美白肌を保つためにするべき事とは?日々の生活から美白肌に役立つ事をご紹介!!

清楚なお部屋で飲み物を飲んでいる女性 美白

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

シミやくすみのない透明感のある美白肌を作るためには何が必要でどの様な事をすれば良いのでしょうか?
これから美白を保つためのスキンケアや美白に欠かせない大切な事をご紹介していきたいと思います。

夏だけではない紫外線対策

夏だけではない紫外線

紫外線を浴びる事で細胞の活動が弱まってしまい、乾燥・シワ・たるみなどの老化現象が生じやすくなってしまいます
老化のおよそ80%が紫外線が原因だとされています。

一年を通して季節に合わせた紫外線対策を心掛けていきましょう

夏だけではなく紫外線対策は一年中

紫外線にはA波とB波の2種類があり、肌が赤くなる夏場に日焼けをしてしまう紫外線はB波です。

B波の量は冬場には真夏のピーク時と比較して概ね1/4まで減ってきます。
そのため冬場は夏場の時の様な急激な日焼けをする事が少なくなっています。

特に気を付けたいのがA波であり、長期に渡り肌に影響を与え、シミやシワなどの原因となる事が分かってきました
A波は波長が長いため窓ガラスなどを通しやすい特徴があり、肌表面のメラニン色素を増やしてしまい、更には肌の真皮層にまで届いてしまいコラーゲンなどの弾力繊維にダメージを与えてしまいます。

冬場は紫外線の量が減ったと言っても夏のピーク時の1/3程度が降り注いでいます。
冬場は30分間日差しを浴びた量と夏場に10分間日差しを浴びた量と同じ位のA波を浴びている事になります。

夏だけ紫外線対策をすればよいと言う事は間違い

紫外線

昔は夏だけ紫外線対策すれば肌には影響がなかったのですが、今では油断する春や秋にもUVケアをしないとシミやくすみが目立ってしまいます。
また、冬も雪やアスファルトの照り返しで紫外線ダメージを受けてしまうため、紫外線対策を行う必要があります。

ですので、肌や髪の毛のケアも欠かさずに行いましょう。
髪用の日焼け止めもありますが、紫外線で乾燥してしまった髪をしっかり保湿する事によってダメージを軽減する事が出来ます。
肌同様に直に紫外線に当たる髪のケアも忘れずにしましょう。

紫外線の量に合わせたUVケアのコツ

紫外線の量に対して季節ごとのUVケアの仕方がありますので、日中に屋外での活動が多い方はSPF30位のUVケア用品を使用すると良いでしょう。

髪にスプレーするUVケア用品もあります。
紫外線の量が多い時に対応する事が出来ますのでおすすめです。

いつでも失敗しないUVケアのコツを身につけるポイント

紫外線対策は季節に合わせた対策をしましょう。
ここでは、UVケアの方法をご紹介していきたいと思います。

SPFやPASPFPAが高過ぎるものを選んでしまうと肌や髪に刺激を与えてしまうため、少し弱めのモノを選びましょう。
日焼け止めの塗り直し強い日焼け止めを使用して紫外線の量に対応するだけでなく塗り直しも必要です。

夏の6~9月までが紫外線の量が多くなりますのでこまめな塗り直しがおすすめです。

手軽に塗り直せる日焼け止めを持ち歩くのも邪魔になってしまいますのでスプレータイプがおすすめです。

顔、腕、髪につけてもベタつかないため便利です。

紫外線吸収剤と
紫外線反射剤
日焼け止めには紫外線吸収剤と紫外線反射剤があり、吸収剤は日焼け止めの中に取り込んでしまいしっかりと日焼けを防げません。

反射した方が肌ダメージや髪の痛みを予防する事が出来ます

帽子よりも日焼け止め紫外線予防に帽子を被る方もいらっしゃいますが、帽子内は気温の上昇と汗で蒸れてしまいます

頭皮が汚れやすくなり抜け毛の原因にもなってしまいますので、帽子を被るよりもスプレーの日焼け止めの方が髪にはおすすめです

紫外線に過剰な私がおすすめする紫外線対策グッズをランキングでご紹介!!

内側からの美白ケア

楽しくランチをしている日本人女性

体の外側からだけでなく内側からケアする事が美白への第一歩となりますので、バランスの良い食事して健康的な美しさを目指しましょう。
毎日手軽に取り入れられる食材をご紹介いたいと思います。

内側からのケアが大切な理由

私達は「美白」と言えば美白化粧水や日焼け止めなどを使用して外からのケアを行う事が殆どです。
ですが、美肌を目指すためには身体の内側からのケアも心掛けると良いです。

日常的な食べ物で内側からのケアにより、紫外線を吸収しづらくして肌のシミくすみを防ぎましょう。

美白に必要な栄養素

栄養素説明食べ物と摂取の仕方
ビタミンCメラニンの元となるチロシナーゼを阻害する働きがあります。
  • アセロラ
  • キウイフルーツ
  • ゆず
  • パプリカ
  • パセリ
  • ゴーヤ     など
ビタミンCは熱に弱く水に流れやすい性質がありますので、野菜などは茹でない方が良いです。

