袖から見える腕のシミをどうにかして美白に見せたい!腕のシミに向けての解決法をご紹介します

お腹や腕・足を出しているショート丈の女性 美白

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

美白を意識されている方の中で「腕のシミに困っている」そんな方はいませんか。
どうして腕に女性の(男性も含め)天敵であるシミはできてしまうのか気になりませんか。
今回は袖から見えてしまう腕のシミをなくして美白腕への道を考察していきます。
もし、腕のシミに不快感や不満を覚えている方がいらっしゃいましたら、原因や種類、対策、シミを薄くするための手段をご紹介させていただきますので、ご興味のある方は是非ご参考にしてください。

腕のシミが出来てしまう原因

腕のシミができてしまう原因を簡潔に述べると紫外線から受ける影響が大きいからなのです。
皮膚というものは紫外線を受けてしまった場合、メラノサイトという細胞が刺激されます。
すると、シミの元凶であるメラニンが過剰に生成されてしまいます。

元々メラニンはお肌の再生が行われるターンオーバーという表皮細胞の代謝によって剥がれ落ち排出されるのですが、加齢などと並行してお肌のターンオーバーは乱れてしまいメラニンは排出されにくくなって、お肌に残っているメラニンは色素沈着を起こしてしまいます。
その結果、残念ながらシミとしてお肌に浮き出てしまうのです。

短時間だとしても紫外線を浴びてしまいますとメラニンは生成されてお肌に蓄積されがちです。
日頃の習慣や行動が腕に浮き上がってシミを作ってしまうかどうかを左右するのです。

シミを作ってしまう習慣や行動

このような習慣や癖は腕に紫外線を受けがちになります。

結果的にメラニンはお肌の内側に蓄積していき大量のシミを腕に浮かべやすくしてしまっています。

サイクリング中の女性
紫外線の量は一年間の中で降り注ぐ力で強弱の差は変わってきますが、毎日日焼け止めを塗ることがシミ予防に理想的な方法になります。

実は紫外線とは地面に直接降り注いだだけのものとは限らないことです。
紫外線というものは空中拡散を起こしたり地面から反射をしてきます。
このことから「日陰に居るので安心」この思い込みは美白という観点からすると危険です。
さらに言うと、長袖とはいえニット素材のような目が粗い着物や薄くてホワイトカラーの服装は紫外線を遮れないので日焼け止めを塗布されてない時は腕のシミの原因の1つになります。

陽に焼けるとけっこう目立つ腕の紫外線対策方法とは?

腕のシミには種類がある

そして皆さんは、一言で腕のシミといっても実は幾つか種類があることはご存知ですか。
今度は腕のシミの種類について考察をしていきます。
ご興味のある方は引き続きご覧になってください。日焼けした腕と背中

老人性色素班

これは腕に浮き出てくるシミにフォーカスを当てた場合最も身近なものになります。
簡潔に述べてしまえば、積み重ねられた日焼けにより浮き出てくるシミと言えます。

ホクロの大きいものだったり貨幣ほどのサイズのものも見受けられ、薄めの茶色が徐々に濃くなっていき放置してしまいますとイボのようにお肌は隆起してしまいます。
イボのように隆起してしまったシミは脂漏性角化症と呼ばれます。

脂漏性角化症

定着してしまった老人性色素班が数年を経て、皮脂と混合してイボのようにお肌の表面に隆起しているものです。
特徴としてお肌の表面はボツボツしてしまっています。
腕だけに留まらず、手の甲に浮き上がっている茶色のシミも脂漏性角化症といえるでしょう。

光線性花弁状色素班

海などに行った際に猛烈な紫外線を受けて、水ぶくれを起こしてしまった時などに注意すべきシミです。
サイズが数ミリ~1cm程と1つずつは小さなものです。
特徴として見た目が花弁のような形状になっています。

炎症色素沈着

ニキビや虫に刺されて炎症を起こした部位を守ろうと、シミの元凶であるメラニンが過剰生成されてお肌に残って茶色く残ってしまったシミです。

腕や手をシミから守るには!?腕や手のシミに効く美白クリームをご紹介します。

出来る前に腕の対策

では、腕のシミが出来る前の対策は何かないのでしょうか。
今度はその点にもフォーカスを当ててみようと思います。アームカバー

アームカバーの装着を

真夏のような季節は半袖あるいはノースリーブになり腕の露出機会が多くなります。
しかし、アームカバーの装着により腕への紫外線からの攻撃を防ぐことが可能になります。

とりわけ車や自転車の運転中は腕に紫外線からの攻撃を受けがちになるのでアームカバーの装着により腕のシミ対策となり得ます。
近年はUVカット効果付きのものや通気性に伸縮性が秀でた商品も増加してますので、真夏でも腕のシミ対策がしやすくなっています。

ビタミンの摂取を

腕のシミ対策は日焼け止めを塗るなど外からだけの対策と限定されたものではありません。
体内からシミへと働きかけて予防・改善することも可能なので忘れないで下さい。
とりわけビタミンはシミの予防や緩和の働きを持っていますので日常からの摂取を推奨します。

ビタミンC
特にレモンやイチゴ、ピーマン等に含有されているビタミンCはメラニンの生成を抑制してくれます。
加えて出来てしまったメラニンを還元する働きもあるので、色素沈着を防いでくれるシミの予防・改善にとってベストな美容成分といえます。
ビタミンB2
お肌のターンオーバーを正常化して沈着してしまった黒色メラニンの排出を促し、シミ予防の成分ビタミンB2や血行を促していき沈着した黒色メラニンの排出作用であるビタミンEの並行摂取によって、シミが腕に浮き出てしまうのを防ぎやすくなります。

