紫外線対策に効果がある帽子選びの注意点とオススメの帽子とは?

紫外線対策帽子 紫外線

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

お洒落としてはもちろん紫外線対策として被ることの多い帽子ですが、実際のところどれだけ紫外線対策の効果があり、どのような帽子が良いのか知らない方がほとんどだと思います。
今回は紫外線と帽子の関係に焦点を絞って見ていきたいと思います。

紫外線対策に帽子は効果あるの?

帽子を被ることで顔周りや髪、頭皮などを紫外線から守ることができます。

特に頭を完全に覆うので髪や頭皮を守ることに長けています。

髪や頭皮が紫外線のダメージを受けてしまうと切れ毛や抜け毛、枝毛の原因になってしまったり、髪の色素が抜けて赤っぽく退色してしまうので注意が必要です。

しかし、帽子の紫外線対策効果を過信してはいけません。

太陽の直射日光から肌を守ることはできても、地面や壁に跳ね返った光は守ることができません。

また、帽子の形や素材によっても紫外線対策効果が変わってきます。

熱中症対策としても有効なので、夏場はできるだけ帽子を被るのをオススメします。

紫外線とは?種類や体や肌に与える影響について

紫外線対策にオススメの帽子

帽子が紫外線対策になるとは言うものの、とりあえずどんな帽子でも被っておけば効果があると言う訳ではありません。

実は帽子の中でも紫外線対策に向いているものやそうでないものがあります。

そこで、今回は紫外線対策になる帽子を選ぶポイントをご紹介します。

全方向につばのあるもの
前にしかつばのないものだと首や耳が紫外線に当たってしまいます。

そのため全方向につばのあるものがオススメになってきます。

キャップや野球帽は前にしかつばがないので、頭は紫外線から守れても首や耳がダメージを受けてしまいます。

通気性の良いもの

紫外線対策として被る場合は暑い日が多いと思います。

通気性の悪いものだと蒸れてしまい、熱中症になってしまうので気を付けましょう。

しかし、通気性はよくても日光を簡単に通してしまうような帽子では紫外線対策効果が期待できません。

麦わら帽子は通気性が良く夏の定番アイテムですが、網目が粗いため風だけでなく日光も通しやすい作りになっています。

快適に過ごせるアイテムですが、紫外線対策の観点からみるとあまりオススメではありません。

以上の二点を踏まえておすすめの帽子をご紹介します。

キャペリンハット
  • キャペリン
    少し聞き馴染みの無い名前かもしれませんが、日本では「つば広帽子」や「女優帽」と呼ばれることが多い帽子です。つばが全方向に広く伸びていて紫外線から肌を守ることに優れています。
    女性に人気の帽子でしたが最近では男性からも人気があるようです。
中折れ帽子
  • ソフトハット
    中折れ帽と呼ばれることも多く、大人の男性から多く支持されています。
    同じように全方位に伸びたつばが日光を遮り紫外線対策になります。
バケットハット
  • バケットハット
    ストリート系のファッションでよく見かける帽子ですが、実は意外と紫外線対策効果があります。
    つばは上の二つほど長くありませんが、こちらも360度線方向につばがあり肌を守ってくれます。男女共に若い世代の方に人気で、ラフな雰囲気を出したいときにオススメです。
チューリップハット
  • チューリップハット
    つばとのつなぎ目がなくひとつづきになっている帽子です。
    同じようにつばが全方向に広がっていて、紫外線対策効果が期待できます。赤ちゃんや小さいお子様にとても似合うシルエットで、構造が簡単なのでご自身で作ってみるのも面白いかもしれません。

上記4つが紫外線対策にはオススメです。

紫外線対策帽子

紫外線対策にオススメの帽子の色は?

紫外線対策の帽子選びには色も関係していて、濃い色ほど紫外線を遮る効果があります。

色の中でも紫外線を通しづらいものとそうでないものがあり、黒は1番紫外線を通しづらくほぼ100%遮ることができます。

逆に一番紫外線を通してしまう色が白です。

白は約80%しか遮ることができず、残りの20%はそのまま通してしまいます。

しかし、黒は紫外線を遮ることに長けている一方で、熱を溜め込んでしまう性質もありすぐに熱くなってしまいます。

対して白は熱を溜め込みにくい性質をもっているため、あまり熱くなりません。

紫外線対策の観点で考えると黒い帽子がオススメになりますがかなり熱くなってしまいます。

快適さも求める場合は外側は白で内側が黒いものにすると、熱くなりにくく内側の黒が紫外線も遮ってくれます。

紫外線対策にオススメの帽子の素材は?

