体のニキビはどんな物?胸元や背中の体ニキビの原因と対策とは

外人女性の背中 ニキビ

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

顔よりも、胸元や背中にニキビが出来てしまう方はいませんか?
普段は洋服で隠れているものの、着替える時等に人に見られるのは恥ずかしいですよね?
体に出来るニキビも、顔ニキビと同様に男女問わず悩んでいる方が多く、どうにかして治したいと思っている方もたくさんいると思います。
そこで今回は、胸元や背中にできるニキビの原因や予防・対策方法について説明していきたいと思います。

胸元ニキビの原因

胸を抑える女性ニキビの原因と言えばよく耳にするのがアクネ菌ですが、胸元ニキビの場合は、アクネ菌が原因であることもありますが、マラセチア菌というカビの仲間である場合がほとんどです。
アクネ菌もマラセチア菌も、常に人間の皮膚に常在している菌です。

ニキビの原因がアクネ菌の場合、角栓や角質が毛穴が詰まると皮脂がきちんと排出できなくなり、そこでアクネ菌が繁殖することで炎症を起こしてしまいます。
一方、マセラチア菌の場合は毛穴に菌が入り込むことで炎症が起きてしまい、ニキビが発生するのです。

また、マラセチア菌が原因の場合、アクネ菌が原因の物とは見た目も若干異なります
マラセチア菌ニキビのときは、盛り上がっている頂上部分は黒い膿が溜まっていて、その周りは赤くなっています。

どちらの菌も増殖する原因として、次の3つのことが考えられます。

  • 皮脂分泌が多い
  • 衛生面の問題
  • ホルモンバランスが崩れる


これらについて、順を追って説明していきます。

皮脂が多くて汗を掻きやすい

胸元ニキビを引き起こす原因として、胸元は皮脂の分泌が盛んで汗を掻きやすい部位である事が考えられます。
汗を掻く量は体の部位によって異なりますが、胸は意外にも腕などよりも汗を掻く量が多いのです。

体温が上がったり気持ちが緊張したりすると汗腺から汗が出ます。

出た汗は皮脂の分泌を活性化させ、その皮脂が毛穴に詰まることでマラセチア菌等の菌が繁殖し、ニキビが出来てしまうという訳です。

衛生面の問題

胸元を開ける女性また、胸元は洋服や下着に覆われているため汗が乾きづらく、蒸れやすいといった特徴があります。
さらには、汗を掻いても人前では拭きにくい部位でもあります。
この様にいつまでも汗が乾かないという理由で、ニキビが出来やすい部位であると考えられるのです。

また、女性の長い髪の毛や化学繊維で出来た洋服、入浴の際のボディソープの濯ぎ残しなども、肌に悪い影響を与えてしまいます。

ホルモンバランスが崩れる

さらに、胸元ニキビにはホルモンバランスも関わっています。

何らかの原因でホルモンバランスが崩れたりすると、そのことで肌のターンオーバーが上手く働かず、古い角質も溜まってしまってニキビが出来てしまうことが考えられます。

ホルモンバランスが崩れる原因として次のようなことが挙げられます。

  • 偏った食生活から来る栄養不足
  • 夜更かしによる睡眠不足・ストレス
  • 生理周期

大人女性のニキビ原因と対策は?おでこ~フェイスラインから背中まで全身網羅

胸元ニキビの予防と対策

上記で述べた原因を踏まえたうえで、胸元ニキビで悩んでいる方に行ってほしい対策は次の通りです。

洋服と下着を毎日取り替える

当たり前のことですが、洋服や下着はずっと肌と接触しているので毎日取り換えましょう。
女性であれば、通気性の優れたブラジャーを着用したりするのも有効な手段です。

コットンの下着を着て微笑む女性また、キャミソール等の肌に接触する衣類を着用する際に、化学繊維の衣服を着用しないといった工夫を凝らすのも、有効な手段の一つです。

男性においても、リネンやコットンの洋服を着用する等、化学繊維のニットやシャツが肌に接触しないように気を配るのも良いでしょう。
また、胸毛が濃い方は汗が溜まりやすくニキビが出来ると治療しづらいので、通気性の優れた洋服を選ぶようにしましょう。

胸元に刺激を与えないようにする

汗をこまめに拭いたり、胸元に風を通すようにしましょう。
また、髪が長い方は髪先が胸元に接触しないように気をつけましょう。
さらには、胸元に刺激を与えがちなスカーフやネックレスは身に着けないほうが良いでしょう。

