乾燥肌も脂性肌も混合肌もなりたくない!肌質改善のそれぞれの方法とは

乾燥肌と脂性肌と混合肌とは? 表紙 肌荒れ

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

肌を気にされている方はいると思います。
今回は乾燥肌と脂性肌と混合肌のそれぞれの原因と症状と予防方法、それからなってしまった時の改善方法を挙げさせて頂きます。
ぜひご覧ください。

乾燥肌と脂性肌と混合肌のそれぞれの原因とは?

乾燥肌、脂性肌、混合肌それぞれの原因と思われているものを挙げていきます。

乾燥肌

乾燥肌は空気が乾燥する季節の悩みと思われているかもしれませんが、最近はエアコンの使用などによって、ほぼ一年中の肌トラブルとなっています。
また、肌の潤い、つまり肌内部の水分・脂質を失ってしまうことも乾燥肌の原因となります。

濃いシミ、目立つシミがあっても美白になれるの バリア機能

さらに、皮膚のバリア機能の低下も乾燥肌の原因となってしまいます。
肌の潤いを守っているのは肌のバリア機能です。

肌のバリア機能が正常に働いていれば、角質層が外からの刺激から肌を守って、肌内部の水分や脂質が逃げるのを防いで潤いのある肌を保つことができます。

しかし、角質細胞に含まれるアミノ酸などの天然保湿因子や細胞間脂質が減り、細胞をつなぎとめる力が弱くなるとバリア機能が低下して水分が逃げてしまいます
乾燥肌を起こさないためには、肌のバリア機能を守ることが大事なのです。

脂性肌

脂性肌とは、皮脂量・水分量が共に多いお肌で、オイリー肌といわれることもあります。
皮脂が多くて、ベタベタとしてテカりやすいのが特徴です。
皮脂が多すぎると、ニキビや肌荒れなどの肌のトラブルの原因となります。

脂性肌は化粧が崩れやすく、化粧品を選ぶときにも注意が必要です。
また、肌の表面は皮脂が多く感じていても、内側の水分が不足したインナードライの状態である場合もあります。

脂性肌の原因と考えられているものを挙げていきます。

間違ったスキンケア

これは原因の中では最も多いと思われています。
テカってしまっているからとゴシゴシと強く洗顔をしたりあぶらとり紙を頻繁に使ってしまうと悪化の原因となります。

こういったスキンケアは一時的にテカりを抑えられるのですが、根本的な解決にはならず、むしろ悪化させてしまいます。

皮脂を取りすぎてしまうと表面の角質層が傷ついてバリア機能が低下し、肌を守るために皮脂が過剰に分泌されてしまいます。
そうすると、またテカりが起こるという悪循環になってしまいます。

食生活

乾燥肌と脂性肌と混合肌とは? 健康食糖質や脂質など、中性脂肪になりやすいものを食べすぎてしまうと皮脂の過剰分泌につながると考えられています。

食生活が炭水化物中心だったり、間食に甘いものやお菓子を食べていたり、食生活にファーストフードが多い方は注意が必要です。

食生活が乱れてしまうと肝機能が低下します。
そうすると消化された栄養素を代謝する肝臓が弱まって、脂質の代謝が鈍くなります。
それが脂性肌の要因となります。

ストレス

精神的なストレスや身体的なストレスは体の免疫を大きく落としてしまいます。
そうなると、体の色々な部分に悪影響があります。

その悪影響の1つが皮脂の過剰分泌です。
つまり、精神的なストレスも身体的なストレスも脂性肌の原因となってしまうのです。

生活習慣

食生活の偏り、頻繁の飲酒喫煙睡眠不足や運動不足などの生活習慣が乱れてしまうと過酸化脂質というものを作り出されます。
そうなると脂性肌やニキビやシミなど様々な肌トラブルの原因となります。

特に注意した方がいいのは睡眠不足です。
睡眠不足であると肌のターンオーバーが通常よりも早いサイクルで行われてしまいます。

そうするとバリア機能が低い肌になってしまうため、外部刺激から肌を守ろうと皮脂が過剰に分泌されてしまうのです。

ホルモンの乱れ

皮脂の分泌が多くなりすぎる原因にホルモンバランスの乱れがあります。
生理前のプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌です。

