髪も保湿が大事!パサパサ乾燥髪をこんなケアで予防・対策を

冬の日にグレーのコーデで微笑むロングヘアの女性 美髪

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

皆様、今日は乾燥髪の予防と対策についての記事です。
肌が乾燥するように髪だって乾燥するんです。
その理由と対策法をご紹介します。
気になる方は是非ご覧ください。

髪の乾燥の原因

まず、髪が乾燥してしまうのはどうしてなのでしょうか。

その原因の1つに考えられるのはキューティクルの傷みです。
髪表面がウロコ状みたいに重なるキューティクルは髪の水分や成分を保持しますが、その他にも髪質のツヤに関わってくるという重要な役割があります。

キューティクルは濡れたら特にダメージを受けやすいです。

髪も保湿が大事。乾燥髪の予防と対策 髪の痛み

シャンプーとの相性

原因として、髪に合わないシャンプーを使っていると、髪の状態が悪くなることがあります。
それにシャンプーの種類と同じくして、その使い方にも髪を乾燥させてしまう要因があります。
シャンプーを泡立てず、直接髪にこすり合わせている洗い方をするとキューティクルが傷みます。

また、爪を立てて洗っても髪や頭皮へのダメージにつながります。
日頃行なっているシャンプーが髪の乾燥へとつながってしまうんですね。

コテやアイロンなどの熱処理

日頃からスタイリングするときは、アイロンやコテを使う人が多いと思うのですが、アイロンやコテを使用する熱も髪の乾燥に繋がってしまいます。

アイロンやコテによっては結構高温に設定してしまったり、低い温度でもずっと当て続ければ髪に強いダメージを与える場合があります。

ドライヤー

ドライヤーで髪を乾燥させすぎて起こるオーバードライも髪の乾燥の原因です。
髪の同じ箇所にずっと長い間ドライヤーを当て続けると、髪へのダメージや乾燥の引き金になってしまいます。

日頃からオーバードライが続いてしまうと、キューティクルが傷つくのです。

髪も保湿が大事。乾燥髪の予防と対策 コテとドライヤー
ドライヤーの熱が気になるからといって、濡れたままの髪の毛を放置しっぱなしにするのもキューティクルが開いたままになってしまうのでしてはいけない行為ですよ。

季節や環境

季節によって肌はお手入れの目的が変わりますが、髪の毛も季節ごとに保湿したりダメージケアをしたりと変えた方が良いです。
また、エアコンがある環境でも髪が乾燥しやすいです。

エアコンの風を受け続けるということは、たとえ弱い風でも髪にずっと当たり続けてしまうからで、髪の毛が水分を失う原因となってしまいます。

エアコンのせいで肌荒れが起きる!?肌が乾燥しやすい方や乾燥肌にはこのスキンケア!

髪がパサパサになってしまった時のヘアケア

もし髪の毛がパサパサになっていたら、どんなケアをすれば良いのでしょうか。

トリートメントやヘアパックをする

髪がパサついてお困りなら、シャンプーをした後にトリートメントやヘアパックをすればキューティクルが保護されます。

パサついた髪の毛に使うトリートメントやヘアパックは水分と油分のバランスが良く、内部を補修するものを選ぶと良いです。

毛先のパサパサを疑似キューティクルを構築して防ぐものもあります。
毛の表面を覆い、内側の水分とキューティクルを栄養補給します。

それでもパサつきがひどい場合は、洗い流さないトリートメントを使ってみましょう。

ヘアオイルで毛先を保護

これは入浴以外の場所になりますが、スタイリングする時にヘアオイルを毛先に付ける方法です。
ヘアオイルを外出する前に付ければ、紫外線やエアコンの風などから髪を守ってくれます。

ただし、その際は毛先にだけ使うようにしましょう。
根元につけるとベタベタになりますので、毛先のみです。

ご自身の好きな香りで選ぶと、毛先が揺れるたびにその匂いでリラックスできますよ。

美容院でヘアケアする

プロの力を借りるのも手です。

というのも、美容師さんはその人の髪質や状態に合わせてケアしてくれるので、その人に合ったトリートメントを使用してくれます。
そのトリートメントでパサパサ髪を効果的に補修してくれるはずです。

