肌が弱い赤ちゃんの紫外線対策はいつからしたほうがいいの?

タオルを被りおもちゃを咥える赤ちゃん 紫外線

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

「赤ちゃんに紫外線が思い切り当たるのは悪いことだと知っているけれど、紫外線対策はいつからした方がいいの?」とお悩みのお母さんやお父さんはたくさんいるのではないでしょうか?
また、「昔は赤ちゃんに日焼け止めを使っていなかったからきっと今でも必要ないだろう」と考える方もいると思いますが、それは違います。
赤ちゃんの肌は大人よりも敏感なのは周知の事実。
つまり、その分赤ちゃんの肌は大人の肌よりも紫外線ダメージを強く受けてしまうのです
今回は、そんな赤ちゃんの紫外線対策についてご紹介します。

赤ちゃんの紫外線対策はいつからした方がいい?

最近の夏場の紫外線は強く、大人でも紫外線対策をせずに長い時間直射日光に当たってしまうと、日焼けだけでなくシミやたるみ、更には炎症を生じる場合があります。
大人よりも敏感肌である小さな赤ちゃんはなおさらです。

幼いうちに強い紫外線を浴びすぎてしまうと、水ぶくれができたり、10年以上経ってからシミが出来てしまうのです。
そのため、なるべく年齢が低いうちから長時間直射日光に当たらない方が最善ですが、ある程度の外出も必要です。

では、どのように、いつ頃から対策をすればいいのでしょうか?
まず、日焼け止めを使うのは生後3ヶ月頃からにしてください。月齢が低ければ低いほど、赤ちゃんの肌はデリケートです。

そのため、新生児のうちは長時間の外出は避けるとともに、外出するようであれば直射日光にあまり当たらないようにしましょう。

赤ちゃんの肌ってどんな肌?

まず、赤ちゃんの肌とはどんな肌なのでしょうか?

赤ちゃんの肌は、水分量が多くてキメが細かく、すべすべでもちもちなふっくら肌といった印象ですね。

そんな肌を見ていると「赤ちゃんにスキンケアは必要ないんじゃないかな?」なんて思いがちかもしれませんが、赤ちゃんの肌はとってもデリケートでスキンケア必要です。

通常の角層では、「水分」と「天然保湿因子」と「細胞間脂質」が適正なバランスを維持して、様々な機能を正常に保っていますが、赤ちゃんの皮膚は大人と比べると、1年を通じて水分量・天然保湿因子量・皮脂量が著しく低く、とっても乾燥しやすい状態にあることが分かっています。

また、赤ちゃんはよだれや涙、汗などが多く、これらを拭き取るときの摩擦などでもさらに皮膚を刺激し、バリア機能を低下させてしまいます。

ベンチに立つ赤ちゃん

赤ちゃんの紫外線対策にはベビーカーがおすすめ

紫外線クリームの種類

赤ちゃんに使える日焼け止めの選び方としては、やはり安全を考えることが最も重要なポイントです。

成分や肌への負担の度合いを考慮し、安心して使えるものを選びましょう。
また、肌に異常がないかきちんとパッチテストをしてから使用しましょう。

使用可能な月齢

生後0ヵ月から使用できる日焼け止めもあります。

ですが、基本的に赤ちゃんを外に連れ出すのは生後2ヵ月を過ぎたころ。

生後2ヵ月までは短時間のお出かけ程度でしょうから、20分以内の外出ならば日焼け止めはそこまで必要ありません。

しかし、日差しが強まる午前10時から午後3時までの間に外出するのならば、日焼け止めが必要になります。

なので、20分以上出かける予定がないのであれば、2~3ヵ月ごろから使えるもので十分です。買い物などで出かけるかもという方は、生後すぐから使用できるものを選びましょう。

成分表を確認して、肌負担の強い成分は避けましょう

日焼け止めは小さくデリケートな赤ちゃんに使うからこそ、成分表の確認は大切です。

防腐剤や窒素化合物、合成界面活性剤や合成ポリマーなど、肌に負担のある成分を使っている商品も多いので、これらの成分は避けましょう。
アルコールフリーオーガニック無香料無着色など、赤ちゃんの健康と肌に気を遣っている商品を選びましょう。

紫外線吸収剤不使用の「ノンケミカル」を選びましょう

日焼け止めには、紫外線吸収剤を使用したケミカルタイプと、紫外線吸収剤不使用のノンケミカルタイプがあります。

ケミカルタイプは紫外線カット効果が高いですが、肌への負担も強めで、ノンケミカルは紫外線を防ぐ効果は弱いですが、肌には低刺激です。

先述したように、赤ちゃんとの外出は比較的短い時間になることが多いと思われるので、強力な紫外線カット効果のあるケミカルタイプは必要ありません。

選ぶとすれば、肌への負担を考え、ノンケミカルタイプを選びましょう。

普段使いなら「SPF10~20」「PA+~++」くらいで十分です

紫外線をカットする効果の高い分、肌に負担をかけやすいことを頭に置いておきましょう。

赤ちゃんの肌に低負担で、SPFとPAの数値が高すぎるものを避けることが大事です。

普段使いならSPFは10~20ほどあれば十分で、PAも+~++くらいまででOK。もし、長時間出かける予定があるのなら、SPFとPAが高いものを別に用意して使うのがオススメです。

