美白美容液の化粧水、クリーム、乳液との違いと役割とは?スキンケア用品の特徴を徹底解剖!

様々な基礎化粧品の画像 美白

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

「毎日化粧水をきちんとつけて保湿しているが、直ぐに乾いてしまいしっかり保湿出来ているか心配」と言う声を良く耳にします。
毎日高価なコスメを使用してスキンケアを行っていても、正しいスキンケアが出来ていなければきちんと効果が発揮されません。
皆さんは化粧水・美容液・乳液・クリームの特徴を理解していますか?
そこで今回は美容に欠かせない化粧水・美容液・乳液・クリームそれぞれの特徴についてご説明して行きたいと思います。

美白美容液と化粧水

美白ケアをするにおいて、美白美容液と化粧水のどちらを選択した方がより高い美白効果があるのか迷われる方も多いかと思います。

安価な化粧水と高価な美白美容液、出来れば安価な美白化粧水が良いと思う方も多いかと思います。
そこで、美白美容液と化粧水のそれぞれの役割や特徴をまとめてみました。

美白ケアの参考になればと思います。

美容液は『美肌』に関する有効成分を補う役割

美容液とは美容に有効的な成分が濃縮されて配合された基礎化粧品です。

美容液はシワ・たるみ毛穴乾燥などの肌トラブルの気になる箇所に有効成分を補う役割を持ちます。
肌トラブルの数だけあるとも言っていいくらい美白や保湿などの目的別に特化しています。

ですので、足りない箇所に集中的にケアする事が可能です。
スキンケアは必要最小限にしたいという方は省略する事も出来ます。

若い頃は化粧水や乳液だけでも十分だったけれど年を重ねるにつれて効果が実感出来なくなった、と言う方におすすめのアイテムになります。

美白美容液は『美白』と『美肌」に関する有効成分を補う役割

美白ケアと言えば美白美容液を思い浮かべる方も多いかと思います。

美白ケアに必要なメラニンの生成を抑制する成分やメラニンを還元する成分はもちろんですが、一緒に与えてあげたい保湿成分や、より効果を向上させる皮膚の再生を促進する成分なども配合されています。

もちろん商品によっては使用されている成分は異なりますが、化粧水では補う事の出来ない美容成分が含まれているのは確かです。

成分をお肌の角質層まで届ける事によって効率良く美白や美肌に影響をもたらします。
ですので、他のアイテムと比較しても高価なものとなっています。
そういう観点から美白美容液は美白ケアの中でも特に大切なアイテムと言えるでしょう。

美白美容液の効果は化粧水によってもたらされた水分をお肌に留め、更に凝縮された美白や美容の成分を肌にもたらす事によってその効果を実感する事が出来るのです。

効果も値段も高い美白美容液だからこそ「何となく」や「他の商品に比べたら安いから」で選ぶのではなく、貴女の肌質、目的や悩みをしっかり踏まえた上で選びましょう。

効果をより実感したいのであれば美白美容液の成分の効果について良く理解し、貴女の肌ケアにはどの様な美白美容液を選択するかが大切です。

化粧水はお肌に潤いの成分をもたらす役目

そもそも化粧水とはどのような役目を果たしているのでしょうか?

化粧水は基礎化粧品の中でも一番最初に使用しますが、その役目はお肌に十分な保湿成分を与える事です。
洗顔をすると汚れと一緒にお肌の保湿成分も洗い流されてしまいます。

その保湿成分を化粧水で補ってきちんと角質層まで浸透させる事によって、その後の基礎化粧品がより浸透しやすくなります。

基礎化粧品のステップは色々ありますが、その中の大半が肌状態によって省略する事が可能です。
しかし、化粧水だけは洗顔後に直ぐに使用する様にしましょう。

美白化粧水について知ろう!化粧水による美白の効果はどんな物がある?

化粧水を使っている画像

美白美容液と乳液

皆さんはスキンケアに何を使用していますか?
ライン使いをすると種類が沢山あり、混乱してしまいますね?

