紫外線対策ができるBBクリームのオススメとは?

BBクリームのチューブ 紫外線

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

例え5分だとしても無駄に出来ない忙しい朝、お化粧する時間を短縮出来たら嬉しいですよね。
そんな時に便利なコスメがBBクリームです。

BBクリームとは

BBクリームはオールインワンで何となく楽そうだからと使用する人が多いのですが、意味をしっかり理解して使っている人は割とそんなにいないのではないでしょうか。

BBクリームのBBとは、Blemish Balm、ブレミッシュバームの略です。

ブレミッシュは傷や欠陥、バームは香油、軟膏という意味で、そもそもは外部刺激から肌を守り皮膚の炎症を抑える目的でドイツで作られた医療用軟膏なんです。

整形大国である韓国において、BBクリームは美容整形のピーリングやレーザー治療などで傷ついた肌を治癒するために多く使用されるようになりました。

やがて、その肌の再生を助ける機能や保湿効果はそのままに、カバー力や美容成分、UVケアなどを加え誰でも使いやすいように進化したものが、今のBBクリームなんです。

韓流ブームにより日本にもやって来て、一般的にも広く愛用されるようになりました。

BBクリームは日焼け止め、メイク下地、ファンデーション、コンシーラーといったベースメイクの機能を沢山持つオールインワンの万能化粧品です。

BBクリームのメリット
BBクリームは、何と言ってもお化粧の時間が短縮出来るのがメリットです。

日焼け止め、下地、ファンデーションと一つ一つ使って手間のかかっていたものが一回で終わってしまうので、個別に購入することもなくコストパフォーマンスがとても優秀です。

ファンデーションとして、カバーしたいシミや毛穴なども隠してくれます。

紫外線対策できるBBクリームとは

「結局日焼け止めとファンデーションを塗ってしまうけれど、BBクリームだけで大丈夫なの?」

そんなこと思ってませんか?

紫外線対策もメイクも簡単に出来るならこれ以上のことはありません。

UVカット効果を持つ化粧品は沢山ありますが、果たして日焼け止めを塗らなくてもそれだけで紫外線対策は大丈夫なのでしょうか。

紫外線対策を誤解したまま化粧品を使用するのは危険です。

なので、日焼け止めと化粧品、それぞれの紫外線対策効果について知りましょう。

UVカット化粧品を購入する時、殆どの方はSPF値を見ているのではないでしょうか。

実は、殆どのBBクリームにもSPF値の表示があります。

SPFとは?
SPFとは紫外線B波から肌をガードする指標のことでSun Protection Factorの略です。

SPFの表記がある化粧品であるならば、紫外線B波から肌をガードする効果があるわけです。

紫外線B波は強いパワーで、肌の表面を刺激し赤黒く炎症を起こします。

SPFの数字が大きい程に、この紫外線B波から肌を守る効果が強いのです。

PAとは?
Protection Grade of UVAを略した言葉です。

UVA(紫外線A波)をどれだけ防ぐかという指標になります。

効果が高ければ高い程+の数が多くなります。

紫外線A波は皮膚の奥にまで届きます。

紫外線A波を浴びると、肌の奥にある組織メラノサイトが活性化されメラニン色素を作り出します。

夏場の外出が多い方は、SPFやPAの値が出来るだけ高いものを選ぶと良いです。

BBクリームはどのようなUVカット効果があるのでしょうか。

BBクリームにもSPF値やPA値の表示があります。

ですので、他の日焼け止め製品と同様に、SPFやPAの値を考えて購入するのが良いです。

  • 日常生活でのお出掛け…SPF10~20、PA+~++
  • 軽いレジャーやスポーツ…SPF20~30、PA+~+++ほど
  • 夏の暑い日差しの中で、スポーツをする場合や紫外線の強い場所などに行くとき…SPF30~50以上、PA++~++++

ちなみに、雪は紫外線を多く反射するので、雪が積もっている場所は紫外線が強いです。

冬のスポーツをするときも、SPFとPAの値が高めの日焼け止めを使うと良いでしょう。

但し、BBクリームと他の日焼け止めを混ぜて使うのは良くありません。

成分が変わってしまうかも知れないからです。

BBクリーム

BBクリームの成分

今市場で出回っているBBクリームにも様々なものがあります。

なので、その中からこれだというものを一つ選ぶのは大変です。

数多くある商品の中から購入するので、中身の成分に焦点を当て、比べてみるのが良い手段です。

ビタミンなどの美容成分やUVケア成分、セラミドなど保湿力がある成分の割合が多いものを選びましょう。

反対に余り嬉しくない成分が入ってないかもチェックしましょう。

鉱物油や紫外線吸収剤、石油系界面活性剤、保存料、合成香料などです。

肌に良くない成分が入っているものは避けましょう。

こういったものが配合されている化粧品はお値段も手軽なものが多いのですが、長い間使用すると肌荒れやシミの原因になったりしますので気を付けましょう。

おすすめのBBクリーム

フレッシェル スキンケアBBクリームシリーズ
乳液+美容液+クリーム+うす化粧下地+日焼け止め、5つの機能を持つBBクリーム。

肌に密着して潤いを与える湿潤効果と、与えた潤いをラップして閉じ込める保護効果で、つけている間中潤いを逃がしません。

さらに、気になる紫外線もカットし、パーフェクトにお肌を守ります。

カリスマ美容家、ikkoさんもおすすめなのがこちらです。

アヤナス AS BBクリーム
ニキビ、敏感肌が気になる人にはアヤナスのBBクリーム。
季節の変わり目や花粉症の季節にも便利。

肌自体の機能を正常にすることで、綺麗な肌を生み出します。

もちろん、肌にうるおいを与える成分も配合されています。

口コミでは化粧崩れしやすいという人と、1日化粧が崩れなかったという人がいるので、人それぞれです。

オイリー肌だとアヤナスは化粧崩れしやすいようです。

敏感肌や乾燥肌の人に使いやすいBBクリームです。

ラウディBB&CCクリーム
化粧品の酸化は肌の老化を加速させてしまいます。

普通、油分がファンデーションには含まれます。

この油分が酸化すると、肌に刺激を与え、シミなどの原因になってしまいます。

このクリームは、酸化して肌に残らない美容成分だけを配合しています。

ですので、肌への負担を少なくしたベースメイクが可能なんです。

手頃な値段で年齢肌にも使いやすいベースメイクです。

これ一つでベースメイクが出来ます。

そして、ウォータープルーフになっています。

なお、商品名のCCクリームとは化粧下地と、コントロールカラーの要素を含んでいるクリームのことです。

1本で紫外線対策からベースメイクまで、BBクリームぜひお試しを!

ベースメイクがワンステップで決まるBBクリームは、美容液成分も配合されているので、化粧しながらスキンケアを行えるということも魅力の一つです。

BBクリームだけでは紫外線対策効果が足りないのではないかと思って使わなかった方も、BBクリームにぜひ挑戦してみましょう。

きっとあなたのメイクアップに役立ってくれる筈です。

もちろん、日焼け防止効果、美肌効果も期待できますのでBBクリームはとても便利でおすすめです。

 

パウダーファンデーションで紫外線対策!コラーゲン、セラミド配合で美肌効果にも期待できます!

紫外線対策ができる基礎化粧品ってどんなもの?

おすすめの紫外線対策アイテムはこちら
高SPFなのに無添加!エポラーシェ カラー&UVベース  

オーストラリア発のオーガニック日焼け止めクリーム、ソレオ オーガニックスで紫外線から肌を守りましょう!

紫外線対策クリーム『ペネロピムーン・エバーピンク』の口コミは?