20代とはお肌の状態が違う?30代で使いたい美白化粧品の口コミをご紹介します!

口に手を当てて目を見開いて上の方を見ているいる白人女性の画像 美白

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

お肌の手入れを怠っていても何の問題もなかった20代。
しかし、30を過ぎるとシミやくすみが目立ってきた・・・!なんてことはないですか?
30代ともなると20代の頃とは違った肌の変化が起こり、そのせいで肌トラブルも増えてしまうのです。
今回はこのような30代からの肌トラブルに対応し、美白を保つための化粧品をご紹介します。

30代の肌トラブル

30代ともなると20代のころと比べ、肌からかなりの水分量と皮脂量が減ってしまいます。
その結果、シミ予防に必要なターンオーバーが遅れてしまいます。

このターンオーバーとはいったい何なのか、見ていきましょう。

ターンオーバーとは

シミの原因となるものとして、生活習慣や女性ホルモンや肌への刺激など様々な原因が挙げられるのですが、最大の原因はズバリ紫外線です。

紫外線を浴びることによって、シミの元となるメラニン色素が作られてしまいます。
このメラニンは紫外線から肌を守る役割を果たすのですが、約28日かけて肌の表面の角質と共に剥がれ落ちます。

外人女性が日焼けした後姿の画像。肩には白いクリームで太陽のイラストが描かれている。この新しく肌が生まれ変わることをターンオーバーと言います。
そして、このターンオーバーの周期は、加齢により28日以上掛かるようになってしまうのです。

ターンオーバーが遅れると…?

このターンオーバーのサイクルが乱れると、本来剥がれ落ちるべきメラニンが沈着してしまうので、シミとなってしまいます。
こうなってしまうと今まで浴びてきた紫外線ダメージが蓄積される一方なので、20代のケア方法ではカバーしきれなくなってしまうのです。

また、上記のターンオーバーの遅れに加え30代からは肌が乾燥しやすくもなっているので、皮膚のくすみの原因にもなってしまいます。
このくすみを解消するためには水分が必要になってくるため、保湿力の高い商品を選ぶ事をおススメします。

加えて、30代前半だとそんなにシミが気にならなくても、30後半からは目立ち始めるようになります。
美白にするために一番必要なことはシミの予防です。

今はまだ目立たないから大丈夫、と油断することなく早いうちから対応することが望ましいです。

30代女性に美白を目指すスキンケアの方法をご紹介!くすみ、シワのメカニズムから対策まで

30代が美白化粧品を選ぶポイント

では、上記で説明した30代ならではのお肌の事情を考慮した、美白化粧品を選ぶためのポイントを説明していきます。

厚生労働省認可の医薬部外品を

白衣を着ている女医さんが右手をだしている画像まずは、美白化粧品と一般の化粧品の違いを見ていきましょう。

スキンケア用品は「薬事法」により、「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」の3つに分類されています。
今回のテーマとなる美白化粧品の美白とは、メラニンの生成を抑えシミやそばかすの発生を防ぐことです。

この美白化粧品を購入する場合、購入したい商品の箱に「医薬部外品」(もしくは「薬用」)と書かれていれば、それは厚生労働省に認められた美白成分が含まれているということになります。

しかし、箱に書かれているのが「化粧品」という分類では、医薬部外品に認められている効果などは認められていませんので注意しましょう。

  • 医薬品→病気の治療を目的とした薬のこと。
    有効成分の効果が厚生労働省より認められたものです。
  • 医薬部外品→厚生労働省より許可された有効成分が一定の濃度で配合されたもの。
    治療ではなく予防を目的に作られている。
  • 化粧品→美容を目的として開発された商品のこと。医薬部外品よりも効果が穏やか。

美白に有効とされる成分

美白に有効とされている厚生労働省によって認められた成分は以下の通りです。

  • ビタミンC誘導体→メラニン生成の予防とターンオーバーを整える。
    活性酵素の除去、出来てしまったシミに有効。
  • アルブチン→シミやくすみを予防する
  • コウジ酸→シミの予防、黄ぐすみにも効果
  • グリチルリチン酸誘導体→炎症防止によるメラニン合成抑制