先ほど色によっての紫外線を遮る効果の違いをご紹介しましたが、素材によっても紫外線に強いものや弱いもの、紫外線対策効果のあるものがあります。

その中でも紫外線対策にオススメのものをご紹介します

ポリエステル
ポリエステルは日焼けやシミの原因になるUV-bを9割以上もカットすることができ、紫外線対策の効果が期待できます。

しかし、ポリエステルに限っては、光老化といったシワやたるみの原因となるUV-aという紫外線はあまりカットができないので注意が必要です。

また、ポリエステルは単体だと通気性もあまり良くありませんが、通気性の良い綿との混紡素材を選ぶことで改善されます。

ウール
ポリエステルと同じく日焼けやシミの原因になるUV-bを9割以上もカットすることができます。

そして、熱が伝わりにくい性質があるため冬は暖かく夏は涼しく快適に過ごせます。

また、湿気をよく吸う性質もあり、帽子の中の湿気を吸うときに熱も一緒に吸ってくれるため、頭が蒸れてしまう夏も快適に過ごせます。

デニム
デニムは数ある素材の中でもトップクラスに紫外線を通しにくく、特に青いデニムは99%以上紫外線をカットできます。

見た目もカジュアルでお洒落なものが多いため服に合わせやすかったりと、ファッションの観点から見てもオススメです。

UVカット加工

UVカット加工とは衣類や日傘、サングラスにも施されていることの多い紫外線対策効果のある加工です。

このUVカット加工は紫外線を遮ることに特化した薬品を使うため、先ほどご説明した色や素材の紫外線対策効果を意識する必要がなく、自分の好きな色や素材を選ぶことができます。

しかし、その効果は加工方法によって持続する期間が変わってくるので注意が必要です。

生地の繊維に直接UVカット効果のある成分を混ぜてあるものはUVカット効果が半永久的に期待できますが、綿やウールなどの天然素材に施すことができません。

生地の表面にUVカット効果のある成分を吹き付ける加工法もあり、どんな生地や繊維にも施すことができますが、洗濯や時間が経つごとに効果が薄れていき半年から1年ほどしか効果が持続しません。

UVカット加工はとても便利ですが効果の持続期間に気を付けて利用してください。

おしゃれの定番である帽子は紫外線対策にオススメ!

今回は紫外線対策と帽子について詳しく見てきました。

帽子を被るのと被らないのでは頭皮や髪、そしてお肌へのダメージがかなり変わってきます。

熱中症対策なども考えると被るのをオススメします。

そして、帽子の素材や色によっても紫外線対策の効果が変わってくることも分かりました。

紫外線対策に拘るのであれば、暗い色のデニム生地やウール生地を選ぶと良いでしょう。

UVカット加工は素材や色を選ばずに紫外線対策の効果を得られるものでとても便利ですが、その効果には期限があり、効果が弱まった状態で使い続けていると紫外線から肌が守られずにダメージを受けてしまうことになるので注意してください。

帽子は直射日光から髪や肌を守ることができても、地面からの照り返しなど下からの光からは守ることができません。

そのため帽子の力を過信せずに、日焼け止めなどでお肌のケアもしっかりと行ってあげてください。

紫外線の強い季節は帽子と日焼け止めでしっかりとお肌を守り、美しいお肌を保ちましょう。

 

色や素材で紫外線カット率が変わる帽子で紫外線対策!もちろんお洒落も楽しみたい。

紫外線を効果的に防ぐ帽子とは?帽子の紫外線対策効果やおススメの種類はなに?

紫外線対策におすすめのアイテムはコチラ
高SPFなのに無添加!エポラーシェ カラー&UVベース  

オーストラリア発のオーガニック日焼け止めクリーム、ソレオ オーガニックスで紫外線から肌を守りましょう!

紫外線対策クリーム『ペネロピムーン・エバーピンク』の口コミは?