乾燥肌を改善!顔パックで目指せ、うるうる肌!

肌荒れ

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

乾燥が気になるこの季節…お肌に悩みがある方には乾燥肌の方は多くいます。
乾燥肌の改善方法はスキンケアでも色々とありますが、その中でも、顔パックには美肌へと導いてくれる美容成分がふんだんに含まれており、普段のスキンケアに追加するだけで効果を得ることができます。
しかし、その種類は豊富で一体何を使うべきかお悩みの方もいらっしゃるでしょう。
毎日のケアから、肌がピンチの時に頼れるとっておきの顔パックについてご紹介します。

乾燥肌の原因

乾燥肌とは、主に水分保持力が衰えて乾燥している肌のことを言います。
肌がつっぱったりカサカサしたりすると、それは乾燥肌と言えるでしょう。

正常な肌は角質層が外的刺激から守って、肌内部の水分を保ってくれますが、乾燥肌はバリア機能が低下しており、水分が逃げてしまいます。

肌のバリア機能を低下させてしまう主な原因は、以下のようになります。

加齢による皮脂分泌量の低下

まず、年齢によるものです。

皮脂には肌を外からの刺激から守り、角質層の潤いを保ったりや肌表面から水分が失われるのを守ったりする働きがあります。

この皮脂分泌量は歳を重ねるごとに低下する傾向にありますので、肌のバリア機能が低下しやすくなります。

冷房・暖房

冷房・暖房も無条件に空気中の水分も奪ってしまいます。

エアコンは空気中の水分も一緒に吸収してしまうため、長い時間使用すると空気は乾燥します。
そのために肌のバリア機能も奪われやすくなってしまうのです。

紫外線によるダメージ

紫外線は日焼け、シミやしわなど、さまざまな肌トラブルの原因でおなじみですが、肌の最も外側にある角質層が特に紫外線によるダメージを受けやすいです。

なので、紫外線も肌のバリア機能を低下させる一因になります。

間違ったスキンケアや入浴

スキンケアや入浴方法を間違っていても、乾燥肌の原因になります。

  • 毎日の洗顔で肌をこすりすぎている
  • 体を洗う際にあかすりタオルなどで肌を強くこする
  • 洗浄力が強すぎる石鹸や洗顔料を使ったりする

このような毎日のスキンケアや洗い方なども、肌のバリア機能を低くする大きな一因となってしまうケースがあります。

また、42℃以上のお湯に浸かるのも肌のバリア機能に必要な成分を奪うため、乾燥肌になりやすいです。

ビタミンB群の不足

偏った食事によっても、肌のバリア機能が低くなってしまいます。

特にビタミンB群は肌のターンオーバーのサイクルを正常に保つための働きをしますので、多く摂りたい栄養素です。

このように様々な原因によって、肌のバリア機能が弱まり潤いが逃げます。
つまり、乾燥肌を引き起こさないためには肌のバリア機能を保つのがポイントとなります。

肌荒れと食生活には関係があった!? 肌も体も健康になる食べ物はコレ!

顔パックに含まれている成分とパックの種類

顔パックには、目的によって含まれている成分が異なることが多いです。
ですので、乾燥肌には乾燥肌に特化した顔パックを使っていきましょう。

どんな成分が良いのか

ここでは、顔パックに配合されることの多い、主な成分を細かく紹介していきます。

全部が同時に配合されていることは少ないですが、どれも良い成分なので気になっているものがあれば成分と照らし合わせながら効果を確認してみましょう。

コラーゲン肌にハリと弾力を与える効果が期待できます。
プラセンタ肌のハリやツヤを増加させ、アンチエイジング効果が期待できます。
ヒアルロン酸保水力に優れ、シワ・たるみの予防効果が期待できます。
セラミド肌の角質層で水分や油分を蓄えてくれる成分です。
ビタミンC誘導体肌を内側から支えるコラーゲンの産生を促進し、活性酸素を除去する作用・メラニン産生を抑制する作用・還元作用など様々な効果が認められています。
フラーレン肌の老化の原因となる活性酵素を除去したり、抗酸化力が非常に強い成分です。
グリチルリチン酸抗炎症や抗アレルギー作用があります。
アロエベラエキス栄養が豊富で美肌効果や美白効果などが同時に期待できます。
EGF新生細胞を増加させ、高いアンチエイジング効果が期待できます。
ローズマリーエキス抗菌・抗酸化・消炎作用があるので、肌荒れ防止やアンチエイジング効果が期待できます。

