乾燥肌に効くパックとは?形状ごとのパックとスキンケアでふっくら肌に

乾燥肌に効くパックの成分とは 表紙 肌荒れ

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

乾燥肌の方はお肌がカサカサになり、気になってしまいますよね。
乾燥肌には一刻も早く保湿をしていただきたいものです。
保湿アイテムにはいろいろありますが、フェイスパックはいかがでしょう。
乾燥肌の方にはフェイスパックをどのように使えば良いのか、今回お伝えしたいと思います。

パックは乾燥肌へどのような効果があるの?

乾燥肌に効くパックの成分とは シートパック2フェイスパックは顔に乗せて規定の時間を待つだけでお肌がしっとり・モチモチになるスキンケアアイテムです。
そのパックの中には保湿成分水分がたくさん含まれています。

乾燥肌とはどういう肌?

乾燥肌とは肌の水分量が減少することによって、カサカサとした状態になる肌のことをいいます。
健康な肌だと汗などの水分と皮脂が混ざり合ってできた皮脂膜で覆われてバリアとなってくれますが、これが少なくなると肌の乾燥を招いてしまいます。

私たちの肌表面にある角質層という部位はなんと約0.02mmの厚さしかありません。
これは食品ラップとほぼ同じ厚さです。

肌には元々保湿成分が存在していますが、これらがたっぷりあると肌のバリア機能を保つことができます。

「自分の肌はテカっているから乾燥肌ではない」と判断するかもしれませんが、皮脂の分泌量が多くても肌の角質層の水分量が少ないとそれは「インナードライ」という状態になってしまっているのかもしれません。

インナードライ肌とは肌の内部は乾燥しているのに、表面はテカテカしています。
これは肌の角質層の水分量が少なくなりすぎると、肌がこれ以上の乾燥を防ごうと皮脂を分泌し始める仕組みです。

インナードライ肌のセルフチェック
インナードライ肌かを見分けるには、洗顔をしたときにわかります。
いつもどおりに洗顔をした後にタオルで拭き、スキンケアをせずに5~10分ほど放置するのです。

肌を触ってみてTゾーンがべたついているのに、目元や頬、口元は乾燥していたり突っ張っていたりしたらインナードライ肌の可能性が高いです。

いずれにしても、乾燥肌の類には違いありません。

乾燥肌にとってのパックの効果

そんな乾燥肌にとってフェイスパックはどんな効果があるのでしょうか。

保湿成分が肌に浸透しやすい

フェイスパックの魅力はパックの中にたっぷりと美容成分や保湿成分が含まれているので、それを肌に乗せることで効率的に皮膚に潤いを届けることができます。
これは保湿中の肌を乾燥から守ってくれる効果もあるのです。

