お茶は美白にも効果があるの!?美白に効くおすすめのお茶の種類をご紹介

美白

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

美白といえばスキンケアやサプリメント摂取を思い浮かべる方が多いかと思います。
しかし、お茶を飲むことでも美白に効果があるとも言われています。
お茶を飲むことでリラックスできる上に美白にまで効果があったら最高ですよね。
今回は美白に効果があるとされているお茶についてご紹介させていただきます。

ハトムギ茶

ハトムギ茶は香ばしい香りと味わいで人気のあり、昔からイボ取りのお茶として有名です。
ハトムギ化粧水や、漢方の生薬ヨクイニンとしても知られています。

そのハトムギ茶には米ぬかに含まれていることで知られる美白成分ビタミンB2が豊富に含まれています。
その他にも良質なアミノ酸からなるタンパク質やカリウム、鉄、カルシウム、ビタミンB群、糖質、脂質などがバランス良く含まれているので、新陳代謝を高める働きがあります。

ハトムギ茶には、ハトムギ特有のコイクセノライドといった成分が含まれています。
この成分には古い肌から新しい肌に変わるターンオーバーを促す作用があります。
不要なメラニンや老廃物を排出することでシミや美白に効果的です。

ターンオーバーが整うことによって角質が柔らかくなり保湿機能が高まるため、乾燥が原因のシミくすみの改善にも効果があります。
また、利尿効果も高く体内の毒素を排出してくれるのでむくみ解消などのダイエット効果もあります。

食物繊維も含まれるため便秘解消による代謝促進や免疫力アップ、皮膚がん細胞の抑制の効果も期待できます。

ハトムギ茶は長く飲み続けることでシミやそばかすの改善・美白効果が得られます。
ノンカフェインなので飲むタイミングを気にすることがなく麦茶のような香ばしい味わいなので、普段飲んでいる麦茶やお水をハトムギ茶に替えて日常的に飲むことも可能です。
市販のハトムギ茶の中でも、便利なティーバックタイプの物がおすすめです。

空腹時に飲むとさらに効果的です。
冷やして飲むより濃く入れた熱いお茶を飲むのがより良いようです。
また、ブレンド茶ではなくノンカフェインの100%ハトムギ茶を選ぶようにましょう。

ハトムギ茶は体質によって合う・合わないという問題が生じやすいお茶でもあります。
もし飲み続けていく中で合わないと感じた場合には、直ちに飲用を中止してください。

ローズヒップティー

「美白のお茶といえばローズヒップティー」とまで言われているほど、美白に関心の高い女性の間で非常に注目されているお茶です。

ローズヒップは抗酸化や老化防止に高い効果を持つとされ、スキンケア用品にも多く用いられています。
そして何より注目すべきなのが豊富に含まれるビタミンCの量で、なんとローズヒップティーに含まれているビタミンCの含有量はレモンの約20倍にもなります。

また、ビタミンC同様の作用を持つタンニンといった栄養素も含まれているため、メラニン色素の生成を抑制させてシミを予防するのに非常に優れた効果が期待できます。

ビタミンCはメラニン生成の抑制や排出、新陳代謝を助ける働きがあるため、日焼けをした後やシミ、ニキビ跡などの軽減にも効果があります。

ローズヒップティーの栄養素

  • お肌の修復に、大切なビタミンEやターンオーバーを促進するビタミンA (レチノール)
  • ビタミンCの働きをぐんと高めるビタミンP
  • 抗酸化作用が優れたリコピン など

特にローズヒップティーに含まれているリコピンの量はトマトの約8倍にあたるそうです。

ローズヒップティーの飲み方
飲み方としては、独特の酸味があるからかローズヒップティーをそのまま飲むと苦手に感じてしまう方もいるようです。

はちみつを加えたり、ハイビスカスティとブレンドすると飲みやすくなります。
また、ノンカフェインなのでお子様や妊婦の方も安心して飲むことができます。

より効果を高めたいという方は実ごと食べるのも良いでしょう。
ティーのほうはあくまで抽出液なので、実を食べることでより効果を期待できるかもしれません。

ヨーグルトに混ぜて食べたり、ジャムにしたり、細かく刻んでドレッシングに加えたりといったアレンジ方法で楽しめます。

飲み過ぎるとビタミンCの過剰摂取により下痢や腹痛を引き起こす恐れがあります。
とはいえ、ティータイムに1~2杯楽しむ程度なら問題ありません。
胃腸が弱い方は気をつけましょう。

ルイボスティー

ルイボスティーはお茶の中でもかなりのシミ予防対策に期待ができます。
主にシミやそばかす、美白に効果があります。

ルイボスティーには抗酸化作用があり、紫外線を受けたときに作られる活性酵素を抑えることができます。
活性酸素はメラニン色素を生み出すメラノサイトという色素細胞を酸化させ、より多くのメラニン色素を生成させます。

さらに、体の細胞を酸化させシミやたるみを引き起こす原因にもなります。
ルイボスティーに含まれるポリフェノールには、そんな活性酸素の過剰分泌を抑えてくれる作用があります。
活性酵素を抑えることによりシミの元となるメラニン色素の形成を止めることができます。

ルイボスティーの効果
ルイボスティーの抗酸化作用は即効性の効果があり、飲んでから30~60分くらいの間に効果が実感できるようになります。
日差しが強いところで何か飲むとしたら、ルイボスティーはかなりおすすめです。
また、ルイボスティーには日本茶のように等級(グレード)があります。
どのグレードでも問題なく効果はありますが、より高い効果を期待するのであれば一番高いグレードの物を飲むのが肌がきれいになる実感がわきます。

