30代前半からのスキンケアのやり方は?エイジングケアでシミたるみをストップ

肌のキレイな女性 美肌

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

30代になるとお肌の悩みがグンと増えます。
もちろん、加齢も含めた悩みも出てきます。
30代はどんなスキンケアをすれば良いのでしょうか。
今回、シミやたるみをストップするためにどんなケアをすれば良いか見てみましょう。

30代40代の肌の悩みとスキンケアの見直し

30代40代になると20代のころと比べてお肌の悩みが増えてくる年代です。
30代はお肌の老化が始まり、40代はお肌の老化がハッキリ出始めます。

少しずつ肌の衰えが表面に現われるようになってくるのと、生活リズムの変化にともないホルモンバランスも大きく変化し、その影響が徐々にお肌に現れはじめます。
これまで気にならなかった紫外線摩擦といった外的な刺激に対しても肌が弱くなり、あらゆる肌トラブルに敏感になります。

30代40代は女性ホルモンの分泌が緩やかに減少していきます。
真皮層の角質層のセラミドやコラーゲン、天然保湿成分などの生産が少なくなり、お肌のコンディションが崩れたり、たるみやハリに悩まされることが多くなります。さらに長年浴び続けた紫外線のダメージが蓄積し、お肌の各悩みが顕著になってきます。

保湿力の低下、バリア機能の低下など、敏感肌になったり、ターンオーバーが28日だったのが40~55日と長くなったりします。ですので、肌荒れなどが治りにくいと感じることもあるでしょう。
今まで通りのスキンケアを見直す時期かもしれません。

代表的な肌荒れはシミ・シワ・たるみ

いろいろな肌のトラブルをご紹介します。

たるみ

真皮の約7割を占めるコラーゲンは30歳あたりをピークに減少していき、そして肌のハリや弾力が失われていきます。

そのため肌を支える力が弱くなり、重力に逆らえず皮膚が下がってしまい「たるみ」となってしまいます。

しみ

シミは長年浴び続けてきた紫外線の蓄積が影響となって出てきます。

頬骨の高いところに出来やすい老人性色素斑、顔全体に小さいシミがたくさん出来るそばかす、30代以降の女性にみられる色の濃いシミの肝斑、などシミの悩みは様々です。

肝班

30代以降の女性に多く見られるシミで、左右対称にできて色が濃いのが特徴です。

閉経を迎えるころに自然と消える事が多いため、女性ホルモンが関係したシミと言われています。

そばかす

早ければ子供のころから症状が出るシミで、顔全体に小さいシミがたくさんできます。

遺伝が原因の可能性が高く、紫外線を受けることで増えたりそばかすの色が濃くなることがあります。

老人性色素班

シミの種類の中で最も多いと言われているシミで、こめかみや頬の上の部分に出来ることが多いです。

紫外線が原因と言われており、自然と消えることはないです。

シワの種類~シワはこうしてできる

代表的な年齢トラブルの顔のしわ。

しわの主な原因はお肌の乾燥と紫外線の影響です。
加齢によるコラーゲンの減少も原因の1つです。

しわには「表情じわ」「乾燥じわ(表皮性じわ)」「乾燥じわ(真皮性じわ)」などがあります。

表情じわ

額、眉間、目じり、ほうれい線などのシワのこと。表情を動かしていない時でも見えてしまうシワです。

原因は、毎日の表情の癖(眉間にしわを寄せるなど)・コラーゲンの減少などです。

乾燥じわ(表皮性じわ)

目の下や目尻などの細かいシワのことです。

細かいため目立ちにくいが、数が多くなると大きく見えるため目立ってきます。

原因は、肌の新陳代謝の低下、角質層の水分の減少、乾燥などが原因です。

乾燥じわ(真皮性じわ)

目尻や額などにできる深いシワのことで、シワが深いため非常に目立ちます。

原因は真皮層のコラーゲンが紫外線によって破壊されることで肌の弾力やハリを失ってしまうからです。

シワ・たるみ対策はコチラ
たるみの原因と改善に効果的な食事とは?

