20代の美白ケアにクリーム!選び方を知って賢いスキンケアを

イルミネーションをバックにいるセーターの女性 美白

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

20代になると乾燥や小じわなどの肌の悩みが少しずつ増えますよね。
さらに20代も前半と後半に比べると肌の調子が全然違うものになってきます。
そういった悩みが気になってきたら、毎日のスキンケアに美白クリームをプラスしてみてはどうでしょうか?
美白クリームを使うのは30代ぐらいからと思う方もいらっしゃるかと思いますが、最近では20代から使い始める人も増えています。
今回は10年後の肌に違いが出る20代の方にオススメの美白クリームについて見ていきましょう。

20代の肌トラブル

肌の潤い成分は年齢とともに少しずつ減っていきます。
まずは肌の潤いが失われることで発生する肌トラブルを確認しましょう。

毛穴の開き・たるみ
20代に入ってまず毛穴が気になり始める方も多いと思います。
年齢を重ねるとともに毛穴が目立ち出すのは、皮脂が過剰分泌されて毛穴が開くからです。

皮脂の過剰分泌の原因は加齢やストレスなどによるホルモンバランスの乱れ、肌を傷つける洗顔や保湿不足、糖や脂質の多い偏った食生活など多岐に渡ります。

小じわ・肌のたるみ・ほうれい線
20代になると口元や目尻などに増える小じわやたるみ、ほうれい線も気になると思います。
その原因は肌のハリを支えているコラーゲンやエラスチンの減少や、加齢による骨格・皮下組織の変化にあります。

放置するとどんどん深いシワになってしまうため、早めの保湿ケアが必要です。

シミ・そばかす
シミそばかすの原因が紫外線であるのは言うまでもありませんが、実はそれだけではありません。
加齢・ストレス・妊娠などによるホルモンバランスの乱れなどさまざまな原因から発生する活性酸素によっても出来てしまいます。

活性酸素が発生すると肌の内部で炎症が起こると同時にメラニンも作られます。
そのメラニンが活性酸素によって酸化すると黒くなり、濃いシミとして表れるのです。

大人ニキビ・ニキビ跡
ホルモンバランスの乱れや肌の乾燥などが大人ニキビの原因になることもあります。
思春期のニキビは皮脂の分泌が多いことでできますが、大人ニキビは原因が多いために特定しづらく治療も大変です。

さらに大人ニキビは思春期ニキビに比べて跡になりやすいです。
これは肌のターンオーバーの衰えや活性酸素の増加によるものです。

失われた潤いをチャージして美白成分まで肌に届けることで、こういった肌トラブルを減らしてくれるのが美白クリームなのです。
クリームと観葉植物
20代から始めたい美白スキンケア!お肌の悩みを知る事からスキンケアは始まります!!

美白に必要な成分

美白に必要な成分はおおまかに保湿成分と美白成分に分けられます。

保湿成分

肌にしっかり水分を保ちバリア機能の働きを守ることが第一です。
バリア機能を守るには保湿成分を取り入れましょう。
よくスキンケア用品に含まれている保湿成分は例として以下のようなものがあります。

  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸

皮脂の分泌が多いと肌トラブルの原因になってしまうため、油分と水分のバランスを調節することが大切です。

美白成分

シミの元になるメラニンの生成を抑制するなどの働きがあるものが美白成分です。
シミの予防に効果が期待できる美白成分には以下のようなものがあります。

  • メラニンの元になる酵素・チロシナーゼの活性を抑える
    アルブチン、ルシノール、リノール酸など
  • チロシナーゼの活性の抑制・活性酸素の除去と同時にメラニン色素を還元する
    ビタミンC誘導体(L-アスコルビン酸)
  • チロシナーゼの熟成を抑える
    マグノリグナン
  • メラニン色素が表皮に運ばれるのを防ぐ
    D-メラノ(ニコチン酸アミドW)
  • メラニンができる原因の酵素・プラスミンに作用する
    トラネキサム酸

ハイドロキノン
出来てしまったシミに有効な成分がハイドロキノンです。
ハイドロキノンはメラニン色素を漂白・還元する美白成分で、イチゴやブルーベリーなどにも含まれています。

濃度が高いものほど効果も上がりますが、その分肌への刺激も強くなります。
日本では2%までの配合が認められており、その中で自分の肌と相談することが必要です。
いきなり肌につけるのではなくパッチテストを行なってから使用しましょう。

症状別にみる美白成分の効果とは?症状に合わせた美白成分を活用して美白肌へ!

