赤ちゃんの肌はデリケート!乾燥しやすい赤ちゃんのスキンケア方法とは

赤ちゃんの肌の乾燥の原因と防ぎ方 表紙 肌荒れ

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

生まれたばかりの赤ちゃんの肌はとてもデリケートですね。
少しの刺激や乾燥によって、ダメージになってしまうかもしれません。
赤ちゃんは自分ではケアするのは難しいので、両親や周りの方が気づかなくてはいけませんね。
赤ちゃんの肌はどうなっているのか赤ちゃんの肌を乾燥から守るにはどうすればよいか考えてみましょう。

赤ちゃんの肌の特徴

赤ちゃんの肌は見た目がとても綺麗。ふっくらしててみずみずしいです。
だからスキンケアなんて必要ないんじゃないかと思いがちですが、実はとってもデリケートなのです。
そのためケアしてあげることが大切です。

赤ちゃんの肌の乾燥の原因と防ぎ方 入浴中肌の一番外側の層である角層では、NMF(天然保湿因子)と水分と細胞間脂質が適切なバランスで様々な機能を正常に保っています。

乳幼児の肌はというと、成人と比べて一年中水分量、NMF量、皮脂量がいずれもとても低く乾燥しやすい状態にある事が化粧品メーカーの研究で分かっています。
また、赤ちゃんの特徴である、よだれ、汗、涙などを拭き取る際に刺激になってしまうためバリア機能を一層低下させてしまいがちです。
ですから、赤ちゃんにとって適切なスキンケアはとても必要なものと言えます。

赤ちゃんの肌が乾燥してしまう原因

前述もいたしましたが、赤ちゃんの肌は繊細でダメージを受けやすいです。
それはなぜなのでしょうか。

肌の表面が薄いだけでなく皮脂や水分量などが大人より少ないため、バリア機能が弱いのです。
ですから、水分が蒸発しやすくなっています。

皮脂に関していうと大人の半分、水分量に関しては2/3程度しかありません。
これではケアをしてあげないとひとたまりもないわけですね。
きちんと保湿してあげましょう。

肌がカサカサしてると感じる時は肌の水分量が足りてないという事です。
カサカサしてる?と思ったらすぐにでも保湿してあげましょう。

赤ちゃんのスキンケア方法とは

これは大人でも同じことが言えるのですが、お風呂から上がったらなるべく早くスキンケアをしてあげる事が大切です。

保湿方法と注意点

お風呂上がりは放って置くとあっという間に乾燥してしまいます。
そのため、ローションやミルク、オイルなど何かしら水分量の多いもので蓋をして肌の乾燥を防ぎましょう。赤ちゃんの肌の乾燥の原因と防ぎ方 入浴中2

オイルタイプを使うときの注意点ですが、ローションなどで肌を整えて、その後仕上げにうっすら伸ばすようにしたほうがベタつきが気にならないので良いですよ。

夏場などはさっぱりした化粧水タイプを使いたくなりますが、水分はすぐに蒸発してしまうので、皮膚のコーティングという意味では油分の含まれているミルクタイプがいいと思います。

お風呂上がりは水分が沢山あり、吸収率が良い状態になっているため、なるべく早く塗ると保湿効果が高まるのです。

洗うことも大切

赤ちゃんはよく汗をかきます。
皮脂自体は分泌が少ないですが、分泌の頻度が多いために汚れが溜まりやすいという特徴があります。

肌が弱い赤ちゃんでは丁寧に汚れを洗い流してあげることが大切です。
肌のトラブルを未然に防ぐことに繋がります。

しかしながら、肌に合わないボティソープ等を使うと余計に乾燥などの肌トラブルに繋がる事があります。

大人用は刺激が強いために赤ちゃん用の石鹸で、しかも化学物質などの入っていないものを選ぶとより良いと思います。

お湯の温度ですが、38℃前後のぬるめの温度で行なってあげてください。
石鹸は泡立てた後優しく洗ってあげることを心がけておくと良いでしょう。

赤ちゃんの肌トラブルがどうしても解決しない場合

ちゃんとケアをしても改善されない時や、かゆがって泣いてしまう時は医療機関を受診するのも一つの手です。

赤ちゃんに合った薬を処方してもらえますし、赤ちゃんの肌に併せてローション等を紹介していただける事もあります。

赤ちゃんの様子を見て診察を受けてみてください。
徐々に症状が改善されていくことと思います。

赤ちゃんでも使えるベビーソープの選び方と使い方

赤ちゃんの肌に合うように店頭ではベビーソープが販売されていますが、どのように選び使用すれば良いのでしょうか。
赤ちゃんのスキンケアの参考になれればと思い紹介していきます。