30代40代に必要なスキンケア・エイジングケア

お肌の乾燥によるシミやシワ、たるみなどがはっきり出始め、肌自身の生まれ変わり(ターンオーバー)機能も落ちてきます。

また、シミが消えにくく小ジワも目立ちやすくなってくるわけですが、内的な理由としては加齢にともない水分量、油分量が低下、お肌のバランスが悪くなり、ごわつきや乾燥を感じたり、弾力やハリが失われてきます。

また、40代になると、化粧のノリが悪くなったり、繰り返しニキビができる、ファンデーションをつけても毛穴が目立ってしまう

などなど、いろいろと悩みが増えてきますが、これらは大きく言うと老化であるということができます。

この老化の内訳を見てみると

  • コラーゲンが減ってしまっている
  • ターンオーバーサイクルが乱れたり、遅くなったりしている
  • 女性ホルモンのエストロゲンが減っている
  • 保湿機能の低下

外的な原因としては、長年蓄積していた紫外線肌老化の原因のうち「自然老化」が20%に対して、紫外線による「光老化」は80パーセントもあるといわれます

シミ・しわ・たるみなどの肌老化の原因光老化に、私たちのお肌は日々そのリスクにさらされています。

薄い小さなちりめん状のしわは自然老化のしわですが、深くて大きなしわは光老化が原因のしわになります。

これは真皮がダメージをうけてコラーゲンや エラスチンが減少することです。

皮膚が弾力やハリを失ってしまい、お肌に深いしわをつくってしまいます。

肌のお手入れをきちんとしている人としていない人とでは見た目年齢にはっきり差がつくようになります。

いつまでも若々しい美肌を保つためには、ポイントを押さえたエイジングケアが大切です。

美肌への基本は保湿です。30代40代は、肌機能の衰えによって水分量が減り乾燥しやすくなります。

乾燥はカサカサになるだけではなく、シミやシワなどの原因にもなります。保湿の為のアイテムを選ぶ際は、エイジングケアの効果があるものがおススメです。

保湿

十分に保湿された肌とはどのようなお肌でしょうか。

保湿成分によって水分がお肌の中につなぎ止められ、さらに油分によって水分の蒸発を防ぎ、お肌にしっかりと水分が保持されている状態のことです。

スキンケア

スキンケアとは、文字通り肌の手入れということです。

皮膚が生体を守るバリアとして役目を果していますが、その役目を果す機能を保持するために、肌を健やかに保つのがスキンケアの最大の目的です。

良いスキンケアの方法

基本は大切なケアです。

  1. 洗顔
  2. 化粧水(美容液)
  3. 乳液
  4. クリーム
洗顔
洗顔の役割は、肌の汚れを落とすことです。
化粧水
化粧水の役割は、洗顔によって汚れとともに失われたお肌の 保湿成分 を補うことです。
美容液
美容液の役割は、美容成分を肌の角質層まで届けることであると考えられます。
乳液
乳液は水分と油分の微妙なバランスからできているスキンケア商品で、水分と油分の両方をバランスよくお肌に与えてくれます。また、水分をしっかり閉じ込めるフタのような役目もあります。
クリーム
クリームは乳液よりも油分の成分が多く配合され出来ています。
その分、肌のバリア機能が高く肌の潤いを逃がしません。

