女性の育毛にはこの2本!トリカAとトリカHで健康的な髪へ!

トリカ アイキャッチ 美容

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

最近髪のボリュームが気になってきたりしていませんか?
髪の太さなどは、年齢によって自然と細くなっていきボリューム不足に悩まされますよね。
そこで今回ご紹介するのはトリカAトリカHです。

こんなお悩みはありませんか?

今行っている頭皮ケアアイテムに満足してない。歳を重ねるごとに髪のハリがなくなってしまいスタイリングが思うようにいかない。ここ最近、生え際や分け目が気になってしまう。髪のボリュームが減ってペタンコになっている。年齢のせいか髪がだんだんと細くなっていき地肌が目立ってしまっている。お風呂の排水溝に髪の毛が多くなってきた。

トリカ 髪の悩み

これらの悩みはもしかしたら、頭皮のバランスが崩れているからかもしれません。
頭皮のバランスが崩れる原因は外部からのダメージと内部からのダメージです。
外部からのダメージは空気の乾燥、紫外線、シャンプーやカラー剤などがあげられます。
内部からのダメージはストレスや睡眠不足、血行不良、出産やホルモンバランスの乱れなどがあげられます。

トリカAとは

トリカAは脱毛の予防と発毛の促進に効果的です。
主な成分は、B-グリチルレチン酸セファランチンです。
トリカA

B-グリチルレチン酸は抗炎症作用と抗アレルギー作用があります。これにより頭皮の炎症を防ぎ育毛するための環境をつくりだします。

セファランチンは有機化合物で、ツヅラフジ科のタマサキツヅラフジから抽出できます。セファランチンはアレルギーを抑制し、末梢の循環障害を正して血流を改善する効果が期待でき、脱毛の治療に効果的だと言われていて円形脱毛症などの患者さんに病院で処方される薬としても有名です。
また、セファランチンは毛細血管を広げることで血行を改善する血流促進、造血機能の回復を助ける免疫機能の増強、毛母細胞を増殖させる作用が期待できるので薄毛の改善にも役立ちます。

これらのほかにも頭皮に良い成分を豊富に配合しています。具体的にはイチョウエキス、チンピエキス、サンショウエキス、冬虫夏草エキス、プラセンタエキス、カンゾウエキス、アラントイン、センブリエキスなどです。

トリカHとは

トリカHは髪と地肌に栄養を与えます。
髪と地肌の健康に効果的な2つの成分、パントエア菌LPSフランス海岸松ポリフェノール(ピクノジェノール)が含まれます。

トリカH

パントエア菌LPSは頭皮の保湿成分として、フランス海岸松ポリフェノール(ピクノジェノール)は頭皮の整肌成分として効果を発揮します。これらを独自配合して頭皮の角層まで行き届け、健康的な髪へうながす下地をつくり出します。
また、保湿成分としてキャピキシル、ウコン抽出物。整肌成分としてピディオキシジルも配合しています。
トリカ 浸透

トリカHの有効成分についてより詳しく

では、トリカHの有効成分をもっと具体的に見ていきましょう

1つ目はパントエア菌LPSについてです。
LPSはリポポリサッカライドを略したもので、生物が生きていくために必要なバリアビタミンと言われています。LPSは米、くだもの、野菜などの植物や空気中にある菌の細胞壁に含まれるパントエア菌という成分で肌のお手入れに重要な効果を与えます。最近は農業の近代化により、過剰なほどの衛生社会なので有益な微生物も生きられません。その結果パントエア菌そのものが減ってきてしまっています。
パントエア
フランス海岸松
2つ目はフランス海岸松ポリフェノール(ピクノジェノール)です。
フランス南西部ボルド地方、大西洋沿岸にあるフランス海岸松の樹皮から抽出された天然の成分で、ピクノジェノールと呼ばれています。40年以上もの間研究され、安全性や有効性の高さが知られるようになり、今もいろいろな研究が世界で行われています。代表的な効果はいくつかあります。まずは、強力な抗酸化力です。とても強い抗酸化機能により活性酸素を除去します。また、それだけではなく細胞の刺激により細胞内の抗酸化作用を強め、その抗酸化力はビタミンCの340倍にもなります。

