ランニングをする際に被る帽子は紫外線対策に効果がある?紫外線対策に効果のある帽子の種類と選ぶ際のポイントとは?

ランニングをしている様子 シロツメクサ 紫外線

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

外で運動をして汗をかきスッキリする事は身体だけではなく心の健康にも良い事です。
しかし、残暑の厳しい時期のランニングは、暑いなと感じる事はありませんか?
そんなときに役立つのが帽子です!
今回はランニングする時のおすすめの帽子について解説しましょう!

ランニングなどの運動と紫外線の関係は?

紫外線が強い季節でもある9月でも出掛ける際や室外で運動する際は必ず紫外線対策が必要です
また、脱水症状や熱中症にも注意を心掛けなければなければません。

元々人間の皮膚には紫外線から身を守るメラニン色素が備わっています。
日本人は白人に比べてこのメラニン色素が多く、紫外線への抵抗力もありますが個人差もあります。
肌が黒めだからと言って無暗に日焼けするのもよくありません。

紫外線を浴び過ぎると短期間では水ぶくれや口の周りのヘルペスなどの症状が出る他、長年浴び続けていると皮膚のシミやしわ、腫瘍などが表れてきます。
そして紫外線と言えば女性にとってシミやくすみやシワの原因になってしまう、美容の大敵です。

ランニングには美容にとってメリットがあります。
ランニングなどの有酸素運動には肌のアンチエイジング効果を促進させのです。
更に、内臓の老化速度までも遅らせる効果が期待出来ます。

肌細胞は他の細胞と同じ様に常に酸素と栄養を必要としています。
健康的な肌色を維持させる為にも、十分な酸素を含んで鮮やかな赤色をした血液の流れが不可欠だと考えられます。

ランニングする時の紫外線対策とは?疲れにくくする方法とは何?

海辺でランニングをしている黒い服の女性

ランニングする際に被る帽子は紫外線対策に効果はあるの?

昼間の日差しが強い日や視野が悪くなる雨天時にランナーが長時間走り抜くのであれば帽子は欠かす事の出来ないアイテムになります

何より紫外線対策として帽子を被っていれば、帽子のつば部分が顔の前側に紫外線が当たるのを防いでくれます。
もちろん、つばが前側にしか付いていない帽子の場合は顔の側面への紫外線を防ぐ事は出来ませんが、つばが全周に付いている帽子の場合は側面への紫外線を防ぐ事が出来ます。

また、顔の前側にあるつばの部分で目に紫外線が当たない様にしましょう
目が極度に紫外線の影響を受けた場合、疲れ目・眼精疲労・黄斑変性症・白内障などと言った深刻な目の病気にも繋がります。

色によって効果が変わる!紫外線対策できる帽子のおすすめカラーはこの色!

紫外線に効果がある帽子の種類とは?

帽子と言っても様々な物がありますよね。
紫外線に効果のある帽子は一体どんな帽子なのでしょうか?

ランニングキャップ

メッシュキャップ ランニングの参考商品画像
基本形式なのはやはりキャップ型でしょう。

駅伝、市民マラソン、オリンピックマラソン競技など大勢のランナーたちがサングラスを付けてランニングキャップを被ってます。
眩しい可視光線に含まれる紫外線もバッチリ対策出来ますね。

特に頭部は神経が集中しているニューロン(神経単位)ですので、とてもデリケートな部分です。
直射日光を浴びて頭部の温度が上昇する事によって体温が上がり、熱中症になる場合もありえます。

また、キャップは強い日差しを浴びながらランニングしてる間、大事な頭部を守るのは前提で様々な追加長所がある製品が出回ってます。

サンバイザー

サンバイザーの参考商品画像
サンバイザーを付けておく事で汗を吸収してくれる役割を果たしてくれるだけではなく、汗対策同様に直接顔や目に雨水が当たるのを防ぎ、雨水が顔に垂れてくるのを防ぐ事が出来ます。

サンバイザーはランニングキャップよりもオシャレに着こなす事が出来るアイテムです。
キャップよりもファッション性が高く、様々なコーデに合わせる事が出来ます。

マラソンでも被る人は少なくありませんね。
奇抜な髪型でも邪魔にならずにオシャレさをアピールする事が出来るアイテムだと思います。
サンバイザーを被って威風堂々と先頭に立つ女性ランナーはカッコいいですね!

