男性でもできる紫外線対策とは?オススメの紫外線対策グッズは何?

海辺に集まる若者達 紫外線

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

紫外線対策を行う男性の方は少なく、圧倒的多数の方は紫外線対策は面倒だと思っていらっしゃるのではないでしょうか?
近年では紫外線対策を行う男性の方が多くなってきたのも事実です。
そこで今回は男性の紫外線対策について取り上げ、男性も紫外線対策をした方が良いのか、紫外線対策をしないとどうなるのか、男性の紫外線対策グッズは何があるのかなどについて見て行きたいと思います。

男性も紫外線対策をした方が良いのか?

男性の小麦色の肌って健やかで若々しく見えますよね?

なので夏になったら思いっきり日焼けしたいという方が多いと思われます。

男性だからと言って紫外線対策を行わないで平気なのでしょうか?

実は紫外線を沢山浴びる事で男性の悩みである抜け毛や、薄毛の原因に繋がる事にもなり兼ねないのです。

男性は女性と比較して肌の保湿などのケア、紫外線を浴びた後のアフターケアを行わない事が当たり前になっていますよね?

ですので紫外線を浴びても肌が黒いと健康的で若々しいなどとあまり紫外線を気にしない方が多いのではないでしょうか?

太陽から放たれる紫外線を長い時間浴び続ける事は人体に悪い影響を及ぼす事が多いのです。

ですので女性だけでなく男性も紫外線対策は必須なのです。

むしろ女性より男性の方が紫外線対策をした方が良いのです。

紫外線対策をしないとどうなる?

日焼け止めを塗ったり、帽子を被ったりなど、日常で紫外線対策をしている方は多いです。

日焼けをするとシミシワを招いてしまう事はご存知の方が多いかと思いますが、その他にも顔や体に恐ろしい変化を招いてしまうのです。

紫外線を浴びる事による4つの恐ろしい変化をご紹介して行きたいと思います。

皮膚がん
紫外線を浴びる事で起こる病気として代表的なのが皮膚がんです。

皮膚がんは紫外線B波を浴びる事により、肌の免疫力が弱まり、それが原因で発症してしまうとされています。


ほくろ
紫外線を長い時間浴び続けてから時間が経過するとほくろが出来ますよね?

皮膚の全ての部分に出来る黒い色素班は紫外線が原因でなります。

ほくろの色素班は小さい点状のものです。

これらは良性のものもあれば悪性のものもあるので、ただのほくろだからと言って油断すると恐ろしい事になります。


白内障
肌のケアは万全でも目の紫外線対策は怠りがちです。

目も紫外線の影響を受けているのです。

その中でも紫外線が原因で起こるとされているのが白内障です。

白内障とは黒目が白く濁って見えづらくなる病気です。


翼状片
白内障以外にも最近注意が必要な目の病気が存在します。

その病気は翼状片(よくじょうへん)と言って、角膜が増殖する事で黒目の方に覆い被さっていき、黒目の内部に白い塊が大きくなり、字がぼけて見えると言った視力低下が起こるものです。

こちらも紫外線が大きく関わっているとされています。

男性の紫外線対策グッズは何がある?

男性の紫外線対策グッズは日焼け止め、帽子、日傘、サングラスなど様々です。

日焼け止め、帽子、サングラスは男性でも女性でもしますが、日傘は女性が差すんじゃないのと思う方もいらっしゃいます。

近年紫外線対策に日傘を差す男性の方が増えてきているのも事実の様です。

また紫外線対策が面倒だなぁと思っている方もいらっしゃると思います。

そんな方には飲む事で日焼け止めになるサプリメントも登場しています。

お手軽に出来る紫外線対策ですので、サプリメントの活用もいいのではないでしょうか。

日焼け止めクリームについて

日焼け止めクリームには沢山の種類があり、香りも好みで選べます。

そんな日焼け止めクリームについてどの様なメリットがあるのかを幾つか説明していきます。

保湿力に優れ、保湿効果が高い
クリーム状で保湿効果に優れている為、乾燥肌が気になる方には特におススメです。

塗った部分が分かりやすい
日焼け止めクリームには白やベージュなどといった色が付いている為、塗った部分が直ぐに分かりやすいです。

その為塗り忘れを防ぐ事が可能です。

また均等にクリームを塗る為においても色が付いていると分かりやすいです。


落ちにくい
クリームを塗った後に皮脂や汗などによる日焼け止めクリームの流れ落ちがしにくいです。

紫外線防止剤とは?日焼け止めクリームなどに含まれる防止剤について解説!

帽子について

帽子は一般的に防暑、防寒、装飾などの目的で被るものですが、紫外線から守る為に被る事もあります。

特に帽子は男性でも手軽に使える紫外線対策グッズです。

顔に入ってくる紫外線を防ぐにはサンバイザーや野球帽などのキャップ系ではなく、ツバが全周に付いているタイプの帽子がオススメです。

ツバが7cm以上あれば顔に浴びる紫外線のおよそ65パーセントは防げるとされています。

男性には

  • 山高帽
  • シルクハット
  • 日常で使われるソフト帽
  • パナマ帽
  • ハンチング
  • ベレー帽  などがある。
女性には
  • ツバが上に折り返ったブルトン
  • 釣鐘(つりがね)形のクローシェ
  • 頭頂部が平らなターバン
  • キャノチェ
  • 円筒形のトーク
  • ベレー帽  などがある。

