紫外線対策になるおすすめのアイテムとは?uvカットはどのような種類が良いの?

サングラスと帽子を装備した外国人女性 紫外線

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

紫外線を浴びすぎると、シミやそばかすが増えるだけでなく、シワやたるみなどの肌老化も招いてしまいます。
紫外線は一年中降り注いでいるので、毎日しっかり対策して、肌を紫外線からガードすることが大切です。
そういった理由で、日焼け止めを使用している人は多いでしょう。
しかし「日焼け止めを塗ったので、後は紫外線対策をしない」これは絶対に良くないってご存知でしたか?
日焼け止めのみでは、体中に浴びる紫外線を防ぎきれません。
肌をしっかりガードするには、帽子・サングラスなどのアイテムを使用したり、日頃の生活習慣なども改善していく必要があるのです。
ここでは紫外線対策に役立ついくつかのアイテムをご紹介します。

日焼け止め

日焼け止めの説明に入る前に、紫外線の種類について説明します。

紫外線は波長の長さによって「UV-A」「UV-B」「UV-C」の3種類に分かれます。

波長の長い順にすると

UV-A(320~400nm)>UV-B(290~320nm)>UV-C(200~290nm)
となります。

紫外線は波長が長いほどエネルギーが弱く、短いほどエネルギーが強くなります。
エネルギーが強くなるにつれて、肌へ与えるダメージも大きくなります。

3種類の中で波長が最も短いUV-Cはエネルギーは最も強いのですが、現在はオゾン層に完全にガードされているため地面に降り注ぐ心配はありません。

UV-Aはエネルギーは弱いものの、雲や窓ガラスを貫通してしまいます。
また、肌の奥深くの真皮層まで到達するため、肌に深いダメージを負わせ、じわじわとシワやたるみを引き起こします。

UV-Bは、大半がオゾン層や酸素によって遮られているため、地面に降り注ぐ量は全体のおよそ1割しかありません。
しかし、そのエネルギーはとても強く、肌へ与えるダメージはとても大きいです。
また、UV-Bを過剰に浴び続けると皮膚がんや白内障を引き起こすリスクもありますので、対策は必須です。

ですが、UV-BにはビタミンDを作り出したり血圧を下げるメリットもありますので、ある程度は日差しを浴びることも健康には必要です。
それではこれらの紫外線を踏まえて、本題の日焼け止めについて説明していきたいと思います。

肩に日焼け止めで描かれた太陽のマーク

日焼け止めに表示されている「SPF」と「PA」について

日焼け止めとは、肌に直接塗ることでその部分の紫外線をカットするために使われているアイテムです。
その日焼け止めには「SPF」「PA」という2つの数値が表記されています。

SPFとは
SPFとは(Sun Protection Factor)の略で、UV-Bを防ぐ効果を示す数値です。
1~50+までの数値は、何も塗っていないときと比べて、UV-Bをによる炎症をどのくらいの時間防ぐことができるのかを示す数値です。
数値が大きいほど、UV-Bを防ぐ効果が高いということになります。

PAとは
PAとは(Protection Grade of UVA)の略で、UV-Aを防ぐ効果を示す数値です。
4段階の+マークで示し、+の数が多いほどUV-Aを防ぐ効果が高いということになります。
長い時間紫外線を浴びてしまうレジャーやマリンスポーツを楽しむ際には、SPF50+・PA++++の最高値の効果を持つ日焼け止めがオススメです。
ウォーキングやジョギングなど、外で短い時間スポーツをする際は、SPF30・PA+++程度でも十分紫外線をカットできます。
また、紫外線は一年中降り注いでいて、冬でも夏の半分くらいとされています。

特に、UV-Aは朝から夕方まで降り注いでいるため、外で長時間過ごす日は、冬でもPAの高い日焼け止めを選びましょう。

紫外線チェッカー

紫外線は一年中降り注いでいるため、年間を通して対策したいところです。
しかし、紫外線の量というのは、天気予報で少しだけ目にする程度。

なので、「実際、紫外線はどれくらい降り注いでいるの?」なんて思ったことはありませんか?