その他にも エラグ酸、ルシノール、リノール酸、カモミラET、4MSK、プラセンタエキス等があります。

自分に合った化粧品かどうか

頬に手を当てている女性の花から下の画像しかし、お肌が敏感な方や使っている化粧品との相性が悪い場合、これらの美白成分が刺激となりダメージを受ける可能性もあります。

自分に合ってるかどうか、きちんと試してから購入されることをお勧めします。
香料や防腐剤が使われていないか、アレルギーテストが行われているかどうか、自分に合った基準で選ぶようにしましょう。

美白美容液とクリームも使ってみましょう

美白のケアには美白化粧水、美白美容液、美白乳液美白クリーム・・・といろいろと必要になってきますが、何よりも美白美容液を使う事がとても重要になってきます。

美容液は化粧水よりも効果的な成分が多く含まれているため、お値段も化粧水に比べて上がります。
乾燥しがちな30代の肌に有効な保湿力が高い成分が含まれている商品を選ぶようにしましょう。

また、そんなにたくさんの種類の化粧品を使いたくないと考え、「乳液とクリームではどちらを選ぼう?」という方には、クリームを使う事をおススメします。

乳液との違いは?と思われた方のために説明いたしますと“乳液よりもより保湿力が高いもの”がクリームとなります。

ですので、この場合も乾燥肌対策に向いているクリームを使うようにして、乾燥肌をしっかりケアしましょう。

UVケアも忘れずに!

森の中緑色の葉っぱを一枚つかんでいる女性の右手の画像また、30代以降にターンオーバーの周期が長くなることにより、日焼けした後に元のお肌に戻りにくくなってしまいます。
UVケアも夏だけではなく、一年を通して毎日欠かさずすることが大切になってきます。

それから意外と盲点なのが手や脚です。
多くの方が顔からデコルテにかけて、さらに腕にも日焼け止めをきちんと塗るとは思いますが、手の甲や脚にもシミはできてしまいます。

露出する部分には全て忘れずに、日焼けクリームを塗るようにしましょう。

毎日の日焼け止めで美白に!美白に対して日焼け止めが大切なのかを解説します!!

オススメ商品の口コミ

それでは、今回のテーマとなるオススメ美白化粧品を紹介していきます。

アスタリフトホワイトブライトローション

30代で使いたい美白化粧品1
  • メーカー名:富士フィルム
  • 商 品 名:アスタリフトホワイトブライトローション
  • 価   格:3,800円(税別)

美白有効成分アルブチンがメラニンの生成を防ぎ、シミやくすみを予防する美肌化粧水です。
独自成分「ナノAMA+」も配合され、角層を整え、透き通った美肌に導きます。
レフィル対応商品です。

口コミ
初めて使った時、赤い液体だったのには驚きました。
サラッとした触感なのですが、保湿力はとても高いと思います。
肌への刺激などもありません。
ドラッグストアで購入でき、値段もお手頃なので何度もリピしています。

一本使い切った後の感想です。
くすみが取れて肌のトーンが上がったようで、以前より白くなった気がします。
ダスマスクローズの香りがお気に入りです。
ポンプ式で使い勝手も良いと思います。

HANAオーガニック ホワイトジェリー

30代で使いたい美白化粧品2
  • メーカー名:えそらフォレスト
  • 商 品 名:HANAオーガニック ホワイトジェリー
  • 価   格:5,940円(参考価格)

ダスマスクローズを含む6つの花精油と、「アルブチン」の5倍の効果がある「朝鮮アザミエキス」など8種類の和漢植物の力により肌のターンオーバーを正常化させ、くすみの原因である肌の炎症を起こしている細胞を鎮静させます。

これにより作られてしまったメラニンが即座に排出され、シミやくすみを抑制します。
100%天然成分で作られているため、肌への刺激を感じることなくご使用いただけます。

口コミ
伸びが良くスーッと肌になじみ、とても使いやすいです。
100%オーガニック成分は業界初とのこと。
界面活性剤などが使われておらず、刺激を感じません。
ローズの香りでリラックスできます。

黄色の液体で、かなりとろみがあり良く伸びます。
100%天然成分ですので、敏感肌の私にもぴったりです。
冬になっても乾燥せずしっとりしており、シミやくすみが抑えられます。
ローズの香りが素敵ですし、肌の透明感があがってきて、とても良い感じです。

ラグジュアリーホワイト エマルジョンゲルEX

30代で使いたい美白化粧品3
  • メーカー名:アンプルール
  • 商 品 名:ラグジュアリーホワイト エマルジョンゲルEX
  • 価   格:レギュラー 9,130円(税込)