伸びが良く、塗りやすいものが理想的、ただし安全性が最優先です

柔らかいテクスチャーで良く伸びるものは、全身に塗り広げやすいのでオススメです。

しかし、ノンケミカルタイプの日焼け止めの場合はケミカルタイプに比べてべたついたり、白くなりやすいので、気になる方は使用感に関する口コミを確認しましょう。

とは言え、やはり使用感よりも安全性の方が大切。どうしてもべたつきが気になる場合は、塗った後にベビーパウダーを軽くはたいてあげると気にならなくなりますのでぜひお試しください。

「落としやすい」子ども向け日焼け止めクリーム

赤ちゃん用の日焼け止めは石けんやお湯で簡単に落ちてくれるものも多くなっていますが、この紹介を鵜呑みにせず、口コミも併せてきちんとチェックしてみてください。

日焼け止めが石けんやお湯で落とせると書かれつつも、やはり落ちにくいと口コミで指摘されている商品もあります。

これではせっかく負担の少ない物を選んだ意味がなく、強めの洗浄が必要になってしまいます。優しい洗浄できちんと落とせるかどうかを確認して選ぶようにしましょう。

UV&アウトドアミスト

アロベビーUVカットクリームの商品画像
  • メーカー名:アロベビー
  • 商 品 名:UV&アウトドアミスト
  • 価   格:¥2,538 (税込)

新生児から使えて日焼けも虫刺されもこれ1本で防げる、オーガニック性のミストタイプ。
アロベビーUV&アウトドアミストは、サラサラで塗り広げやすいミストタイプのテクスチャーです。

親御さんの手の平にスプレーしてから、体の隅々まで塗ってあげましょう。

SPFは15と低めで、普段使いにもってこいです。虫よけ効果があるので公園などでも使用できます。
また、お湯だけで落とせてしまうのもこの商品の魅力でしょう。

パックスベビー UVクリーム

パックスベビーUVカットクリームの商品画像
  • メーカー名:パックスベビー
  • 商 品 名:パックスベビー UVクリーム
  • 値   段:¥407 (税込)

潤いを肌に与え、合成化学成分を含まない日焼け止めクリームです。
紫外線カット効果はSPF17・PA+で、硬いテクスチャーは少し伸ばしにくいですが、安全安心で使えるところが高評価の日焼け止めです。

毒性の高い成分であるポリマーや合成界面活性剤などを含まず、香料・着色料も含まないので、デリケートなお肌に安心して使うことができます。

石けんで洗えば簡単に落ちるので、入浴時に優しく洗ってあげれば肌への残りもありません。赤ちゃんはもちろん、お母さんも使用しているという口コミも多いので、敏感肌の方にもお使いいただけます。

ミルふわ ベビーUVケア 毎日のお散歩用

和光堂ミルふわUVカットクリームの商品画像
  • メーカー名:和光堂
  • 商 品 名:ミルふわ ベビーUVケア 毎日のお散歩用
  • 価   格:¥438(税込)

低刺激なクリームタイプで日課のお散歩に適した日焼け止めです。

紫外線カット効果はSPF21・PA++と高すぎではないので、普段使いにはとても最適。

クリームではありますが伸びがいい乳液タイプに近いので、非常に塗りやすいと評判です。

小さめのチューブ型なので外出時も携帯しやすく、外出先で塗り直しにも便利です。石けんで落ちるという評価もありますので、使用後も洗って落とせます。

クリーム以外の紫外線対策には何がある?

紫外線クリーム以外の対策としては、ベビーカーで移動するときは日差しを遮るベビーカバーや、UVカット機能のあるブランケットを使用すると良いでしょう。
最近ではUVカットポンチョや外出用UVカットケープ、ベビー用レッグウォーマーなども販売されているので、紫外線対策として積極的に取り入れましょう。

また、UVカットケープには虫よけ機能がついているものもあるので、併せて使うと良いでしょう。

サングラスを上げる女の子

夏の赤ちゃんの紫外線対策はどんなものがある?

肌がデリケートな赤ちゃんを紫外線から守りましょう

いかがでしたでしょうか?
やはり、赤ちゃんには赤ちゃん用のノンケミカル低刺激毒性の高い成分がなく、お湯や石けんで落とせるタイプを選びたいですね。

また、赤ちゃんのお肌が荒れていたり傷がある場合は、無理をして日焼け止めを塗らずにベビーカバーやUVカット機能のあるブランケット、長袖長ズボン、帽子を使用すると良いでしょう。

ただ、長袖長ズボンの場合、元々高い赤ちゃんの体温を更に上昇させてしまい、結果として熱中症の危険があるので注意をしましょう。

紫外線は赤ちゃんの肌にダメージを与えるだけではなく、小さな頃から浴びてしまった紫外線は蓄積されて、赤ちゃんが大人になった時にしわやたるみの原因となってしまいます。
赤ちゃんの肌を紫外線で傷つけないために、赤ちゃんの将来の為にも、今のうちに対策をしていきましょう。

 

1才の子どもの紫外線対策はどうしたら良い?

2歳児でも出来る紫外線対策は何がある?2歳児が紫外線を浴びてしまった場合の影響と紫外線対策とは?

おすすめの紫外線対策アイテムはこちら
高SPFなのに無添加!エポラーシェ カラー&UVベース  

オーストラリア発のオーガニック日焼け止めクリーム、ソレオ オーガニックスで紫外線から肌を守りましょう!

紫外線対策クリーム『ペネロピムーン・エバーピンク』の口コミは?