次に血流改善機能です。血小板凝集を少し抑制して血液の流れをよくする作用があります。また、末梢血管拡張作用があって、より血流を良くさせます。

その次はコラーゲン結合機能です。皮膚、体内にあるコラーゲンエラスチンと強力に結合して再生を促します。有害な酸素を原因としたコラーゲン分解の抑制作用もあります。

そして有力な抗炎症作用です。体の内側で起こるいろいろな疾患に関係する炎症を抑えて鎮痛する効果があり、痛みそのものも和らげます。

最後に血糖値改善機能です。血糖値と血圧が良くなるように促します。

3つ目はキャピキシルです。
キャピキシルは育毛成分のひとつで、強い発毛効果が期待できると言われる有名なミノキシジルと比較して3倍の効果があるとも言われ期待が高まっています。
主な成分はアカツメクサ花エキスアセチルテトラペプチド‐3です。
アカツメクサに含まれるビオカニンAと言われる成分が、男性型の脱毛症の原因となる成分を抑制し毛が抜けてしまうのを防いで、アセチルテトラペプチド‐3が毛包の働きを助けて育毛効果が得られます。男性型の脱毛症は頭皮に免疫異常を引き起こして、髪の毛の成長を衰えさせてしまいます。しかし、キャピキシルは免疫異常を正常な状態に寄せて薄毛を改善するとの資料もあります。

アカツメクサ花エキスのみでも免疫異常を正す効果はあるようですが、キャピキシルの方が相乗効果の影響でより良い効果が期待できます。また、ミノキシジルなどの育毛成分は発毛効果が高いと副作用がネックでしたが、キャピキシルは副作用がおそらくないとも言われています。

キャピキシル
ピティオキシジル
4つ目はピディオキシジルです。ピディオキシジルにはいくつかの効果があります。

まずは血管拡張効果です。育毛成分で有名なミノキシジルと似たように血管拡張の効果があります。血管が広がることにより血流が改善され育毛しやすい健康的な頭皮になります。また、血行が改善されると発毛のための栄養が毛根まで届きやすくなります。

次に毛母細胞を活発にして発毛を促す効果です。ピディオキシジルが毛母細胞に直接働きかけることで、細胞分裂を促します。細胞分裂がより行われるようになれば健康な毛髪に成長します。また、ヘアサイクルを正すことにより毛髪の成長を促します。

最後に毛母細胞を復活させる効果です。ピディオキシジルは休眠している毛母細胞を起こす効果があります。血流がよくなり栄養が行き届きやすくなっても、毛母細胞そのものが休眠していると髪はなかなか生えてきません。毛母細胞を活性化させて毛髪が再び生えやすくするということです。

有効的な使い方

こちらでは有効的な使い方を紹介します。朝と夜の1日2回行うのが効果的です。

朝は出かける前の乾いた髪、夜は洗髪後の軽くタオルドライした髪に使います。
まずはトリカAを頭皮の気になる部分に直接吹きかけてください。次に両手の指の腹で、頭をつかむ感じでゆっくりマッサージしながら頭皮によくすりこんでください。

その後、トリカHを頭皮の気になる部分に直接吹きかけてください。再度、両手の指の腹で、頭をつかむ感じでゆっくりマッサージしながら頭皮によくすりこんでください。
最後に頭皮全体に馴染ませてください。

トリカAとトリカHの購入方法

トリカAとトリカHを同時に購入する場合、通常23,980円(税込)のところを初回のみ40%オフの14,190円(税込)で購入できます。

トリカセット

トリカHのみ買う場合通常16,500円(税込)ですが、3ヶ月以上の定期購入の場合20%オフの13,200円(税込)で購入できます。

トリカAのみ買う場合は7,480円(税込)で、こちらは割引などのキャンペーンはありません。

口コミや使ってみた使用感など

年齢とともに、分け目が気になり始め、こちらのトリカHを試してみました。匂いも刺激もなく好印象!朝・晩、分け目のところにプッシュし、マッサージをして2ヶ月にはふんわりとボリュームが出てきました。トリカHは、スプレー式でサイズも小さめなので狙いたい所に噴射できベタつかずさらっとしたテクスチャーがとても気に入ってます。(50代女性)
2・3年前位から、夜になると痒みが出始めて、シャンプーを色々かえてみたりと試してもあまり変化がなく、頭頂部のボリュームも気になり始め鏡で頻繁に見るようになりました。
トリカHを使い始めてからは、昔の私の悩みはどこにいったのかと思う程になりました。通っている美容室でも褒められ嬉しくなりプッシュの回数が増えてます。(30代女性)
薬の副作用などの影響で、髪の毛が薄くなっていたのですが、知人にトリカHを教えてもらい使用し始め3ヵ月程度で、今では髪を触るのが楽しくなってきました。(60代女性)

トリカAとトリカHの同時使用で育毛ケアを!

年齢とともに髪のボリュームが減っていくことは、加齢だけでなくいろいろな要因から来ていることがわかりましたね。それに対処するために、数々の有効成分が含まれたトリカAトリカHが効果的なこともわかりました。
トリカAトリカHで健康的な髪を維持していきましょう。

トリカ まとめ