美白化粧品をつけただけなのにヒリヒリする!?このトラブルの原因対策が知りたい!

痛がっている紫のニットの女の子 美白

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

皆さんは化粧水をつけただけなのにお肌にヒリヒリ染みる…こんな経験はありませんか?
もしかしたらそれはお肌の黄色信号かも知れません。
対策は可能です。
今回、こちらではお肌のヒリヒリの原因とトラブルへの対応をご紹介します。

バリア機能の低下

外気やチリ、埃ごみなどからお肌を守る機能、お肌の水分を閉じ込める機能が皮膚にはあります。
この機能をバリア機能と呼びます。

バリア機能は低下する

以下の3つがバリア機能を担っています。

  • 皮 脂    → 肌の表面を覆い、水分の蒸発や異物の侵入を防ぎます。
  • 天然保湿因子 → 角質層の中で水分を含み保持する役割があります。
  • 角質細胞間脂質→肌の中の水分を留める役割をして、天然保湿因子を安定させます。
皮脂膜が薄くなったり、セラミド(角質細胞間脂質)の量が少なくなると角質細胞間に隙間ができてしまい、外からの刺激物が角層を越えて体内に侵入してしまいます。

このようにバリア機能が低下すると外部の刺激に弱くなり、刺激が肌内部に入り込むためヒリヒリするのです。

バリア機能低下のサイン
  • 髪の毛が当たるだけでも肌が痒い
  • 季節の変わり目に肌荒れや炎症を起こしやすい
  • 化粧の後ヒリヒリする
  • 洗顔後すぐに化粧品を塗らないと突っ張ったりヒリヒリする
  • 生理前後にニキビや肌荒れなどの肌トラブルを起こしやすい

バリア機能

このバリア機能の低下の原因はどのようなものがあるのでしょうか。

  • 内的な原因
  • 外的な原因

大きく2つあります。それぞれ見てみましょう。

内的な原因によるバリア機能の低下

ターンオーバー
の乱れ
ターンオーバーは、表皮の新陳代謝のことなのです。
この新陳代謝の過程を角化と呼びます。
したがって、肌が生まれ変わる仕組みとして新しく作られた細胞が角化しながら姿を変え、それぞれの役割をこなして最終的には垢となって剥がれ落ちるということなのです。
ターンオーバーが乱れて角質層内の保湿成分が不足していることが原因の1つです。
ストレス過度なストレスは心身に悪影響を及ぼすことでよく知られていますが、お肌にとっても大敵です。
食生活の乱れバランスの悪い食事や不規則な食事はお肌の新陳代謝を乱し、バリア機能の低下を引き起こします。
不規則な生活や睡眠不規則な生活や睡眠は体の調子を崩すだけでなく、お肌にも悪い影響を与えます。

外的な原因によるバリア機能の低下

化粧品が合わない合成界面活性剤」がバリア機能を破壊する大きな原因です。
洗顔料を変えるだけでも肌が変わると言われるほど重要です。
不適切なスキンケアクレンジングや洗顔の仕方でお肌を痛めてしまい、バリア機能が低下します。
紫外線や空調からの刺激真夏の強い紫外線や空調の強い空気がお肌に刺激を与え、バリア機能を低下させます。

肌荒れを防ぐ紫外線対策とは?肌荒れの種類とスキンケア予防法とは?

バリア機能の低下の対応法

バリア機能低下の対処法には、どのような物があるのかいくつかご紹介します。

睡眠

寝ている間にターンオーバーが進みますので、質の良い睡眠をとることが大切です。
22時~2時がゴールデンタイムと呼ばれ、この時間帯に睡眠をとるのがベストです。

寝る前に何かをやる、例えばスマホや読書などをしてしまうと睡眠の質が変わり、角質層に影響を与えることもあるので注意しましょう。
また、寝る前には洗顔をした綺麗な状態で寝ましょう。

夜食、寝酒

食べ物の消化には意外とエネルギーが使われていて、運動と同様にターンオーバーのためのエネルギーが取られてしまいます。
夜食は控えるようにすると良いでしょう。

そして、最も良くないのが寝酒と言われています。
アルコールの分解にはエネルギーだけでなく水分やビタミンも消費してしまいます。
身体が乾燥して睡眠の質も悪くなり、肌やターンオーバーにとっていいコトは何もありません。

食生活を変える

ターンオーバーを正常化させる栄養素(食べ物)というのもあります。
規則正しい食生活に加えてご紹介する栄養素を摂りましょう。

タンパク質タンパク質は体内でアミノ酸に分解され、その後アミノ酸は体内で再び合成されます。
そして、肌の弾力を支えるコラーゲンが作られる頃になります。
そのためにタンパク質が不足してしまうとコラーゲンの産生もストップしてしまうことになります。
ビタミンAビタミンAは正常な細胞分裂をするのに必要です。
また、紫外線からの肌へのダメージなどを防ぐ力もあると言われています。
紫外線から肌を守ったビタミンAは破壊されてしまい、細胞分裂を助ける働きはしません。
ですので、ビタミンAは日中どんどん消費されていることになりますので、積極的に補給してあげましょう。
ビタミンB2美容ビタミンとも呼ばれていて肌に欠かせないビタミンです。
新陳代謝を促進して肌や粘膜などを健康に保つ効果があります。
ビタミンB6アミノ酸とタンパク質の代謝を助ける「補酵素」として働き、免疫力を高める効果や健康な皮膚、髪などの成長を促進します。
パントテン酸
(ビタミンB5)
コラーゲンの産生を助けるビタミンCの働きを助けます。
ビオチンタンパク質の代謝を助けて、肌を丈夫にする働きがあると言われていて肌を守る効果も高いビタミンです。
ビタミンCビタミンCは真皮に働きかけて、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促す効果があり、皮膚だけでなくて粘膜や血管にも作用します。
たくさん摂ったつもりでも全身で消費されるので肌へと届くのはほんの一部です。
そのために意識して摂りましょう。
ビタミンE皮膚の血行促進や角質硬化などを防止する効果があり、皮膚の血行が良くなるにつれて栄養が隅々まで行き渡ることになり、他のビタミンの効果が高くなって相乗効果が見込めます。
亜鉛必須ミネラルの一つで生物の成長に欠かせません。
日本人が不足しがちなミネラルの1つです。
細胞分裂を助けたり、新陳代謝を活発化やコラーゲンの合成を促進します。

