紫外線対策は何月からやるべきなの?月別にみる紫外線の特徴と対策とは

赤い椅子に座る外国人女性 紫外線

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

「紫外線対策って何月から始めるべきなの?」
美容に気を付けている方はそんな疑問を一度は持った事があると思います。
「紫外線」や「日焼け」という言葉をコマーシャルなどで見始めるのは基本的に夏ですが、実は夏から紫外線対策をしていては遅いのが現状です!
では、いつから紫外線対策を始めたら良いのか、詳しく見ていきましょう。

紫外線対策は何月から始めたらいいの?

紫外線が多くなる季節は5月からになります。
紫外線の多い時期=夏の暑い季節と言うイメージがありますが、本当はもっと早い季節から紫外線は降り注ぎ始めます。
ですので、暑い夏を迎えてから慌てて紫外線対策を行ってもそれは遅いと言う事になります。

一般的には初夏辺りから始める方が多い紫外線対策ですが、日焼け対策の為にUVケアをするのであれば、日差しが強くなってくる5月位から9月頃までは日焼け止めグッズの使用する事をおすすめします。

簡単に言えば、春になった頃から紫外線対策を始めるのがおすすめです。
しかし、紫外線を常に気にされる方は一年を通してケアを行いましょう。

紫外線が強くなる時期や季節はいつ?月別・季節別から時間帯別のまとめ

紫外線対策を何月から始めると遅いの?

肌の衰えは年齢よりも紫外線の影響が大きいそうですから、若々しい肌をキープしたい女性にとって紫外線対策は欠かせませんよね。

紫外線は夏だけじゃなく冬場も降り注いでいますので一年を通して紫外線対策をするのが一番なのですが、出来れば必要最小限のUVケアに留めておきたいという方が多いのではないでしょうか。
そこで、年間の紫外線量を確認した上でいつからいつまで紫外線対策が必要なのかをご説明していきたいと思います。

紫外線量は3月・4月頃から徐々に上がり始めて5月から多くなり、6月・7月がピークになります。
6月・7月でピークになるって驚きですね。
私も7月・8月頃が最も多くなる時期と思ってました。

年間では3月〜9月までが紫外線に気を付けなければならない期間です。
5月から紫外線対策を始めたのでは遅いので、3月になったら本格的に対策を行いましょう。

降り注ぐ紫外線量は太陽の位置に関係あり!紫外線量が多い時間帯と紫外線対策とは?

3月からの紫外線対策は?

ポカポカとした気温になりつつあるものの、まだ冬の気分になってしまっている3月です。
ですので、紫外線に対しての意識がゆるいままになりがちな季節です。

しかし、3月に入ると紫外線量は9月とそれほど変わらない位の量になってきます。
まだ残暑が厳しい9月の紫外線量と同じ位と考えると、ちょっと怖くなりませんか?

3月から紫外線量は上がり、数値としては冬の二倍だと言われるまでになります。
しかも、冬の間に乾燥でダメージを受けたコンディションの悪さ、そしてUVケアの甘さも相まってこの時期のお肌はかなりダメージを受けやすくなっています。

3月のUV対策

  • 日焼け止めの塗り方:500円玉大の量の日焼け止めを顔にムラなく広げます。
    朝だけではなく、こまめに塗り直しをしましょう。
  • メイクをしている方はスプレータイプやパウダータイプの日焼け止めをメイク直し時にプラスしてあげると、効果が持続します。
  • 春の日焼け止めのSPF数値は通勤・通学程度であればSPF30程度、長時間屋外にいる場合はSPF50を使用するのが望ましいです。

紫外線が増え始める3月の紫外線対策をどの様に行えば良い?おすすめの紫外線対策グッズと子どもの紫外線対策をご紹介!

4月からの紫外線対策は?

4月の紫外線の強さも9月の紫外線と殆ど変わりがありません。

9月は気温も高く暑いですので日陰を選んで過ごす方も多いですが、春の4月はお出掛けの機会も多く、自ら進んで日当たりの良い場所を選ぶ傾向があります。

紫外線が強いのは春分から秋分にかけての期間です。
注意すべきなのは真夏の暑い日より、気候が良く屋外で遊ぶ機会の多い4~5月と梅雨の晴れ間なのだそうです

4月の紫外線は8月と殆ど同じ位強く、紫外線量は7月よりも多い事が分かります。

春の紫外線も注意したほうがいい?春の紫外線量とおススメ紫外線対策ファッションアイテム

5月からの紫外線対策は?