普段は乾燥肌なのに生理前になると皮脂が目立ったり、ニキビができやすくなる人もいると思います。
これは排卵日からプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が活発になることが原因です。

プロゲステロンは男性ホルモンと似た働きがあり、皮脂の分泌を促す作用があるので、肌が脂っぽくなってしまいます。乾燥肌と脂性肌と混合肌とは? 生理

生理の時に、普段より皮脂の分泌が増えるのは自然現象です。
生理前はいつもより食事や生活スタイルに気をつけ、皮脂の分泌を促進させてしまう原因を減らすようにしましょう。

混合肌

混合肌とは、顔のパーツによって脂性肌や乾燥肌などが混在しているお肌です。
混合肌の原因は乾燥肌の原因とほぼ同じです。

これが原因で混合肌になるというふうに絞ることが難しく、いくつかの原因が重なって混合肌として症状が出ます。

それらは内部の原因と外部の環境的な原因があります。
年齢や女性ホルモンの影響も大きいと考えられています。

ネット(web)でできる肌診断と結果から解るスキンケア方法は?!肌診断は何故必要?

乾燥肌と脂性肌と混合肌から出て来る症状は?

今度は乾燥肌、脂性肌、混合肌に陥っていると、どんな症状が来るのか見ていきます。

乾燥肌

乾燥肌とは、肌の水分や皮脂が不足している状態です。
潤いがなくなっていてドライスキンとも云われます。

特に乾燥しやすいのは、脛(すね)、膝、ひじ、足の裏などの元々皮脂の分泌が少ない部位です。
顔では頬や目、口まわりなどが乾燥しやすいです。

乾燥肌の症状には以下のようなものがあります。

どれも嫌な症状ですよね。
特に、ひび割れやかゆみは気になってしまうものだと思います。
乾燥肌の症状があったら、早めに原因を突き止めて対策をすることが大切です。

また、皮膚の表面はべたついているのに、部分的に肌がガサガサするなどの症状がある場合はインナードライの可能性があります。

インナードライとは
インナードライとは、皮膚の表面は皮脂でベタついているのに角層の水分量が不足して乾燥している状態です。
いくら洗ってもニキビが出てくる場合があります。

皮脂が多く分泌される原因には、洗顔のし過ぎという原因も挙げられます。
その場合は洗顔の回数を減らすと改善されるケースもあります。

脂性肌

脂性肌の症状として出るのは洗顔後12時間ほど経った時に、おでこや鼻などを指で触ってみると指先にテカリやベタつきが出ることです。

顔だけではなくて頭皮も同じように皮脂が過剰に分泌されていると考えられるので、髪の毛のベタつきがあったりシャンプーをしても頭皮の脂臭さが取れない場合があります。

さらに、ニキビや吹き出物の原因となるアクネ菌は皮脂を糧にしてニキビを発生させるので、ニキビも脂性肌の症状の一つと考えられます。

また、フケや皮膚の炎症も症状の一つです。
フケは一般的には乾燥肌の方が出やすいと考えられていますが、フケにも種類があります。

コロナとマスクとセラミドの関係 疑問

乾燥したフケは細かいのですが、脂性のフケはベタベタしていて、乾燥したフケよりも大きく皮膚がめくれたようなフケとして出ます。

さらにいうと(もしかしたら変な症状に見えるものですが)髪が細くなりやすくなるという症状もあります。

これは皮脂の過剰分泌によって頭皮の毛穴が詰まってしまって、それによって髪が細くなるのです。
髪が細くなって、しかもベタついてしまうのでぺったんこになります。

そして、頭皮も炎症を起こしてしまうと炎症を治すために出される物質にも髪の毛を細くする作用があるので、さらに髪が細くなりやすくなってしまいます。

混合肌

主に、皮脂の過剰分泌による肌の悩みがあります。
皮脂の過剰分泌であってもバリア機能が低下し、未成熟な角質ができているための防御手段として肌が乾燥してしまっている場合もあります。

頬では脂性肌と乾燥肌、どちらが出るかは人それぞれです。
ニキビ、くすみ毛穴の目立ち、角質肥厚などの肌悩みが症状として出ることがあります。

角質肥厚とは、自然にはがれ落ちるはずの角質(垢)が長くとどまり、皮膚が厚みが増して硬くなった状態です。

女性のニキビ脂性肌の特徴とおすすめスキンケアで原因から改善!!

