お肌は曲がり角を過ぎるばかり!今回は20代後半からの顔のたるみケアをご紹介!

お肌の曲がり角で悩む女性 たるみ

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

20代後半頃から早い人は顔のたるみが気になり出すものです。
朝起きて鏡を見るときにほうれい線や顔のたるみが気になってしまうこともあります。
これから20代後半中心の方のお肌のたるみについて書かさせていただきます。
そんな方に是非ともご参考になさっていただければ幸いです。

今ってお肌の曲がり角は何歳で、お肌はどう変わる

お肌は年齢と共に変わっていきます。
年齢が上がってくると、ふと鏡を見た時などで肌の変化や衰えを感じる瞬間があります。
昔から「お肌の曲がり角」と言われている年頃がありますが、それは一体何歳くらいなのでしょうか?

お肌は個人差がありますので、美容業界で「お肌の曲がり角」と言われている年齢をご紹介いたします。

お肌の曲がり角とは

お肌の曲がり角の年代説明
20歳~真皮層にあるコラーゲンの生成がピークを迎えて、20歳以降減少が始まります。
25歳前後昔から言われている1度目のお肌の曲がり角は25歳前後です。
真皮層のエラスチンが減少し始めてしまい、保水効果のあるヒアルロン酸・保湿と弾力に効果のあるコラーゲン・弾力に効果のあるエラスチンの全てが減少する年齢です。
35歳以降30代になると肌トラブルも加速してしまいます。

本格的に気になる肌の悩みが増えるのが年代が30代後半からです。
疲れが取れにくいとか髪にコシがなくなるとか、身体の変化を感じ始める年代でもあります。

50代最後のお肌の曲がり角は50代で女性の閉経によりホルモンバランスが崩れたり女性ホルモンが減少するためお肌の衰えを感じやすいのが理由です。
若い年齢の時は見た目で差を感じるほどではありませんが、歳を取るごとにその差は開いてしまいます。

50代になるとお肌に努力している方とあまりしていない方との差が、見た目で感じるようになってしまいます。

20歳をピークとしてお肌の曲がり角は3回ある

まだ20代だからお肌は大丈夫だと思っていませんか?
お肌の奥ではじわじわと衰えが始まっているので、お肌の新陳代謝が盛んで本当に健康な肌でいられるのは10代までと言えます。

低下する肌の機能

  • 肌のターンオーバー
  • 皮脂膜の形成
  • バリア機能

また、紫外線のダメージの蓄積などもあり、肌がじわじわと乾燥し始め見えない所から老化が始まっているのです。

20代後半(25~28歳くらい)に訪れる第1回目のお肌の曲がり角

20代でも肌の悩みは少しずつ増えてきます。

  • 朝起きた時の枕の後がなかなか消えない
  • 毛穴がすごく目立つ気がする
  • 夕方になると顔に疲れが出るようになった

このような悩みが感じられる女性の方々が多くなってきます。

20代に入ると肌は老化を始めますが、前半ならまだそれほど目立ちません。
肌のトラブルが出始めてくるのは20代後半です。

肌のターンオーバーが乱れ始める

肌のターンオーバーは28日とよく言われています。
しかし、それは10代から20歳くらいの何も問題のないお肌のことです。

肌のターンオーバーは年齢×1.5といわれていますので28歳なら42日かかることになります
肌の弾力を保つ作用のあるコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸などの成分が失われ始めます。手を顔に当てて何かを考える女性

シミが目立つようになる

ターンオーバーの周期が長くなりメラニン色素が排出されにくくなると、色素沈着が起こりシミになってしまいます。
これまで浴びてきた紫外線のダメージも蓄積されているので、シミが目立ち始めてしまうのです。

30代後半(35歳以降)に訪れる第2回目のお肌の曲がり角

30代になると肌の悩みが増えてきます。

  • 夜遅くまで夜更かしをしてしまうとすぐにに肌に出てしまう
  • 乾燥がひどくなって小じわが目立つようになった
  • ほうれい線が出てきてしまう

ターンオーバーが長くなることで色々変わる
肌のターンオーバーは20代後半で40日もかかっていて、35歳では50日になってしまいます。
また、この年代は仕事や家庭でも最も忙しくなる年代です。
その結果、ついついスキンケアがおろそかになってしまう年代です。
肌の悩みが増えてくる30代は20代と比べるとこのような肌悩みが増えてきます。
増えてくる肌の悩み

