紫外線対策化粧水の成分から見るおすすめ化粧水とは?

化粧水の効果を実感する女性 紫外線

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

紫外線対策でクリームやローションを塗るのは手間ですよね。
もっと簡単に紫外線対策はできないかと思ったことはありませんか?
手軽に使えて化粧下地になって美肌も手に入れたい。
そんな方には紫外線対策成分が入った化粧水がオススメです。

化粧水は何のために使う?

化粧水はなんの為に使うのでしょうか。
紫外線を浴びると肌が荒れて肌老化が進んでしまうので、バリアー機能を維持するために化粧水で保湿し角質層を整えるのです。

①紫外線で肌が荒れる

紫外線はUVA、UVB、UVCの3種類に分類されます。
このうち地表に降り注いでいるのはUVAとUVBで、これが肌荒れの原因の1つになっているのです。

紫外線の『uva,uvb,uvc』って何?対策ってあるの?

どんな肌荒れがあるか見てみましょう

ニキビ

肌の乾燥が進んでしまうと角質が余分に厚くなり、毛穴が塞がれてしまいます。
また、皮脂が紫外線を浴びることで酸化して毛穴を刺激します。これもニキビの原因です。

シミ・くすみ

紫外線で炎症になり、それがキッカケとなってメラニン色素が過剰に生成されてシミやくすみになってしまいます。
後述するバリア機能が低下すると、肌の代謝がスムーズでなくなりメラニン色素が肌の中に停滞し、色素が沈着してしまうのです。

ゴワつき、ザラつき、皮めくれ

紫外線の刺激を繰り返し受けることで角質層が厚くなります。
そして肌内部が隙間だらけになり水分が蒸発し、肌の表面のキメが乱れて肌荒れになります。

シワ、たるみ

UVAは真皮にまで届いてコラーゲンやエラスチンを破壊してしまい、深いシワやたるみの原因になってしまいます。

女性の紫外線対策とは?

②バリア機能とは

紫外線による皮膚へのダメージは、ターンオーバーの乱れを引き起こします。
ダメージを受けてしまった肌は、皮膚の状態を修正しようとして一時的にターンオーバーが速まります。
このスピードが早すぎると、正常なペースで生まれ変わるはずの細胞がしっかり成熟せずに、未熟な細胞が多く肌の表面に並ぶことになり、肌が本来持つべきバリア機能が十分に発揮されないのです。

バリア機能とは、肌表面にあるわずか0.02mmの角質層がうるおいを蓄え乾燥と外部刺激から肌を守る役割のことです。
そしてこのバリア機能を構成する要素は3つあります。

  • 皮脂
  • 天然保湿因子
  • 角質細胞間脂質(セラミド)

この3つで、全部あわせて3大保湿因子と呼ばれています。
3大保湿因子がベストなバランスを保っていると、キメの整った健やかな肌状態をキープできるのです。

③保湿とは

十分に保湿された肌とはどのようなことでしょうか?

十分に保湿された肌とは
潤いがあり、健やかであり、美しい素肌のことです。
適切な量の水分が保湿成分によってお肌の中につなぎ止められ、さらに油分によって水分の蒸発を防ぎ、お肌にしっかりと保持されている状態のことです。
肌の角質層の中に適度な水分があるコンディションが望ましく、角質層は約80%が硬いケラチンというたんぱく質でできていますが、お肌を触ってみて柔らかく感じるのは、角層に約20%~30%の水分があるからです。
この20%~30%程度の水分が含まれている状態が、なめらかで潤いのある保湿された肌となります。

紫外線対策の化粧水ってなんだろう?

