女性の顔や頬の肌荒れ原因は?~内臓まで解説します

振り返る女性 美肌

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

皆さんは顔や頬の肌荒れやニキビで大変な思いをされた事はありませんか?
大事な行事や大切な方と会う際、肌荒れだったり顔や頬にニキビが出来てしまっていたらテンションが下がりますよね。
肌荒れの原因を改善する事は日々の積み重ねと言っても過言ではないでしょう。
日々気を付けていく事で美しい肌を維持していく事が出来るのです。
今回は女性の永遠の悩み、肌荒れについて詳しく解説していきます。
WEBで簡単な肌診断コスメカウンターでしっかり確認したい方はこちらです。

肌荒れの原因って一体何?

肌荒れの原因としては栄養バランスやストレスと言った内部的要因が考えられる場合や、紫外線や環境の変化など外部的要因が考えられます。

皮膚は私達が生きていく上でとても重要な役割を持っており、皮膚の健康バランスが崩れると人間は様々な問題に見舞われてしまいます。

健康な肌ってどの様な状態?

そもそも健康な肌とはどの様な状態の事を言うのでしょうか?

ぱっと思い浮かぶキレイな肌と言えば、赤ちゃんの肌ですね。
赤ちゃんの肌は見た目がとてもキレイで弾力があり、もちもちしていてハリがあります。
そんな赤ちゃんの肌を羨ましく思う方は多い事だと思います。

大人向けのスキンケア関係の雑誌などには「赤ちゃんの肌の様にキレイになる方法」と書いてある事が多々あります。

取り分け男性よりも女性の方がスキンケアに対する関心がずっと高いため、スキンケアの特集が組まれるのは女性誌の方が圧倒的に多いですね。

赤ちゃんの肌がキレイなワケ

赤ちゃんの肌の表面積は大人と比べるとはるかに小さいですが、細胞の数は大人と一緒なので、肌がキメ細かく弾力があり非常に美しく見えます。

肌がキレイなのは、生まれてから間もないため単純に肌に蓄積されたダメージが少ないと言う事が挙げられます。

赤ちゃんはお母さんのお腹の中で10ヶ月保護され、生まれてから暫くは病院と家の中で育てられますので紫外線などの外的要因からも守られています。

ですので、肌荒れのない透明度が高く、キメが細かい肌の状態になっているのです。

肌荒れの無い赤ちゃんのプルぷる肌

赤ちゃんの身体は水分と脂肪が豊富です。
体内の水分量と脂肪量(特に皮下脂肪)が大人よりずっと高く、赤ちゃんの身体の水分量は体重の八割ほどもあるのです。

特に赤ちゃんの身体の水分量は大人より10パーセント~15パーセントほど多く、このため大人と比べてみずみずしく透明感があります。

また、赤ちゃんの肌は新陳代謝が活発で、少しの擦り傷や虫刺されなどで肌荒れになっても、1日~2日で治る驚異的な再生力を備えています。

さらに、大人と違って傷跡が残ることはほぼありません。

赤ちゃんの肌は新陳代謝の機能が高く、大人と違い肌が絶えず生まれ変わっていることから常にみずみずしくプルプルなお肌となっています。

皮膚組織の仕組みとしては、赤ちゃんの肌は大人の半分ほどの薄さです。

その薄い皮膚のために肌荒れしやすいですが、肌の表面(表皮)にくすみや汚れを溜め込みにくく、古くなった角質にメラニン色素が沈着して変色するしみ(疾患名:老人性色素斑)になることは基本的にありません。

肌の健康状態が周囲の人に与える印象

以前、「人は見た目が100パーセント」というコミックスがブームになり桐谷美玲さんが主演でドラマ化されたりするほど容姿に関する話題は人々の興味を惹きつけ、時にはトレンドとなっていました。