特に美容液と乳液の2つには一体どの様な違いがあるのでしょう?
次に美容液と乳液の違いについてご説明していきたいと思います。

美容液とは

美容液にはいつものスキンケアにプラスの効果を与えてくれる有効成分が配合されています。
シミやシワ、乾燥などお肌に何らかの悩みがある方が貴女の肌状態に適した美容液を使用すると、ワンランク上の美肌を目指せるかもしれません。

乾燥対策がしたいと言う方はヒアルロン酸やセラミドなどの有効成分を使用されている製品がおすすめです。
セラミドは水分を保ち、外部刺激からお肌を保護するバリアの様な役割をします。

ヒアルロン酸は1gで6リットルもの保水力を持つと言う事が良く知られているキャッチコピーではないでしょうか?
こちらもお肌の潤いを保つ重要な成分です。

美白をしてシミを防ぎたいと言う方におすすめの成分はビタミンC誘導体、アルブチンなどです。
ビタミンC誘導体はメラニン色素の生成を抑えて色素沈着を防止します。

また、コラーゲンの生成に関与したり、抗炎症作用・皮脂の分泌を抑制する働きも兼ね備えている万能の成分です。
悩みが多いと言う方には最適かもしれません。

アルブチンはメラニン色素の生成を防ぐ効果、すなわちこれから出来てしまうかもしれないシミを作らせない効果があるとされています。

アンチエイジングを重視したい方はレチノールEGFなどと言ったシワやたるみに効果をもたらす成分が配合されているものを選ぶと良いでしょう。

有効成分がしっかり詰まっていて高い効果を発揮しますが、値段もそれなりに高いと言うのが美容液という製品です。
貴女に必要なものをきちんと見極めてから、お肌に適した美容液を見つけましょう。

乳液とは

乳液は先に付けた化粧水や美容液の成分をお肌に閉じ込める蓋の様な働きをします。
また、それ自体が潤いをもたらす効果があるため、ダブルの働きをしてくれます。

そして、脂性肌の方でも乳液は付けた方が良いと言われています。
ベタつきを感じてしまう方はさっぱりとした使い心地の製品を選んだり、ベタつきやすいTゾーンは避けて塗るなどの工夫をする必要があります。

逆に、乾燥肌の人はしっとりした乳液を選ぶと良いでしょう。
また、朝と夜で使用する乳液を変えてみるのもおすすめです。

夜のスキンケアでは化粧崩れを気にしなくて良い分、こってりした乳液を使用して翌朝の乾燥を防止したり肌の再生を促進させるものも良いでしょう。
そして、朝はUV乳液を使用してみるのはいかがでしょうか?
UV乳液とはスキンケアをしながらUVカットも出来ると言う優れたアイテムです。

実際に使用している方も多いと思いますが、使用した事がないと言う方は是非一度試してみてはいかがでしょうか?

因みに、微かに色付いて肌のアラを少しカバーしてくれる、ティント乳液というものもあります。
中にはUVカットも兼ね備えた製品もありますので、お肌が綺麗な方なら乳液の段階でベースメイクまで済んでしまうという優れものです。

こちらも様々なメーカーから販売されているので、気になる方は是非探してみましょう。

話題のオールインワンジェルってどんなもの?オールインワンジェルで美白になるには

ミルククラウンの画像

美白美容液とクリーム

現在市場で出回っている美白化粧品と言えば、美白美容液クリームが中心です。

その他には洗顔料や化粧水などもありますが基本的には美容液かクリームを中心に使用しつつ、他のアイテムも上手に組み合わせていく事になります。

『美白美容液』と『クリーム』を比較して効果が高いのは美容液

美白美容液とクリームの選択は美白対策の土台を決定づける大切なポイントと言えるでしょう。
どちらの方が効果が高いかと言えば、美白美容液の方に軍配が上がります。

美白美容液の場合は美白成分を中心に配合されている事が多く、シミの原因に繋がるメラニン色素にダイレクトにアプローチする事により効果が発揮されます。

また、エラグ酸やトラネキサム酸、アルブチンなどのメラニン色素の生成を抑える効果だけでなく、すでに沈着してしまったメラニン色素を薄くする還元作用を持つハイドロキノンが配合されている製品を沢山見つけられる点も美白美容液の大きな魅力です。