性質から選ぶ

アルカリ性と弱酸性があります。

アルカリ性のソープ

赤ちゃんの肌の乾燥の原因と防ぎ方 アヒルのおもちゃアルカリ性は固形石鹸に多いタイプで、短時間で泡切れよく洗ってくれるのが特徴です。
赤ちゃんは汗やよだれ、涙などで肌が何かと汚れがちですので、しっかり泡立てたアルカリ性のベビーソープは洗い上がりがよく、赤ちゃんもスッキリします。

新生児から3ヶ月目までは皮脂の分泌が比較的多く湿疹になりやすい時期のため、肌の汚れをちゃんと落としてあげることも必要です。

しかし、洗い上がりが突っ張ってしまう、冬季にカサカサしてくるといった症状が出ているなど、肌と同じ弱酸性のものと比べると個人差が出てきやすいのもアルカリ性ソープの特徴ですので、お子様の肌にあった製品を選ぶ必要があります。

弱酸性ソープ

弱酸性ソープは皮膚と同じ酸性度なので、肌に優しいという特徴があります。

洗浄力は穏やかで、生後3ヶ月を超えたあたりから急激に皮脂の分泌は減ってきてしまい肌の状態が不安定になりがちなため、デリケートな赤ちゃんの皮膚には弱酸性がオススメされているところです。

洗剤が肌に残りやすい事も多く、洗い上がりがぬるぬるといつまでも残るソープもあります。
この場合、よく洗剤が洗い流されてない可能性が高くなりますので、洗い流しをきっちりしっかり行なってボディソープを洗い切る事が大切になってきます。
なお、洗い残しがあると肌トラブルの原因になり得ます。

ベビーソープのタイプから選ぶ

ボディソープには大きく分けて3種類あり、それぞれにメリット・デメリットがあります。
赤ちゃんの月齢に合わせて選ぶと良いと思われます。

泡タイプ

泡タイプは首の座らない赤ちゃんや、赤ちゃんを一人で入浴させてあげる時に便利です。
ポンプから出た瞬間に泡になって出てきますので、泡立てる必要がなく汚れの吸着が良かったり洗い流すのも楽なタイプです。

ただし、量の割に割高だったりしますし、場合によっては添加物が多いものも見られますので、しっかりと買う前に確認してから買いましょう。

液体タイプ

液体タイプのベビーソープは固形のものに比べると泡立ては簡単となりますが、赤ちゃんを見ながら片手で泡立てるのは意外と難しいので、赤ちゃんがお風呂用の椅子やつかまり立ちで待てるようになってから使い始めるようにしたほうが安心と言えます。

赤ちゃんの肌の乾燥の原因と防ぎ方 拭いてもらっている

気をつけなければならないのは、ボトルの先端に液体がこびりついてカビが生えたり、ヌメヌメしたりすることがあるのでそこのケアを行なってあげることと、しっかり泡立ててから使用しないと洗剤が偏って洗い流す時に時間がかかったりします。

弱酸性の製品が多いですが、中にはアルカリ性のものもあるのでお子さんに合ったものを選ばれますようにお願いいたします。

固形石鹸タイプ

固形石鹸は不要な添加物が少ない場合が多いことがメリットです。
そして、すっきり洗い上がる事も多く質の良いオイル配合の石鹸は、赤ちゃんの肌についた汗や汚れをちゃんと洗い流して洗い上がりがつっぱることも少ないです。