紫外線をカットする成分が含まれている化粧水です。
どのようなメリットがあるのか見てみましょう。

  • 美容液を配合した商品もあり、スキンケアの行程を省略することが出来ます。
  • サラッとした使い心地で軽いテクスチャーです。
  • 洗濯干しやちょっとした外出に手軽に使用できる。
  • 日焼け止めクリームと比べてSPFやPAが低く抑えられているものが多くお肌への負担が少ない。
  • 洗顔料で簡単に落とせる。

紫外線対策化粧水の成分

紫外線吸収剤について
  • サリチル酸グリコール 粘性のある液体で匂いはなく、化粧水や液状の化粧品に使用されます。
  • オキシペンゾン 結晶性の粉末で、UVAからUVBまで吸収します。
  • パラアミノ安息香酸 結晶性粉末で匂いはなく、強く紫外線を吸収します。

紫外線散乱剤について

  • 酸化チタン 被覆力が優れ、不活性であり、紫外線の遮断剤として広く使用されている。
  • 酸化亜鉛 紫外線の遮断性が上記の酸化チタンよりも高く、UVやファンデーションなどに多く使用されている。
  • タルク 紫外線散乱剤として使用され、ファンデーションの伸び、すべりなどのために利用されています。

肌にしみこむ化粧水

おすすめの紫外線対策化粧水

ニベア ニベアサン プロテクトウォータージェル
日常の紫外線から素肌をやさしく守って、瑞々しい感覚のUVジェルです。
ヒアルロン酸+天然植物エキス(うるおい成分)配合。
化粧下地としても使用できます。
通常の石けんや洗顔料・全身洗浄料などで落とせます。

◆SPF35/PA+++
◆無香料・無着色
◆アレルギーテスト済み(すべての方にアレルギーが起こらないというわけではありません。)
◆500円前後

NOV ノブ UVローション EX
毎日のUV対策にちょうどいい、さらっと伸びのよいUVローションです。

さらりとした感触、伸びがいいUVローションです。
そして紫外線をしっかりカットしながら白浮きせず、敏感なお肌を守ります。
低刺激性で紫外線吸収剤は不使用です。
化粧下地としても使用でき、通常の石けんや洗顔料・全身洗浄料などで落とせます。

◆SPF32 PA+++
◆無香料
◆無着色
◆2,200円前後

キュレル UVローション
セラミドの働きを効果的に補いながら紫外線から肌を守り、乾燥性敏感肌を考えたUVローション。
顔や体の肌に伸ばしやすく、さらりとなじみ、乳液タイプでしっとりとした使い心地です。

SPF50+/PA+++ですので強い紫外線をしっかりカットし、紫外線による肌ダメージを防ぐだけでなく、セラミドケアで潤いのある肌に保ちます。

植物由来の消炎剤(有効成分)が配合されており、日焼け後の火照りを防ぎます。
潤い成分である、潤浸保湿セラミド機能成分、ユーカリエキス、アスナロエキスも配合されています。

白残りしにくく、肌への負担感のないつけ心地です。
化粧下地としても使用でき、肌をなめらかに整えます。
赤ちゃんのデリケートな肌にもお使いいただけます。

◆SPF50+/PA+++
◆無香料・無着色
◆アレルギーテスト済み(すべての方にアレルギーが起こらないというわけではありません。)
◆1,200円前後

化粧水で手間をかけずに紫外線をカット!

今回は化粧水で紫外線をカットするというテーマでしたがいかがでしたでしょうか?

「化粧水はなんのために使うのか」から始まり、UVカット化粧水のメリットや成分、実際の商品までご紹介してきました。
UVカット化粧水の特徴の1つは、紫外線をカットしつつも手軽に使える点です。

今まではローションや紫外線対策クリームを使用し、それらも効果は十分にあります。
ですが、ちょっとしたお出かけなどではひと手間がありました。

UVカット化粧水は全身に使えるものもあり便利です。
紫外線は夏だけでなく、年間を通じて降り注いでいますのでこの機会にUVカット化粧水を試してみてはいかがでしょうか。

 

紫外線対策できるファンデーションとは?

パウダーファンデーションで紫外線対策!コラーゲン、セラミド配合で美肌効果にも期待できます!

おすすめの紫外線対策アイテムはコチラ
高SPFなのに無添加!エポラーシェ カラー&UVベース  

オーストラリア発のオーガニック日焼け止めクリーム、ソレオ オーガニックスで紫外線から肌を守りましょう!

紫外線対策クリーム『ペネロピムーン・エバーピンク』の口コミは?