外見はもちろん肌だけではありませんが、肌の状態が悪い人が俳優や女優になって大成することはとても難しいでしょう。

女優さんは皆肌が綺麗ですし、俳優さんといった男性陣も肌荒れの少ない肌の綺麗な方ばかりがテレビやコマーシャルに出演しています。

肌というテーマは人が生まれたときから死ぬまで関りがとても深く、人によっては肌が綺麗なことによって「キレイだね」・「イケメンだね」と褒められたりすることもあるので、肌の健康状態は見る人に自らの外見が与える印象を大きく左右する一因になります。

生まれつき顔の頬の赤みが強かったり、20歳を超えてもなかなか肌荒れやが治らなかったりニキビ毛穴の黒ずみが目立っていたり、すぐ乾燥して痛みやかゆみに襲われたりと肌にコンプレックスを持ってる人もいるでしょう。

まずは肌荒れの原因から理解していき、綺麗な肌になるための第一歩としましょう。

顔や頬から全身・内臓までの肌荒れ原因

肌荒れには、ターンオーバーの乱れやホルモンバランスの乱れ、紫外線や間違ったスキンケアなど様々な原因があります。

ここでは肌荒れの原因を、内側からの原因外側からの原因に分類しましたので、それぞれ見てみましょう。

肌荒れの内的な要因

肌荒れと一口にいっても人によって症状は様々です。

カサカサして粉を拭いていたり、顔や頬にニキビが頻繁にできる、赤くなる毛穴の皮脂が酸化して黒ずんでいたりと、症状は10人いたら10通りの症状、程度があり治し方も人それぞれと個人差があります。

ここからは具体的に肌荒れが起きる条件について一緒に考えていきましょう。

食生活習慣

バランスの悪い食生活が、肌を不健康にして肌荒れを引き起こす原因となってしまいます。

油分を多く含むものや甘いもの中心で、野菜など食物繊維はあまり食べない。そのような食生活では腸内環境に悪影響で乱れやすくなります。

ラーメンなどの麺類はそのほとんどが炭水化物&塩分で野菜はごく僅かであり、栄養的に偏りがちです。

腸内環境が乱れると、腸内で悪玉菌が増殖して有害な物質が発生し、体内の老廃物や汚れが排除されず肌荒れしやすくなり、脂質過剰は皮脂の分泌を過剰にするため顔や頬にできるニキビの原因になってしまいます。

しかし、脂質不足はお肌のカサカサなど肌荒れを引き起こしてしまいます。

また、ダイエットをしている方は炭水化物を抜いた食事を摂っている方も多いと思われます。

野菜をたくさん食べれば肌の重要な栄養素であるビタミン類は十分な量が取れますが、肌にとって同じくらい重要なカルシウムが不足したり、肉を食べないことにより鉄分が不足したりします。

これは肌の新陳代謝を損ない、肌荒れが回復し辛い状態になるためじわじわと体の調子も不調になっていく原因となってしまいます。

油分の摂りすぎや栄養に注意しながらバランスの良い食事を心がけましょう。

肝臓や腸などの内臓不調

肌は内臓の状態を映す鏡と言われているように、内臓が不調であれば、やがて肌荒れという結果に繋がります。

肌に良い栄養素は腸から取り込まれ、食物繊維などを摂ることにより腸内をキレイにし、善玉菌を増やします。

食品には有害物質や防腐剤、酸化防止剤などの添加物が含まれており、それらを食べることで人の身体には必要のない『不要物』が蓄積されていきますが、人間の身体は食品が体内に入ってくると胃で消化し、腸でエネルギーが吸収され消化の過程で吸収できなかった成分を分解して無害にします。

しかし、体内に入ってきた不要物の総量が多いと内臓で分解しきることができません。

基本的に人間の身体はこれらの不要物はお通じとして体の外に排出されますが、添加物の多い食品を摂取し続けると内臓が不要物を分解できる総量を超え、さらに続けると肝硬変などの重大な機能障害に陥ります。

肝臓へのダメージは、特にお酒を飲み過ぎると多大な負担がかかり肌に悪影響を及ぼします。

 

