美白を目指す男性必見!洗顔の基本やパックの使い方を知っておきましょう!

窓際で悩む男性 美白

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

男性は肌がこんがりと焼けているとアクティブだと感じる方もいるかもしれません。
スポーツなどを屋外でしている方は黒く焼けていて、たくましいイメージがあるでしょう。
ですが、「あまり肌を焼きたくないなぁ」と言う男性の方も中にはいらっしゃるはずです。
肌は白いままでいたい・紫外線は肌に悪い・健康な肌を保ちたいとお考えの方もいるでしょう。
今回は肌が黒く焼ける原因とその対策、健康な肌を保つための洗顔テクニックやパックの種類と使い方を見ていきたいと思います。

男性の肌を黒くする原因

肌が黒くなる原因は主に日焼けによるものですが、それを引き起こすのが紫外線です。
男性は女性に比べて肌の水分量が少なく、短時間で日焼けしやすいと言われています。

紫外線を浴びる事でビタミンDが生成されるなどのメリットもありますが、浴び過ぎると肌がダメージを負い危険な状態になります。

紫外線はUV(Ultra Violet)とも呼ばれる光の中でも波長が短く目に見えない不可視光線です。
3種類に大別されて波長が長い順にUV-A・UV-B・UV-Cと呼びます。
一番波長の短いUV-Cはオゾン層に吸収されるので、地上に届くのはUV-AとUV-Bです。

UV-A(紫外線A波)

最も波長の長い紫外線であり、肌に浸透しやすく雲や窓ガラスも通過してきます。
また、季節による減衰が少ないため紫外線がないと思いがちな冬場でも容赦なく肌に突き刺さります。

UV-Aによって表皮のメラノサイトが刺激されると、肌を守るために褐色・黒色のメラニン色素を作り出します。
このメラニン色素が肌に沈着するとシミになり、肌の黒みが抜けにくくなってしまいます。

更に、UV-Aは表皮の下の真皮細胞のコラーゲンを変質させる事によって、シワやたるみといった肌老化を引き起こします。
対策をせずにUV-Aを浴び過ぎてしまうとヨボヨボ肌になってしまうかもしれません。

UV-B(紫外線B波)

波長が短くエネルギーの高い紫外線です。
気象庁の観測データによると7月に降り注ぐ量が最も多く、12月が少ないとされています。

UV-Bは肌を赤くヤケドさせるサンバーンという状態を引き起こします。
これは皮膚科学的には「日光性炎症」などと呼ばれ、繰り返す事で皮膚がんになるリスクもあります。
サンバーンは4日ほどで落ち着き、肌が黒くなる状態のサンタンへと移行していきます。

メラニン色素
メラニン色素自体は悪というわけではなく、むしろ紫外線のダメージから肌を守ってくれる大事な役割を持っています。
過剰に増えすぎてしまうと排出出来なくなり、色素沈着によってシミが残ってしまう事がありますので注意です。

紫外線対策は一年中必要?一年を通して使える紫外線対策アイテムの種類と選び方とは

日焼け対策に詳しくなろう!

男性の方は日焼け対策について意識する事はあまりないかもしれません。
ここでは、主な日焼け対策を紹介していきたいと思います。

帽子とサングラスと日焼け止めと日傘

日焼け止め

肌に直接塗って日焼け対策をするものであり、SPFPAという2つの効果表記があります。
それぞれ見ていきましょう。

SPF

SPFはUV-Bのカット効果を表し、数値が高いほど効果が期待する事が出来ます。
SPFにつく数値は通常と比べて何倍の時間UV-Bによる日焼けを遅らせてくれるかを表しています。

例えば、普段日焼けするまでの時間が20分の人がSPF30の日焼け止めを使用した場合、日焼けするまでの時間は20分×SPF30=600分(10時間)といった具合です。

PA

PAはUV-Aのカット効果を表し、PA+からPA++++まであります。
これは+の数が多いものほど肌を守ってくれると言う指標であり、効果の目安になっています。

日本化粧品工業会ではこの様に定められています。

PA+UV-A防御効果がある
PA++UV-A防御効果がかなりある
PA+++UV-A防御効果が非常にある
PA++++UV-A防御効果が極めて高い

また、日焼け止めの多くには紫外線吸収剤や紫外線反射剤という化学成分が使用されています。

紫外線吸収剤化学成分が紫外線を吸収して熱エネルギーに変換する事によって、紫外線が肌に浸透するのを防ぎます。
その際の熱が肌にとって刺激になったりダメージを与えたりする事があります。
紫外線反射剤
(紫外線散乱剤)
物理的に紫外線を反射することで肌への紫外線の浸透を防ぐものです。
主な成分の酸化チタンや酸化亜鉛は肌を酸化させる事がありますので注意が必要です。

