パーツごとでニキビの仕方は変わる!ニキビ・吹き出物の洗顔や正しいケア方法を身に付けよう!

鏡をみてにっこり微笑む女性 ニキビ

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

みなさんは、ニキビや吹き出物が出来たことはありませんか?
出来てしまっても見た目が気持ち悪いからと言った理由で、とりあえず潰してみるという方も多いのではと思います。
ですが、正しいケアをせずにただ潰すというだけならば、かえって後々の肌に大きな悪影響を与える可能性もあります。
今回は、そんなニキビ・吹き出物の原因やその正しいケア方法について紹介したいと思います。

症状で変わる治療の仕方

ニキビや吹き出物にはいくつか症状や種類がありますので、その内容や症状によっては治療の仕方が変わってきます。

白ニキビ

白ニキビはニキビ・吹き出物の第一段階といったところで、症状が発生してからまだあまり時間も経っていないニキビです。

また、何かしらの原因で毛穴が詰まり皮脂が溜まった結果、皮膚が盛り上がっている状態です。
ここでまだ炎症などが起こっていないのであれば、きちんとした対処を行えば跡なども残らず安全に消すことが出来ます。

ですが、下手に潰してしまったりすると今度は悪化して炎症を起こしたりする可能性があります。
そして、白ニキビが悪化すると黒ニキビへと変化していきます。

ニキビをみて驚く女性

黒ニキビ

黒ニキビはニキビ・吹き出物の第二段階、白ニキビが空気に触れて酸化することで表面が黒くなってできるものです。

この黒ニキビも白ニキビと同じく、症状の中では初期段階で炎症も起こしてないのであれば、適切に対処することにより白ニキビ同様、特段痕を残さずに無くすことが出来ます。
ここまでのニキビの対処方法としては、これ以上の悪化を防ぐために刺激しないことが挙げられます。

やってはいけない事
ここで特にやってはいけない事は出来てしまったニキビを潰す事です。
もし潰してしまうと、そこから菌が入り込み炎症を起こしてニキビ跡が出来る可能性が出てきてしまいます。

その他では、ニキビが気になって触れるといった些細な刺激もあまり良くはありません。
その点では髪が長かったりすると、髪の毛が出来たニキビに擦れることで刺激になってしまうのでヘアゴムで結ったり、髪を短くするなどの対策をする事をお勧めします。

ですが、ケアとして肌を清潔にし、コメドプッシャーなどの専用のアイテムを使い、菌などの対策を行なった上でなら潰しても良かったりもします。
やがて、黒ニキビが悪化すると赤ニキビになります。

赤ニキビ

赤ニキビはニキビの中のアクネ菌が皮脂をエサに増殖し、ついに炎症を起こして赤く腫れあがってしまっている状態です。
ここまでくると慎重に洗顔などといったケアをしないとニキビ跡が出来てしまい、しばらくの間赤みが残ったりクレーターといったものが出来てしまう可能性があるので注意が必要です。

黄ニキビ

そして、ニキビがさらに悪化してしまうと黄ニキビとなります。
黄ニキビはニキビの中で白血球が増えてしまったアクネ菌を退治するために攻撃をして、その戦いでの死骸が溜まって膿んでしまっている状態です。
触ったりすると痛みが伴う物もあります。

赤ニキビ以降は自己判断でケア、対処するというのはあまりお勧めできません。
1人1人の症状の大きさや違いといったことで適切な対処方法が変わりますし、特に黄ニキビに関しては怪我や病気の一種と考えられることもあるので、下手に自己判断で動くとニキビ跡が残ったりと悪い結果になってしまう事が多いです。
ニキビを潰したりして最も悪化してしまうとニキビ跡となります。
ニキビ跡には種類があり、赤み、クレーター、色素沈着があります。

ニキビ跡を自力で治そうとした場合、まず自分のニキビが何の原因から出来ているのかを理解し、さらにその原因に対する対処方法を取らなければいけません。

その上で、上述した4種類のニキビはそれぞれ対処方法が異なるので、自己治療が難しい場合は皮膚科などで相談するのが最も良いでしょう。

手のひらに乗せられた病院のイメージ
ニキビとはどんな物?ニキビの種類による症状と原因について詳しく解説します!!