スキンケア方法を見直す(ターンオーバーを整える)

正しいスキンケアはターンオーバーの正常化に欠かせません。

クレンジング

クレンジングにはメイクを落とすために界面活性剤が使用されていますが、この強い界面活性剤がお肌にダメージを与えてしまいます。

クレンジング剤はお肌に優しい物を選択し、例えば40~60秒程度といった短い時間で終わらせましょう。
このときゴシゴシと擦るのはやめて、クルクルと円を描きながらメイクを浮かせるように行います。

洗顔する女性

洗顔

洗顔もターンオーバーに深く影響します。
間違った洗顔はターンオーバーを乱れさせてしまう原因になってしまいます。
そのため酸化した皮脂や汗、ホコリを洗顔で取り除いてあげましょう。

注意する点は擦るように洗ったり刺激の強い洗顔料を使ったりすると、お肌を傷つけたりセラミドが流れ落ちしすぎたりしてターンオーバーを早めてしまいます。

ターンオーバーが早すぎると、黒ずみ、ニキビ、敏感肌などの原因となってしまう場合があるので注意が必要です。
1日に何度も洗顔するのも逆効果です。

保湿

角質層は、約80%が硬いケラチンというタンパク質でできていますが、お肌を触ってみて柔らかく感じるのは角層に約20%~30%の水分があるからです。

この20%~30%程度の水分が含まれている状態が、滑らかで潤いのある保湿された肌となります。
十分に保湿することで敏感なお肌の状態を改善することができます。

その他

上記に挙げたこと以外に有効な対処法を紹介しておきます。

その他の対処法

  • 化粧品はターンオーバーが一巡するまで同じ物を使用しましょう。
  • ターンオーバーに効果のある化粧品を使い続けることも良いでしょう。
  • ワセリンやクリームなどで肌をしっかりと保護して、成熟した角質が肌を覆うようになるまで守ってあげることも大切です。


美白になるためのスキンケア方法とは?正しいスキンケアと習慣で目指せ美白!!

皮膚科に行くべき症状

上記の内的、外的なケアを行っても

  • いつまでたってもヒリヒリが治まらずに赤いままである
  • 湿疹やかぶれ、かゆみが出てくる
  • 数日以上痛みが続いている

このような状態では皮膚科に相談してみましょう。

顔や肌がかゆみやシミ黒ずみ・赤くなるのは摩擦が服やマスクなどで起こっているから?

「ゆらぎ肌」について知ろう

外部環境の変化によってお肌の具合は変わってきます。
例えば花粉や紫外線が増加したり、寒暖差が激しいときや、強い精神的なストレスがかかった時は肌が乾燥したり、敏感になったり、あるいは急にニキビができてしまうことがあります。

このような環境の変化があった時にお肌がヒリヒリしたら、それはゆらぎ肌かもしれません。
敏感肌の症状に似ていますが、あくまで環境の変化やストレスが原因であり、一時的なトラブルと言えます。

このゆらぎ肌の原因もバリア機能の低下やターンオーバーの乱れと考えられます。
このとき、ご自分で出来ることは上記でご説明したように正しいスキンケアや生活習慣、食生活の見直しです。
慌てず実践しましょう。

乾燥肌で『ゴワゴワ』『ブツブツ』などのざらつきを感じたら?

お肌のヒリヒリはケアできます!

ヒリヒリ肌の原因の1つであるバリア機能の低下をご紹介させていただきました。
機能が低下する原因は、食生活、睡眠、ストレス、不適切なスキンケアなど様々でしたね。

そして、バリア機能の低下にはターンオーバー(新陳代謝)が大きく関わっていました。

潤いのある肌をなでる女性

睡眠や食事を正しくして、刺激的な用品を使わないことやスキンケアなどを適切にすることでターンオーバーが正常化されバリア機能が回復します。

ヒリヒリした肌を防ぐ王道は正しい生活とケアです。
忙しい人には全ては出来ないかもしれないけれど、簡単にできる物もあったでしょうか。

まずは1つでもやってみて、少しでも健康な肌になるためのお手伝いが出来たとすれば幸いです。

え?これだけ?簡単に今日からできる肌荒れを治す方法~男性にも

10代から始める美白のためのスキンケアとは?10代が抱えている肌トラブルとおすすめの美白化粧品とは?

おすすめの美白アイテムはこちら
GLADインバスモイストクリームでママも一緒にお風呂で保湿しませんか?

「Psホワイトクリーム」シミを撃退できるオールインワンの有効成分とは?!

『薬用Hottab重炭酸湯』加齢臭・体臭から肌荒れニキビも解決!!