また、ビタミンCは体に溜め込む事が出来ないため、数回に分けて摂取すると吸収率が上がります。

セラミド肌を紫外線や雑菌などの外部刺激から守る役割があり、メラニンの生成を抑制してくれます。

保湿作用もあるため、乾燥肌でお悩みの方にもおすすめです。

  • こんにゃく芋
  • 牛乳
  • 大豆
  • ブロッコリー
  • 黒豆
  • 小麦など
1日に必要なセラミド量は0.6~1.2㎎と言われています。
リコピンリコピンには肌の抵抗力を補助する働きがあります。

肌のダメージを軽減して美白効果をもたらします。

シワ予防のケアもしてくれるため、美容維持の強い味方となってくれます。

  • ミニトマト
  • トマト
  • スイカ
  • ピンクグレープフルーツ
  • 人参など
1日に必要なリコピン量は15㎎以上とされています。

例えるとLサイズのトマトであれば2個、ミニトマトだと15~17個になります。

L-システインL-システインは代謝をサポートし、シミの原因となるメラニンの生成を抑制して角質に沈着したメラニンの排出を助けます

L-システインは食べ物中には存在しないため必須脂肪酸「メチオニン」を摂取する事により体内で合成されます。

メチオニンを含む食べ物を摂取する事が大切です。

  • 牛肉
  • 豚肉
  • 鶏肉
  • 牛乳
  • チーズ
  • 豆腐
  • 納豆
  • まぐろ
  • しらす干しなど
メチオニンの摂取量の目安は体重1㎏あたり15㎎です。

例えば体重40㎏の場合は600㎎、50㎏の場合は750㎎になります。

摂取のし過ぎには注意しましょう。

ビタミンEビタミンEにはターンオーバーをサポートする働きがあり、色素沈着してしまった細胞を排出しやすくします。

また、血液の循環をサポートするため肌の色ツヤを良くします。

  • ナッツ類
  • アボカド
  • ほうれん草
  • カボチャ
  • うなぎの蒲焼
  • いくらなど
1日のビタミンEの摂取目安量は女性は6.5㎎・男性は7㎎です。

摂取量は適切な量にしましょう。

β-カロチンβ-カロチンには抵抗力を補助する働きがあり、メラニンの沈着を抑え、肌の炎症をケアしたりしてくれます。

それだけでなく、必要に応じて体内でビタミンAに変換されてターンオーバーを高める効果がありますのでシミやシワの防止に繋がります。

  • 人参
  • シソ
  • モロヘイヤ
  • パセリ
  • ほうれん草
  • カボチャ
  • にらなど
適切な量を摂取する事が一番です。
エラグ酸エラグ酸にはシミの原因のメラニン色素の生成を抑える働きがあります。

抵抗力をサポートするため紫外線やストレスが原因の肌荒れを防いでくれます。

  • ザクロ
  • いちご
  • ブルーベリー
  • ラズベリー
  • アサイー
  • ナッツ類など
エラグ酸は多く摂取しても問題ないと言われており、ビタミンCと一緒に摂る事でより良い働きが期待する事が出来ます。

紫外線対策できる食事方法とレシピは?栄養素から見る肌質改善とは?

スキンケアで美白を保つ

殆どの女性の方はスキンケアを行っていますが、毎日の正しいスキンケアによって美肌が保たれます。

スキンケアは洗うことと保湿

スキンケアの基本と言えば「洗う事」「保湿する事」です。

基本的な正しいクレンジング方法

  1. メイクを落とす前に手を洗う
  2. ポイントメイクは先に落とす
  3. クレンジングの使用量を守る
  4. クレンジングは乾いた手で使用する
  5. Tゾーンから、頬、目や口の順番で洗う
  6. ぬるま湯(30度~32度程度)ですすぐ
  7. 清潔なタオルで優しく水気を取る

美肌の秘訣は「UV対策」、「角質ケア」、「保湿」

シミのない透明感のある肌になるためには美白コスメを使用したいと思われる女性は多いと思います。
ここでは美白コスメに頼らない、シミ対策に有効なスキンケアをご紹介したいと思います。

美肌のケア

  1. UVケア
    紫外線ダメージを防ぐために大切で日常的にも心掛ける事が必要です。
  2. 角質ケア
    メラニンを含む不要な角質を取り去る事によって肌に透明感を起こします。
    ターンオーバーのリズムを促してメラニンの排出を助けてくれます。
    スクラブなど肌に摩擦ダメージを与えやすいものは避け、マイルドなピーリング美容液などを肌状態に合わせて週1回くらい取り入れるのがおすすめです。
  3. 保湿
    肌の角層が十分に潤うとキメが整って肌の透明感が高まります。
    逆に肌が乾燥してしまうと紫外線ダメージの影響を受けやすくなってしまいます。
    角層を十分潤すには油分と水分が必要ですので、化粧水をたっぷりと使用し、乳液やクリームで油分も補給しましょう。