Tゾーンニキビをケアする

Tゾーンとは、眉からおでこの付近とそこから鼻筋の部分のことを言います。
この部分は顔の他の部分よりも皮脂の分泌の働きが強く、洗顔の洗い残しや、ケアのやり残しといったことが多いのでニキビが出来やすい部分です。

その中でも特に10代の方達はホルモンバランスの影響で皮脂の分泌量が多いので、Tゾーンにニキビが出来たことがあるといった方が多いと思います。

Tゾーンのケア方法

そんなTゾーンのケア方法ですが、まず洗顔をしっかり行うことが最も重要です。
洗顔する際注意して欲しい所があります。

注意してほしいこと

  • 洗顔する前に手を洗ってから行う
  • 洗顔する時は熱いお湯や冷たい水ではなく、人肌よりちょっとぬるめの温度(約32℃前後)で行うこと
  • 洗い流す際はシャワーでは行わず、手ですすぐこと

なぜ手を洗わずに行うのがいけないかというと、手の雑菌が顔についてニキビが出来やすくなってしまうためです。

お湯や冷たい水はたしかに洗顔の目的として皮脂や汚れを洗い流し、ニキビを防ぐ目的はあります。
しかし、お湯の場合本来肌に必要な皮脂まで取ってしまうため、かえってニキビが出来やすくなり、反対に冷たい水の場合は、逆に皮脂や汚れが落ちにくいです。

それを踏まえて、洗い残しなどのケア不足にならないように心がけましょう。

丁寧に洗顔をする外国人女性

ニキビが出来てしまった箇所のケア

しっかりとしたケアをしていても、ところどころがダメだとそこからニキビが出来たりしてしまいます。
また、ニキビの出来ているところは出来るだけ刺激しないように優しく洗いましょう。

洗顔が完了し洗い流す際はシャワーを使わないようにしましょう。
その理由はシャワーの水圧が繊細な肌には刺激が強く、肌を痛めてしまうからです。

そのため洗い流す時は洗面器にぬるま湯を溜めておくか、湯を出しながら手ですすぐようにしましょう。

洗顔料選びについて

洗顔をする際の洗顔料選びも重要です。
ニキビに刺激をあまり与えないようにするには洗顔料にも気を使いましょう。

ニキビに刺激の少ない洗顔料を選ぶにはアルコールや合成界面活性剤等が入っていないものを選ぶと良いですが、市販のドラックストア等で売っているものはほとんどが入っていると言ってもいいので固形の洗顔用の石鹸がオススメです。

手のひらに乗せられた顔にやさしい洗顔料
ニキビ顔をきれいにするケアの仕方とは!?顔の部位ごとにケアの仕方を紹介しています

Uゾーンニキビをケアする

Uゾーンとは、頬と顎周りのU字型の部分のことを言います。
普段、この部分は顔の中でも皮脂を分泌している皮脂腺が少ない部分ではありますが、その分乾燥しやすいため、皮脂が過剰分泌していますので、それによる毛穴詰まりなどによりニキビがよく出来てしまうことがあります。

また、顎周りといった部分はいろいろと擦れたり、触れたりすることで雑菌が入ったりしてニキビや炎症を引き起こします。

そのため、Tゾーンのニキビの原因とは違って、乾燥や刺激といった原因があることにより20代以降のストレスや乾燥といった外部的要因をよく受ける方にUゾーンにニキビができてしまうという方が多いです。

Uゾーンのケア方法

Uゾーンのケアで重要なのは紫外線の対策が挙げられます。
紫外線を浴びることで肌のバリア機能は弱まってしまいます。

UゾーンはTゾーンとは違い、日差しを浴びやすく紫外線は肌の乾燥を促すのでその対策は重要と言えます。

また、洗顔も重要です。
洗顔の仕方や注意点はTゾーンの項目でお伝えしたのと変わりませんが、Tゾーンより紫外線といった原因で、普段受けている刺激が多いため、より慎重に行うようにしましょう。