30代40代で絶対やってはいけないスキンケア

肌を気にする女性

悪いケアの仕方

保湿のためには、過度なスキンケアは逆効果です。

スキンケアのやりすぎでかえって肌の保湿力を下げてしまうことがあります。

保湿を維持する為のスキンケアを正しく行うために基本的なポイントを理解しましょう。

やり過ぎは保湿できるどころか、逆に乾燥を引き起こし、お肌のトラブルを招いてしまいますの注意が必要です。

人は健康な身体であれば、保湿を維持する機能を有しています。

適切なスキンケアを行えば健やかで美しいお肌がそなわります。

洗顔のしすぎで保湿力ダウン

必要なNMFや皮脂、セラミドなどの角質成分を落としてしまうような洗顔はやめましょう。

また、洗浄力の強すぎる洗顔料は皮脂を取り過ぎ、若い角質まで剥がしかねないので注意が必要です。

洗顔料や石けんに含まれる界面活性剤も過剰に皮脂を取り除いてしまうことがあるので保湿の観点ではマイナスになる場合があります。

こすり過ぎや力の入れ過ぎによる摩擦は保湿に逆効果です。

化粧水をコットンにつけてパタパタたたいたり、ゴシゴシと洗顔したり、保湿クリームを塗る時にお肌がへこんでしまうような力で塗るなどもよくありません。

擦りすぎによる摩擦は、角質を傷付けてしまいます。

そしてバリア機能を低下させて、肌荒れや乾燥、大人ニキビの原因になってしまいます。

化粧水によるパッティング、ハンドプレス、化粧水パックなども正しく行う必要があります。

保湿力を維持するためには、刺激のあるスキンケアはやめましょう。

誤った化粧品、合わない化粧品の使用は控えましょう。

-化粧水だけの保湿は危険です。

化粧水のみで行う保湿は乾燥につながるリスクがあります。

なぜなら、必要な水分まで一緒に蒸発してしまうので乾燥してしまうのです。

-乳液や保湿クリームも適度に使いましょう。

化粧水を使った後、水分の蒸発を避けるために、美容液、油分の多い乳液や保湿クリームでフタをし、しっかりと保湿しましょう。

紫外線対策

季節に関係なく年間を通じて日焼け止めを行いましょう。

外出時間が長い場合は、日傘帽子を使用したり、車の運転中も腕や顔のUV対策を忘れずに行いましょう

美白

シミ対策、予防として美白成分の入った化粧品もおススメです。

すでにできてしまったシミにはビタミンC誘導体、アルブチン、トラネキサム酸などが有効です。

洗顔料やクレンジング

汚れを落とすことはとても大切なことで、洗顔料やクレンジングもよく選びましょう。

ゴシゴシ肌をこすってしまうと、肌を傷つけてしまいます。

優しく丁寧に洗顔やクレンジングをしても十分汚れが落ちる、洗顔後に乾燥しないものを選ぶと良いでしょう。

バランスの整った食事を心がける

栄養バランスのよい食事を摂りましょう。

健康な毎日を送るために必要とされる、五大栄養素である脂質、たんぱく質、ビタミン、炭水化物、ミネラルなどをバランスよくとるよう意識しましょう。

また、五大栄養素をバランスよく摂るのとあわせて、ホルモンバランスも含めた体をすこやかに保つためのサポートとして以下の栄養素も摂れるように意識してみましょう。

油っこい食べ物や、カロリーの高い食べ物の食べ過ぎすぎは皮脂の量が過剰になり、ニキビの原因になってしまいます。

体に良い食事についてはこちら
『肌荒れに効く良い食べ物・悪い食べ物成分一覧表で食生活の改善をしましょう』

30代40代の肌に大切な4つの要因

睡眠

毎日6~8時間程度の睡眠をいつも決まった時間に取るように心がけましょう。
睡眠もホルモンバランスを整えるのに大切なことです。
また、健康な肌を保つためにも、成長ホルモンが活発になるゴールデンタイム夜10時から深夜2時に睡眠を取ることを試してみるのも効果的かもしれません。

ストレスをためない

ストレスがたまるとホルモンバランスの乱れの原因になりますので、意識的にでもストレスを解消する方法を見つけましょう。
ストレス解消のために何かをやって、それが返ってストレスになってしまう場合があるのでよく自分自身と相談しましょう。

運動

体を動かす習慣をつけ、普段から運動を適度に行いましょう。
急にジョギングなどを始めてしまうと返って負担になってしまう場合があるので、ウォーキングなどから始めてみてはいかがでしょうか。
近くの距離であれば、車を自転車や徒歩に変えてみたり、電車一区間であれば歩いてみたりなどもおススメです。

冷えに注意

体が冷えるとホルモンバランスが乱れる原因となってしまう場合があるので、体を冷やさないよう注意しましょう。
シャワーを止めて湯船に浸かるようにしたり、クーラーのきいている所では簡単な上着を着たりして、寒い場所で薄着にならないようにしましょう。

肌トラブルを改善したい方はコチラ
【美肌の湯】重曹で風呂上り保湿をしてカサカサ乾燥肌を防ぎましょう!!

おすすめのスキンケア用品・ドリンクはコチラ
即効性のあるプチプラ『リフトアップクリームrosy』でたるみに絶大効果!

市販おすすめコラーゲン『Ⅲ型ビューティードリンク』

『薬用Hottab重炭酸湯』加齢臭・体臭から肌荒れニキビも解決!

自分の肌をしっかり確認したい方はコチラ
無料肌診断はどこでできるの?おすすめのコスメカウンターの内容は?

血管や目の色から肌のブルーベース・イエローベース診断!!似合う色の服を見つけましょう!!

【男性の肌診断】男性の肌ってどういうもの?

『肌の色の違い』グリーンベース・ピンクベースからパーソナルカラーの確認方法とは?

ネット(web)で自分でできる無料肌診断から結果で解るスキンケア方法まで!!