このように顔パックには様々な成分が含まれています。

また、顔パックの種類によって成分が違うので、自分に合ったものを選びましょう。

顔パックの種類とは

顔パックにも種類があります。
シーンや効果によって種類を変えると良いでしょう。

シートタイプ

文字通り顔の形にかたどったシートに、化粧水や美容液などをたっぷり含ませたタイプのパックです。

一回使い切りタイプのパックですが、簡単かつ手軽にケアできます。
顔にのせると肌にシートが密着しますので、美容成分がどんどん浸透し、効き目が早く期待できます。

使用頻度は週1回程度がおすすめで、毎日使用するのは逆効果です。

クリームタイプ

シートパック同様、美容成分のほかに油分も一緒に肌に浸透させることができるパックで、顔パックの中でも、モイスチャー効果に優れています。

クリーム適量を手に取り顔になじませたあと、水で洗い流すだけの簡単なケアとなっています。

モイスチャー効果が高いので乾燥する季節や、乾燥肌の方にもおすすめですそのほか、シワやたるみにも効果を発揮するので、年齢層に応じたお悩みをお持ちの方にもおすすめのパックとなっています。

クレイタイプ

毎日のメイクやお肌のサイクルで出た角質の汚れなどを、ごっそり掃除してくれるのがクレイパックの強みです。

毛穴の皮脂汚れをスッキリさせるためのパックで、泥の吸着力を使ってそうした汚れをキレイに洗い流してくれるタイプのパックとなっています。

そうして洗い流した肌は美容成分がよく浸透します。
定期的にパックするのがおすすめです。

気になる顔の美白はフェイスパックで決まり!フェイスパックの使い方から注意点まで徹底紹介!

顔パックの正しい使い方とNGな使い方

次に、顔パックの正しい使い方とNGな使い方をご紹介します。

使用期間や使用頻度を守らなければ、乾燥肌を改善するどころか悪化させてしまう可能性もありますので、注意しましょう。

使用時間は?

パックタイプのフェイスマスクの使用時間は、一般的に1枚につき10~15分程度が目安とされています。
設定された時間以上にパックを放置してしまうと、かえって乾燥が進んでしまいます。

顔パックは乾燥しやすい成分でできているため、長時間使っても効果が上がることはありませんので、顔パックを20分以上使うのはやめましょう。

使用頻度は?

実はパックタイプのフェイスマスクには「毎日のケア向け用」と「スペシャルケア用」の2種類の用途の物が存在しています。

毎日のケア用なら毎日で、スペシャルケア用のは特別な日の前日や当日に使用がおすすめです。
また、週1回程度なら肌を常に一定の状態で保てるタイプのマスクもあります。

いずれにしても、パックの頻度はさまざまです。
パッケージをよく読み頻度を把握しましょう。

大容量タイプは開封してから3カ月以内に使い切りましょう。

一つ一つの包装より割安になるため、大容量タイプがお得で好評ですが、開封してから3カ月以内に使い切ることをおすすめします。

どのタイミングで行う?

パックを使うベストなタイミングは肌をきれいに洗顔した後です。
入浴後とも言ってもいいですが、毛穴が開いて柔らかくなっているときです。


シートマスクの美容成分がしっかり浸透していくので、パックの効果が一番発揮されるでしょう。

くれぐれも入浴と同時に使用するのはやめましょう。
「使用可能」と書かれているもの以外は汗が出てきて、美容成分が浸透しづらくなってしまいます。

肌が荒れているときは顔パックをお休みする

炎症やニキビなどができているときは、有効成分を肌に浸透させることよりも刺激が少ない化粧品でシンプルに肌を整えることが大切です。

人によってはシートマスクに含まれている美容成分が刺激になることもあります。
もし、使っていて肌に違和感を覚えた場合、痛みがある場合は使用を中止しましょう。

顔パックは美容液の役割を持っています。

使い終わってもったいないと思ったら、シートマスクを体に貼ったり、残った美容液を首に使用したりと余すことなく使いましょう。

フェイスマスクで保湿と美白を!成分、種類、使い方を解説します!!