紫外線吸収剤は私たちの身体に悪さをする?紫外線吸収剤の成分と紫外線吸収剤不使用の日焼け止めとは

帽子

帽子を被る事により頭皮、顔や目の保護をする事が出来ます。
効果は帽子の種類ツバの長さにより異なります。
加えて、UVカット加工がされたものであれば更に安心でしょう。

キャップタイプハットタイプ
ツバの長さUVカット率(%)ツバの長さUVカット率(%)
7cm60%7cm65%
10cm70%13cm90%

紫外線対策ができる男性用の帽子は?

サングラス

サングラスをかけた男性パイロット
目に紫外線が入ると網膜から脳に伝わりメラニンを生成するよう命令をし、日焼けした時と同じ様にメラニン色素が生成されて全身の肌を黒くします。

また、目に強い紫外線が入ると充血や乾燥、重症化すると白内障を引き起こすことがあります。
これらの事を防ぐためにサングラスは有効です。

サングラスを選ぶ際にUV400という表記を目にする事があります。
これは波長400nm(ナノメートル)以下の紫外線をカットしてくれるという意味です。

紫外線の波長

  • UV-Aの波長:315~380nm
  • UV-Bの波長:280~315nm

UV380であれば紫外線の90%を、UV400であれば紫外線を99%カットできるとされています。
対策として使用するサングラスにはUV400以上のレンズを選ぶと安心でしょう。

サングラスの色の濃さで紫外線対策効果が変わる?調光レンズと偏光レンズとは

日傘

最近では男性でも日傘をオシャレ使いする方が増えてきています。

日傘の効果は大きく、外出時に浴びる紫外線のおよそ半分を占める頭上からの紫外線をカットしてくれます。
これもUVカット加工が施されたものであれば、更に効果を期待する事が出来ます。

日傘の内側の色は紫外線を良く吸収する黒が良いでしょう。
白ですと地面や外壁からの反射光を更に反射してしまいますので、せっかくカバーしていた顔などに紫外線が当たってしまいます。

色によるUVカット効果の違い
綿100%の生地を使用した実験によって、色によっても紫外線カットの効果に違いが見られることが分かっています。

紫外線カット効果の高い順は以下の通りです。

98%
青・緑97%
95%
94%
オレンジ92%

ファッションでも紫外線カット効果の高い色を取り入れる事によって、日焼け対策をしながらオシャレを楽しむ事が出来ます!

日傘で紫外線対策しましょう!日傘の価格や種類はどのようなものがあるの?

美白の為の基本の洗顔とは

白く健康な肌を保つためには正しい洗顔を行い、ニキビや肌の炎症を予防する事も重要です。
男性は元々皮脂の分泌量が多く、歳を重ねるにつれて増える傾向があるため、日々の洗顔はとても大切です。

タバコを吸う方やよくお酒を飲む方、ストレスに晒される事が多い方も皮脂や老廃物の排出が増えますので、特に気を遣いたいところです。

より良い洗顔のために用意するものはコチラ!

  • 市販の洗顔フォーム(または石鹸)
  • 洗顔ネット
  • 清潔なタオル
泡立った泡と洗顔ネット

Step 1 洗顔ネットに洗顔フォーム適量を取り、ぬるま湯で泡立てる

ネットを使用するととても良く泡立ち、肌を優しく包む様に洗えるためオススメです。

石鹸を使用する場合は体洗い用のものとは分けましょう。
体洗い用の石鹸で洗顔をすると、顔に雑菌が繁殖してニキビ炎症の元になってしまいます。

Step 2 泡を両手の平に乗せ、顔面を撫でる様に洗う

力を入れてゴシゴシ洗いをしてしまうと、肌にダメージを与えてしまいますので避けたいところです。

この際に耳たぶ耳の後ろアゴの下首筋当たりも洗いましょう。
これらの周辺に皮脂が溜まると加齢臭の原因にもなりますので、しっかりとケアしたいですね。

Step 3 泡で顔を包んだら、ぬるま湯で落とす

30~34℃のぬるま湯で泡を溶かす様にして落とします。
生え際フェイスラインは流し残しをしやすいので忘れずに濯ぎましょう。

仕上げに冷水に変えて毛穴を引き締めるのも良いでしょう。
但し、濯ぎ過ぎは肌に傷をつけてしまいますので気をつけましょう。

Step 4 よく乾いた清潔なタオルで顔を擦らずに拭く

清潔なタオルで肌を傷つけない様に水分を吸収する様にして擦らず拭きます。
顔に雑菌が繁殖する事を防ぐために使い古したタオルの使用は避けましょう。

使用後の手アカや石鹸カスが付着して湿ったタオルは数時間で雑菌が繁殖します。
直ぐに洗濯をするか風通しの良い場所で早めに乾かしましょう。
タオルから異臭がしたら急いで取り替えるサインです。

