ビタミンCを摂るにはどうすればいいの?美白効果があると人気のビタミンCサプリ

今、まさにサラダを食べようとしている女性 美白

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

今回は美白効果があると人気のビタミンCサプリと題しまして、肌に対するビタミンCの効果をご紹介します。
ビタミンCサプリにはどんな物があるのか見てみましょう。

気になる肌の老化の原因

私たちは年齢を重ねると体力が落ちてくるように肌もさまざまな機能が低下してしまいます。
肌老化の大きな原因は4つあり、紫外線皮膚の乾燥細胞の酸化・皮膚の菲薄化(ひはくか)が挙げられます。

紫外線

紫外線はわずか数分間浴びても肌にダメージを与えてしまいます。
しかも長年浴び続けたことでシミシワたるみなどを引き起こしてしまいます。

日焼けになったりやシミや皮膚がんの原因になる紫外線B波だけではなく、波長が長く雲や窓ガラスも通り抜ける紫外線A波にも注意が必要です。

紫外線A波は肌の真皮にまで到達し、徐々に蓄積されてコラーゲンやエラスチンを壊す酵素を増やしてしまいます。
それがシワやたるみの原因になります。
また、皮膚の細胞を遺伝子レベルで傷つけてしまい皮膚の免疫力も低下させてしまいます。

光老化は年齢の加齢よりも肌の老化を進めてしまう原因になっていることが分かってきておりますので、一年を通しての紫外線対策が重要になってきます。

皮膚の乾燥

赤ちゃんの時には80%くらいあった真皮の水分量は、20歳をピークに女性の肌から徐々に減少してしまいます。
やがて、乾燥がちになって潤いが無くなってきてしまいます。
これは角質の潤いを保つ天然の保湿成分が、年齢とともに減少していくのが主な原因です。

皮膚の潤いを保つ角質層の成分は下記の3つで構成されています。

角質層の成分

  1. アミノ酸や尿素などで構成される「天然保湿因子(NMF)」
  2. 角質細胞が120層も積み重なり多重層構造で保水する「角質細胞間基質」
  3. 天然のクリーム

乾燥により角質層の表面が剥がれやすくなると、隙間ができてこの中を通して表皮の水分が蒸発します。
水分を失った表皮はさらに薄く硬くなり、小じわになっていきます。

お風呂上りにコットンで保湿をしている女性

細胞の酸化

私たちの体内に取り込まれた酸素は、一部活性化して活性酸素に変化してしまいます。

活性酸素は脂質と結合して細胞を酸化させ(サビつかせ)細胞にダメージを与えてしまいます。
そして、真皮のコラーゲンなどを硬くして皮膚の弾力を失わせ老化を進めてしまいます。

活性酸素を発生しやすくする要因として紫外線・喫煙・ストレス・大気汚染・脂質の多い食事・添加物の多い食生活などが挙げられています。
日常生活にも気をつけ、活性酸素が発生しにくい環境を整えることも肌の老化対策として重要です。

皮膚の菲薄化(ひはくか:みすぼらしい状態の事)

一般的に50歳を超えると肌の老化の進行が一段と早くなってきます。
それは更年期によって女性ホルモン(エストロゲン)が低下し、肌細胞を作り出す力が衰えてしまって皮膚が薄くなるからです。

女性ホルモンが加齢などによって少なくなってくると、新陳代謝やコラーゲンの分泌量も低下してしまいます。
そうなると、皮脂腺の活動も鈍くなって肌のたるみが生じてしまいます。

また、肌が薄くなると炎症が起きやすく感染症にかかりやすいといった問題も生じます。
皮膚の薄さは肌のシワ・たるみ・乾燥など肌老化の原因に加え、肌トラブルの原因にもなるので注意が必要です。

肌が老化する仕組みから防止・予防対策できる食べ物は?

ビタミンCは美白の為に何ができる

ビタミンCは美白のためのサプリメントには必ず入っている成分です。

ビタミンCが美白に効く理由

ビタミンCには身体の代謝を高める働きがあります。
代謝が高まると、細胞内に溜め込まれた老廃物を排出する働きが盛んになります。
メラニンも老廃物の一つです。

代謝が高まると新しい肌細胞が作られてから役目を終えて剝がれ落ちるまでのターンオーバーが、正常なサイクルで動き始めます。
排出する力が強くなれば蓄積されているメラニンを徐々に分解して排出することができます。