美容効果をすぐ実感しやすく、持続もしやすい

乾燥しがちな方がフェイスパックを乾燥対策として、選んで使えばその肌悩みを効果的にケアすることができます。

フェイスパックは1回5~15分ほどすれば、肌をもちもちさせてくれます。
保湿成分だけでなく美容成分も豊富に含まれていれば、より効果が実感できます。

パックは翌日まで効果が持続してくれるため、大切なイベントの前日に使用すれば化粧ノリも良くなるでしょう。

乾燥肌に効果のあるパックの選び方

では、次は選び方です。
こちらの記事は乾燥肌について取り上げていますので、乾燥肌の方ではどんなフェイスパックを選べばいいのでしょうか。

目的別にみるとこうなる

乾燥肌に効くパックの成分とは クリームパック1まず、フェイスパックですがさまざまな商品がありますね。
大きく分けて3つあります。

  • 保湿
  • 美白
  • アンチエイジング

美白用でもアンチエイジング用でも保湿はできますが、要はどこに重きを置くかがポイントになります。
今回乾燥肌は「保湿」に該当しますね。

保湿向けフェイスパックの特徴
保湿向けのフェイスパックは乾燥しがちな肌に保湿成分を届けることで、潤いのあるふっくらとした肌にすることを目的としているパックです。

もっと言うなら、肌を保湿できるということは乾燥による小じわや皮脂の過剰分泌を抑える効果も期待できます。

高保湿成分が配合されているものを選ぶ

乾燥肌の方は洗顔後の肌をしっかり潤すために、保湿力の高い成分が配合されているものを選びましょう。

こんな保湿成分をチェックしましょう。

  • セラミド(細胞間脂質の主成分で肌の保護や水分保持機能として作用)
  • ヒアルロン酸Na(お肌の表皮だけでなく真皮部分にも存在する保湿成分。保水性が非常に高い)
  • スクワラン(皮脂にも含まれている油性成分で、肌なじみが良い。保湿・柔軟作用が強い)
  • グリセリン(吸水性に優れた保湿成分で化粧水からクリームまで幅広く配合されている)
  • アミノ酸(肌に存在する天然保湿因子の主成分で、セリンやアラニンなどを選択)

パックの形状で選ぶ

皆さんはローションパックやコットンパックをしても効果がなかったという経験ありませんか?
じつはこれらのやり方では、油分の保湿次第でお肌からどんどん水分が蒸発しやすくなってしまうのです。

使い方を誤ればお肌の水分までシートに吸い込まれて、さらに乾燥が進んでしまう可能性もあります。

乾燥肌をケアできるフェイスパックは次のようなものです。

クリームパック

乾燥肌に効くパックの成分とは クリームパック2美容クリームを塗るパックのタイプです。
シートマスクと比べてしっかりお肌に蓋をするクリームには油分があるため、不足しがちな油分を補給できるものが多いです。

油分の働きで肌が柔らかくなるので、しっとりとした仕上がりになります。

シートマスク

乾燥肌の方へのシートマスクは、なるべく細かいシート状のものがおすすめです。
ぷるぷるのジェル状のものやマイクロファイバーが施されたものなら優しくフィットします。
だけど、水溶性なので保湿力は弱めです。

10分以上置いてしまったり、シートがお肌から剥がれやすいものはかえってお肌の水分がシートに奪われてしまいますので使い方に注意です。

ジェルパック

美容成分を含むジェルパックをクリームパックのように肌に塗るタイプのパックです。
肌にピッタリと密着して、小鼻周りや目元などシートパックでは届かない部分もしっかり塗ることができます

丁寧なケアをしたい方向きで、少々すすぎ洗いが手間かかるパック法です。
この場合、お風呂でのケアが向いてますね。

スリーピングパック

スリーピングパックとは、肌に塗っておくだけで睡眠中に美肌ケアができるパック法です。
睡眠時間は長いですから、その間に美容成分がお肌にグングン入り込むのがメリットです。
翌朝にはぷるんっとしたきめ細やかなモチ肌に仕上がることでしょう。

忙しくて普段なかなか落ち着いてスキンケアできない方にも向いているパック法です。
このタイプも目的別にさまざまな商品が販売されていますね。

ただし乾燥肌の方はくれぐれも「コットンパック」は行わないようにしましょう。
シートマスクより乾きやすく乾燥している肌から、さらに水分を奪ってしまうからです。

パックの効果を上げる使い方とは

乾燥肌の方にはどんなフェイスパックが良いのか、ご紹介しました。
今度は効果を上げる使い方についてです。

クリームタイプ

青い花の横に紅茶のように置いてある美容クリーム
  1. 洗顔をした後、化粧水や美容液(乾燥が進んでいれば乳液)を終えた肌にクリームをたっぷり塗る
  2. クリームがお肌の上に白く残っていてもいいから、目元や口元には厚めに塗る(乾燥しやすい部分のため)
  3. 電子レンジでホットタオルを作り、顔に乗せて心地いいと感じる温かさに調整する
  4. クリームの上からホットタオルを乗せる(さらにこの上からラップをするとタオルの温かさが長持ちする)
  5. 10分程度そのまま置く
  6. やがてクリームとタオルの上記で肌がぬるぬるとしてくるので、タオルを外してそれをマッサージするようにお肌になじませる
  7. 気になるようでしたら、軽く保湿クリームが残る程度に優しく拭き取る