注意した方がいい食べ物・飲み物

上記で説明した飲食物以外にも、注意して摂取した方が良いものをいくつか紹介します。

ドリンクバーのコーヒー

一見無害なように思われますが、食品添加物のリン酸塩が増量剤として混ぜられていることがあります。

この成分は、鉄分の吸収を阻害したり体内のカルシウムを体外に出してしまう効果があります。

カルシウムはビタミンと共に必要な大事な栄養素ですので、リン酸塩が使われている可能性のあるドリンクバーのコーヒーを何杯も飲むのは肌荒れになる危険があります。

カロリーオフを謳った製品

カロリーオフを表記した製品には合成甘味料がふんだんに使われています。

合成甘味料の成分は化学合成物質であり、体内で分解されることはありません。

体内に入った化学合成物質は体内を巡り、知らぬ間に内臓にダメージを与え、いずれ肌荒れとして影響が出てきます。

カロリーオフの製品は宣伝でダイエット効果を表記し、製品の強みとしているため体重で悩んでいる人から高い関心を持たれていますが、摂取のし過ぎには気を付けましょう。

首都圏の水

まさか水が・・・と思われるかと思います、実際私もそう思いました。

日本の水には殺菌のために塩素を入れることが法律によって義務付けられており、河川の汚染が止まらない首都圏では塩素を投入する量がどんどん増えています。

塩素は肌のタンパク質とビタミンを破壊するため肌がカサカサになったり、塩素殺菌を行った際にトリハロメタン(別名:残留塩素)という発がん性物質が発生するため肝臓に負担をかけることがわかっています。

しかし、浄水器を付けるなど行うことで大きな問題にはなりません。

水も美肌のために必要なものですので心配な方はペットボトルの水を購入するなどしっかり摂取していきましょう。

美肌と水の関係はこちら

りんごから作られたイチゴジャム

ジャムの製造販売している業者にはキズが付いたリンゴを安い値段で買い取り、イモとデンプンを混ぜて粘り気を出し、最後にイチゴの風味を出すために香料と食品添加物を入れている場合もあります。

特に赤色の色素を着色するために使う『赤色40号』『赤色102号』と、黄色の色素を出す『黄色4号』という添加物は肌のアレルギー症状を引き起こすことがあり、肌荒れの原因となります。

しかし、すべての業者がこのような製造方法ではないため不安な方は一度調べてから購入しましょう。

ソーセージ・ハム

ソーセージにも上記で説明したリン酸塩が含まれています。

また、ハムに含まれる亜硝酸ソーダは発色剤として用いられる添加物で、胃の中で発がん性物質のニトロソアミンに変化します。

これらの食品に使われている成分が内臓にダメージを与えると、内臓の機能が弱まり、肌の代謝に悪影響を及ぼす可能性が高くなります。

ホルモンバランスの乱れ

女性の場合、ホルモンバランスが崩れ、プロゲステロン(黄体ホルモン)が増加すると、皮脂量が増えて毛穴が詰まりやすくなったり、顔が脂っぽくなったりして肌荒れを招きやすくなります。