それから化学物質無添加の石鹸なら、肌の乾燥が気になるお子さんの敏感な肌の子にもオススメとなっています。

お風呂の入り方で赤ちゃんの乾燥肌を防ぐ方法

では、実際赤ちゃんをお風呂に入れる際、どんなことに気を付ければ良いのでしょうか。
ここでは実践編として乾燥肌を防ぐ方法を解説していきます。

赤ちゃんの体は温めすぎない

赤ちゃんをお風呂に入れる時は汗や汚れだけをちゃんと落とすことを心がけましょう。
強く擦るなどすると皮脂を落としてしまい、肌を乾燥させてしまうのでご注意願います。

体を洗う時はガーゼやボディタオルは必要ありません。
低刺激性の洗浄料を使って刺激を加えないように、ソフトに手で洗ってあげましょう。

脂肪の多い赤ちゃんはシワとシワの間に汗が溜まりがちなので、シワの奥まできちんと洗ってあげることもポイントの一つです。

なかには顔が濡れるのを嫌がる赤ちゃんもいます。
ただ顔は汗、よごれ、涙、皮脂、食べこぼしなどでトラブルになりやすい場所ですので、ちょっと嫌がられても泡をのせてちゃんと洗うことも大切なのです。

ベビー用の洗浄料には目に染みにくいものもあるので、目に入ることが心配な場合はそういうものを選んでも良いかもしれません。

シャンプーも必要

赤ちゃんの肌の乾燥の原因と防ぎ方 ベビー風呂毛髪が少ないのも赤ちゃんですが、頭皮の汚れ、皮脂を落とすために泡できちんと毎日シャンプーしてあげた方がよいです。
洗った後は湯船に入らなくても大丈夫。

赤ちゃんは体が小さいという特徴から割とすぐに温まります。
冬でも湯船は5分以内程度が目安となります。
夏場はシャワーだけでもOKです。

体が冷えないようにする

赤ちゃんの体を洗う時は体が冷えないようにお湯をかけてあげましょう。

お母さんが体を洗う時は湯船に浸かったまま待たせてしまうと危険なため、お母さんの手の届く範囲に座らせたりしてこまめにお湯をかけてあげると体を冷やすことがないので安心です。
入浴中は換気扇を止めておくとベターですよ。

入浴剤を入れて保湿効果を求める

入浴剤は安全性が心配ですよね。
ですが、月齢3ヶ月程度から使えるものや、沐浴用のものであれば産後すぐにOKというものまで様々あるようです。

保湿目的のものですと、3ヶ月以降から使えるというものも多く、使いたい方はそこら辺をよくチェックしてください。
主にパッケージに対象年齢という形で書いてある事が多いです。

ですが、赤ちゃんに入浴剤を使っているお母さんは全体の3割で少ないですね。
赤ちゃん用の入浴剤も多数出てますので、そういったものから選んでみてもよいのかもしれません。

そして、上記でもご紹介しましたので省略いたしますが、お風呂上がりにはできるだけ早い段階で保湿剤を使って乾燥を防いであげてくださいね。

赤ちゃんのためにこまめに肌ケア!

赤ちゃんの肌はとても綺麗でケアの必要性などは無いんではないかと思いきや、大人よりもむしろケアが必要であることがわかりました。

赤ちゃんはまだ自分では何もできませんから、大人がきちんと対策をしてあげないとですね。
しっかり洗ってケアしてあげる事が大切です。

洗浄料もタイプが色々ありますからお子さんの肌に合ったものを見つけてあげてください。
泡タイプ、固形タイプ、液体タイプの洗浄料……あなたならどれを使いたいと思いましたか?
ここらへんは、実は赤ちゃんの月齢によって選んでも良いですからね。

 

その他の赤ちゃんと肌荒れに関する記事はこちら
新生児にニキビが!デリケートな赤ちゃんの肌にはどんなケアが必要なのか、おすすめの保湿剤とは?

乳児や2歳からの幼児のニキビ肌の原因とは!?乳幼児がかかる皮膚疾患も合わせてご説明します

肌が弱い赤ちゃんの紫外線対策はいつからしたほうがいいの?

おすすめの赤ちゃんの肌荒れアイテムはこちら
ドルチボーレ・エセナの口コミと保湿効果成分とは?赤ちゃんからお年寄りまでデリケートな方へ

エンジェルUVスプレーはやさしさにこだわった赤ちゃんでも使えるUVケア!

エミューオイル『エミューの雫』は腰痛や関節痛に効果なし?口コミから見る美肌効果は?