夏の保湿ケアは紫外線対策として有効か?保湿の方法と効果とは

桟橋に腰掛けている女性 紫外線

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

夏場は紫外線による肌トラブルが特に気になる季節です。
日焼け止め・日傘・帽子・サングラスなどの紫外線対策アイテムを使用する紫外線対策を行うのが一般的ですね。
しかし、普段行っている保湿ケアで紫外線対策をする事は出来ないのか思った事はありませんか?
今回は保湿が紫外線対策になるのか、保湿の方法と効果、夏の保湿において気を付けたい事は何かについて見ていきたいと思います。

保湿は紫外線対策になるのか?

保湿は乾燥する冬の時期にするものだと思いますが、紫外線が強烈に降り注いでいる夏も保湿ケアが必要になります。

「どうして夏も保湿ケアが必要があるの?」と不思議に感じると思いますが、夏の保湿ケアは紫外線に効果があります。

何故、夏に保湿をしなければならないのでしょうか?

真夏の暑い時期が過ぎて秋から冬の時期になると紫外線量が減り、それと同時に空気も徐々に乾燥していきます。

空気の乾燥が進むとお肌も乾燥してしまいます。

秋から冬の時期に乾燥した肌の保湿をしっかりしないと、肌が乾燥したまま紫外線量が多い夏の時期を過ごさなければなりません。

肌が乾燥するという事は水分量が無く、肌のバリヤ機能が上手く機能しない事で外部刺激から肌を守る事は出来ません。

バリア機能が上手く機能しないと紫外線の影響を回避する事が出来ず、シミなどの肌トラブルを招く事になります。

保湿をしっかりと行っていれば肌はキメがあって潤いがあり、バリア機能も正常に働くので紫外線の影響を受けにくくなります。

潤いがある肌は日焼け止めクリームが馴染みやすくなる為、日焼け止めクリームの効果も上がります。

屋外で紫外線を長い時間浴びると、肌荒れを起こしますので保湿で肌を落ち着かせる必要があります。

保湿を怠るとシミなどの肌トラブルを招いてしまいます。

保湿の方法

スキンケアをしている女性

「保湿は紫外線対策になるのか?」でも触れましたが、夏でも保湿を行っていかなければなりません。

では、保湿はどのような方法で行えば良いのでしょう。

洗顔後は速やかに水分をタオルなどで取り除く

洗顔後の肌は皮脂の量が減っており、肌の水分が蒸発しやすいとても乾燥した状態です。

皮脂が少ない状態のまま肌に水分を残しておくと、水分が蒸発した時に元々肌にあった水分も一緒に蒸発してしまいます。

洗顔後は速やかに清潔なタオルを使用して、肌についている水分を押さえる様にして拭き取りましょう。

ただ、タオルでゴシゴシと肌を擦る様に拭いてしまうと角質層が傷付いてしまいます。

水分を取り除いたら直ぐに化粧水をつける

洗顔後の肌は非常に乾燥しやすい為、水分を取り除いてから時間を空けずに化粧水をつけましょう。

化粧水は水をベースに作られている為、水分とヒアルロン酸などの水溶性保湿成分を肌に補給するのに適しています。

油分のある化粧品(乳液・クリーム)より前に化粧水をつけましょう、あとだと油分によって弾かれて化粧水が肌に浸透してくれません。

美容液をつける

美容液は必ずしも必要ではありませんが、乾燥が気になる季節や小ジワなどの肌トラブルが気になる場合に使用すると効果があります。

美容液にも油分は含まれていますが、同時に豊富な保湿成分も含まれています。

成分を浸透させる為に、化粧水をつけた後に美容液を使用します。

保湿効果を高めたい場合はセラミドを配合した美容液がおススメです。

乳液もしくはクリームで油分を補う

化粧水や美容液をつけた後に乳液やクリームを使用します。

乳液やクリームは油分を含むアイテムでありますが、クリームの方が油分を多く含んでいます。

化粧水や美容液で補った水分や保湿成分が蒸発しない様に乳液やクリームを薄く蓋をしてあげる様に塗ります。

乳液やクリームに配合されている油分として、皮脂に近い成分の「ホホバオイル」などがおススメです。

また、保湿成分の「セラミド」は油溶性成分ですので、油分の多いクリームに多く配合されている事が多いです。

保湿の効果

保湿をする事で肌にどんな効果があるのか、見ていきましょう。

バリア機能が良くなる
乾燥している肌は刺激に敏感な状態です。

保湿をしてあげる事でバリア機能が良くなり、刺激に強い肌に変わります。

ハリが出てくる
肌は水分を維持する為、レンガが積み重なった様な構造をしています。

保湿をして水分を与えてあげるとハリが出てくるのです。

シワがなくなる
保湿をするとハリが出ます。

ハリがあるとシワが伸びて、シワがなくなります。

肌色が明るくなる
保湿の効果でターンオーバーが良くなります。

ターンオーバーが良くなると老廃物を綺麗に排出するので肌が明るく見えます。

夏の保湿はどのようなことに気をつければ良いか?