生理前などに肌荒れに困っている方は多く、これは生理前に分泌されるホルモンの影響で皮脂の分泌が増加することで起きる現象です。

睡眠不足

睡眠不足が続いてしまうと顔色が悪くなるなど脂質が多くなり、肌荒れやニキビの原因にもなります。

忙しくても必ず睡眠時間は最低6時間は確保しましょう。

便秘

便秘になると内臓の中でいつも便が残っている状態になるためお腹が張り、肌の張りやツヤが無くなったり、ニキビ、肌荒れなど肌トラブルが起きやすくなります。

そのままでいると便は腐敗・発酵していきます。このような状況になると善玉菌が減り、悪玉菌が多くなり、有害物質やガスが多く発生してきます。

甘酒には、善玉菌を増やす効果があります。

便が詰まることによりこれらも排出されにくくなるため、血液を通って体内を循環していくことになります。

最終的には肌を通り排出されますが、これが肌荒れの原因となります。
お腹をおさえている女性のイラスト

肌荒れの外的な要因

外側からの肌荒れの影響は、ストレスや間違ったスキンケアも原因の一つです。

それぞれ見てましょう。

ストレス

ストレスが溜まることで内臓の働きが悪くなり活性酸素が発生し、肌荒れの原因となります。

活性酸素が増えることで、食事でとった栄養が肌細胞のすみずみまで行き渡らなくなりお肌が栄養不足の状態になってしまいます。

そして、新しい細胞を生み出す力が衰え老廃物も溜まりやすくなり、健康な肌を維持できなくなることで肌荒れの原因となってしまうのです。

間違ったスキンケア

間違ったスキンケアを行うことも肌へのダメージとなり荒れる原因になります。

こすり過ぎ

こすり過ぎは乾燥肌や肌荒れの最大の原因になります。

力を入れてこすり過ぎることで角質層を傷つけてしまい、肌の保水力を低下させ場合によっては見えない炎症などを引き起こしてしまうこともあります。

クレンジング、洗顔のし過ぎ

クレンジングや洗顔は化粧や汚れ、皮脂を落とすだけではなく、潤いを保つ機能であるNMF(天然保湿因子)、細胞間脂質、皮脂膜といったものも洗い落とされています。

よほどの洗いすぎでなければバリア機能は回復するのですが、朝洗顔をやりすぎてしまうと寝ている間に回復したバリア機能を再び失ってしまいます。

このような状態で乾燥した空気や紫外線にさらされることで肌荒れになってしまいます。

また、乾燥肌の方は以下のことに気を付けましょう。

  • 朝、洗顔フォームを使用してしっかり洗顔
  • 熱いお湯での洗顔
  • 洗ったあと、タオルで顔をゴシゴシ拭く
  • 夜のクレンジングや洗顔で肌を強くこすってメイクを落とす

洗浄力が強いクレンジングや洗顔を1日にたくさん使用する

洗浄力が高いものほど、皮脂膜や細胞間脂質、天然保湿成分などを洗い流す作用が強くなります。

汚れやメイクによくなじみ、濃いメイクが簡単に洗い流せるものや軽く拭くだけでメイクが落ちるクレンジング剤、濡れた手でも使えるクレンジング剤などは大量の合成界面活性剤が含まれており、肌荒れの大きな原因となります。

紫外線

紫外線はお肌への影響が強く、様々な肌荒れを引き起こします。

肌に悪影響を及ぼす紫外線には、A紫外線(UV-A)とB紫外線(UV-B)の2種類があり、その作用には違いがあります。

UV-A

肌の真皮層まで届き、ハリや潤いに必要なコラーゲンやエラスチンを変成し、時間をかけて皮膚の弾力を失わせ乾燥し、「たるみ」や「しわ」、肌荒れを発生させてしまいます。

また、メラノサイトを活性化して肌が黒くなる日焼けを起こしているのがUV-Aなのです。

UV-AはUB-Bと比べてそれほど急激な作用はなく、徐々に光老化を促進しています。

UV-Bは晴れの日に気を付けていれば大丈夫ですが、UV-Aは波長が長く雲や窓ガラスを通り抜けてしまい、紫外線量もUV-Bよりも20~30倍の量があります。

UV-B

UV-Bは肌の表皮にあるメラニン細胞を活性化させ、多量のメラニンを生成する作用があり、日焼けの原因になります。

また、UV-Bはエネルギーが強く表皮細胞の遺伝子を傷つけてしまい皮膚がんやシミを引き起こす原因になります。

波長は短いので真皮にまでは届かないのですが、真皮にある肌のハリを保っているコラーゲンを壊してしまうコラゲナーゼという酵素を活性化し、間接的にシワやたるみの原因にもなっています。

若いうちは新陳代謝が活発でターンオーバーサイクルに沿って余分なメラニン色素が一掃されますが、年を重ねターンオーバーが乱れたり、サイクルが長くなったりすると余計なメラニン色素を含む細胞が代謝しません。

