は、生活習慣を改善することが美肌につながります。

白ニキビ

白ニキビは、ニキビの炎症が起こる前の状態で毛穴が完全に塞がっているため白くなっていますが、かゆみや痛みはほとんど無いです。

皮膚を新しくしていくサイクルのターンオーバーが乱れることにより、毛穴周囲の皮膚が厚くなり塞がった毛穴に皮脂や角質が詰まってしまいます。
この段階でケアすることによって、ニキビを悪化させないようにすることが一番大切です。

赤ニキビ

ぷっくりと盛り上がってしまう赤いニキビは、痛みやかゆみがあり、毛穴で過剰に増殖したアクネ菌が白血球に集まり炎症を起こしてしまいます。
触らないようにするのが一番良いでしょう。

黄ニキビ

黄ニキビは赤ニキビがさらに炎症が進んでしまっていて、中心は膿(うみ)が溜まって黄色くなっています。
膿が出てきたら炎症が治まってきているサインですが、無理やりつぶすとニキビ跡になってしまいます。

大人ニキビと異なる似た症状

大人ニキビと思ったら、実は別の皮膚疾患だったという事例もあります。
どんな症状がニキビと間違えやすいか見てみましょう。

症状名説明
毛のう炎(毛包炎)毛包に黄色ブドウ球菌という細菌が感染して炎症を引き起こしてしまう疾患で、赤みのある小さな膿疱(のうほう)が現れて軽いかゆみが頭皮にできることもあります。
おでき毛のう炎が進行して毛包の深い部分とその周辺が炎症して化膿してしまう疾患です。
中心に膿栓が見られ皮膚が硬くなり、ズキズキとした痛みが出て赤みや熱が出てきてしまいます。

大人ニキビのケア方法

ニキビの主な原因は皮脂の過剰分泌ですが、だからといって肌を乾燥させてはいけません。
肌が乾燥するとそれを補おうとして皮脂が分泌されるので、ニキビには逆効果になってしまいます。
なので、正しい保湿をしましょう。

しかし、オイルは単なる「保護剤」です。
保湿ができるのは油分ではなく「水分」です。

ケアにおすすめ保湿剤
特にニキビは、油分が原因なのでオイルフリーの保湿剤(化粧水・ジェルなど)が最適です。
ニキビは毛穴も炎症している状態なので抗炎症配合のものがおすすめです。
他にも大人ニキビのケアには、洗顔方法の見直し、十分な睡眠、食生活の見直し、ストレスを溜めないなど気をつけることがたくさんあります。
これらの方法について、順に見ていくことにしましょう。

肌をケアしている女性
朝と夜のニキビケアは微妙に違う!洗顔と保湿を徹底解剖してみました

ニキビを防ぐ洗顔法

ニキビ予防に役立つ洗顔方法をご紹介いたします。

手を洗う

ニキビを予防するためには、最初に石鹸で十分に手を洗いましょう。
手に付いた雑菌が顔の皮膚に付いてしまい、ニキビが悪化してしまう可能性があります。
スマホ・電車のつり革・ドアのノブなどいろいろな場所に触れる手は雑菌だらけです。
よく手を洗うことをお勧めいたします。

予洗いをする

肌表面の汚れを、洗顔料を使用する前に予洗いを行なって水で流します。
この時にお湯の温度は、30℃~37℃のぬるま湯で洗ってください。
ぬるま湯には、冷水よりも皮脂を溶かしやすい働きがあります。

あごやTゾーンを中心に洗う

洗顔料を使って皮脂が溜まりやすい、あご・Tゾーン(鼻筋・額)などを中心に洗っていきます。
洗顔フォームや洗顔石鹸は泡立てネットなどを使って空気を含ませて、泡立て軽く手のひらを動かして丁寧に洗います。

ぬるま湯で優しく流す

泡が顔全体に行き渡ったら、手にぬるま湯を溜めて流します。
泡を流す時は、手のひらにお湯をためて顔にかけるようにすると良いです。
髪の生え際やあごなどは、すすぎ残しがないか確認して優しくタオルで拭き取りましょう。

両手で丁寧に洗顔をする女性
ニキビの原因は間違った洗顔方法にある!?ニキビ効果のある洗顔方法と洗顔料とは

ニキビを作らない体質に改善

生活習慣や食生活を見直すことで、ニキビ体質にならなくなります。
ニキビができやすい体質は皮脂が分泌されやすく、毛穴が小さいために皮脂が詰まりやすいです。

これは皮脂の分泌を活発にする男性ホルモン・副腎皮質ホルモンが多いことが原因です。
そこにアクネ菌が繁殖して、ニキビになる可能性が高くなるからです。
毛穴に古い角質が詰まりやすくなり、肌の保護機能が衰えてニキビにつながってしまうのです。

ニキビ体質を改善するには
ターンオーバーを整えるには、十分な保湿・十分な睡眠・十分な栄養が大切です。
潤いは肌を活性化し、睡眠はダメージを受けた細胞の修復と生成を担い、質の良い栄養が健康な肌を作ります。
タンパク質やビタミン・ミネラルをバランス良く摂取して、スムーズに肌へ行き渡るようにすると良いです。
では、具体的にどのように食生活や生活習慣を整えれば良いか見てみましょう。

避けたい食べもの

糖質・動物性脂肪の過剰摂取は、皮脂を増加させるので控えた方が良いです。
塩分の多い加工食品や脂肪分・糖分の多いスナック菓子などです。
カフェインが入っている飲み物なども、ビタミンB群の吸収を低下させてしまいます。
香辛料などの刺激物やアルコールなどの過剰摂取も、皮脂腺を刺激してしまいます。