寝具やパジャマは常にキレイにする

清潔そうなベッドで眠る女性洋服や下着は毎日取り換えている方が多いと思いますが、パジャマやルームウェアはどうしていますか?
お風呂上がりの清潔な状態で着用する為、汚れているといった認識がほとんどなく、一週間以上洗濯せずに着用しているという方も居ると思います。

しかし、寝ている間にも季節を問わずに大量に汗を掻いてしまいます。
また、胸元は皮脂腺が存在する為に、汗や皮脂が付いたパジャマは菌が繁殖しやすく、ニキビの発生を促進させてしまいます。
ですので、胸元ニキビの予防と対策を行うならば毎日パジャマを取り換えましょう

また、取り換えるのが面倒な寝具にも皮脂や汗はたくさん吸収されています。
さらに、ダニの死骸等が紛れている事も多いので、ずっと取り換えないでいるとニキビが出来てしまう可能性は高まります。

特に露出の多い夏は、肌がシーツや布団に接触する面積が増えますので、少なくとも週に一回は洗濯を行いましょう。

加えて、洗剤が多すぎると衣類に残ってしまうので、それも肌に悪影響を及ぼします。
洗剤は適切な量を使うように心がけましょう。

シャンプーやトリートメントのすすぎ残しに気をつける

シャンプーやリンスのボトルシャンプーは頭皮をキレイにする為に合成界面活性剤が使われております。

これは強い洗浄力によって乾燥をもたらし、肌荒れを招く原因となります。

また、トリートメントには髪の毛をコーティングする為のシリコンオイルという物質が含まれてます。
この物質は軋みや乾燥を防いで艶やかな髪をもたらしてくれる効果がありますが、肌にとっては有害です。

これらの物質が肌に付着すると、毛穴詰まりを起こしてニキビができてしまいます。
入浴する際は、シャンプーやトリートメントの濯ぎ残しが無いようにし、体を洗うのは洗髪を終えた後にしましょう。

週に一回ピーリング剤を使って、角質のケアを行う

角質が溜まっているならば、毛穴詰まりを改善する為に古い角質を取り除く方法がオススメです。
石鹸の画像そうする為には、生活習慣を整えて肌のターンオーバーを活性化させる事が理想ですが、それが難しい方は石鹸タイプのピーリング剤を使ってケアを行うのがオススメです。
石鹸タイプですと効果が弱いのですが、その分肌の弱い方も安心して使えるのでオススメです。

ピーリングの効果で古い角質が落ちる為、皮膚を清潔に保つことができ、ニキビに繋がる菌の増殖を防げます。

ただし、ピーリングは肌を乾燥させる為終わった後は必ず保湿を行いましょう。
また、ピーリングはやり過ぎると皮膚が必要以上に薄くなる為、週に一回を限度としましょう。

ニキビ用の石鹸や化粧水を使う

普通のデコルテケアならば、日頃顔に使用している美白・保湿化粧水クリームでも問題ありませんが、ニキビを改善するのならば専用のニキビケア化粧品を使うのがオススメです。

ニキビケア化粧品にはこのような種類の物があります。

  • 石鹸タイプ
  • ローションタイプ
  • クリームタイプ

自身のニキビの症状に応じてスキンケア商品の種類を選択したり、セットとなっているスキンケア化粧品を使用しましょう。

既に出来てしまったニキビは爪で掻かないように注意して、ニキビ用化粧品や治療薬を使った上で、浴用タオルも毎日取り換えましょう。

もし、ニキビが悪化していて炎症や化膿が激しいなら、皮膚科の専門医に診てもらうのがオススメです。

ホルモンバランスを改善する生活を

胸元以外のニキビにも言える事ですが、ニキビの予防と対策を行うにはホルモンバランスを改善する事が重要です。
栄養のバランスが良い食事を摂る・十分に睡眠をとる・こまめにストレスを解消する等、まずは日常生活を改善するようにしましょう。

胸にもニキビが!胸の谷間のニキビや吹き出物が出来る原因とその治療法や予防法とは

背中ニキビの原因

背中ニキビ背中が痒くて掻いてしまったら、それがニキビだったという事はありませんか?
それがニキビだと分かった時、うっかり掻いてしまったことで痕にならないだろうかと心配も湧いてきてしまいますよね。

実はこの背中ニキビも胸ニキビと同じく、皮脂分泌や衛生面、ホルモンバランスの崩れが原因となって出来るのです。
ここではさらに具体的に、背中ニキビならではの原因を説明していきます。

ブラジャーで背中が締め付けられる

ブラジャーを締め付け過ぎて汗が溜まることで、毛穴が詰まってしまい炎症が生じる事もあります。
また、ブラジャーの他にもブラトップや補正下着等も同様にピッタリし過ぎていると、汗が溜まってニキビの原因に繋がります。