男性だけじゃない女性の髪のフケの原因とその予防法 洗髪

さらに言えば、毛先のトリミングもおすすめです。
通常、女性の髪が生えて抜け落ちるまでそのサイクルは5年から7年とされています。

髪の毛が長い程髪が生えてから時間が経ってしまうので、紫外線のダメージや日々のドライヤーの熱で毛先はダメージが蓄積します。

しかし、数ミリカットしただけでも毛先が収まり、パサつかなくなります。
伸ばしかけの場合も含めても、月に一度トリミングカットをすると良いでしょう。

髪のパサつきに良い食べ物を摂る

髪の修復方法は何も外側のスタイリング剤だけでなく、内側からも方法があります。
皆さんの身近にある食べ物で、髪のケアができます。

どんな栄養を摂れば良いのでしょうか。

タンパク質 肉、魚、卵など
亜鉛 牡蠣、甲殻類、うなぎなど
ビタミンA レバー、チーズ、卵など
ビタミンB1 豚肉、うなぎ、かつおぶし、玄米など
ビタミンE アーモンド、落花生、豆乳、油揚げなど
大豆製品 豆腐、納豆、豆乳など

髪の健康も栄養のある食事から!髪に良い食べ物・悪い食べ物って何?

パサパサになる前に予防を。その予防法とは

先ほどは髪がパサパサになってしまったときのための改善法でした。
できればそのような髪になるのを防ぎたいですよね。
今度はパサパサな髪にならないようにする予防法を押さえておきましょう。

シャンプーは刺激の少ないものを

パサパサ髪には水分を補給する油分を奪いすぎないシャンプーを選ぶことが大切です。
それには添加物が少なく、保湿成分が配合され、さらにはアミノ酸系の洗浄成分を使用しているシャンプーがおすすめです。

このようなシャンプーはドラッグストアで販売されている物と比べると高価ですが、パサパサの髪に潤いを与えてくれますのでツヤ髪へと生まれ変わりますよ。

ドライヤーの仕方に注意する

乾燥した毛髪では180℃で熱変性、濡れた髪では60℃から熱変性が始まります。
ドライヤーやヘアアイロンなどで熱変性が起こると、毛髪が空洞化したり、毛髪表面のなめらかさが失われていきます。髪も保湿が大事。乾燥髪の予防と対策 ドライヤー

ドライヤーを使うときは頭皮近くの髪を中心に行い、最後に毛先を乾かすイメージで行いましょう。
アイロンでは髪が乾いた状態で行うようにしましょう。
ダメージを与えすぎないように、1ヶ所にアイロンを当て続けるのはやめましょう。

正しい方法でブラッシングする

髪をとかすとき、無理矢理とかしていませんか。
髪が絡まっていたら、乾燥のサインなんです。

そんなときは全体に水を付けたり、寝癖直しのウォーターを使ってみてから優しくブラッシングしましょう。

また、静電気はキューティクルの大敵です。
静電気も髪を乾燥させ、パサパサ髪にさせます。
ナイロン製のブラシではなく、天然毛や木製のを選べば静電気を防げますよ。

髪が乾きにくい環境を心掛けるようにする

乾燥しやすいシーズンは加湿器を使ったり、部屋に洗濯物を干したりと小さな心がけをしましょう。
環境を整えてキューティクルの乾きを防ぎ、水分や保湿不足からくる静電気を抑制しましょう。

また、紫外線を受ける夏では、日焼け止めのスプレー帽子で髪にかかる紫外線対策を行い頭皮や髪を乾燥から守りましょう。

頭皮の紫外線対策、実は頭皮も光老化を起こしています!

髪に潤いを与えるヘアオイルの成分と選び方

ヘアオイルというのはトリートメント効果のあるオイルのことです。
髪にとって何かと嬉しいアイテムで、次のような効果が期待できます。

保湿効果 乾燥やパサつきの改善
毛髪保護効果 熱や乾燥、紫外線から毛髪を守る
毛髪補修効果 ダメージの補修
質感の向上 ツヤ感やハリ・コシの向上
スタイリング効果 まとまりやすくなる
リラックス効果 香りによって得られる心身の安定

ヘアオイルの成分とは

ヘアオイルの種類として植物性・動物性・鉱物性の3つがあります。

植物性
植物油は髪に栄養を与える成分が豊富です。
サラサラした仕上がりで、髪がペタつきやすい人でも使いやすく、カラーや紫外線で髪ダメージがある人におすすめです。

椿オイル、アルガンオイル、ホホバオイルなど】

動物性
動物性オイルは植物性に比べ、やや重いオイルです。
揮発しづらく、しっかり潤います。
乾燥からくるパサつきが気になる人や、まとまりやすさを求める人に合います。