若いころよりもより紫外線対策が必要になってくるのです。

空気の乾燥

空気が乾燥していると、肌が乾燥し、かゆくなったりつっぱったりと言った肌荒れの原因になります。

皮膚が粉を吹いたように白っぽくなってかゆくなる原因の1つは乾燥です。

皮膚表面の水分や皮脂が奪われ、ちょっとした刺激にも敏感になり、かゆみを感じてしまうのです。

手洗いや水仕事の回数が増えると、カサカサになっていた手がひび割れてしまうことがあります。

また、乾燥した部屋で、水分の抜けたカサツキが徐々に硬くなっていき、気づけばパックリと割れてしまっていることもありますね。

朝起きると唇がガサガサに肌荒れしているのも同じです。

汚染された空気、花粉やほこりなどの空気中の汚れ

花粉やPM2.5、黄砂など目に見えない空気中の汚れが影響して、肌がかゆくなったり、ガサガサしたり、吹き出物、ピリピリなどの肌荒れ症状を引き起こします。

肌荒れのメカニズム

ターンオーバー(新陳代謝)が乱れることによる肌荒れへの影響

ターンオーバーとはお肌の新陳代謝であり、皮膚が新しく生まれ変わることです。

皮膚は、表皮・真皮・皮下組織という3つの層で成り立っています。生まれ変わるのは、表皮の基底層という部分です。

ターンオーバー肌の断面図
この基底層で作られた新しい細胞が変化しながら徐々に表面に押し出され、角化細胞となってアカとして自然と剥がれ落ちるまでのサイクルをターンオーバーといいます。

歳を重ねるにしたがい増えるのですが、若い世代で1サイクル28日と言われています。

ターンオーバー(新陳代謝)が乱れると、保湿機能の低下やバリヤ機能の低下を引き起こし、肌荒れ、お肌のくすみ、乾燥、大人ニキビ、ゴワツキ、シミを引き起こします。

ホルモンバランスの乱れることによる肌荒れへの影響

ホルモンバランスの乱れは自律神経の乱れにも繋がり、めまいや苛立ちといった自律神経失調症の症状も起こります。

例えば、女性ホルモンが不足することによって肌荒れや月経不順、抜け毛・薄毛などの原因になってしまいます。

また、男性ホルモンのアンドロゲンは肌の角質を増やしすぎる“異常角化”という状態をつくり、毛穴が角栓によって塞がれる可能性を高めてしまいます。

このようにホルモンバランスが乱れることにより肌荒れ以外にも影響を及ぼしてしまうのです。

原因を理解しキレイな肌へ

今回は肌荒れの原因について紹介してきました。

皆さんが普段から摂取しているものや生活習慣に心当たりがあったかと思います。

忙しい毎日、完璧に改善するのは難しいので食事に気を付ける、紫外線対策や睡眠時間の確保など少しずつ意識して潤いやハリのあるキレイな肌を目指しましょう。

 

肌荒れを治す方法はコチラ
『え?これだけ?簡単に今日からできる肌荒れを治す方法~男性にも』

肌荒れを予防したい方はコチラ
『花粉用マスクだけじゃ防げない肌荒れの予防対策方法は食べ物から見直そう!!』

肌荒れに良い食べ物・悪い食べ物を知りたい方はコチラ
『肌荒れを治すために良い・悪い食べ物の成分一覧表で食生活の改善方法を確認しましょう!!』

おすすめの美容ドリンクはコチラ
市販おすすめコラーゲン『Ⅲ型ビューティードリンク』

おすすめの化粧水はコチラ
ヒアルロン酸の10倍以上の保水力を持つサクラン配合『キウ モイスチャープロテクトゲル』

自分の肌をしっかり確認したい方はコチラ
血管や目の色から肌のブルーベース・イエローベース診断!!似合う色の服を見つけましょう!!

『肌の色の違い』グリーンベース・ピンクベースからパーソナルカラーの確認方法とは?