だけども、お茶は毎日飲む物なので自分の無理のない範囲で飲めるものを選ぶのが良いでしょう。

ルイボスティーはノンカフェインなので夜寝る前や妊婦の方も安心して飲むことができます。
紅茶のような色味ですがタンニンの量が少ないため渋味はほとんどありません。
その強い赤みからは想像できないほど癖が少なく、ほのかに甘みのある飲みやすい紅茶といった感じです。
カモミールティやジャスミンティーのような独特の香りもないため、初めて飲む方であっても抵抗はないでしょう。
ルイボスティーの淹れ方
ルイボスティーの淹れ方は水出し煮出しの2つの方法があります。
ルイボスティーの製品には水出し用と煮出し用がありますので、それぞれに合った淹れ方をするようにしましょう。

ティーバックタイプもありますが、カップにティーバックを入れてそこにお湯を注いだだけでは、ルイボスティー本来の味や効能は期待できないと言われています。
面倒であっても煮出しで作るようにするのが良いでしょう。

また、長く煮出すとポリフェール(フラボノイド)成分が多く出るので、水出しの場合も1度お湯で煮出しそのままパックも浸けたまま保存するようにしましょう。

ルイボスティーは特に飲み過ぎによる副作用はありませんが、1日500ml程度を目安にこまめに飲むことをおすすめします。

緑茶

様々な種類があるお茶の中でも特に日本人にとってなじみ深いお茶といえば緑茶です。
緑茶には美白に優れた成分であるビタミンCが豊富に含まれています。

このビタミンCによってメラニン色素を抑制したり薄くするなどの効果が期待できるため、シミやくすみのない白い肌へと導く効果が期待できます。

また、緑茶には非常に優れた抗酸化作用を持つカテキンが含まれており、このカテキンがシミの原因となる活性酸素を除去する作用を持つことも美白に良いとされている理由の1つでもあります。

カテキンとは
カテキンはポリフェノールの一種で、昔からタンニンと呼ばれてきた緑茶の渋みの主成分です。

一番茶で約12~14%、二番茶で約14~15%と増加します。
また、成熟した葉(3~4枚目)よりも若い芽(1~2枚目)に多く含まれています。

緑茶の特徴はビタミンCカテキンの豊富な含有量です。
緑茶を3杯飲むとリンゴ1個分のビタミンCが摂取できると言われています。

さらに、緑茶に含まれるビタミンCは熱に強く保存にも優れているので、ホットでもアイスでもビタミンCの抗酸化作用やメラニン生成抑制作用を簡単に得ることができます。

朝出かける前に緑茶を飲むと紫外線対策になりますし、帰宅した後に飲めばメラニンの生成を抑制が可能となります。

緑茶にはカフェインが多く含まれているので夜寝る前の飲用は避けるように注意してください。

何時お茶を飲むと効果があるか

美白に効果のあるお茶をご紹介してきましたが、何時お茶を飲むのがより効果があるのでしょうか。
美白成分が効率良く体内に吸収されるようにするには空腹時に飲むのが良いでしょう。

朝起きてすぐや食前に飲むのが効果的ですが、紫外線のダメージも軽減してくれるので、朝出かける前の時間帯に飲むことをおすすめします。

また、寝ている間に美白成分による肌の修復も期待できることから就寝前に飲むのも良いでしょう。
但し、緑茶はカフェインが入っているため睡眠の妨げになりますので避けるようにしましょう。

お茶の美白効果と一番のおすすめは

いかがでしたか。
特に美白に効果があるといわれている4種類のお茶についてご紹介させていただきました。

ハトムギ茶
ハトムギ茶にはコイクセノライド含まれており、古い肌から新しい肌に変わるターンオーバーを促す作用があります。
ローズヒップティー
ローズヒップティーはレモンの約20倍ものビタミンCが含まれており、さらにビタミンC同様の作用を持つタンニンも含まれているため、メラニン色素の生成を抑制させてシミを予防する効果が非常に高まります。

また、ビタミンEやターンオーバーを促進するレチノール、ビタミンCの働きをぐんと高めるビタミンP、そして抗酸化作用が優れたリコピンなど、美容に良い栄養素が多く含まれています。

ルイボスティー
ルイボスティーに含まれるポリフェノールには抗酸化作用があり、紫外線を受けたときに作られる活性酵素の過剰分泌を抑えてくれる作用があります。

活性酵素を抑えることによりシミのもととなるメラニン色素の形成を止めることができます。

ルイボスティーは即効性があり、飲んでから30~60分くらいの間に効果が実感できるようになります。

緑茶
緑茶には豊富なビタミンCが含まれ、メラニン色素を抑制したり薄くするなどの効果が期待できます。

また、緑茶には非常に優れた抗酸化作用を持つカテキンが含まれており、このカテキンがシミの原因となる活性酸素を除去する作用を持っています。

基本的にはどのお茶も栄養素が高く美白効果も高いのですが、特におすすめしたいのはルイボスティーです。

ノンカフェインで美白効果以外にもむくみや冷え、ダイエット、更年期、アンチエイジングなどの効果も十分に期待ができて美容や健康など身体のトータルサポートに最適なお茶です。

まだお飲みになられていない方は是非お試しください。

他のお茶に関する記事はこちら
自然と天然の恵みで安全に美白肌へ!野菜・蜂蜜・ハーブ・漢方薬で美白になれるのかご紹介します!!

ハトムギ化粧水を使用すると美白になる?ハトムギ化粧水の効果とハトムギ化粧水の使い方をご紹介します!

ドリンクで紫外線対策!紫外線対策に効果があるドリンクとは?

おすすめの美白アイテムはこちら
オーガニックルイボスティー効能は?高血圧やダイエットに効果あり?

※天使のパウダーは痩せない体から痩せる体へ!!美味しい飲み方で腸内環境改善

30代40代のシミに『葡萄樹液ホワイト11』口コミから有効成分まで徹底解説!