マスクが与える美白効果とは?効果的なマスクの使用方法と注意点とは

家の庭で一生懸命雑誌を読んでいる白い服の女の子 美白

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

皆さんは普段美容パックやシートマスクは使用していますか?
何か特別な日の前はパックをして寝ると翌朝スッキリすると、スペシャルケアとして使用されている方が多いかと思います。
店頭では様々なフェイスマスクが販売されており、どれを選んだらいいか迷う方もいらっしゃるかと思います。
こちらでは口コミを中心におすすめなフェイスマスクを紹介しています。

マスクが与える美白効果

大事な日や特別な日の前に気合を入れてパックをすれる方も多いかと思います。

フェイスマスクは肌に蓋をして、その中の美容成分をしっかりと肌に浸透させる事が出来るため便利です。
また、紫外線が強い夏には貼るだけでシミそばかすなどのケアが出来てしまう商品もあります。

フェイスマスクシート

フェイスマスクを使用する事へのメリットをご紹介しましょう。

沢山の美容成分が配合されている

フェイスマスクにはあの1枚のシートの中に多くの美容成分が配合されています。
「美容液丸々1本分」と言った成分を配合している高価格なシートマスクもありますので、1回の使用で化粧水1本や美容液1本を使用した様な高い効果が得られます。

肌に浸透しやすい

フェイスマスクの素材はコットンや不織布等で出来ているため顔に当てると肌でしっかり密封し、中の美容成分をしっかり与える事が出来ます。

水分や美容成分が蒸発せずにゆっくりと肌に染み渡っていき、肌の表面だけではなく奥深くへと行き届かせる事が出来ます

即効性がある

喜んでいるような驚いているような女性

多くのフェイスマスクには「ケアした直後」や「ケアした翌日」に効果を実感する事が出来る様に計算して作られています

「パックをした後毛穴がキレイになった」、「肌の色が透き通って見える」と言った即効性のある効果が期待する事が出来ます。

スキンケアが楽に行う事が出来る

肌にピタッと貼るだけのマスクならばその後にパッティングをしたり、マッサージをしたりする手間が省けます。

一定の放置時間は必要になりますが、最近のマスクは密着度も上がっています
「色々とケアするのが面倒」という方にはとても助かるでしょう。

短期集中ケアがしやすい

肌の状態は意外と季節や体調等に左右されるものです。
一時的な肌トラブルならハリ対策くすみ対策用のマスクを用意しておけば突発的な悩みにも対応する事が出来ます

今では少量販売もされていますので、出費も比較的安く済みます。

特に、紫外線によるシミやそばかすにおいては日焼けした後72時間までにケアした方が良いと言われています。

短期間で集中的にケアしたい場合はピンポイントで肌を落ち着かせる事が出来るため、フェイスマスクは有効です。

部分用マスクで集中的にケアする事が出来る

目元をフェイスパックしている女性

フェイスマスクは顔全体を覆う物ばかりでなく、目元や口元専用の部分ケア用の物もあります。

それは特に乾燥する箇所だけに使用しますが、使用すると目元・口元の肌がふっくらしたり、小ジワを目立たなくさせる効果があります。

美白への効果

これだけのメリットがある中で、美白への効果はどんな物があるのでしょうか。

保湿効果
乾燥肌敏感肌、または潤い不足に悩んでいる際にはフェイスマスクの出番です。

化粧水や乳液は肌に乗せた瞬間からどんどん蒸発していってしまいます。

しかし、フェイスマスクの場合、肌の上からフタをしている状態ですので保湿成分を肌の奥深くに浸透させる事が出来ます。

アンチエイジング効果
年を重ねるにつれて重力に沿って垂れ下がってたるみやシワになってしまう肌は、本来ハリやツヤが失われていく事が原因で生じます。

このハリやツヤを取り戻す成分がフェイスマスクには含まれています。
アンチエイジング効果もありますので、マスク1枚で弾力のある若々しい肌にする事が出来ます。

マスクの効果的な使い方とは

フェイスマスクを使用するにあたり、基本的な使用方法をおさらいしましょう。

基本的なフェイスマスクの使い方

皆さんは普段美容液をつけるかと思います。
フェイスマスクには沢山の美容成分が含まれていますので、普段美容液を使用する様な順番でスキンケアを行なってみて下さい。

フェイスマスクの基本的な使い方

  1. クレンジング・洗顔をする
    肌や毛穴にファンデーションや汚れが残っているとマスク液の成分が肌の奥深くに届きにくくなってしまいます。
    クレンジングと洗顔料を用いてしっかりと汚れを落として下さい。
  2. 化粧水で保湿をする
    フェイスマスクだけでは保湿は足りませんので、必ず化粧水で水分補給をしましょう。
    肌が潤っていれば後に乗せる美容液の成分も浸透していきます。
  3. 目元や口元に美容クリームを塗る
    フェイスマスクを広げると一般的に目や口の周りに穴が開いています。
