アスコルビン酸って何?コラーゲンとどんな関係があるかを解説!

コラーゲンとアスコルビン酸 表紙 成分

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

最近肌にハリがなくなってきた。
たくさん歩くと膝が痛い。
これらの症状は皮膚や軟骨を構成しているコラーゲンの減少が原因と言われています。

そのコラーゲンとともにアンチエイジングに効果があるといわれているアスコルビン酸は、どうやって体内への補充をするのが効果的なのかを記事に書いてみましたのでご笑覧ください。

コラーゲンとは

コラーゲンとアスコルビン酸 足コラーゲンとはタンパク質の一種で、人や動物などの体を形作っている大切な成分の一つです。
あらゆる動物の内臓や皮膚などはコラーゲンが繊維状に組み合わさることによって作り出されており、私達もその例外ではありません。

私達の皮膚は指で押しこむと沈みますが、離すと元の形に戻っていきますよね?
この様に柔軟性と弾性をもったコラーゲンが、私達の皮膚には約70%も含まれていると言われています。

化粧水美容液などにコラーゲンが含まれているのは私達の体の中に元々含まれている為、アレルギーを起こしにくく、保湿効果が高いからなんですね。

お肌の若々しさを保つためのハリやツヤは、コラーゲンから生み出されていると言っても過言ではないのです。

骨にもコラーゲン
意外に思われるかもしれませんが、私達の骨にも沢山のコラーゲンが使われています。
骨と言えばカルシウムを連想しますが、例えば骨の中がカルシウムだけになってしまうと、固いけれど衝撃に弱く、チョークの様にもろくなってしまいます。

ここに柔軟性や弾性をもつコラーゲンがふくまれていることによって、骨はゴムの様にしなやかになり、多少の衝撃では折れない丈夫な骨となります。
小学校の給食では牛乳を飲み、お魚の煮付けや鶏肉のソテーが並びましたよね。

これらは子供の骨や体を丈夫にするためにレシピが考えられており、理にかなっていたんですね。
また、加齢などによって骨がもろくなってしまう病気である「骨粗鬆症の原因はコラーゲンの生産量が落ちることにあるとも言われています。

何歳になってもコラーゲンは私達にとって必要不可欠な成分なんですね。
私達の健康を守るためにも、お肌の美しさを保つためにも必要なコラーゲンですが、その量は加齢により徐々に減少していきます。

足りないコラーゲンはしっかりと補給しなければなりません。

コラーゲンって一体何?コラーゲンと肌との仕組みを知って正しく美活!

アスコルビン酸とは

コラーゲンとアスコルビン酸 レモンアスコルビン酸とはビタミンCのことです。

現在では毎日摂取したいビタミンとして有名ですよね。
健康の為にも不可欠なビタミンCですが、実は、美しいお肌の為にも大切な成分なんです。
そのビタミンCの役割をいくつかご紹介します。

ビタミンCは水によく溶ける性質を持っており、血液や目の水晶体など、水分量の多いあらゆる箇所でサビを取り除いてくれます。
これによって疲労回復効果やストレス耐性が上がり、心の面でのサポートをしてくれます。

また、メラニン色素の生成を阻害する作用も持っており、シミやそばかすなどの発生を予防することができると言われています。

化粧水にもビタミンC
最近は化粧水などにもビタミンCが含まれていますよね。
化粧水に含まれているビタミンC誘導体は主に保湿効果を上げるためとして配合されていますが、美白効果にも期待ができるのです。

更に、ビタミンCには老化や動脈硬化を防止する抗酸化作用があるのです。
喫煙や飲酒などの不摂生で過剰に発生した活性酸素は、お肌や血管、内臓などの細胞を酸化させてしまいます。

この活性酸素をビタミンCの電子が包み込み、無力化させ、体を酸化から守ってくれるのです。
お肌は酸化するとシミができやすくなったり、内臓に異常が発生すれば肌荒れの原因となります。