ビタミンCができること

ビタミンCにはシミの原因であるメラニン色素の過剰生成を抑える効果があると言われています。
また、色素沈着したメラニン色素を元の色素に戻す還元作用もあります。
ですので、ビタミンCを十分に摂取することでシワの予防・改善の効果は十分に期待できます。

さらに、ビタミンCには皮脂の分泌量を正常な量に抑える働きや抗炎症作用もあると言われています。
皮脂をエサにして繫殖するアクネ菌の発生を抑えてニキビをできにくくします。

他にも免疫力の向上・ストレス耐性を強くする・便通がよくなる・疲労回復などの効果もあると言われています。

ビタミンCの効果

ビタミンCには抗酸化作用があり、老化やガンの予防に効果的であると言われています。
昔から美肌にいいビタミンの代名詞でした。

ビタミンCがもたらす効果

  • メラニンを生成する酵素やチロシナーゼの働きを抑える作用
  • 黒くなったメラニンの色を薄くする作用
  • 日焼けによって起こった肌荒れを治める作用
  • コラーゲンの合成を促進して肌にハリをつくる作用

これらの作用によって美白効果や修復効果が注目され、これまで化粧品やサプリメントなどに使用されてきました。

ところが、ビタミンCは熱や光に弱くピュアな状態では壊れやすいため、肌からはほとんど浸透しないという特徴が出てきました。

ですから、化粧品に用いる場合にはきちんと肌に届くビタミンC誘導体という形にして配合し、安全性と吸収性を高めています。
一般に安定型ビタミンCと呼ばれているものがこれにあたります。

例えばアスコルビン酸グルコシドというビタミンC誘導体は、ゆっくりと肌の中でビタミンCへと変わっていきます。
そのピュアなビタミンCを壊れにくく安定させるためにグルコースという結合した成分があります。

グルコースを肌に塗ると皮膚内の酵素で分解されて切り離されます。
すると、ピュアなビタミンCになって美白効果を発揮してくれるのです。

美白を目指すなら成分の特長を理解し目的にあった化粧品を使うのもおすすめです。
とはいえ、肌から摂るだけでは十分ではありません。
ビタミンCは食べ物から摂取することが何といっても大切です。

ビタミンCを多く含む食品

  • ブロッコリー、ほうれん草、小松菜、じゃがいも、トマトなどの野菜
  • レモン、キウイ、グレープフルーツ、いちご、オレンジなどのフルーツ
  • 日本茶

内から外から毎日ビタミンCを積極的に摂って美しい素肌を守りましょう。

野菜を食べるだけ?食べて紫外線対策とカラダも美しくなる野菜とは?

ほうれんそうやパプリカなど色とりどりの野菜達

食事でも摂れるビタミンC

ビタミンCは食べ物から摂取した方が一番良いです。
どんな物を摂れば良いのでしょうか?

ビタミンCで健康に

人間の身体に必要なビタミンは13種類あります。
それらは体内で作り出すことができないので食べ物から摂取しなければなりません。

ビタミンには水溶性のものと脂溶性のものがあり、ビタミンCは水溶性です。
水に溶けやすく強い酸味があるのが特徴です。
しかし、この栄養素は大変壊れやすく熱や光にも弱いので調理するとすぐに失われてしまうことも大きな特徴です。

健康への効果が高いだけにしっかりと効率よく摂取したいものです。

ビタミンCの主な働き

ビタミンCはいろいろな働きをしてくれます。

ビタミンCの働き

  • 体内の様々な代謝に関与する
  • ビタミンCはタンパク質と鉄によってコラーゲンの生産を促進し肌にハリと弾力を与える
  • 細胞の健康を守り肌の老化を防ぐ
  • メラニン色素を抑制し分解することでシミの予防や改善をする
  • 抗炎症作用がありニキビ予防や治療に働きかける
  • 皮脂の分泌を抑制することで皮脂腺の広がりを抑えて毛穴を目立たなくする

しかし、このビタミンCが不足するとコラーゲンが作られなくなり、肌のハリや弾力が無くなってしまいます。
そうすると、シワやシミもできやすくなってしまいます。

成人した日本人の一日のビタミンC摂取量は男女ともに100㎎です。
妊婦さんの場合は+10㎎・授乳婦さんは+50㎎が必要です。
また、喫煙しているとビタミンCの消費が激しくなるので喫煙者は+35㎎を摂取しましょう。