乾燥によりターンオーバーが遅れる

海水浴やおしゃれ着で背中を出していると、日焼けによる乾燥によりターンオーバーが遅れてしまいます。
さらに、強く洗い過ぎたりホルモンバランスが乱れたりすることによってターンオーバーが崩れると、毛穴に古い角質が溜まってしまい、その結果ニキビが発生します。

衛生面・ホルモンバランスの乱れ

洗濯ものを持ち鼻をつまむ女性これは一番始めに説明した胸ニキビの原因と重なるのですが、汚れたままの衣類やシーツはその汚れや雑菌が皮膚に付着してニキビの原因となります。
汚れを放置せずにこまめに洗濯するようにしましょう。

また、偏った食生活が続いたりホルモンバランスが乱れると、体内における栄養や代謝が上手く働かなくなり、それが皮膚に影響を及ぼします。

さらには、ホルモンバランスが乱れることにより自律神経も狂ってしまいます
そうなると、自律神経の乱れに伴い体の免疫機能が低下してしまい、ニキビ菌が増殖しやすくなります。

背中にもニキビが!?気付きにくい女性の背中ニキビの原因と対処法とは

背中ニキビの予防と対策

それでは次に、背中ニキビの予防をどのようにすれば良いのか見ていきましょう。

体を締め付けない洋服を着用する

体が締め付けられると背中に汗を掻く為、出来るだけ体を締め付けないようなサイズの合った洋服を着用しましょう。
また、衣類の汚れは洗濯でしっかり落とし、使う洗剤もケミカルな物質が含まれない商品を選ぶようにしましょう。

汗を吸収する生地の洋服を着用する

汗をふいて微笑む女性背中に汗が溜まると皮膚が不衛生な状態になってしまうので、汗を吸収する生地の洋服を着用しましょう。
シルク・コットン・リネン等の生地を使った下着がオススメです。
近年では化学繊維も吸水や速乾の機能がある為、着用する前に吸水性をチェックすると良いでしょう。

乾燥を防ぐ

ニキビは乾燥によって出来てしまう場合もありますので、お風呂上がりに保湿剤を使ったり、保湿効果をもたらす入浴剤を使って背中を乾燥から守りましょう。

また、紫外線も乾燥の原因に繋がりますので、外で背中を露出することがあるなら日焼け止めを使いましょう。
そして、家に着いたら日焼け止めをきれいに洗い流しましょう。

身体の洗い方を見直す

皆さんの中には背中をゴシゴシと強く洗っていませんか?
背中へ強い刺激を与えることにより、背中の皮膚が乾燥してしまいます。

また、髪を洗う際にシャンプーやトリートメントの濯ぎ残しがあると菌が繁殖してしまいますので、きれいに濯ぎましょう。

生活習慣や食生活を見直す

コンビニ弁当を食べる女性胸ニキビと同様に、ホルモンバランスが乱れると自律神経も乱れてしまい、背中ニキビが出来やすくなります。
きちんとした生活習慣を心掛けたり偏った食生活を避けることにより、体の内側からニキビを防ぐ事が出来ます。

コンビニ弁当や外食が多いという方は、脂や糖分を摂りすぎる傾向にあるので食生活をしっかり見直しましょう。

なぜ体にブツブツが!?背中とデコルテのブツブツやニキビの原因と対策、ニキビに効く薬をご紹介

胸ニキビと背中ニキビについて理解しておきたいこと

いかがでしたでしょうか?
顔にできるニキビとは違い、胸元ニキビと背中ニキビの原因はマラセチア菌というカビの仲間である事をお伝えしました。

胸ニキビと背中ニキビの場合の予防策として、汗をこまめに拭き取ったり衛生面に気遣うこと、またホルモンバランスを整えることが挙げられます。

特に背中ニキビの場合は女性ならではの理由として、ブラジャーの締め付けや夏場の肌の露出も考えられます。
このような背中ニキビの予防方法は、体を締め付けない洋服を着用したり、きちんと保湿を行なってUVケアも行う事です。

あなたも是非この機会に、胸元・背中のニキビ予防と対策を行なってみてはいかがでしょうか。

30代の大人女性に出来てしまったニキビの原因は?大人ニキビのケアについて解説します

大人には大人ならではのニキビの原因が!?おでこのニキビと大人女性に向けてのニキビ対策を解説します!

おすすめのニキビアイテムはこちら
薬用クリーム プラクネのトリプルセパレート方式で繰り返す背中ニキビを撃退

アクネピアットで大人ニキビ卒業宣言!第一印象のキメテはやっぱり「顔」です

パピュレのニキビケアで「デコルテ美人」オシャレも水着もガマンしない!