こまめに水を飲む

水を飲むことで体の基礎代謝が上がってきたり、尿の利尿作用が良くなることで老廃物が排出されやすくなります。
内臓が活発な状態になったり、ターンオーバーも整えられて便秘の解消になります。

1日に2.5リットルの水が体に必要とされています。
こまめに分けて飲むようにするのが一番効果的です。

睡眠

質の良い睡眠は、成長ホルモンの分泌と肌の新陳代謝を活発にします。
成長ホルモンの分泌のピークは、お肌のゴールデンタイムと言われる22時間から2時の間です。

運動

筋肉を動かすと血行を促進して代謝を上げてくれます。
代謝が上がることにより老廃物が流れやすくなるため、肌のターンオーバーを助けストレス解消になります。

入浴

忙しいとついシャワーだけの日が続いてしまうと思いますが、代謝を上げるには湯船に浸かった方が効果的です。
紫外線や刺激によって受けたダメージから、肌を守り肩こりや冷え症などの体の不調を整えて疲労回復にもつながります。

コップに入った一杯のおいしいお水
お風呂に入ってニキビケアしましょう!ニキビに最適な入浴法やおすすめな石鹸とは

ストレスを溜めない生活習慣

実はニキビ体質の人はストレスを溜めやすい体質な人なのです。
ニキビはホルモンバランスの乱れが原因でそのせいで繰り返してしまい、なかなか治らないことがあります。

ホルモンバランスの乱れはストレスが大きく関わっていて、不規則な生活や仕事・人間関係など様々な理由があります。

ストレスを溜めない生活習慣を送るには日頃の食生活や睡眠などを見直しましょう。
これからその改善方法をご紹介いたします。

食生活の改善

ニキビに効果的な体に良いバランスのとれた食事を摂ることを心がけるようにすると良いです。
ビタミンB群を摂取することが大切で、特にビタミンB2ビタミンB6がニキビに効果的です。

質の良い睡眠をとる

質の良い睡眠で成長ホルモンが多く分泌されて新しい肌の細胞を作ったり、肌の新陳代謝を活発にし肌ダメージを修復したりする働きをしてくれるため、美肌にとても必要です。

ゴールデンタイムを重視しよう
前の項目でもお伝えしたように夜の22時から深夜2時の間に成長ホルモンの分泌のピークなので、その時間に質の良い睡眠をとっていることがニキビ対策の為に重要になってきます。

ストレス解消

ストレスはニキビや肌荒れを引き起こします。
ストレスを受けることで、女性は簡単にホルモンバランスを崩してしまいます。

ホルモンバランスが崩れると、皮膚も角質が溜まりやすくなり、ごわごわとしてしまいます。
ストレスが大きくなり眠れなくなったりすると、成長ホルモンの分泌も悪くなり、肌の新陳代謝や修復が上手くいかずにニキビができてしまいます。

体を動かしたりリラックスする時間を作ったりするのが一番良いでしょう。

腸内環境の改善

便秘になると腸内に腐敗した便から発生する有害物質によって、腸内の善玉菌を減らしてしまいます。

善玉菌の数が減ると悪玉菌の数が増えてしまいます。
その一方で悪玉菌の数が増えると、有害物質を分解できなくなり、腸内環境が悪化してしまう悪循環になってしまいます。
便秘になるとニキビができるのは、このような有害物質による影響があります。

便秘解消でニキビ改善
便秘がちの人は、食物繊維を豊富に含む野菜・果物・きのこ類・イモ類などを積極的に摂るなどの対策をして、便秘の改善に努めるようにすると良いです。

何気ない癖の改善

何気ない癖や不注意を改善することもニキビケアにつながります。

  • 仕事や勉強中にいつもあごに手をついている
  • 鼻やおでこを触るくせがある
  • シャンプーやリンスのすすぎが不十分である
  • 洗顔料が髪の毛の生え際やあご下に残っている など

これらニキビの原因になりやすいことを見直すことで、ニキビが良くなる可能性があります。

ニキビをかまい過ぎない

ニキビを悪化させてしまうのでニキビは触らないようにしましょう。
ニキビを一日中マスクで隠しているのも刺激を与え続けることなのでやめた方が良いでしょう。

トイレの前で笑顔のお腹に手を当てた女性
背中のニキビはストレスが原因!?ニキビを発生させるストレスとその軽減方法とは

大人ニキビを改善するために

ニキビの原因はさまざまな所にあります。
例えば睡眠時間をしっかり確保することや、毎日のお風呂ではシャワーではなく湯船に浸かってゆっくりと体を休めることが大切だと解りました。
ニキビをさまざまな所から生活を見直すことができれば必ずニキビは改善します。

ニキビに悩んでいる方は、肌表面からのケアだけでなくいろいろな方面から、ニキビ対策を行なってみてください。
皆様のお肌が健やかになりますようにお祈りいたしております。

 

ニキビに悩む女性にお勧めのケア方法!こんなスキンケアでニキビ肌がきれいになります

男のニキビと大人ニキビの原因を徹底究明!正しいケアでニキビを根絶!

おすすめのニキビアイテムはこちら
Non A.薬用ニキビ専用洗顔石けん「モコモコ泡」でクッション洗顔! 

赤ニキビケア用クリーム アッカノン って、本当にニキビ後の肌までケアできるの?

アクネピアットで大人ニキビ卒業宣言!第一印象のキメテはやっぱり「顔」です