乾燥肌向けの顔パックの選び方とオススメ5選

乾燥肌が気になる人はセラミド、アミノ酸、ヒアルロン酸をふんだんに含んだ顔パックを選ぶのがベストです。

セラミド
セラミドは肌のうるおいの大部分(80%)を担っている細胞間脂質に似た成分です。
これには一度つかんだ水分を離さないという性質も持っています。

一般的な保湿成分には、湿度が下がってしまうと保湿力が下がってしまうといわれていますが、このセラミドは湿度が0%になっても水分をキープできる最強の保湿成分です。

アミノ酸
アミノ酸はセラミド同様に肌のうるおいを担っているNMF(天然保湿因子)に似た成分で、水分を吸収する性質があります。

残念ながらNMF(天然保湿因子)は洗顔やクレンジングで洗い流されてしまうこともあるので、スキンケアでしっかりと補ってあげることが大切です。

ヒアルロン酸
ヒアルロン酸はセラミドほどの保湿力はありませんが、乾燥肌の方には効果的な成分です。
ヒアルロン酸は1gで2~6Lもの水分を蓄えられるという性質を持っています。
それによって湿度が下がっても水分を抱え込むことが出来るのです。
では、そうした成分の入ったオススメのパックを5つご紹介します。

毛穴撫子 お米のマスク

毛穴撫子 お米のマスク
created by Rinker
  • メーカー名:石澤研究所
  • 商 品 名:毛穴撫子 お米のマスク
  • 価   格:¥650+税
  • 容   量:10枚入り

優秀な保湿力とフィット感で人気首位!さらに時短ケアも叶う優れものです。
検証では、パック後に肌の水分量が22%程度増加し、他商品の中で最も高い増加率となりました。

そのため乾燥肌の人や乾燥が気になる季節におすすめできるアイテムです。
シートはしっかりとした素材で厚みがあり、肌に吸い付くようにぴったりとフィットします。

液がたれる心配もなく、香りもほとんど気になりません。
また、放置時間は5分と短めでOKなので、短時間でしっかりと肌を保湿できます。

ミノンアミノモイスト ぷるぷるしっとり肌マスク

ミノンアミノモイスト ぷるぷるしっとり肌マスク
created by Rinker
  • メーカー名:第一三共ヘルスケア
  • 商 品 名:ミノンアミノモイスト ぷるぷるしっとり肌マスク
  • 価   格:¥1,296(参考価格)
  • 容   量:4枚入り

9種類の保潤アミノ酸と2種の清浸アミノ酸配合のジェル状の美容液がたっぷりとシートに含まれていて、まるで自分の肌のように密着します。

外した後はまさに名前の通りぷるぷるしっとり肌!
ミノンは敏感肌向けのスキンケアラインなので、肌がちょっぴり疲れているときにも安心して使えるのがうれしいところ。

フェイスマスク 青のルルルン4S

フェイスマスク 青のルルルン4S
created by Rinker
  • メーカー名:ルルルン
  • 商 品 名:フェイスマスク 青のルルルン4S
  • 価   格:¥1,600+税
  • 容   量:32枚入り

パックといえば週に1~2度のスペシャルケアでしたが、毎日のスキンケアに使えるのがこのシリーズです。

この商品は吸着型ヒアルロン酸リピジュアなどの保湿成分を配合しています。

シートにも工夫が凝らされており、うるおいを貯水するシートをつけ心地がよく浸透を促進するシートでサンドした三層構造になっています。

従来のシートの140%の厚みになり、うるおい感もアップしました。

オールインワンシートマスク モイストEX

オールインワンシートマスク モイストEX
created by Rinker
  • メーカー名:クオリティーファースト
  • 商 品 名:オールインワンシートマスク モイストEX
  • 価   格:¥330+税
  • 容   量:7枚入り