実は、紫外線って自分で測れるということをご存知でしたか?
今は紫外線チェッカーというアイテムを使って、紫外線を自分で測れる時代になったのです。

紫外線チェッカーを使えば、しっかり数値が表示されるので間違いありません。
これで紫外線対策は万全ですね。

よく外出される方はもちろんお子さんと公園へ遊びに行く際にも便利ですし、日焼け止めの強さを決めるときにも役立ちます。

紫外線チェッカーは小さいですので、紛失しないようにケースに入れておくのがオススメです。
万が一落とした場合でも壊れにくいし一石二鳥ですね。

帽子

帽子は髪・頭皮・顔などに当たる紫外線をカットしてくれるだけでなく、日射病や熱中症の予防にもなります。

それでは、帽子を選ぶときはどういった色が紫外線対策になるのかを説明します。

帽子の色は、黒や紺などの濃い色の方が紫外線をたくさん吸収してくれます。
白は紫外線を反射する色ですが、反射する以上に紫外線を取り込んでしまうため、紫外線対策にはふさわしくありません。

つまり、色が濃いほど紫外線カット率が高くなります。
そのため、紫外線対策に最も効果的な色は黒ということになりますが、黒は太陽光に含まれている赤外線も吸収します。

赤外線を吸収すると熱がこもってしまうため、夏場に黒い帽子を被ると熱中症を引き起こす恐れがあります。

そこで活躍するのが、UVカット加工帽子です。
UVカット加工がされていれば、どのような色でも紫外線をカットする効果が高くなります。

涼しげな白でも黄色などの明るい色でも、紫外線対策に有効と言われる黒や紺でも、UVカット加工がされていればどのような色でも大丈夫です。

ですので、紫外線対策で帽子を選ぶ場合は、UVカット加工がされているかを必ず確認しましょう。

ベンチで雑誌を読む白い帽子の女性
また、UVカット加工には2つのやり方があります。

1つは、素材の表面に紫外線をカットするための加工を施してあるもの
もう1つは、素材に紫外線をカットするための無機物や国から安全と認められた有機物を織り込んでいるものです。

素材を作る段階でUVカット加工が織り込んであるものは、洗濯を繰り返してもUVカット効果に大した変化はありません。

対して、完成した素材の表面にUVカットが施してあるものは、洗濯を繰り返すとUVカット効果は次第に弱まってしまいます。

眼鏡・サングラス

紫外線は皮膚だけでなく、にも影響を与えます。

目に入り込んだ紫外線は角膜や結膜の細胞にダメージを与えて炎症を起こすだけでなく、白内障の原因にもつながるとされています。

まずは眼鏡についてですが、無色で透明のレンズでも紫外線カット機能の付いたものがあります。

眼鏡ショップには色に関係なく紫外線カット機能の付いたレンズを使ったものがたくさん販売されておりますので、そういったものを選ぶと良いでしょう。

次に、サングラスについてです。
サングラスは、レンズの色が濃い方が紫外線対策に効果的なイメージがありませんか?
外側からは瞳が見えないため、目を覆って紫外線をガードしているように見えますが、実は逆なのです。

サングラスをかけて座り込む女性
色の濃いサングラスをかけると、暗い場所にいるときと同じくよく周りが見えないため、目は光をたくさん取り込もうとして瞳孔を大きく広げます。

そうすると、折角サングラスをかけていても、目に紫外線をたくさん取り入れてしまい逆効果になってしまいます。
ですのでサングラスを選ぶ際は、できるだけ色の薄いレンズを選びましょう。

またサングラスにも紫外線カット機能が付いたものがありますので、そういったものを選ぶと良いでしょう。

UVカットアイテムでさらなる紫外線対策を!

紫外線対策ができるアイテムについて、いかがでしたでしょう?

日焼け止めはどれくらいの時間外出するかによって、SPFとPAの数値を意識すると良いですね。

紫外線の強い夏場にレジャーなどを楽しむ場合は、これらの数値が高いものを選びましょう。

帽子は黒が最も紫外線を通しませんが、黒は熱を吸収するので夏場は厳しいですね。

UVカット加工がされていれば色は関係ありませんので、UVカット加工のされたものを選ぶと良いでしょう。

眼鏡やサングラスもレンズにUVカット機能が付いたものが眼鏡ショップでたくさん売られているので、そういったものを選びましょう。

あなたもこの機会に、これらのアイテムで紫外線対策を行ってみてはいかがでしょうか?

サングラスと帽子の画像 サングラスの色は薄め

 

【驚愕】100均でも紫外線対策は可能!全身18種類の紫外線対策アイテム

紫外線に過剰な私がおすすめする紫外線対策グッズをランキングでご紹介!!

おすすめの紫外線対策アイテムはこちら
高SPFなのに無添加!エポラーシェ カラー&UVベース  

オーストラリア発のオーガニック日焼け止めクリーム、ソレオ オーガニックスで紫外線から肌を守りましょう!

紫外線対策クリーム『ペネロピムーン・エバーピンク』の口コミは?