サングラスについて

サングラスは保護メガネの一種です。

一般的に太陽の紫外線から目を守るのが目的で使われます。

サングラスにも近視用と遠視用などがあります。

普通はニッケル、クロム、セリウム、鉄などの酸化物で色付けした色ガラスを用いて、時には偏光ガラスを用いる事もあります。

塩化銀の感光性を用いて明るい場所でだけ光線を弱めるフォトクロミックガラスを使っているサングラスも市販されています。

紫外線、可視光線、赤外線などの減弱効果の差により様々な種類の製品があり、スキー、登山、海水浴時や、結膜炎などの眼の疾患時などに使用され、目的に合わせて使います。

紫外線から目を守る目的で使う場合、色が濃いサングラスの方が紫外線を防げそうな気がすると思いますが、視界が暗いと瞳孔が開いて、余計に紫外線を目に浴びてしまいます。

レンズの色では判断せずに紫外線カット率や紫外線透過率などの数値を見て判断する様にしましょう。

サングラスで紫外線対策!紫外線から目を守るにはどのようなサングラスが必要?

男性用スキンケア商品について

近年では若い男性を中心として化粧品を選んで使われているみたいです。

年齢問わず女性の多くは肌のお手入れをしていますが、化粧水、保湿クリーム、美容液などのスキンケア商品でお手入れをするのが一般的ではないでしょうか。

洗顔後のスキンケア

  • 初めに化粧水で肌に水分を与えます。
  • 次に美容液で肌に栄養を与えます。
  • 最後に水分を逃がさない為に保湿クリームを使用します。

美白成分や保湿成分といった肌にとって栄養になる成分を濃縮している化粧品が美容液です。

美容液とは肌の真皮層まで栄養を行き渡らせ、肌を根本的に元気にする為の化粧品です。

美容液は肌にとって非常に良い成分が濃縮されているので、他のスキンケア化粧品と比較して高価に感じるでしょうが、絶対に使用する事をオススメします。

女性の方にとって気になる小じわ、くすみ、ニキビ、毛穴の引き締めなどの対策をするのが美容液です。

美容液には様々なタイプがあり、配合成分も異なりますが、人それぞれの肌質や、何が目的で使用するのかでも異なります。

朝は美白タイプ、夜は保湿タイプの美容液として使い分けたりして時間帯や季節によって変えていくのが重要です。

また化粧下地として使用できる美容液もありますので上手く使いこなしましょう。

自分の肌と合わない成分が含まれている事もありますので注意が必要です。

男性も紫外線対策をしましょう

タブレットを持った男性

今回は男性の紫外線対策について見て行きました。

まず男性も紫外線対策をした方が良いのかについて見て行きました。

太陽から放たれる紫外線を長い時間浴び続ける事は人体に悪い影響を及ぼす事が多いのです。

男性はスキンケアや紫外線を浴びた後のアフターケアをしない事が多いので、紫外線対策と言う観点から見れば女性より男性の方が紫外線対策を行うべきではないでしょうか。

紫外線対策をしないと肌トラブルの他に薄毛や抜け毛の原因にもなります。

紫外線対策を行わないとシミやシワを招いてしまう事はご存知の方が多いかと思いますが、その他にも顔や体に恐ろしい変化を招いてしまうのです。

恐ろしい変化とは皮膚がん、ほくろ、白内障、翼状片の4つの恐ろしい変化を招いてしまいます。

男性の紫外線対策グッズとして日焼け止め、帽子、日傘、サングラスなど様々なアイテムがあります。

男性の方が日傘を使うの?と思う方はいらっしゃいますが、近年では紫外線対策に日傘を差す男性の方が増えてきているのも事実の様です。

また飲む事で日焼け止めになるサプリメントも登場しています。

そして代表的な紫外線対策グッズを見て行きました。

日焼け止めクリームを使用するメリットとして、保湿力に優れ、保湿効果が高い、塗った部分が分かりやすい、落ちにくい事が挙げられます。

帽子は一般的に防暑、防寒などの目的で被るものですが、紫外線から守る為に被る事もあります。

顔に入ってくる紫外線を防ぐにはツバが全周に付いているタイプの帽子がオススメです。

ツバが大きければ顔に浴びる紫外線量を防げる割合は大きくなります。

サングラスは保護メガネの一種で、一般的に目を紫外線から守る為に使用されます。

紫外線などの減弱効果の差により様々な種類があり、スキーや登山などに、また結膜炎などの眼の疾患時などに使用されます。

最後にスキンケアについて見て行きました。

スキンケアの基本は①化粧水で肌に水分を与え→②美容液で肌に栄養を与え→③水分を逃がさない為に保湿クリームを使用します。

美容液は朝は美白タイプを、夜は保湿タイプを、そして時間帯や季節によって使い分ける事が大切です。

美容液選びはスキンケアの基本を守りつつ、どの様な成分が配合されていて、何の目的で使うのか、自分の肌質に合うのかなどを考慮して選んで下さい。

 

男性の紫外線対策方法とは?男性は肌が弱いので注意が必要

モテるを兼ねた紫外線対策の服装とは?女性・男性別のオススメとは?

紫外線対策におすすめのアイテムはコチラ
高SPFなのに無添加!エポラーシェ カラー&UVベース  

オーストラリア発のオーガニック日焼け止めクリーム、ソレオ オーガニックスで紫外線から肌を守りましょう!

紫外線対策クリーム『ペネロピムーン・エバーピンク』の口コミは?