これらのリスクから守ってくれるのがビタミンCなんですね。
ビタミンCは美容だけでなく、私達の健康まで守ってくれる重要な成分なのです。

しかし、ビタミンCは水溶性ビタミンです。
水溶性ビタミンは毎日消費され、使われなかった分も体の外へすぐに排出されてしまいます。

ビタミンCが不足してしまうと、コラーゲンが脆く、弱くなってしまいお肌にハリツヤがなくなって、たるみが目立ち始めるとも言われています。

お肌の細胞は毎日作られ続けていますから、お肌の為にも必要なビタミンCは毎日摂取するようにしましょう。

コラーゲンはヒトの体に必要!その摂り方について詳しく解説!

コラーゲンとアスコルビン酸の関係

コラーゲンとアスコルビン酸 女性コラーゲンは若々しいお肌にはもちろんのこと、健康にとっても欠かせない成分です。
お肌だけでなく、内臓、骨、血管など体中にコラーゲンは使われていますから、まさに、なくてはならない存在なんですね。

しかし、体中のコラーゲンはコラーゲンを摂取するだけではなかなか増えないということはご存知ですか?

実は、コラーゲンは胃で消化されると小さい小さいアミノ酸まで分解されて、それから体の隅々まで運ばれます。

運ばれた先でコラーゲンへと再生成されるのですが、ここで必須となるのがアスコルビン酸、つまりビタミンCなのです。

そもそもビタミンCとは、壊血病を予防するための成分として発見されました。

壊血病やメルレル・バロー病
壊血病やメルレル・バロー病は現在では殆ど見られることはありませんが、昔の船乗りなど栄養不足に陥りがちな方によく見られ、死の病として恐れられていました。

しかし、ビタミンCが発見されてから様々な対策が講じられ、蔓延していた壊血病などは徐々になくなっていきました。

壊血病、メルレル・バロー病はとはビタミンCが不足したことによって起こる欠乏症だったのです。

ビタミンCが不足してしまうとコラーゲンがうまく生成されなくなってしまいます。
この状態が長期間続いてしまうと、細胞同士の繋がりがもろくなり、やがて内臓や毛細血管、粘膜や皮膚などあらゆる場所から出血したり、古傷が開くなどの症状が現れ始めます。

これによって壊血病は引き起こされていたのです。
ビタミンCがなければコラーゲンは生成されないのですね。

ビタミンCをしっかり摂取することによって健康で丈夫なコラーゲンが生成されるようになり、その本来の力が発揮されるようになります。

また、傷の治癒や毛細血管の生成にもコラーゲンは関わっていますから、ビタミンCをしっかりと摂取すれば、ニキビ跡が治りやすくなる効果にも期待ができます。

しわ予防や年齢肌対策にもなりますから、アスコルビン酸、つまりビタミンCは毎日必ず摂取するようにしましょう。

老化とコラーゲンはどんな関係がある?コラーゲンを効率よく摂って老化予防を

コラーゲンとアスコルビン酸を効率的に吸収する食べ物

コラーゲンやアスコルビン酸は毎日の食事から摂取するのが理想的です。
美容や健康の為に、どんな食材から摂れば良いのか、どんな調理がいいのか、正しい調理方法でなければ効率的に摂取するどころか、栄養素を破壊してしまうこともあります。

効率的に摂取するために必要なことをご紹介します。

おかずの用意

「サラダとおかず」など、主菜と副菜の2品以上用意するようにしましょう。
コラーゲンは加熱すると効率的に吸収できますが、ビタミンCは熱に弱く、加熱するとすぐに分解されてしまいます。

全く逆の性質をもった食材ですので、コラーゲンは主菜で、ビタミンCは副菜で、というように、別のお料理から摂取するようにしましょう。

コラーゲン

コラーゲンとアスコルビン酸 焼き魚コラーゲンの摂取は魚料理をお勧めします。
魚由来のコラーゲンはヒトと相性がよく、吸収効率がその他の豚や牛と比べて7倍も高いと言われています。