個人差はありますが、逆にビタミンCを過剰に摂取すると下痢などを引き起こす場合があるため、一日の摂取上限(1000㎎)は守るようにしましょう。

一度の食事で大量に摂取しても、2~3時間で吸収しきれなかった分が体外に排出されてしまうので、3食に分けて摂取することがとても大切です。

野菜ジュースを作ろうとしている妊婦さん

ビタミンCたっぷりの食べ物

ここではビタミンCがたっぷり入った食べ物をご紹介します。

にがうり

沖縄ではゴーヤと呼ばれています。
炒め物や漬物がおすすめです。
しかし、苦味が苦手な方も多いので好みが出てしまうのが難点です。
ビタミンCは1個約193gにつき75㎎含まれています。

「柿が赤くなれば医者が青くなる」と言われるほど栄養豊富です。
カリウムも多く含まれているので二日酔いにも効果があります。
お酒を飲む方にはピッタリな食材です。
ビタミンCは1個約250gにつき70㎎含まれています。

赤ピーマン

黄色のピーマンをさらに熟成させて収穫したピーマンです。
和食や中華など様々な料理に使える食材なのでビタミンCを摂るには一番選びやすい食材です。
ビタミンCは1個(約150g)につき170㎎含まれています。

果物のビタミン含有量

  • レモン1個36gにつき50㎎
  • キウイ1個100gにつき69㎎
  • 柚子1個40gにつき150㎎

フルーツを食べて紫外線対策をしよう!どんなフルーツが紫外線に効果的?

人気のビタミンCサプリ

次は人気のビタミンCサプリを3つほどご紹介いたします。

ビタミンC約90日分(徳用3袋セット)

ファンケルのビタミンCサプリメント30日分
  • メーカー名:ファンケル
  • 商 品 名:ビタミンC約90日分(徳用3袋セット)
  • 価   格:¥864(税込)

1日3粒でレモン約53個分のビタミンCと吸収や持続をサポートするビタミンPを配合しています。
体本来の力、特に美容にもアプローチするビタミンCは健康的な毎日のために必要な成分です。
ファンケルのビタミンC&ビタミンPは、ビタミンCの鮮度を守るため安定性が高く、体内で素早く溶ける植物由来カプセルを使用しています。
毎日続ける物だからファンケルは安心・安全にもこだわりました。

ビタミンC(ハードカプセル)徳用90日分

DHCのビタミンサプリメント徳用90日分
  • メーカー名:DHC
  • 商 品 名:ビタミンC(ハードカプセル)徳用90日分
  • 価   格:¥679(税込)

健康とキレイのサポートに1日分に1,000㎎のビタミンCを配合しています。
さらに、美容に役立つビタミンB2もプラスしました。
ハードカプセルなのでビタミンCの酸味が苦手な方にもおすすめです。
1日2粒を目安に水またはぬるま湯でお召し上がりください。

ビタミンCサプリメント(約3ヶ月分)

オーガランドのビタミンサプリメント
  • メーカー名:オーガランド
  • 商 品 名:ビタミンCサプリメント(約3ヶ月分)
  • 価   格:¥1,200(税込)

ビタミンCをたった1粒に約183.6㎎配合しています。
これはレモン1個分より多い含有量となります。
サプリメントを飲み込むのが苦手だったり、サプリメント独特な味が気になる人におすすめです。
1日に3~6粒を目安にお召し上がりください。
1袋に270粒入っています。

プラセンタとは何か?シミが濃くなる方にサプリを飲む意味や効果・効能はない?

ビタミンCは食べ物やサプリで取り入れて!

美白効果に人気があるビタミンCについて色々書かせていただきました。
ビタミンCという成分は日焼けしたり、肌荒れになったお肌を治めたり色素を薄くしてくれます。
ですが、ビタミンCは熱や光に弱いため肌からは浸透しないようです。
摂取するためには食べ物やサプリメントからが良いでしょう。

こちらではビタミンCの含む食べ物やサプリを載せました。
ご参考にしていただければ幸いです。
皆様がいつまでも美しくキレイなお肌をキープできますように、ぜひビタミンCサプリも使ってみてください。

 

セラミドが多い食品とは?不足している肌の状態から増やす方法と一日の摂取量まで!!

ビタミンC配合の化粧水で美白効果は得られるの?ビタミンの働きまで徹底調査!

おすすめの美白アイテムはこちら
保湿・潤い・白肌の3つのケアが同時にできる、魔法のパッククリーム「王妃の白珠」

”カリスマエステティシャン”が作った!ニューピュアフコイダン 

新発想のナイトクリーム「おやすみ中のご褒美」ってどんな効果があるの?!