30代前半からのスキンケアのやり方は?エイジングケアでシミたるみをストップ

年代で変わる肌の悩みとトラブル

年代とともにお肌のトラブルも変わっていきます。
皆様どのような悩みを抱えられているか、見ていきたいと思います。

10代の肌の悩み

10代のお肌の悩みをランキングで紹介いたします。

  1. 1位:にきび・にきび跡(53.6%)
  2. 2位:毛穴の開き・詰まり(40.0%)
  3. 3位:シミ(8.2%)

20代の肌の悩み

今度は20代のお肌の悩みをランキングで紹介いたします。

  1. 1位:毛穴の開き・詰まり(31.4%)
  2. 2位:にきび・にきび跡(31.2%)
  3. 3位:シミ(19.3%)

顎に手を当てながらノートを見て考える女性

30代の肌の悩み

さらに30代のお肌の悩みを見ていくとこうなります。

  1. 1位:シミ(21.9%)
  2. 2位:たるみ(15.8%)
  3. 3位:毛穴の開き・詰まり(15.1%)

40代の肌の悩み

40代のお肌の悩みはどうでしょうか。

  1. 1位:たるみ(36.1%)
  2. 2位:しわ(29.4%)
  3. 3位:シミ(21.8%)

50代の肌の悩み

そして、50代のお肌の悩みです。

  1. 1位:たるみ(49.2%)
  2. 2位:しわ(32.8%)
  3. 3位:シミ(19.7%)

10代・20代の悩みは肌の皮脂の分泌量が比較的に多い世代の特徴的な悩みである、ニキビや毛穴関連のトラブルが目立っています。

30代の悩みはシミ・たるみや毛穴関連のトラブルが上位になっており、加齢による肌の悩みが多くの女性を悩ませています。

40代以降の悩みになるとたるみ・シワ・シミが上位になっており、加齢による基礎代謝の低下や大きな機転ともなる更年期の影響もあります。
頭を抱えて悩む長袖の女性
老けを感じる肌のたるみの原因は何?たるみにはどんな解消法が良いのか

加齢が原因、肌のたるみ

肌のたるみの進行は20代後半から始まっています。
たるみはシミ・シワと同じく歳を取ることによって、皮下脂肪の新陳代謝が悪くなったりするのが原因です。

そのことによってコラーゲンが減ってしまい、脂肪や骨などの支持組織の衰えも原因です。
これから顔のたるみの原因をご紹介いたします。

たるみの部位原因
まぶたまぶたのたるみは年齢を重ねるごとに、まぶたの皮膚やその裏側にある挙筋腱膜(きょきんけんまく)が伸びてしまうため、垂れさがります。
まぶたの脂肪が少なくなるのも原因でアイラインが描きにくくなってしまいます。
目の下目の下のたるみは下まぶたの脂肪を支えていた筋膜が緩んでしまい、脂肪が下がって飛び出すため「目ぶくろ」の原因になります。
脂肪の減少で目の下にくぼみができてしまい、老け顔を作ってしまいます。
ほうれい線ほうれい線のたるみは頬の筋肉が加齢によって徐々にハリを失ってしまい、頬の脂肪・筋肉が垂れさがり口の周りの脂肪が減少することでほうれい線が深くなってしまいます。
あごのラインあごのラインのたるみは、顔の筋肉・脂肪が緩んでしまい垂れ下がるとあごのラインへと現れてしまいます。
シャープな印象が失われてしまい放っておくと、二重あごの原因になってしまいます。
首のたるみは見ただけで老けを感じてしまう部分で「ケアしている方」と「していない方」の差が出てしまいます。
最も皮膚の伸び縮みの激しい部分でもあり「シワ・シミ・くすみ」ケアが必要な部分です。

首のたるみを気にする女性
20代から始めたい!首のたるみとシワの悩みは正しいケアで美首・美デコルテに

20代でも起こるたるみの原因

たるみの原因の一つである生活習慣などについてご紹介いたします。
20代でも紫外線からの影響からだったり、コラーゲンが減少していくといった原因でたるみが進んでいきます。