ただ、つば部分で額だけ紫外線対策出来ても薄皮一枚覆ってない頭部はもろに日差しの刺激を受けてしまいます。
日焼けによる髪の痛みから頭部の神経温度を徐々に上げ、熱中症に近い症状がでて突然の頭痛で喚起する可能性が極めて高いので注意が必要です。

日焼けしてしまった場合

皮膚がヒリヒリして痛みを伴った場合は、皮膚が軽いやけどを起こしてる状態です。
そんな際には氷や氷水などで皮膚を冷やす様にしましょう。
また、市販の冷却剤を使用する際はタオルなどを巻いて、直接皮膚に当てない様に日焼けや火傷した個所に当てます。

クールダウン効果のあるジェルなども肌の火照りを和らげるのに役立ちます。
水ぶくれなど皮膚の状態が酷い場合は皮膚科を受診する様にしましょう。

紫外線100カットの帽子を選ぶポイントを確認しておきましょう。

ランニングする際に適した帽子の選ぶポイント

ランニングをする際の帽子を選ぶ時のポイントは主に3つありますので、順番に見ていきましょう。

通気性

最初に重視したいポイントは通気性です。
ランニングをすると汗をかいて帽子の中が蒸れて不快ですよね。

そんな時、少しでも通気性の良い帽子を被っているだけでその快適さは異なります。
帽子の内部にメッシュ生地を用いている帽子を選ぶ事が第一のポイントとなります。

防水・撥水性

次に重視しておきたいポイントは防水・撥水性です。
この機能がある帽子を被っていれば急な雨を弾いてくれます。
内部に水が浸入しにくく蒸れずに快適な走りが続けられますので、非常に重要なポイントとなっています。

いざと言う時に便利な機能ですので、ぜひこちらの機能も考慮して購入をご検討下さい。

デザイン

最後に重視して置きたいポイントはやはりデザインですよね。
見た目がスタイリッシュでカッコイイだけで、ランニングのモチベーションも上がります。
シンプルなデザインから凝ったデザインの物まで幅広くありますので、お好みの帽子をお選び下さい。

紫外線を効果的に防ぐ帽子とは?帽子の紫外線対策効果やおススメの種類はなに?

ランニングする際は帽子を被って紫外線対策を!

ランニングをする際、帽子での紫外線対策について見ていきましたが、いかがでしたでしょうか?

帽子を選ぶポイントは内側が通気性のあるメッシュ生地になっているもの、防水・撥水性加工のされている生地、自分のモチベーションが上がるデザインという三つのポイントを押さえましょう。
これを押さえておくだけで快適なランニングが出来る様になります。

街中でランニングをしている女性
更に、サンバイザーはランニングキャップよりもオシャレに身に着ける事が出来ますが、頭皮や髪の紫外線ダメージを直接受けてしまいますので、注意が必要となります。

晴れた日に関しては頭皮・目などを紫外線ダメージから守れるランニングキャップが良いと思われます。

運動の為にランニングをしている方は残暑の秋でも帽子を被って紫外線対策をしつつ、ランニングをしてみてはいかがでしょうか?

 

『メンズ編』紫外線対策できる帽子とは?選び方と機能も解説!!

『レディース』紫外線対策できる帽子

おすすめの紫外線対策アイテムはこちら
高SPFなのに無添加!エポラーシェ カラー&UVベース  

オーストラリア発のオーガニック日焼け止めクリーム、ソレオ オーガニックスで紫外線から肌を守りましょう!

紫外線対策クリーム『ペネロピムーン・エバーピンク』の口コミは?