日焼け止めの刺激にも注意

Uゾーンのケアに紫外線対策とお伝えしましたが、対策をするための日焼け止めは少なからずも肌に刺激が発生します。
外に出るからと毎度強い日焼け止めを使っていたら、その刺激さえお肌にいけなくなるので外でどのくらい活動するかで、日焼け止めを塗布するかあるいは量はどうするか調整しましょう。

ニキビにとっても大切な紫外線対策
顎にできたニキビの原因とケアの方法はどうすればよいのか?

胸元や背中のケアは

みなさんは胸元や背中のケアはしているでしょうか?
この部分、特に背中は手が届きにくく、目でみえづらい部分であるので、ケアがおろそかになりがちになっているというデータがあります。

そのため、きちんとしたケアをしたつもりであってもニキビが出来てしまっていたら、それはしっかりと出来ていない、あるいは間違ったやり方でやっているという可能性があります。

まず、背中や胸元のニキビの原因になる菌についてご説明します。

マラセチア菌によるニキビ
背中や胸元、この二つの部位でもニキビができることがあります。
これらの部位で出来るニキビは、顔にできるアクネ菌によるニキビとは違い、大体はマラセチア菌というカビの一種が影響しています。

カビの一種と聞くと不安に思いますが、マラセチア菌は人間の体内に存在する常在菌でもあるので安心してください。
マラセチア菌は汗を好む菌なので、春から夏にかけての段々と暑くなってきて汗を掻くようになる期間になると活発化します。

背中のケアについて

背中は実は皮脂腺が多く、汗や皮脂の分泌が多い部分です。
マラセチア菌は汗を好む菌なのでケアや予防のひとつとして、お風呂で身体を洗う際などはよく流すことが重要です。

特に背中は直接目で見ることが困難な部分であり、手も届きにくい部分でもあります。
そのため、汗を流す以外にも石鹸やボディソープといったものを洗い残してしまうことがよくあります。

それらの洗い残しも毛穴を詰まらせてニキビの原因となっている可能性もあるので、洗い残しはないようにしっかりと流しましょう。

ニキビのない綺麗な背中

胸元のケアについて

胸元も背中同様に皮脂腺が多い部分で、顔のTゾーンと同じくらい皮脂の分泌量が多いとされています。
そのためこちらもニキビが出来やすい部位になっていて、実際、一度は出来たことがある人が多いと思います。

胸元ニキビの意外な原因としてよくあるのが衣服や下着などによる蒸れです。
紹介した通り、マラセチア菌は汗といったものと好むので、下着などでの蒸れはマラセチア菌が活発化してニキビができてしまう原因になります。

特に女性はブラジャーで蒸れる場合が多いためきちんと清潔にしましょう。
その他にもアクセサリーといったものも、肌の刺激になって原因になりやすいので注意です。

体のニキビはどんな物?胸元や背中の体ニキビの原因と対策とは

パーツごとへのニキビケア!

いかがでしたでしょうか?
ニキビケアは保湿することも重要ですが、保湿することと同じように各パーツごとへのニキビを理解し、それらのニキビに合わせたケアをすることも重要です。

ケアをすることでほとんどのニキビは対処できるのでしっかりするようにしましょう。
また、もしすぐに治したいという場合には皮膚科へ相談するのが良いですので、受診してみるのも良いでしょう。

ニキビケアで顔や体をきれいにしましょう。

 

ニキビのケアは部位によってちがう!ニキビ肌をケアして輝く美肌になる方法とは

身体にできるニキビの原因とケアの仕方とは!?身体のパーツごとのケアの仕方をお教えします!

おすすめのニキビアイテムはこちら
Non A.薬用ニキビ専用洗顔石けん「モコモコ泡」でクッション洗顔! 

メルライン オールインワンジェルであごとフェイスラインニキビの集中ケア‼

パピュレのニキビケアで「デコルテ美人」オシャレも水着もガマンしない!