洗顔後に肌がつっぱる原因と乾燥肌に効果的な化粧水とは?

時にはパックを! その効果とは?

顔にパックをする事は男性の方の美白にもちろん効果的です。
パックは大まかに分けて水分・栄養を与えるものと肌の汚れを落とすものの2つあります。
それぞれの特徴とパックにはどの様なものがあるのか見ていきましょう。

水分・栄養を与えるためのパック

水分や栄養を与える・補う目的のパックは主にシートタイプとジェル・クリームタイプがあります。

シートタイプ

フェイスパックの写真
顔のパーツの部分が切り抜かれたシート状のマスクタイプです。
洗顔して化粧水をつけた肌に貼りつけ、時間が経ったら外すだけと使用方法もシンプルです。
保湿にこだわる方や旅行先・出張先に持ち歩きたい方に特にオススメです。

ジェル・クリームタイプ

容器に入った美容ジェル
清潔にした肌に直接塗ってしばらく置き、洗い流すか拭き取るかして使用します。
水分・栄養などをバランスよく補え、気になる部分に集中して塗る事で重点的なケアを行う事が出来ます。
ピンポイントにケアしたい方や少ない刺激でスキンケアしたい方にオススメです。

肌の汚れを落とすためのパック

肌の汚れを落とすものには主に泥パック、泡パックがあります。

泥パック(クレイパック)

泥パックをしてもらう男性
クレイパウダーと水を混ぜてペースト状にして使用しますが、最初から調合されている物もあります。
非常に洗浄力が高くて細かい粒子が古い角質男性に多い皮脂を落としてくれます。
汗をかく事でより老廃物が落としやすくなりますので、風呂場での使用が推奨されています。

泡パック

手に載せられた泡
泡を優しく肌に乗せ、時間が経ったら洗い流すという使用方法です。
炭酸が含まれている泡パックであれば血行を促進して新陳代謝を活性化させる効果もあります。
栄養補給が出来るものもありますので、どんな成分が含まれているかも確認して使用しましょう。

パックで紫外線の悪影響を突破!クレイパックや野菜パック、フルーツパックは効果があるの?

男性が出来る美白ケアはいろいろあります!

今回は男性の美白について見ていきましたが、いかがでしたでしょうか?

肌が黒くなる原因は紫外線を浴びる事である事が分かりました。
適度な日光浴はいいですが、浴び過ぎると肌が老化してしまいます。
紫外線による日焼け対策として、日焼け止めクリーム・帽子・サングラスなどのアイテムがある事も見ていきました。
意識してこまめに使用したり、ファッションに取り込んだりして上手に日焼けを防ぎましょう。

美白のために重要な洗顔の基本も詳しく見ていきました。
優しく清潔にフェイスケアをする事は健康で若々しくいる秘訣ですので、毎日の洗顔を丁寧に行って心も若くありたいですね。
洗顔にプラスしてパックをする事でより美容効果を得られるます。
気になる乾燥をケアしたり洗顔で落としきれない汚れを落としたりして、ガサガサ肌やニキビを防いでスマートな肌を保ちましょう。

男性が肌ケアを行うのは今やメジャーです。
見た目の若さは心の若さにも繋がりますので、自信をもって毎日の中に美白ケア取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

美白と保湿には深い関係があった!肌に潤いを与える保湿効果のある美白化粧水

美白美容液の化粧水、クリーム、乳液との違いと役割とは?スキンケア用品の特徴を徹底解剖!

おすすめの美白アイテムはこちら
保湿・潤い・白肌の3つのケアが同時にできる、魔法のパッククリーム「王妃の白珠」

”カリスマエステティシャン”が作った!ニューピュアフコイダン 

新発想のナイトクリーム「おやすみ中のご褒美」ってどんな効果があるの?!

男性の方におすすめのスキンケアアイテムはこちら
『DOORSメンズコスメ』スキンケアとモテる香りで色気ある男に!!