シートマスク

乾燥肌に効くパックの成分とは シートパック1シートマスクは洗顔後、化粧水をした後に行いましょう。
化粧水をつけないと、いきなり濃度の高い美容成分を受けて余計に肌を乾燥させてしまいます。

以下はシートマスクの付け方のポイントです。

  1. シートマスクの中心と顔の中心を合わせるように顔に乗せる
  2. 眉頭・目頭・小鼻・口角・顎を指の腹で押さえながら、顔の外側に向かって密着させる
  3. 顎と口角を指の腹でなぞりながら、切り込み部分をキュッと持ち上げる
  4. 今度は小鼻と目の下を指の腹でなぞりながら、切り込み部分をキュッと持ち上げる
  5. おでこの上を指の腹で押さえて、生え際にも密着させる

要はぴったり肌に密着させるということです。
そして、シートマスクをし終わったら必ずその後に乳液やクリームで蓋をしましょう。
乾燥肌の方は特にここが要注意で、怠ると余計に乾燥につながります。
さらに効果を高めたいなら
さらなる効果方法はラップと蒸しタオルです。
シートマスクの上から鼻と口の部分を開けてラップをして、水を絞ったタオルを電子レンジで40秒温めてラップの上から乗せましょう。

温めることで毛穴が開いて血行も良くなるし、シートマスクの美容成分も浸透しやすくなりますよ。

ジェルパック

まず、クレンジングや洗顔の後に化粧水で肌を整えてから使用します。
ジェルパックを指で適量取り、顔全体に肌が隠れるくらいの厚さに塗っていきます。

そして、15~20分ほど置いたら、水やぬるま湯で洗い流します。
最後に保湿クリームを塗って仕上げてください。

スリーピングパック

スリーピングパックは睡眠前のスキンケアの一番最後に塗ります。
それまでに塗った美容成分を閉じ込めさせてくれる働きもします。
スリーピングパックはクリームタイプのものが多いです。

このタイプだと自分の好きなところに付けて睡眠中にケアすることができます。
顔だけでなく年齢が表れやすい首元にも使うことができますよ。

髪の毛が顔にかからないようにヘアバンドをつけて、枕の上にタオルを敷いて寝ると安心ですよ。スリーピングパック

パックをした後のスキンケアとは

皆さんはパックで保湿をして、それだけで満足していませんか。
パックの前でにスキンケアは必要ですが、パックをした後も必要なのです。

パックを取ったら、美容成分が蒸発してしまう前に素早く乳液で保湿しましょう。
ベタベタが気になるかもしれませんが、つけないと数時間後にはせっかく浸透した美容成分が全て乾燥してしまいます。

高機能クリームに頼るのもアリです。
しっかりハンドプレスしながらなじませ、潤いに蓋をしましょう。

乾燥しやすい口元・目元にもです。
極度に肌の乾燥を感じる人は、そうした油分ケアをしましょう。

ただし、朝のフェイスパックは油分アイテムを重ねるとファンデーションがヨレやすくなりますので、その場合はマスクの後に日焼け止め乳液UVカット効果のあるファンデーションをつけるくらいで効果がもちます。

パックで乾燥肌対策してみませんか

今回は乾燥肌にお悩みの方に向けたフェイスパックの選び方や使い方を見てきました。
乾燥肌の方では以下の4種類のパックがおすすめです。

  • クリームパック
  • シートマスク
  • ジェルパック
  • スリーピングパック

これらのフェイスパックを探してみて、乾燥肌が改善されるといいですね。
フェイスパックを効果的に使用して、お肌を潤しましょう!

 

その他の乾燥肌とパックに関する記事はこちら
乾燥肌を改善!顔パックで目指せ、うるうる肌!

美容パックはいろいろある!肌の潤いを実現するセラミド入りパックはどういうものがある?

気になる顔の美白はフェイスパックで決まり!フェイスパックの使い方から注意点まで徹底紹介!

おすすめの肌荒れとパックアイテムはこちら
泥パックDXで汚れを落としながら肌にうるおいを!

保湿・潤い・白肌の3つのケアが同時にできる、魔法のパッククリーム「王妃の白珠」

「サラヴィオ美容液」温泉酵素の発酵コラーゲンであきらめていた肌荒れを改善!