プルプルしたゲルが見えないマスクを作り、お肌から潤いを逃しません。
「美容液+乳液+ゲル」のオールインワンパック。
美容成分も含まれており、ハリつや・透明感に満ちたつやめく美肌へ導きます。

口コミ
50gで約一カ月使用することができます。
乳液のような軽い触感なのですが、クリームならではのしっかりとした潤いもあり、肌がもちもちにして乾燥しません。
香りも優しく使い勝手が良いです。

保湿力に加え美肌効果もあり、当初感じていた値段の高さを忘れさせるほどです。
定期購入だともう少し安くなります。
付けた翌日の肌の調子がとても良いです。
アンプルールのローションと一緒に使っていたところ、美白の効果も感じられました。
これからも使い続けていきたいです。

ホワイトショットSXS

30代で使いたい美白化粧品4
  • メーカー名:ポーラ
  • 商 品 名:ホワイトショットSXS 20g
  • 価   格:13,200円(税込)

気になる部分に適量美容液を塗りこむことで、肌にホワイト膜を形成し、透明感のある肌へ。
朝・晩の使用で約3カ月ご使用いただけますが、使用する部分によっては個人差が出てきます。

無香料・無着色で部分使い用、SPF30 PA++です。

口コミ
固めのテクスチャ―で、使い始めたころは少し戸惑いました。
しかし、気になる部分にピンポイントで塗り付けやすく、今ではそこがお気に入りのポイントです。
使い始めて一カ月ほどでシミも少し薄くなってきて、効果を実感しています。
量が少なくお値段も高いな…と思っていたのですが、意外と長持ちしますので、総合的に買ってよかったと思います。

私はアウトドア派なので結構シミがあるのですが、使い始めて3週間でシミが薄くなってきています。
気になる部分への集中ケアならばこれ一択でしょう。
単体で立てておくことができますので、片付けるのも楽チン。
まっさら透明肌を目指してこれからも使い続けていきたいです。

ウェアルーUV

30代で使いたい美白化粧品5
  • メーカー名:えそらフォレスト
  • 商 品 名:ウェアルーUV
  • 価   格:4,400円(税込)

敏感肌にも安心の100%天然成分のHANAオーガニックブランドからの日焼け止め商品です。
これ一本で、美容液日焼け止め化粧下地ライトファンデーションの役割を果たします。

紫外線のみならず、大気汚染、ブルーライトからもお肌を守ります。
色はピンクベージュとイエローベージュの二種類あります。

口コミ
伸びが良く、時間がたってもくすんだりせず使いやすいです。
ライトファンデーションなのでお肌のきれいな人ならこれ一本で十分かも。
けれど汗を掻くと流れやすいから、夏場は使えなさそう…
香りはすぐに消えますが、好きじゃない人には無理かもしれませんね。
また定期便でお値段は安くなりますが、5000円未満だと結局送料がかかってしまうので、そんなお得には感じられませんでした。

素肌を「守る」だけではなく、「育む」本格スキンケア処方というところに魅力を感じて購入しました。
洗顔で洗い流せるのでとても便利です。
しかも多機能なので、忙しいときはこれ一本で済ませられてしまいます。
さらさらした触感で、塗るとお肌の透明感がアップし、くすみが目立たなくなります。

自分だけの美白化粧品を!自分で作る手作りの美白化粧品レシピ

30代ならではの美白ケアをこころがけましょう

いかがでしたか。
30代からは20代のお肌の状態とは違ってきてしまうので、30代ならではのケアが必要になってきます。

それには上記で説明したように、20代よりもターンオーバーに時間が掛かってしまうということ、そして自分の使う商品にはどのような成分が含まれているかなどに気を付けて、美白化粧品を選ぶ必要があります。

これらの事に気を使いながら美肌を目指し、お肌のケアをしていきましょう。

オールインワンジェルで手軽に美白肌へ!20代、30代の方におすすめのオールインワンジェルとは?

日焼けした肌は元に戻りづらい!?肌のターンオーバーの仕組みと日焼け肌を戻して美白になる方法とは

おすすめの美白アイテムはこちら
飲む美容液といわれるマスターホワイト、30代からのお肌に必要なインナーケア

ルミナピールの効果と口コミは?手の甲専用ピーリング剤って何?

シミ対策薬用美白オールインワンジェルましろっぷであなたも真っ白肌に!