コラーゲンでしっとりと保湿できるフェイスマスクです。
潤いを求める毛穴肌に最適でハリ・弾力のあるお肌へと導きます。

100%コットンシートでお肌にも優しいです。
50枚入りの本格サイズもどうぞ。

リズムコンセントレートマスク

リズムコンセントレートマスク
created by Rinker
  • メーカー名:アユーラ
  • 商 品 名:リズムコンセントレートマスク
  • 価   格:¥6,000+税
  • 容   量:6枚入り

肌のコンディションを整えて引き締まった印象へ変化させてく集中型マスクです。
みずみずしくなめらかな美容液がお肌の角質層までしっかり浸透します。

紫外線や乾燥による肌荒れに働きかけます。
弱酸性でパラベン不使用の無添加処方になっています。

ニキビを毛穴からスッキリとケアするパックとは!?ニキビ肌にはどんなパックケアをすれば良いの?

美容大国の韓国の顔パックとは?日本のとの違いは?

海を渡れば文化が違い、顔パックも国によって違うようです。
今回は美容大国である韓国の顔パックの特徴をご紹介しましょう。

韓国コスメが世界中で人気の理由はたくさんあります。
成分へのこだわりと高い効果に加え、今までにない新しさや、可愛いすぎるパッケージ、買いやすい価格帯など、たくさんの魅力が挙げられます。

美容大国である韓国は、別名「パック大国」といわれるほど多種多様のシートマスクがあり、あまりの種類の多さに選ぶのが困難という人もいるくらいです。

また、韓国女子は毎日のパックを欠かしません。
さらに注目すべきは、寝るときもパックをしているということです。

「寝ながらパック!?」と驚く方も多いかと思いますが、韓国で大人気のスリーピングパックというものを使用しているんです。

スリーピングパックとは
これは普通のマスクパックではなくて、寝ながらパックができるクリームのことです。

肌に寝ている間に栄養を与えることで、翌日もっちりとした美肌を手に入れられると話題になりました。

塗って寝るだけで、起きて洗顔で洗い流すだけなのでとっても楽なのも注目です。

この様に、美容大国・韓国は美に対しての意識が高く、最先端の美を追求したコスメがあるという事です。

美容大国・韓国女子の美白肌の秘密とおすすめの韓国パックとは?韓国の美白事情はどうなっている?

顔パックで乾燥肌知らずの肌に!

水分保持力が衰え、乾燥肌となってしまう原因は、私たちの肌のバリア機能の低下にあることを今回はお伝えしました。

肌は表皮によって覆われていますが、この表皮の最も外側にある角質層にあるバリア機能が、乾燥と深く関わっています。

乾燥肌を招いてしまう原因は多種多様で、加齢による皮脂分泌量の低下、冷房・暖房の影響、紫外線によるダメージ、間違ったスキンケアや入浴、ビタミンB群の不足などが挙げられます。

つまり、乾燥肌を引き起こさないためには、肌のバリア機能を保つことがポイントとなるのです。

そこで、乾燥肌の味方が「顔パック」になります。

特に乾燥肌の人が顔パックを選ぶ時は、保湿成分、セラミド、アミノ酸、ヒアルロン酸をふんだんに含んだ顔パックを選ぶのがベストです。

皆さんも顔パックを上手に活用して乾燥肌のお悩みを解消しましょう。

 

乾燥肌を潤すオススメ化粧水が知りたい!正しく使ってしっとり肌に

洗顔後に肌がつっぱる原因と乾燥肌に効果的な化粧水とは?

おすすめの乾燥肌アイテムはこちら
保湿・潤い・白肌の3つのケアが同時にできる、魔法のパッククリーム「王妃の白珠」

1週間で肌の成分を増やす!?「Vivifica 7DAYS MASK」の正体とは…

乳液いらずの化粧水 オリーブドロップ モイスチュアローションとは