紫外線吸収剤は私たちの身体に悪さをする?紫外線吸収剤の成分と紫外線吸収剤不使用の日焼け止めとは

ワンピースを着用している人達のシルエット画像 紫外線

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

紫外線吸収剤」という言葉を聞いた事はあるでしょうか?
紫外線吸収剤とは日焼け止めに配合されている成分ですが、紫外線吸収剤はどの様な働きをしてどの様な悪影響を与えてしまうのでしょうか?
今回は紫外線吸収剤が身体に与える影響とは、紫外線吸収剤の成分、紫外線吸収剤不使用の日焼け止めの紹介など見ていきたいと思います。

紫外線吸収剤が身体に与える影響

紫外線吸収剤とはどの様なものであり、それが私達にどの様な悪影響を与えてしまうのか見ていきましょう。

紫外線吸収剤とは

紫外線吸収剤は、紫外線を吸収して科学的に処理する事(=熱エネルギーなどへ変える事)により、肌への紫外線の影響を減らすために化学合成された成分です。

吸収したエネルギーは熱などに変換され、紫外線が皮膚の細胞にダメージを与える事を防ぎます。

しかし、化学変化や発生した熱、化学反応で変化した物質などが肌にとって刺激になってしまう場合があります。

敏感肌の方が強い日焼け止めを塗って肌が荒れてしまったと言う事がありますが、これは日焼け止めに配合されている紫外線吸収剤が影響していると言われています。

紫外線吸収剤の悪影響とは

肌(皮膚)へ与える悪影響
  • シミやシワ
  • 湿疹
  • かぶれ
  • 皮膚がん

紫外線吸収剤は紫外線を吸収する時に化学反応を起こしますので、その化学反応が皮膚にダメージを与え、肌へ悪影響を与えています。

また、紫外線吸収剤に含まれている成分は環境ホルモン作用を持つものがあります。

環境ホルモン作用による悪影響

  • 乳がん
  • 子宮肥大
  • 男性ホルモンの阻害

紫外線吸収剤に配合されている成分の一つ「メトキシケイヒ酸エチルヘキシル」が皮膚から浸透し、体内に吸収される事でホルモン系に影響を与えてしまう事が研究で分かっています。

※環境ホルモン作用・・・「内分泌系に影響を及ぼすことにより、生体に障害や有害な影響を引き起こす外因性の化学物質」と定義されています。

紫外線吸収剤の成分とは

紫外線吸収剤にはどの様な成分が配合されているのでしょうか?
代表的な成分を見ていきたいと思います。

t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン

主に紫外線A波(UVA)を吸収する数少ない吸収剤の一つであり、UVA吸収剤として最もよく使用されています。

薄黄色~黄色の粉末状で油にわずかに溶け、水やアルコールには溶けません。

化粧品基準には「すべての化粧品に配合の制限がある成分」に分類されています。

メトキシケイヒ酸エチルヘキシル

主に紫外線B波を吸収します。

淡黄色の粘り気のある液体であり、わずかではありますが独特な臭いがします。
油には溶けますが、水には溶けません。

日焼け止めの感触の改良に配合されているシリコーン油との相性が良く、日本で最も使用されている紫外線吸収剤です。
強力なUVB防御効果を持ち、UVA吸収剤や紫外線散乱剤と組み合わせて配合されます。

化粧品基準では「化粧品の種類により配合の制限がある成分」に分類されています。

オキシベンゾン

UVA、UVB両方を吸収する事が出来る紫外線吸収剤です。

白~淡黄色の粉末状であり、油にはよく溶けますが水には溶けません。
高いSPF値を出したい日焼け止めによく使用されます。

化粧品基準では「化粧品の種類により配合の制限がある成分」に分類されています。

おすすめ!紫外線吸収剤不使用の日焼け止め五選!!

ここでは、紫外線吸収剤を使用していない日焼け止めをご紹介していきたいと思います。

ラグジュアリーホワイトWプロテクトUVプラス

AMPLEUR・ラグジュアリーホワイトWプロテクトUVプラスの商品画像
  • メーカー名:AMPLEUR
  • 商 品 名:ラグジュアリーホワイトWプロテクトUVプラス
  • 価   格:¥4,536(税込)
  • SPF50+/PA++++

国内最高レベルの紫外線カット効果だけではなく、大気汚染ブルーライト対策にも対応した高機能処方の日焼け止めです。

ストレスフリーな使い心地で肌に滑らかにフィットし、日中降り注ぐ肌老化の原因をブロックします。

また、浸透型コラーゲンにプラセンタエキス、セラミド、リピジュアという様な保湿成分も配合されており、まるで美容液の様な日焼け止めです。

スーッと伸びる付け心地ですので、メイク前にもおすすめです。
付けた後はしっかりと保湿され、肌がピリピリしないので敏感肌の方にも適しています。

パウダーファンデーションで紫外線対策!コラーゲン、セラミド配合で美肌効果にも期待できます!

マイルドUV

ドクターシーラボ・マイルドUVの商品画像
  • メーカー名:ドクターシーラボ
  • 商 品 名:マイルドUV
  • 価   格:¥2,484(税込)
  • SPF40/PA+++

高SPF値ではありますが、赤ちゃんでも安心して使用する事が出来ます。

無香料・無着色・無鉱物油・パラベンフリー・アルコールフリー・石油系界面活性剤フリーと言ったお肌に優しい日焼け止めです。

肌の潤いを保つ「アロエベラ葉エキス」と「アセロラ種子エキス」といった「2種の植物エキス」を配合しました。

紫外線対策をしながらお肌を潤わせ、サラっとしていてベタつきにくくしてくれます。

夏の赤ちゃんの紫外線対策はどんなものがある?