保湿ケアは毎日行うのが良いですが、夏場のスキンケアで気を付けるべき事について触れていきたいと思います。

夏場のスキンケア

夏のスキンケアは、紫外線の影響を受けてシミやそばかすなどの肌トラブルに気を取られて美白ケアばかりしてしまい、乾燥対策である保湿ケアは忘れがちになってしまいます。

気温も湿度も高く、肌がベタつきやすい夏は保湿をしなくても良いのではと考える方もいらっしゃいますが、それは間違いです。

汗と共に肌の水分が流れ出てしまい、インナードライ状態にあります。

インナードライは、肌から水分が出ていかないように皮脂が分泌されますが、この皮脂をテカリとだと思って取り除いてしまうと更なる皮脂分泌を促進してしまいます。

また、冷房も乾燥を加速させてしまいます。

インナードライには保水力の高いセラミドがおススメです。

また、テカリが多いと感じる場合はコットンパックをすると良いでしょう。

夏の時期に是非やりたいケア

夏場のスキンケアと一緒にやって頂きたいのが、タオルを使用する保湿ケアです。

気分を落ち着かせる効果があり、保湿を嫌う方にはおススメの保湿ケアです!

冷タオル・温タオルを使った保湿ケア

準備するもの

  • 冷タオル
    →水に浸して絞っておく
  • 温タオル
    →水で浸したタオルを絞り、電子レンジで火傷しない様に温めますが必ずタオルの温度を確かめて下さい。
どんな時に保湿すれば良いのか
朝の洗顔後、顔が火照る時、帰宅した時にするのが効果が期待出来ます。

冷タオルを顔に2~3分乗せる事で汗を抑えて肌の水分を維持します。

絞ったタオルを冷蔵庫で冷やすとより効果があります。

温タオルは丁度良い温度になったら顔に2~3分乗せる事で血流が良くなります。

血流が良くなる事で保湿効果が高まり、また気分も落ち着きますのでリラックスする事が出来ます。

交互に繰り返すと効果がUP
冷タオル→温タオルを繰り返す事により、良い刺激を肌に与えます。

目元や首の後ろにも効果があります。

また、読書やパソコンで疲れてしまった眼にも効果絶大です。

蒸しタオルの作り方を知って顔の毛穴をスッキリ!!

保湿で紫外線ダメージを防ごう!

日向を歩いている女性
今回は紫外線対策に保湿が良いのかについて見ていきました。

保湿は乾燥する秋・冬に行うべきではないかと思う方がいらっしゃいますが、実は夏も保湿をする必要があり、夏の保湿は紫外線に効果があるのです。

秋・冬シーズンに保湿が出来ていない場合、紫外線量が多い夏を肌が乾燥した状態で過ごす事になり、肌のバリア機能が機能せずに紫外線の影響を受けてしまいます。

ですので、保湿は毎日欠かす事なく行う事で肌トラブル知らずの肌になります。

保湿の方法

  1. 洗顔後に速やかに水分を拭き取る
  2. 化粧水をつける
  3. 美容液をつける
  4. 保湿クリームを塗る

この順番で行う事によって肌の水分を逃がす事は無いでしょう。

保湿の効果

  • バリア機能が良くなる
  • 肌にハリが出る
  • シワがなくなる
  • 肌色が良くなる

保湿をする事で上記の様な効果があります。

夏場のスキンケアは、紫外線を浴びる事でシミやそばかすが生じないか心配して美白ケアばかりに意識がとられてしまいますが、保湿ケアこそ重要です。

保湿ケアを行っていればシミなどの肌トラブルが起こる事はないでしょう。

保湿ケアを毎日行って紫外線の影響を恐れる事なく日々を過ごしませんか?

 

肌荒れを防ぐ紫外線対策とは?紫外線による肌荒れを防ぐ効果的なスキンケアとおすすめグッズとは?

美白になるためのスキンケア方法とは?正しいスキンケアと習慣で目指せ美白!!

おすすめの紫外線対策アイテムはこちら
高SPFなのに無添加!エポラーシェ カラー&UVベース  

オーストラリア発のオーガニック日焼け止めクリーム、ソレオ オーガニックスで紫外線から肌を守りましょう!

紫外線対策クリーム『ペネロピムーン・エバーピンク』の口コミは?