ビタミンB2はレバーや卵などに含まれています。
ビタミンEはごま油やアーモンド等のナッツ系のものに潤沢に含まれています。
上手に食事に混ぜこんで体内からシミ予防するのも良いでしょう。

美白ボディクリームでのケアを

美白ボディクリームはメラニンの排出を促進するのとシミ予防をしてくれるターンオーバーの正常化に不可欠な保湿を行いつつ、シミ予防のケアが可能な重要アイテムと言えます。

保湿ケアと並行して美白ケアも可能で体全体へと幅広く使えるので、腕のシミ予防対策の分野でも活躍してくれるのです。

美白ボディクリームを購入される時のポイント
次の美白成分が配合されたものを選ぶようにしましょう。

乾燥が気になる方に必見!安くても効果のあるプチプラ美白ボディクリームをご紹介!!

出来てしまった腕のシミを消す・薄くする方法

最後に出来てしまった腕のシミを消す・薄くする方法について考えていきたいと思います。
何か良い知識や手段はないのでしょうか。

まず、シミはご自身で消せるシミとご自身では消せないシミに大別できてしまいます。
早速ですが、まずは自分で薄くできるシミから検証してみましょう。

種類原因
老人性色素班ターンオーバーの乱れ、ストレス
炎症性色素沈着傷跡、ニキビ跡、虫刺され後の色素沈着
肝 斑紫外線、女性ホルモンの乱れ

以上3タイプのシミに有効的なスキンケアには美白化粧品の使用やピーリング等が挙げられます。

次に自分で薄くできないシミです。

種類原因
そばかす遺伝、紫外線
脂漏性角化症加齢、紫外線
光線性花弁状色素班紫外線

以上3タイプのシミはご自身でのケアが難しいシミになってしまいます。
薄くしようとするなら美容医療(シミを消すレーザー治療)が有効的になってきます。

では、ご自身で薄く出来るシミには一体何をどうするべきなのか。
少しずつ紹介させていただきます。

まず、シミに効果的な化粧品の選択として美白有効成分配合で続けやすい値段のものをを選びましょう。
美白有効成分が含有された化粧品の成分については、以下の成分が含まれている美白化粧品を選択されるのが最も理想的と言えるでしょう。

成分効果
エナジーシグナル
(表示例:アデノシンリン酸2Na)
シミを薄くしてくれる(メラニン排出促進)
パルミチン酸アスコルビン酸3(APPS)
3-0グリセルアスコルビン酸(3GA)など
シミを薄くしてくれる(メラニン排出促進、チロシナーゼ活性阻害)+予防作用

また、即効性を求めるならばハイドロキノンといった成分が含まれている化粧品の選択が望ましいと言えます。

考察した結果、確かにご自身で薄く、または消すことが可能性なタイプのシミは存在します。
しかし、レーザー治療に頼らなければならないタイプのシミも残念ですがあります。

そうなると本気でシミを消す、あるいは薄くしようとされるのなら、最初にご自身がどんなタイプのシミであるかを確認および認識なさってから一番の対策法を決断されるのが最初の手順になると言えるでしょう。

シミ対策に有効的な美白成分とは?シミを予防する美白美容液とおすすめの美白美容液とは

腕に焦点を当てて、シミを改善させましょう!

今回は「袖から見える腕のシミをどうにかして美白に見せたい」というテーマでしたが、各項目の要約は以下のようになります。

腕のシミができてしまう最大の原因は紫外線の影響によるものです。
腕に紫外線を受けてしまった場合、メラノサイトが刺激されシミの元凶であるメラニンが過剰に生成されてしまいます。
元々メラニンはターンオーバーによって剥がれ落ち排出されるのですが、加齢などによってターンオーバーが乱れてしまいメラニンは排出されにくくなってしまいます。

また、腕のシミには以下のように種類があり、自分で薄くできるシミとできないシミに大別できます。

自分で薄くできるシミ老人性色素班、炎症性色素沈着、肝斑
自分で薄くできないシミ脂漏性角化症、光線性花弁状色素班、そばかす

手をつないでいる腕腕にシミができる前の対策としては、アームカバーの装着やビタミンの摂取、美白ボディクリームでのケアが挙げられます。
特に車や自転車の運転中は腕に紫外線からの攻撃を受けがちになるのでアームカバーの装着がより効果的になります。

また、体内からシミへと働きかけて予防・改善する意味でビタミン摂取が有効で、特にビタミンCはメラニンの生成を抑制してくれます。
ほかにもビタミンB2やビタミンEも並行摂取によって、シミが腕に浮き出てしまうのを防ぎやすくなります。

美白ボディクリームはビタミンC誘導体、アルブチン、プラセンタが配合されたものを購入されると良いでしょう。

できてしまった腕のシミを薄くする方法としては、自分で薄くできるシミの場合は美白有効成分が含有された化粧品を使用しましょう。
自分で薄くできないシミの場合は美容医療(シミを消すレーザー治療)が有効的になってきます。

以上、腕のシミをどうにかしたいという皆さんのお役に立てば嬉しい限りです。

シミの予防とシミ消しに美白化粧水は効果があるの?シミの予防と対策におすすめの美白化粧水もご紹介!

顔だけじゃない!身体も美白にしたい!!ボディクリームで全身美白肌へ

おすすめの美白アイテムはこちら
「Psホワイトクリーム」シミを撃退できるオールインワンの有効成分とは?!

シミ対策薬用美白オールインワンジェルましろっぷであなたも真っ白肌に!

ホワイピュア薬用美白クリームでシミ・そばかすをシャットアウト!!