    マスクでケアしている際に目や口の周りが乾燥しない様にするために、予め美容クリームを塗り、その上からマスクを重ねましょう。
  4. シートマスクを貼る
    化粧水は時間が経つと蒸発してしまいますので、シートマスクを乗せる際はなるべく化粧水の後直ぐにシートマスクを貼るのが良いでしょう。
    貼る際は顔にぴったり密着させましょう。
  5. パックした後に美容クリームを塗る
    せっかくパックでケアをしてもマスクを外した後に何もしなかったら肌から潤い成分や美容成分が逃げてしまいます。
    美容クリームでしっかりとフタをして水分が蒸発しない様に保湿して下さい。
たいていのシートマスクは使用する前に温めておくと顔に乗せた時に毛穴が開いて浸透力が高まりますので、温める事をおすすめします。

ただし、ビタミンCなどの熱に弱い成分が含まれているマスクは温めないで下さい。
ビタミンCは温めると破壊されてしまいますので、その様な成分が含まれているシートマスクはそのまま使用する様にしましょう。

効果を高めるフェイスマスクの使い方

フェイスマスクの基本的な使用方法をおさらいした所で、次は効果を高める事が出来るマスクの使用方法を見てみましょう。

肌が温まっている時に使用する

お風呂上がりの外国人女性

フェイスマスクは特にお風呂上がりなどの肌が温まっている時に使用するのが良いです。
それは、温まって毛穴が開いているので浸透が良いためです。

もし、朝のメイク前に肌を整えたい場合は蒸しタオルを用いて毛穴を開いてから使用しましょう。

ラップで保湿力を高める

空気が乾燥している時期は特にマスクが乾燥していき、中の成分も蒸発してしまいます。
それを防ぐのにラップをすると保湿が保たれます。

美容成分を無駄なく取り込むためのコツです。

美白美容液を足してみる

シミが気になる方はフェイスマスクを貼る前に予め気になる箇所に美白美容液を塗っておきましょう
その後にマスクを重ねればシミ対策が期待する事が出来ます。

美容オイルを使用してみる

ピンクの花が差してあるアロマオイル

美容オイルをフェイスマスクに1滴垂らして伸ばしてから貼ってみましょう。
美容オイルが膜を作り肌の角質層を保護するので肌のバリア機能を正常化にし、保湿力をアップさせる事が出来ます。

マスクを使用する際の注意点とは

フェイスマスクを使用する際には幾つかの注意点がありますので、そのポイントを抑え、マスクを使用していきましょう。

長時間の使用はNG

フェイスマスクというのはどの位の時間で使用するなどの目安が表記されています。
原則としてこの目安時間を守るようにして、長時間の使用は避ける様にしましょう。

マスクが乾燥するまで貼っていたらマスクが肌の中の水分を吸い取ってしまい蒸発してしまいます。
つまり、逆に肌が乾燥してしまい、効果を得る事が出来ないと言う事です。

入浴中はやらない

入浴しながら使用しようと思っている方もいるかもしれませんが、それは避けた方が良いでしょう。

入浴している時は汗をかきます。
汗をかいている時は美容成分が浸透しませんし、肌から余分な物を排出している状態だからです。

排出している状態に美容成分を取り込んでも効果が半減してしまうと言う訳です。
フェイスマスクはお風呂を出てから使用する様にしましょう。

肌荒れをしている時には使用しない

肌荒れに悩んでいる女性のアップ

フェイスマスクを使用する際は肌荒れをしている時を避けて下さい。
フェイスマスクには刺激となる美容成分が沢山含まれています

そのため、肌荒れを起こしている場合、マスクの中の美容液部分が刺激になる場合があります。
もし、肌荒れが生じていてもマスクを使用したい場合、保湿成分だけのフェイスマスクでケアしましょう。

敏感肌の方はエタノールが含まれていない物を

敏感肌の方はエタノールが含まれているフェイスマスクを使用すると逆に乾燥してしまいます。
ですので、敏感肌の方はエタノールが含まれていない事を確認してから購入する様にしましょう。

毎日使用する事が出来るかは製品次第

効果を早く得たいために毎日使用したいと考えている方もいるでしょう。
製品の中には毎日使用しても良いフェイスマスクもあります

ただし、フェイスマスクは本来定期的に行うスペシャルケアアイテムになっている物が多く、毎日の使用は「やり過ぎ」になってしまう場合もあります。

先ずは製品に記載されている頻度を守って使用して下さい。

美白マスクの口コミ

ここで皆さんにおすすめしたいフェイスマスクをご紹介していきたいと思います。
ここではなるべく毎日使用する事が出来る種類の商品とその口コミを集めてみました。

エリクシール ホワイト クリアエフェクトマスク

資生堂のエリクシール ホワイト クリアエフェクトマスク
  • メーカー名:資生堂
  • 商 品 名:エリクシール ホワイト クリアエフェクトマスク
  • 価   格:¥3,520(税込)
口コミ
シートマスク分野では日焼けを「即効鎮静化」してくれるため、これに勝るものはない位です。
毛穴も小さくなりますし、アウトドア後や旅先では本当に重宝します。
翌日は実に赤みが消えてシミも増えてきません。