乾燥肌と脂性肌と混合肌のそれぞれの予防方法とは?

それぞれの予防方法の例を挙げさせて頂きます。

乾燥肌

エアコンによる乾燥対策

エアコンを長時間利用すると空気が乾燥してしまい、乾燥肌になってしまいます。
夏や冬は冷暖房を使うことが多いと思いますが、それによって空気が乾燥してしまいます。

目の下のクマを気にする女性

乾燥を防ぐために加湿器を使用するのが対策となります。
加湿器は風邪の予防にもなるので、冬場は特にお勧めします。

睡眠時間の確保と睡眠の質の向上

睡眠不足は新陳代謝の遅れとなります。
そうなると、皮膚細胞代謝の悪化にもなってしまいます。

深い眠りの時に成長ホルモンが最も分泌されやすく、細胞の修復や再生を促す効果があるため、浅い眠りではなく深い眠りを取ることを意識した方がいいです。

栄養の取れたバランスの良い食生活

バランスの良い食生活ができると、胃腸の環境が良くなって肌免疫が安定して皮膚の状態も改善します。
新陳代謝を促す食べ物や、保湿効果の高い食べ物をバランスよく食べましょう。

ストレスを溜めない

ストレスは自律神経を乱して、心身に大きな影響があります。
また、ストレスホルモンが増えると、早く老化してしまったり炎症を引き起こす原因となる活性酸素を増やしてしまいます。

人によって方法は違うと思いますが、ストレス解消法を見つけて極力ストレスを溜めないようにしましょう。

入浴の仕方

乾燥肌と脂性肌と混合肌とは? 入浴体を洗うときは肌への刺激が少ない柔らかめのボディタオルを使ったりして、力を入れすぎずに優しく洗うのがいいです。

ゴシゴシと強く擦る人は要注意です。
また、お湯が熱すぎるのも良くないです。
肌を守る成分が流れてしまって、乾燥しやすくなってしまいます。

38度から40度のぬるめのお湯が良いでしょう。
さらに、入浴後は意外と肌が乾燥しやすいので、タオルで体を拭く前にボディオイルを塗ると効果的です。

お肌の乾燥の原因はお風呂!?乾燥しない入り方と手作りできる入浴剤とは!?

脂性肌

脂性肌を予防するのには、食事に気を付ける必要があります。
当然かもしれませんが、脂質の過剰摂取は控えた方がいいです。
脂質の多い食べ物には次のようなものがあります。

  • 油脂(バターやマーガリン)、肉、乳製品、卵、魚、他のタンパク質の多い食品、ナッツ類、スナック、ケーキ類など
  • 脂身が多い牛肉や豚肉、バターソテー、ラーメンなど

これらには脂性肌にとって厄介な脂が出てしまいます。

他にも

  • 小麦粉
  • 白米
  • 加工されたパン

  • 麺類
  • ケーキ
  • クッキー など

こういったものは食べすぎると血糖値が上がってインスリンが皮脂腺を刺激してしまい、これもまた皮脂の分泌が多くなる原因となります。

混合肌

混合肌の対策の1つが皮脂を除去しすぎないことです。
あぶら取り紙や洗顔で皮脂汚れを取り去っても、それは一時しのぎに過ぎません。

後になるとほどなくテカテカと光り出し、大量に皮脂が出て毛穴に詰まり、ニキビができてしまうこともあります。
これは肌が過敏に自己防衛反応をしているからです。

皮脂はニキビの原因?角栓や黒ニキビとの関係と毛穴と取り除き方をご紹介

乾燥肌と脂性肌と混合肌のそれぞれの改善をする方法とは?

それぞれの改善方法の例を挙げさせて頂きます。

乾燥肌

クレンジングや洗顔は乾燥肌の原因となってしまうのですが、皮脂はだいたい24時間かけて修復されます。
特に、寝ている間に修復が進むと云われています。

寝ている間に修復が進むので朝に洗顔剤や石鹸を使ってしっかり洗顔してしまうと、せっかく寝ている間に修復した細胞間脂質や皮脂などが洗い流されてしまいます。
そうなると肌が無防備となって、そのまま日中を過ごすと乾燥がより進んでしまいます。