肌をしっかり保湿する

緑の4種類の化粧品達

乾燥による肌荒れがくすみの原因の一つになります。
肌荒れや乾燥から肌を守ってあげる事が透明感ある肌を手に入れるための近道なのです。

そのために必要な事はメイクや汚れを肌に残したままにしない様にする事です。
クレンジングや洗顔を正しく行い、肌に負担を与え過ぎない様にしましょう。

日焼けによって肌が乾燥するため、毎日のUV対策はしっかりと行う様に心掛けましょう。
洗顔後は化粧水をたっぷりと肌に与える事が簡単かつ有効なスキンケア方法です。

保湿効果の高い化粧水や乳液・クリームなどを使用したり、美白成分のビタミンC誘導体やコエンザイムQ10などが配合された化粧水を使用して保湿成分を補っていく事がおすすめの方法の一つです。

特に寒い季節は暖房やエアコンなどを使用するため乾燥しやすくなりますので、加湿器を使用したり入浴後にフェイスマスクを使用したり、或るいは就寝前に保湿クリームを塗るなど乾燥対策を忘れずに行いましょう。

抗酸化作用のある食べ物を食べる

酸化による肌のくすみを防ぐためには活性酸素の活動を抑制する抗酸化作用を持っている栄養素を身体に摂取する事が必要です。

ただし、加熱すると栄養が壊れてしまいますので、加熱せずに摂取出来る様に調理方法にも気を付ける事が必要です。

ビタミンC
ビタミンCは柑橘系の果物やアセロラ、トマトなどに多く含まれており、メラニンの生成を抑制してくれます。

また、コラーゲンを増やす事により肌にハリや弾力を与えてターンオーバーの改善の効果もあります。

アスタキサンチン
アスタキサンチンはとても優れた抗酸化作用を持っています。
エビ・サーモン・いくら・かになどに多く含まれています。

紫外線対策をする

「夏だけではない紫外線対策」で帽子と日焼け止めについてお伝えしましたが、特に目から浴びてしまう紫外線を防ぐために、UV効果のあるUVカット帽子サングラスを着用する事が大切です。

帽子や日傘などを使用するだけでも効果が期待する事が出来ます。

肌への刺激を抑える

洗顔をしている半袖の女の子

肌への過剰な刺激もシミやくすみの原因になる事があります。
洗顔やマッサージなどを行う際には出来る限り刺激を減らす様にしましょう。

洗顔には洗顔料を泡立ててネットなどを使用してたっぷりと泡立ててから、顔を泡で包み込む様に優しく洗うと良いでしょう。
濯ぐ際にも肌を擦らずにぬるま湯でしっかりと濯ぐ事が大切です。

運動やお風呂に入る

むくみクマなどの原因である血行不良による肌のくすみを予防するためには、簡単な運動をする事がおすすめです。
まず、血行を良くするためにストレッチ・ヨガ・ウォーキングなど軽い運動を生活に取り入れると良いです。

外出したくないと言う方は毎日の家事を行う時に床の雑巾がけや爪先立ちを行いながら、洗い物や掃除機などの家事を行うなど、簡単な筋トレやストレッチを意識しながら行うのがおすすめです。
それが習慣になれば血行の改善により効果が期待する事が出来ると考えられます。

美白になるためのスキンケア方法とは?正しいスキンケアと習慣で目指せ美白!!

その他の生活習慣の見直し

ホテルでぐっすり眠っている女性

睡眠不足やストレスはターンオーバーが乱れてしまう原因になります。
ターンオーバーが乱れてしまうと肌の潤いに欠かせない細胞間脂質が角質層に存在しなくなり、肌の乾燥を招いてしまいます。
肌が乾燥してしまうと美白には良くないと言われています。

ターンオーバーが正常に働くためには成長ホルモンが欠かせません。
成長ホルモンは睡眠中に分泌されるため不規則な生活だと睡眠が取れず、成長ホルモンの分泌量も低下してしまい、ターンオーバーが乱れがちになります。

成長ホルモンは寝始めてから3時間の間に多く分泌されると言われています。
この寝始めてからの3時間を深く眠るかがポイントになります。

美白を目指すには同時に美肌も!美肌と美白のためのスキンケア

何気ない心掛けが美白肌に繋がります

朝食を食べながら雑誌を読んでいる女性

美白肌を保つためには紫外線対策や日常の生活習慣や必要な栄養素などを取り入れて、ストレスを溜めない生活を心掛けていく事が大切だと言う事が分かりました。

現代社会では中々難しい事かもしれませんが、美白肌や身体の健康のためにも是非とも試してみてはいかがでしょうか?

皆様の健康な生活にこの記事がお役に立てば幸いです。
皆様で健康ライフを送りましょう。

 

肌の色をワントーンアップさせる方法とは?透明感のある美白肌を目指しませんか?

美白も保湿もどっちも欲しい!そんなあなたに両方を得るスキンケアをお教えしましょう

おすすめの美白アイテムはこちら
「メディユース ホワイトフレッシュピーリングジェル」の成分とその効果とは?

飲む美容液といわれるマスターホワイト、30代からのお肌に必要なインナーケア

「Psホワイトクリーム」シミを撃退できるオールインワンの有効成分とは?!