趣味でランニングしているため、汗で日焼け止めが取れてしまって日焼けしてしまいます。
使ってみたら火照りが治まり赤みが消えました。
即効性ある物は初めてなのでびっくりです。

HAKU メラノシールド マスク

資生堂のHAKU メラノシールド マスク
  • メーカー名:資生堂
  • 商 品 名:HAKU メラノシールド マスク
  • 価   格:¥1,620(参考価格)
口コミ
夏の疲れが秋に出た時に使ってみたのですが、キレイに鼻の周りまでぴったりフィットして気持ちが良かったです。
冬こそ美白と思っていたのでおすすめです。

焼けたなって思った日に絶対これを使っています。
翌朝にはワントーン明るくなっている気がします。
お値段は張りますがそれなりの価値は感じます。

ポーラ ホワイティシモ 薬用シート

POLAのポーラ ホワイティシモ 薬用シート
  • メーカー名:POLA
  • 商 品 名:ポーラ ホワイティシモ 薬用シート
  • 価   格:¥6,380(税込)
口コミ
このパックは炎症を抑える作用があります。
このパックを使い始めてから「肌が明るくなったね」と言われるようになりました。

紫外線を沢山浴びた日は3日連続使用で紫外線をリセットしました。
ゴルフを始めたのですが、これのおかげでシミやそばかすの増加は無いですよ。

ルルルンプレシャスWHITE

ルルルンプレシャスWHITE 32枚入り
  • メーカー名:フェイスマスク ルルルン
  • 商 品 名:ルルルンプレシャスWHITE 32枚入り
  • 価   格:¥1,600+税
口コミ
夜の洗顔後にマスクを顔に乗せて10分位放置しています。
剥がすとトーンアップした肌に変わっています。
アラサーなので肌がゴワゴワしたり、くすみがちなのでその悩みにアプローチしてくれてお気に入りです。

百貨店に売っているハイクラスのシートマスクと大差ない位良いです。
不摂生で化粧ノリが悪い時や外出時間が長い時などにも肌を直ぐクールダウンさせてくれ、翌朝はいつも通りの肌コンディションに戻してくれます。

我的美麗日記 黒真珠マスク

我的美麗日記 黒真珠マスク
  • メーカー名:我的美麗日記-私のきれい日記-
  • 商 品 名:我的美麗日記 黒真珠マスク
  • 価   格:¥780+税(4枚入り)/¥1,480+税(8枚入り)
口コミ
1時間位放置すると毛穴が無くなって透明感のある美肌になります。
元々色白ですが、更にくすみが取れて透き通る様な肌になるのでびっくりしています。

鼻の横の毛穴が気になっていたのがキュッと引き締まって、顔全体も引き締まった様な感覚になります。

口コミを参考に、フェイスマスクで美白を!

髪の毛を後ろで結んでいる黒髪の外国人女性

今回は美白に効果のあるフェイスマスクについてお伝えしました。
特に美白に効果のあるマスクは「保湿効果」や「アンチエイジング効果」があります。

フェイスマスクの基本的な使い方を覚えると共に、ぜひ注意点も覚えておいてください。

フェイスマスクの注意点

  • 長時間の使用はしない
  • 入浴中は使用しない
  • 肌荒れの時は避ける
  • 敏感肌の方はエタノール成分に注意
  • 毎日使用する事が出来るかは製品による
  • 美白用のシートマスクは温めずに使う

毎日使用する事が出来るフェイスマスクは限られてきますが、その中でも毎日でも使用する事が出来るお得なフェイスマスクを購入した方の口コミ付きでご紹介しました

是非、これらを参考にしてフェイスマスクを選んでみてください。

 

フェイスマスクで保湿と美白を!成分、種類、使い方を解説♪

美白になるためのスキンケア方法とは?正しいスキンケアと習慣で目指せ美白!!

美白も保湿もどっちも欲しい!そんなあなたに両方を得るスキンケアをお教えしましょう

おすすめの美白アイテムはこちら
ナノアクア(フェブリナ)炭酸ジェルパックの効果や口コミは?美容家も絶賛する理由とは

炭で磨く「スミガキ」とオーガニックな素材の歯磨き粉で歯を美白に!

保湿・潤い・白肌の3つのケアが同時にできる、魔法のパッククリーム「王妃の白珠」