UVミルクEX

NOV・UVミルクEXの商品画像
  • メーカー名:NOV
  • 商 品 名:UVミルクEX
  • 価   格:¥2,160(税込)
  • SPF32/PA+++

ジェルの様に瑞々しく滑らかなミルクタイプの日焼け止めです。
肌になじみやすく、付け心地が軽いです。

無香料で低刺激なために化粧下地や、敏感肌の方や刺激に弱いお子様にも使用する事が出来ます。
肌への負担が少なく、お湯だけで落とせるのでクレンジングは不要です。

抵抗力の弱い子どもを紫外線から守るためにはどうしたら良いか

ヘヴンヴェール

CAMERON&GABRIEL・ヘヴンヴェールの商品画像
  • メーカー名:CAMERON&GABRIEL
  • 商 品 名:ヘヴンヴェール
  • 価   格:¥3,456(税込)
  • SPF45/PA++++

ヘヴンヴェールは「界面活性剤、ナノ粒子散乱剤、紫外線吸収剤、シリコン、合成着色料、タルク、エタノール、パラベン、鉱物油、合成香料」これら10種の不使用を実現しています。

手に出す時は少し硬めのクリーム状に感じるかもしれませんが、肌に乗せるとすーっと馴染みます。
ウォータープルーフなのに石鹸で簡単に落ちるという点も優れています。

フランス生まれの3つの美容液成分「クリスマムマリチマムカルス培養液」「エリンギウムマリチムムカルス培養液」「フランスカイガンショウ樹皮エキス」、そして「スクワラン」「アルガン」「ホホバ」といった保湿成分を配合しています。

日焼け止めにありがちな肌のツッパリ感はありません。
肌にハリ・ツヤ・潤いを与える美容液の様な効果があり、素肌まで透明感に満ちた美肌へと導きます。

ノンケミカル・天然100% 岡田UVミルク

無添加工房OKADA・岡田UVミルクの商品画像
  • メーカー名:無添加工房OKADA
  • 商 品 名:ノンケミカル・天然100% 岡田UVミルク
  • 価   格:¥3,888(税込)
  • SPF20/PA++

刺激成分の無添加にこだわった日焼け止めであり、紫外線吸収剤、シリコーン、合成ポリマーを始めとして、合成界面活性剤、香料、着色料、鉱物油、防腐剤、合成安定剤を使用しておりません。

安全性にとことんこだわり、植物由来のエキスを使用しています。
「トレハロース」「カミツレ花エキス」「アロエベラ葉エキス」「乳酸桿菌/ワサビ根発酵エキス」「乳酸桿菌/オリーブ葉発酵エキス」といった保湿成分を使用しています。

白く浮かないので化粧下地としても使用する事が出来ます。
日焼け止めの洗い残しは肌トラブルの原因になりますが、石鹸で簡単に洗い落とせますので赤ちゃんや敏感肌の方にもおすすめです。

日焼け止めは成分を見て選びましょう!

海にいる帽子を被った女性の画像

今回は紫外線吸収剤について見ていきました。

紫外線吸収剤とは、化学反応によって生じる熱エネルギーなどによって、紫外線が肌へ影響を与える事を防ぐ成分です。

しかし、化学反応で生じる熱などが肌へ刺激を与える事によって、日焼け止めによる肌トラブルが生じてしまうのです。

紫外線吸収剤による悪影響は主に肌(皮膚)への影響とホルモン系への影響があります。

肌へ与える影響
・シミやシワ
・湿疹
・かぶれ
・皮膚がん

こちらのトラブルの要因は、紫外線吸収剤が化学反応によって発生された熱などが肌(皮膚)へ影響を与えているからです。
ホルモン系の影響
・乳がん
・子宮肥大
・男性ホルモンの阻害

こちらのトラブルの要因はメトキシケイヒ酸エチルヘキシルと言う成分が皮膚から浸透し、体内に吸収される事によってホルモン系に影響を与えてしまう事で生じてしまいます。

紫外線吸収剤には主に3つの成分が配合されていますが、それは何なのかおさらいしておきましょう。

t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
主に紫外線A波(UVA)を吸収する数少ない吸収剤の一つであり、UVA吸収剤として最もよく使用されています

メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
主に紫外線B波を吸収します。
強力なUVB防御効果を持ち、UVA吸収剤や紫外線散乱剤と組み合わせて配合されます。

オキシベンゾン
UVA、UVBの両方を吸収する事が出来る紫外線吸収剤です。
高いSPF値を出したい日焼け止めによく使用されます。

日焼け止めは紫外線から私達のお肌を守ってくれるアイテムです。
しかし、私達のお肌を守ってくれるはずのアイテムが私達のお肌を攻撃してくるなんて思いもしないですよね?
日焼け止めを選ぶ際にはSPF値やPA値で選ぶのではなく、成分の方に注目して日焼け止めを選ぶのが賢いと言えるでしょう。

紫外線防止剤とは?日焼け止めクリームなどに含まれる防止剤について解説!

UVクリームのポイントと選び方とは?ノンケミカル・SPF・PAとは何を示している?

おすすめの紫外線対策アイテムはこちら
高SPFなのに無添加!エポラーシェ カラー&UVベース  

オーストラリア発のオーガニック日焼け止めクリーム、ソレオ オーガニックスで紫外線から肌を守りましょう!

紫外線対策クリーム『ペネロピムーン・エバーピンク』の口コミは?