乾燥肌の改善をしたい方は、朝の洗顔は水またはぬるま湯ですすぐ程度にした方が良いです。
角質層にダメージを与えてしまう摩擦は乾燥肌の原因となります。

洗顔時にはお肌の摩擦が起きやすいので、次のようなことに気を付けた方が良いです。

  • 石鹸や洗顔剤はよく泡立てて、なるべく指がお肌に触れないように洗った方が良い
  • Tゾーン(額・鼻・顎先をつないだT字形の部分)から洗い始めて、乾燥しやすい頬や目元は最後に泡を乗せる程度にする
  • できるだけ短時間で終わらせる

どれも難しいことではないと思います。
ですが、意外としっかり実行できていない人が多いみたいです。

是非ご自分の洗顔の方法を見直して、乾燥肌に繋がってしまう、こすりすぎ、洗いすぎにならないように注意してみましょう。

脂性肌

脂性肌の対策方法を紹介させていただきます。

洗顔などのスキンケア

マスクをすることによって肌にどのような影響があるの? 洗顔脂性肌は洗顔料が合っていなかったりスキンケアができていないことがあります。
再度の確認や改善をしてみるのがいいです。
洗顔料が合っておらず、強すぎる洗顔料を使っていたりすると必要な潤いまでも取ってしまいます。

その場合、肌が乾燥させないために油分を分泌します。
また、これは洗顔方法が間違っている場合でも起こります。

それと実は肌が乾燥していて、肌が保湿されていないために油分が多く分泌されていることも原因としてあり得ます。

生活習慣を改善する

生活習慣が悪いと男性ホルモンが活発になってホルモンバランスが崩れ、皮脂が出てしまいます。
悪い生活習慣には次のようなものがあります。

  • 睡眠不足
  • 不規則な食生活
  • ストレス

脂性肌の問題を考えなくても、改善した方がいいものばかりですよね。
脂性肌対策と思ってこれらの改善を試みましょう。

「食生活」については、前項目の「予防法」を参照してみて下さい。

混合肌

まずは混合肌のスキンケアとエイジングケアをすることです。
混合肌は乾燥している所とオイリーな所が顔の中で混ざっているので、スキンケアが複雑になります。

混ざっているのですが、混合肌というものは多くの場合は乾燥肌がメインになります。

ですが、季節や体調によっても、乾燥する部位や脂っぽくなる部位が変わることもあるようです。

改善の方法としては、ご自身のスキンケアで混合肌の原因となってしまっていることをやめることです。
意外に思われるかもしれませんが、やめた方がいい不要なスキンケアを何点か挙げさせて頂きます。

  • 洗顔を1日に3回以上行っている
  • 洗顔を熱いお湯で行なっている
  • 洗顔のすすぎを20回以上やっている
  • 保湿化粧水を使いすぎている
  • あぶら取り紙で皮脂を取っている

これらは混合肌にとっては、やってはいけない処置になります。

洗顔の際は必ず皮脂量が多い「Tゾーン」から洗うようにしましょう。
クレンジングも同様です。

刺激の強いタイプを使うと、肌が乾燥してしまう恐れがあるので無添加の洗顔料がおすすめです。

スキンケア用品も高い保湿力がある、ヒアルロン酸・コラーゲン・セラミドが配合されているものを選びましょう。

20代30代からの混合肌スキンケア~洗顔の順番をしっかり解説

乾燥肌と脂性肌と混合肌もしっかりケアすれば怖くない

乾燥肌、脂性肌、混合肌どれもなりたくないものですよね。
原因には気を付けたいですし、予防方法・改善方法も押さえておきたいことだと思います。

どれも生活の中で気を付けられることだと思いますので、皆さんも注意されてみては如何でしょうか。
肌質改善頑張ってみましょう!

 

乾燥肌のスキンケアは重要!乾燥肌をよくするために行うべきこととは

脂性肌はニキビができやすい!?脂性肌のニキビケアにおすすめな優しめスキンケアとは

おすすめの肌質ごとのアイテムの一例はこちら
これ一本で5つの役目を果たす!?HALENAオーガニックオールインワンジェルであなたの肌がゴクゴクうるおう! →乾燥肌向け

アクネピアットで大人ニキビ卒業宣言!第一印象のキメテはやっぱり「顔」です →脂性肌向け

エミューオイル『エミューの雫』は腰痛や関節痛に効果なし?口コミから見る美肌効果は? →混合肌向け