紫外線が地上に降り注ぐ量がぐんと多くなってくるのが5月です。
多くの方は『そろそろ日傘を差そう』と意識をし始める頃だと思います。

地上での紫外線の強さは上空のオゾン量や雲の状態により毎日変化しています。
中には真夏と同等の強い紫外線が降り注ぐ日もあります。
ですので、外出をする際は天気予報と一緒に紫外線量をチェックしてから出たいものですね。

音楽を聞いている外国人女性

5月は紫外線量がぐっと増えるのにも関わらず、紫外線が強めなのを知らずに油断している方が最も多い時期でもあります。
この時期になると毎日の紫外線対策が大切になってきます。
外出しない日でも紫外線は5割以上部屋に侵入してきますので、室内にいるから大丈夫と思わずに注意しましょう。

紫外線対策は5月からでも間に合うの?紫外線が激増してくる5月の恐怖

6月からの紫外線対策は?

「一年で最も紫外線が多いのは当然夏だろう」と思っている方は多いと思います。
もちろん、夏は冬に比べて紫外線量は何倍も高いのですが、夏だからと言って紫外線が最も多いのは8月と言う訳ではありません。

実は、一年で最も日が長く太陽も高くなる6月頃は紫外線量がとても多くなってきます。

しかし、6月は梅雨があり天気が悪いためこちらの季節もあまり紫外線を気にしない季節と言えますが、梅雨の合間の晴れの日は真夏の8月より紫外線が降り注いでいます。

ゴールデンウィークの時期は思いっきりレジャーを楽しみたい所ですが、うっかり紫外線対策を忘れてしまうと後々後悔する事態が起こってしまいます。

天気によって降り注ぐ紫外線量は変わってくる!紫外線情報を活用して紫外線対策をしましょう。

7月からの紫外線対策は?

紫外線の強さが月別で見てみますと1位であり、夏の始まりである7月です。
もはや体で感じ取れると思う程紫外線が多く降り注ぐ時期でもありますね。

7月~8月は1年間で最も紫外線量が多くなる季節です。
熱中症対策と同時に紫外線対策もきちんと行なっていきたい所です。

水色の水着姿の女性

紫外線対策=肌を守る事と考えがちですが、忘れていけないのが「目」のケアです。
特に屋外で長時間過ごす際はサングラスなどでしっかりケアする事が重要になります。

と言うのも強い紫外線ダメージを受けると白内障などの目の病気を引き起こすだけでなく、目に紫外線が入ってしまうと脳にメラニンの分泌を言い渡すので、シミの原因になってしまうなんて驚く様な話もあります。

1年の中でもっとも危険?!紫外線がピークである7月はどう過ごせばいいのか?!

室内での紫外線対策

屋外に出る時には様々な紫外線対策をしていると思いますが、室内での紫外線対策はされていますか?
家の中だからと気を抜いていると日焼けしてしまう事があります
日焼けから色白のお肌を守る為に室内でも紫外線には気をつけるべきです。

外であれば曇りでも紫外線対策は必要になりますが、完全に家の中にいるのであればダメージを受ける程度は低いでしょう。
家の中に入り込む紫外線の多くは窓からですので、先ずは手軽に紫外線対策として取り入れられるカーテンで窓からの紫外線の侵入を防ぎましょう。

室内の窓際にいても紫外線対策は必要なの?窓際の紫外線量と対策方法は?

自宅で仕事をしている女性

紫外線対策は晴れの日が増えてくる3月から!

月別の紫外線対策について見ていきましたがいかがでしたでしょうか?

春の始まりである3月は北の方ではまだ雪が残っていますが、本州では桜のつぼみが膨らみ春が訪れる季節ですね。
この頃の紫外線は冬の間よりもかなり強くなっています

まだ暑くないから平気という考えでいると5月頃には1番紫外線の強い時期に入っていきますので、日に焼けてしまい、それがシワやシミの原因となる可能性があります。

その原因は、春の紫外線対策をしていない事が大きい様です。
シミの原因となるUV-A波の紫外線は春になると、冬の時期の3倍にもなります。

紫外線対策グッズと日差し

夏の紫外線の量は太陽の出ている時間と比例して多くなりますから、夏の気温が30℃を越える場所では太陽光の照射量も多く紫外線もとても多い事になります。

また、都会の空ではオゾン層の破壊が進んでいるので注意しなければなりません。

気温が上がるに連れて紫外線量も増加していきますので、春よりも身体への損害が大きいのです。

皆さんも「夏じゃないからまだ大丈夫」などとは思わずに、紫外線が目立つ時期をチェックして紫外線対策に励みましょう。

 

季節別の紫外線量と月別のイベントを同時に見てみましょう。1年の予定はこれ!!

紫外線対策は一年中必要?一年を通して使える紫外線対策アイテムの種類と選び方とは

おすすめの紫外線対策アイテムはこちら
高SPFなのに無添加!エポラーシェ カラー&UVベース  

オーストラリア発のオーガニック日焼け止めクリーム、ソレオ オーガニックスで紫外線から肌を守りましょう!

紫外線対策クリーム『ペネロピムーン・エバーピンク』の口コミは?