馬油、スクワラン、エミューなど】

鉱物性
鉱物性オイルは、特徴として髪にしっかり残ります。
指通りを良くしてくれ、艶々な仕上がりとなります。
伸びが良く安価なので、安さを重視する人に向きます。

ワセリンやミネラルオイルなど】

鉱物と聞くと、石油は体に悪いと思いがちになりますが、鉱物油が肌や髪に悪いわけではありません。
現在化粧品に使われている鉱物油は、安全性がきっちり管理されて品質も安定してます。
肌に対しても低刺激で、安心して使うことができます。

ヘアオイルの選び方とは

まず、ご自身の髪質や地肌の状態で選びましょう。
もし地肌が弱かったら、刺激の優しい製品を使用すれば地肌への影響を最小限に抑えることができます。髪も保湿が大事。乾燥髪の予防と対策 ヘアオイル

また、もし乾燥に弱い髪質な場合は髪をうるおすことができるヘアオイルを選べば良いし、逆に髪がべたつきやすいタイプだったら、さっぱりとしたテクスチャーの物を選んだ方が良いです。

仕上がりのイメージを想定して選ぶのも賢い方法です。
ヘアオイルでも仕上がる目的が違いますからね。
よく商品パッケージを読んで選びましょう。

そして、好みの香りから選ぶのも良いポイントです。
自分の好みの香りだったら、使用するたびに気分も上がるでしょう。

このようにそれぞれ仕上がりや効果が違うので、ヘアオイルを選ぶ場合はこのような点に注目して選んでみましょう。

紫外線カットできるヘアオイルの成分や効果を知ってヘアオイル選びに役立てましょう!!

ヘアクリームとヘアオイルの違いは?

お肌に付けるときもクリームとオイルの違いがありますよね。
今回は髪に付けるクリームとオイルの違いです。
どんな違いがあるのでしょうか。

ヘアクリームの特長

ヘアクリームは油性で、湿潤剤や高級アルコール、シリコン油、高級脂肪酸などでできています。
ビタミンやローズヒップ、コラーゲンなどの栄養分も入っています。
ですので、ヘアクリームは髪の毛に活力を与えます。

髪も保湿が大事。乾燥髪の予防と対策 ヘアクリーム

目的は保湿ですが、栄養素によっては良い髪質へ改善してくれる効果があります。
髪の毛の広がりやパサつきに効果があります。
内側からの補修ですね。

髪が濡れているお風呂上がりの状態でヘアクリームを使用すれば、キューティクルが開いているので髪内部にもクリームが浸透して傷んだ髪を補修してくれます。

アイロンやヘアカラー、パーマなどで傷んでしまった髪を補修し、ドライヤーの熱から髪を守る効果が期待できます。
また、乾いた後も使用することが可能なので寝てる間も髪を守ってくれます。

ヘアオイルの特長

ヘアオイルの目的は保湿です。
ヘアオイルのメインの役割は髪に潤いを与え、髪のツヤを維持することです。
パサついた髪をしっとりまとめ、栄養成分を閉じ込めて美しいツヤ髪になります。
保湿すれば、柔らかな髪の毛になります。

ヘアオイルは熱に強いという特徴があります。
その為、紫外線からダメージを受けたりドライヤーの熱から髪の毛をガードします。
熱が原因のダメージでパサつきを感じてしまう場合に、効果的なヘアケアアイテムです。

ヘアオイルが保護膜みたいに髪1本1本を包み、深刻な熱ダメージを軽減するのでダメージの大きい髪にも安心して使用できます。

ヘアオイルはヘアクリームに比べると補修効果は少ないのですが、髪の毛のパサつきを抑え、髪にツヤを与えるのでスタイリングしやすいのです。
その他にも、静電気予防やヘアコロンの代用にもなるので優秀なヘアアイテムと言えます。

冬の静電気で髪がバサバサになってしまうときの対処法とは?おすすめヘアケアグッズをご紹介!

乾燥髪ついて考えてみませんか

今回、乾燥髪という「髪の毛の保湿」に関しての記事でした。
いかがでしたか?
乾燥髪、冬の季節になると気になりますよね。

ですが、夏でも紫外線があるので油断できません。
この記事を参考に髪の毛の保湿をしてみてください。
美髪に向けてこの記事がお役に立てたら嬉しいです。

 

髪の老化にご注意を!髪が老化するメカニズムと予防する方法とは?

フケは男性だけじゃない!女性ならではの髪のフケの原因と予防法

おすすめの美髪アイテムはこちら
モーガンズスキャルプケアシャンプー&コンディショナーで若々しい美髪へ!

これ1本で髪の悩みを解決「マドンナリリ ヘアオイル」はベタつきません!

女性の育毛にはこの2本!トリカAとトリカHで健康的な髪へ!