一方で、クリームにも美白成分が使用されていますが、その効果や濃度は美容液と比較すると一歩劣ります。

これだけを見ると美白美容液の方が効果が高いと言えそうですが、必ずしもそう簡単に言い切れないのが美白対策の難しい所です。
肌を触っている日本人女性

『美白美容液は美白そのもの』に『美白クリームは肌環境全般の改善』効果

美白対策には美白成分における効果以外にも、お肌に負担を掛けない環境作りとシミを出来にくくする肌環境の改善も欠かせません。

簡単に説明しますとどんなに美白効果の高い美白成分を使用したとしても、その刺激によってお肌に負担を掛けてしまう様だと適切な選択とは言えないのです。

また、乾燥でのバリア機能の低下やターンオーバーが乱れるなどの問題を抱えた状態で美白対策だけを頑張って行っても、ほんの些細な刺激でメラニン色素が増えたり、中々メラニン色素が排出されずに角質層に沈着してしまうなどの問題を抱え続けてしまいます。

クリームはこの様な肌環境全般も視野に含めた総合的なケアに適しているのが魅力です。
更に、クリームを塗って蓋をする事により水分や有効成分の蒸発を防げます。

美白成分や保湿成分などの有効成分を浸透させる事により、メラニン色素を抑える他にもシミの出来にくい肌環境を目指す事も出来るのです。

すなわち、美白効果を最優先にしたいと言う方は美白美容液、肌環境も含めて改善したいと言う方は美白クリームの方が適切だと言う事になります。

貴女の肌環境をしっかり考えた上で選択すると良いでしょう。

基礎化粧品をきちんと理解して、正しく効果を発揮させよう!

美白美容液と化粧水・クリーム・乳液を比較してみていかがでしたでしょうか?

美白美容液とクリームを比較してどちらの方が効果が高いかと言えば、美白美容液の方に軍配が上がります

しかし、クリームは肌環境全般も視野に含めた総合的なケアに適しているので効果を最優先にしたいという人は美白美容液、肌環境も含めて改善したいという人は美白クリームの方が適切だということです。

美白美容液と乳液についてですが、美白美容液は有効成分がしっかり詰まっていて高い効果を発揮できますが、値段もそれなりに高くなってしまいます。

乳液はUVカットもできるUV乳液というものがあり、ダブルの効果を持つので使ったことのない人は試してみては如何でしょうか。
美容液などの効果を実感している日本人女性の画像
最後に美白美容液と化粧水についてですが、美白美容液は美白ケアに必要なメラニンの生成を抑制する成分、メラニンを還元する成分はもちろんですが、一緒に与えてあげたい保湿成分・より効果を向上させる皮膚の再生を促進する成分なども使われています。

化粧水は基礎化粧品の中でも一番最初に使用し、肌に十分な保湿成分を与える役目を果たします。
その保湿成分を化粧水で補ってきちんと角質層まで浸透させることで、その後の基礎化粧品がより浸透しやすくなります。

あなたも是非この機会に美白美容液と化粧水・クリーム・乳液を比較した上で自分の肌質に合わせて、これらのアイテムを使ってみてはいかがでしょうか?

 

知っておきたい美白の本来の意味!美白の定義と美白ケアの基礎をお教えします!!

プチプラ化粧水は美白に効果はあるの?おすすめのプチプラ化粧水もご紹介!

デパコスで選ぶ美容液で美白美人に!デパコスで扱われているブランドや美白美容液の選び方などをご紹介!!

おすすめの美白アイテムはこちら
保湿・潤い・白肌の3つのケアが同時にできる、魔法のパッククリーム「王妃の白珠」

”カリスマエステティシャン”が作った!ニューピュアフコイダン 

新発想のナイトクリーム「おやすみ中のご褒美」ってどんな効果があるの?!