美白クリームの選び方

まずチェックしたいのが、「美白」・「医薬部外品(薬用)」の2つが表記されているかです。
国が認可した美白成分を配合している医薬部外品にのみ美白は表記できるので、効果的かどうかを見定めることができます。

さらに美白クリーム選びには2通りの選び方があります。

目的で選ぶ

美白クリームを使う目的はシミを予防する薄くするかの2つに分かれます。

予防にはチロシナーゼの活性化などを抑えるビタミンC誘導体・アルブチン・トラネキサム酸などがオススメです。
薄くするにはメラニンの色素還元作用があるビタミンC誘導体・ハイドロキノンが配合されたものを選ぶのが良いでしょう。

ビタミンC誘導体はシミの予防もシミを薄くする作用も兼ね備えているためオススメです。

使う部位で選ぶ

クリームにはボディ用とフェイス用があります。
体に使うか顔に使うかでそれぞれ分けて使いましょう。

ボディ用を顔に使うと刺激を感じたり、フェイス用を体に使うと効き目を感じにくかったりします。
顔と体でクリームを兼用したいという方は兼用と表記されたものを選ぶとよいでしょう。
首元にクリームを塗る女性
美白クリームにも保湿を!保湿と潤いで人気のおすすめ美白クリームをご紹介します

20代にオススメの美白クリーム

美白効果が期待できる成分を含んだクリームを探してみました。

QuSomeホワイトクリーム1.9

QuSomeホワイトクリーム1.9の商品画像
  • メーカー名:b.glen(ビーグレン)
  • 商 品 名:QuSomeホワイトクリーム1.9
  • 価   格:15g / 6,600円(税込)

ビタミンC誘導体とハイドロキノンを配合し、シミの生成メカニズムを止め、濃くなったシミを薄くし、シミが表面化するのを阻止するという3段階でシミのお悩みを解決します。
スピーディーかつ高い美白効果を与えてくれるクリームです。

クリーム<美白クリーム>【医薬部外品】

クリーム<美白クリーム>の商品画像
  • メーカー名:アスタリフト(富士フイルム)
  • 商 品 名:クリーム<美白クリーム>
  • 価   格:30g / 5,500円(税込)

美白成分のアルブチンや保湿成分のコラーゲン・アスタキサンチンなどが豊富に配合されています。
シミや日焼けなどの美白ケアだけでなくエイジングケアも出来るアイテムです。
軽やかなクリームが有効成分を逃がすことなく、潤いと透明感に満ちた肌へ導きます。

サエル ホワイトニング クリーム コンセントレート【医薬部外品】

サエル ホワイトニング クリーム コンセントレートの商品画像
  • メーカー名:DECENCIA(ディセンシア)
  • 商 品 名:サエル ホワイトニング クリーム コンセントレート
  • 価   格:30g / 6,050円(税込)

アルブチンとグリチルリチン酸2Kが肌の炎症を抑制し、シミ・くすみを集中ケアして透明感のある肌へ導いてくれます。
保湿成分もたっぷり配合されており、ラップのように肌表面を包み込んで潤いを逃がしません。
合成香料やアルコール不使用なので肌に優しく、敏感肌の方々に高く支持されています。

美白クリームで美白肌へ!気になる美白クリームの効果と使い方とは?

クリームを上手に使って賢い美白ケアを

カフェでくつろいでいる赤いニットの女性今回は20代にオススメの美白クリームを見てきました。
お肌の曲がり角は25歳といわれているように、20代になるとさまざまな肌トラブルに悩まされるようになります。
そんなときに保湿と美白を助けてくれるのがクリームです。

美白へのアプローチにもいくつか種類がありました。
シミを予防したいか薄くしたいかを考えて上手に選ぶことも美白への一歩です。
含まれている成分の作用を理解して使いましょうね。

20代にどんな美白ケアをするかが年齢を重ねても若々しくいるためのポイントですよ。
数年後も数十年後も白く美しい肌でいられるように、今日から美白クリームを始めてみませんか?

腕や手をシミから守るには!?腕や手のシミに効く美白クリームをご紹介します。

美白肌になりたい!!美白になるための美白クリームを上手に、そして効果的に使用する方法とは?

おすすめの美白アイテムはこちら
ホワイピュア薬用美白クリームでシミ・そばかすをシャットアウト!!

シミ・肝斑・クスミを狙い撃ち!美白クリーム プレミアムベルエタンセル

「Psホワイトクリーム」シミを撃退できるオールインワンの有効成分とは?!