お魚のコラーゲンは皮に最も多く含まれていますから、皮ごと食べることにチャレンジしてみましょう。
味付けされやすい煮つけやムニエルだと皮までおいしく食べられますよ。

おすすめの食材 魚(皮ごと)・鶏肉
おすすめの調理方法 焼く・煮る・蒸す

火を通すことでコラーゲンが吸収されやすくなります
また、ビタミンEの多く含まれる良質のオイルで調理するのもおすすめです。
ビタミンEはビタミンCと相性が良く、お互いの抗酸化作用を高め合ってくれます。

おすすめのオイルはひまわり油です。

ビタミンC

ビタミンCは、色鮮やかなで新鮮な野菜や果物に豊富に含まれています。
しかし、ビタミンCは熱や酸素などによってどんどん分解されて壊されてしまいます。

切って数日経ったトマトよりも、摂れたてのまるまる一個の方がビタミンCがたっぷり含まれているんですね。

ビタミンCを摂取する時はなるべく生のままで食べられる物を選んで、新鮮な果物や野菜をサラダやデザートとして楽しみましょう。

おすすめの食材 赤パプリカトマト・キウイ・レモン など
おすすめの調理方法 サラダ・マリネ・カットフルーツ など

なるべく生のまま、火を通さずに食べましょう。
また、緑黄色野菜に含まれているカロテンには抗酸化作用があります。
更に美容効果を高めたい方はトマトなど、緑黄色野菜を食べましょう。

コラーゲンとアスコルビン酸 トマトコラーゲンはどのように作られる?コラーゲンと栄養素の関係と摂取した方が良い食べ物とは?

ビタミンCを摂って健康なコラーゲンを

いかがでしたでしょうか?
アスコルビン酸の正体が、まさかビタミンCだったとは思いませんでしたね。

また、コラーゲンを食べるだけではお肌の中のコラーゲン量を増やすことはできないということも、知っている方はごく少数だったのではないでしょうか?

コラーゲンはビタミンCを摂取しなければ本来の力を発揮することができません
ハリツヤある若々しいお肌は、健康なコラーゲンがたっぷり生成されることで生み出されていきます。

それだけでなく、内臓や血管、骨に至るまでもコラーゲンがたくさん使われていますから、不足してしまってはお肌のコラーゲンが後回しにされてしまうこともあります。
十分なコラーゲンを確保するためにも、ビタミンCは必ず摂取したいですね。

また、ビタミンCはメラニン色素の生成を阻害してシミの予防をしてくれます。
これに加えて抗酸化作用まであり、老化防止疲労回復までしてくれるのですから、むしろ摂らなきゃ損なような気までしてしまいますね。

健康面ではもちろんのこと、精神面でも、美容面でも必要不可欠な成分であるビタミンC。
このビタミンCは毎日消費されていってしまう上、使われなかった分も排出されて体の中に溜めておくことができません。

毎日食事に気を付けるのは大変なことでもありますが、お料理に気を使えない日はフルーツを一つ食べるなど、様々な工夫をして日々摂取するように心がけましょう。

ビタミンCを摂取することで免疫力も上がり、体の中からキレイになっていけば、お肌もどんどんキレイになっていくはずです。

毎日ビタミンCとコラーゲンの両方が含まれたバランスの良い食事を摂って、美容と健康を手に入れましょう。

 

コラーゲン繊維って何?コラーゲンやエラスチンの仕組みと適切なコラーゲンの摂り方とは?

コラーゲンってどう身に付くの?コラーゲンが美肌を作るプロセスとは

おすすめのコラーゲンアイテムはこちら
おいしいのにキレイになれる?「キレイのプラセンタ&コラーゲン」!

「サーモンコラーゲンゼリー」ってサケの味じゃなくてベリーサングリア味?

「つぼくさ基礎水」は子供から大人まで全身に使える化粧水です