また、20代ではスマホによるたるみが深刻です。
目の下のたるみの原因は肌にハリや弾力をもたらす成分の減少や筋肉の衰えもそうですが、悪い生活習慣も原因とされます。

それも含めて20代のたるみの原因を見ていくと次のようになります。

1・目の使いすぎ

仕事で1日中パソコンの画面を見ていたりプライベートなどでもスマートフォンの画面を見ている時間が多い20代の方は忙しく、睡眠時間が減って目を休める時間が足りないという方も多いと思います。

パソコンやスマートフォンの画面を見続けることで目を酷使してしまい、筋肉が硬くなり血流も悪くなることで目の周りの肌トラブルにつながりますので注意しましょう。

2・肌の乾燥

肌が乾燥すると潤いが不足してカサカサになってしまい、あまり美しい印象を与えなくなってしまいます。
冷房や暖房などで肌が乾燥しないように日々のケアも大切です。

3・紫外線によるダメージ

紫外線は肌にダメージを与えてしまうのでたるみの原因になります。
多くの紫外線を浴びてしまうと、コラーゲンなどが破壊されてハリや弾力が低下してたるみができてしまうのです。
紫外線を浴びてしまうと肌は乾燥しやすくなってしまいます。アームカバーで紫外線のケアをしっかりする女性
意外な落とし穴、20代でも起こる顔の肌のたるみとそのケア方法とは

30前から始めるたるみケア

これから30前から始めたいたるみのセルフケアの方法をご紹介させていただきます。

見直せる日常生活のスキンケア

老化が始まっているといってもスキンケアで回復できますので、洗顔後に何もせずに放置することは避けましょう。

まだ若いからといって安心していると老化が早まってしまいますので、スキンケアでお肌の曲がり角を少しでも遅らせるようにしましょう。

曲がり角を遅らせるスキンケア

このように生活習慣を見直していきましょう。

しっかり睡眠をとる健康的な猫

週に2回のマッサージケア

週に1~2回はフェイシャルマッサージでお肌をやわらげリフトアップしましょう。
顔に蓄積してしまう老廃物を流して、固くなっている筋肉を柔らかくするのにとても効果的です。

フェイシャルマッサージの方法

  1. 顔全体を包み込むようにマッサージオイルを伸ばし、あごからこめかみに向かってマッサージを5回繰り返しましょう
  2. 鼻の側面(顔の中心)から外側に向かってマッサージを5回繰り返しましょう
  3. 手を軽くグーにして指の関節を使いながら
    ①あごからフェイスライン②口角からかみ合わせ③鼻の付け根からこめかみに向かって
    1セットとして5回繰り返しましょう

シートマスクで引き締めケア

マッサージによって顔全体をほぐしてリフトアップしたら、化粧水で肌を整え引き締め効果のあるシートマスクを使います。
ピッタリと顔に密着させ、フェイスラインを持ち上げるようにシートを乗せることがポイントです。

暑い季節は冷蔵庫で前もってシートマスクを冷やしておけば、ひんやり気持ちよく使えますのでお試しください。

乳液・クリームで忘れずに保湿する

顔に保湿をしている日本人女性
肌に浸透した水分を逃さないために乳液・クリームで保湿を忘れずにしましょう。

サロンでの筋肉トレーニング

たるみは筋肉の低下によるものなので、サロンで筋肉に対してアプローチをするケアをするのも良いと思います。
筋肉トレーニングでひきしめを目指しましょう。

マッサージでたるみを改善!地道なケアでシャープな輪郭は手に入る!

貴重な20代後半からの美肌を持続させるのは…

20代後半…この年代は急激な肌の変化を感じやすい時期です。
将来どれだけ若々しくいられるかはこの時期のスキンケアによって決まります。

いつまでも潤いのあるきれいな肌でいるためにも、自分の肌の状態と年齢に合った対処法があることが解りました。
是非この記事をご参考にしいつまでも美しいお肌でいられますようにお祈りいたしております。
健康と美しいお肌を保っていきましょう。

 

20代で出来てしまった口元、頬のたるみ対策とは!?3大老けラインを防ぐには

20代から始まるたるみはどうやって対策すればいい?フェイスラインを整え小顔にするマッサージ法もご紹介!

おすすめのたるみアイテムはこちら
口コミからみる『リフトアップクリームrosy』の効果は?即効性のあるプチプラでたるみ対策!!

じぶんdeエステで理想のボディをお手軽に自分の手で

20代からのほうれい線!!ヒアルロン酸を長持ちさせる方法はこのサプリにあった?