露出が多い顔の紫外線対策方法とは?しっかり顔を守る紫外線対策アイテムは?

芝生に寝ころびながらスマートフォンで音楽を聞く外国人女性 紫外線

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

顔は常に露出している為、他の個所に比べて紫外線を多く浴びてしまうのが顔です。
顔の紫外線対策と聞いて、皆さんはどんな対策を思い浮かべますか?
日焼け止めやサングラスを思い浮かべる方、フェイスカバーやマスクを思い浮かべる方など、対策と言っても沢山ありますがどれが一番効果的な紫外線対策になるのかお悩みの方が多いのではないでしょうか。
今回の記事ではその様なお悩みを抱えていらっしゃる方々の為に、顔の紫外線対策になるアイテムをいくつかご紹介していきたいと思います。

日焼け止めクリームで顔の紫外線対策!

まずは紫外線対策の定番、日焼け止めクリームです。

皆さんはどの様な日焼け止めクリームを使用していますか?
日焼け止めクリームにも沢山の種類がありますが、その中でもラベルにSPFやPAの表示にポイントを注目してみましょう。

では、SPFやPAの違いは何なのか、簡単に説明します。

日焼け止めを塗りたくった帽子の女性
紫外線吸収剤は私たちの身体に悪さをする?紫外線吸収剤の成分と紫外線吸収剤不使用の日焼け止めとは

SPFとは?

SPFとは、肌を赤く日焼けさせる紫外線UV-B波を防止する力を数字で表しています。
紫外線を浴びた時、肌が赤く日焼けするまでの時間をどの位延ばす事が出来るのかを数字で分かる様にしたものです。

肌は紫外線に当たるとおよそ20分で日焼けを起こしてしまいます。
SPF1でおよそ20分、紫外線UV-B波の影響を受けないとされています。

しかし、日焼けをするまでの時間には個人差があります。
例えばAさんが20分で日焼けをしてもBさんは10分で日焼けを起こす事もあります。

この事を見ると、SPFは日焼けの引き延ばしではなく強さに言い換える事が出来ます。
日焼け止めの選び方は買い物や通勤など一時間程度の短い外出であればSPF35程度を、スポーツやレジャーなど一時間以上の外出で日に当たるのであればSPF50以上を日焼け止めを選びましょう。

注意点としては、日焼け止めが強すぎるとかえって肌トラブルを引き起こす原因にもなりえる事です。
日焼け止めはそのシーンに合わせて慎重に使用しましょう。

また、汗などで流されてしまう日焼け止めクリームは塗り直しが必要になってきます。
日焼け止めクリームはカバンに入れておくなどして、直ぐに塗り直しが出来る様にしておきましょう。

日焼け止めでよく目にするSPFって何?その数字は何を示しているの?

青い日焼け止めの画像50⁺

PAとは?

PAは紫外線UV-A波を肌の真皮まで到達させる事を防御する働きをします。
紫外線UV-A波を浴びると肌のたるみやシワなどの「肌老化」の原因になります。

PAの効果は「+」の数の多さで表しています。
「+」~「++++」の4種類あり、それぞれ効果が違います。

PA+ 効果あり
PA++ 効果がかなりある
PA+++ 高い効果がある
PA++++ 非常に高い効果がある
この様に「+」の数が増えれば紫外線UV-A波を防御する為に高い効果を期待する事が出来ます。
紫外線UV-A波は1年中降り注いでおり、特に夏ではかなりの量の紫外線が降り注ぎますので、室内にも入り込んでくる油断する事の出来ない紫外線の一種です。

日焼け止めに表記されているPAって何の事?PA値が高いと紫外線対策として有効なのか?

マスクで顔の紫外線対策

マスクは普段であれば風邪予防や花粉症の方がしているイメージがありますが、本当にマスクが顔の紫外線対策になるのでしょうか?

答えはYesです。
普通のマスクでは効果は殆どありませんが、UVカット加工のされたマスクならば対策としてはとても有効的であり、効果が期待する事が出来ます。

見た目では区別が難しいのですが紫外線対策用のマスクは紫外線が当たる箇所をガードしてくれますので、マスクを装着するだけで簡単に紫外線対策をする事が出来ます。

更に、マスクの良い点は蒸れにくく通気性が抜群に良い所です。
そして、紫外線カット率である「紫外線遮蔽率」の数値がとても高いのも魅力です。
「紫外線遮蔽率」が90%以上のマスクで、お気に入りのマスクを見つけてみてはいかがでしょうか?

マスクは洗えるマスク使い捨てのマスクがありますが、大切なのは紫外線対策用のUVカットマスクを選ぶ事です。

普通のプリーツマスク(使い捨てマスク)

この形のマスクは沢山の色や柄の商品があり、オシャレとしても楽しめるのがメリットです。
衛生面を気にされる方は使い捨てのマスクがおすすめです。

紫外線対策マスクはどれくらい効果があるの?

フェイスマスクで顔の紫外線対策

「マスクで顔の紫外線対策」で、マスクが顔の紫外線対策になるとご説明しましたが、マスクよりも更に顔の紫外線対策をする事が出来るアイテムがあります。

それはフェイスマスクです!
フェイスマスクは目の下から首全体や首の後ろまで覆いますので顔の紫外線対策には最も効果のあるマスクです。
息苦しくなく、紫外線カット率は95%以上です!

日焼け止めクリームを塗れば更に効果が上がり、生地が軽いので着用している事を忘れてしまう程のフィット感です。
スポーツ観戦、テニス、登山、釣り、サイクリングゴルフなどのアウトドアの日焼け防止に活躍します。

男性用・女性用のフェイスマスクがあり、用途に応じて様々な種類から選ぶ事が出来ます。
女性用のマスクは整えた髪が崩れない様にマジックテープを用いて後ろで止める形になっているものが多いです。

マスクが紫外線対策?紫外線対策になるマスクの種類と特徴とは?

サングラスをかけてゴルフをする男性

顔が紫外線を浴びると?

紫外線は私達にはとても有害なものですが、その紫外線を顔に浴びると一体どの様な事が起きてしまうのでしょうか?

肌は紫外線を浴びるとまず日焼けを起こします。
これは誰でもご存知の事ですが、日焼けを起こした後の肌は様々な肌トラブルが起きてしまうのです。

これは、腕や手・体に限らず顔の肌も同じです。
更に、紫外線を顔に浴びると光老化を起こしてしまい、顔が徐々に老化してしまうのです。

光老化
「光老化」とは紫外線を浴びる事で皮膚がシワ、シミたるみを起こしてしまう事を言います。
肌の老化は歳を重ねる度に進行してしまいますが、加齢で進行するのは2割程度であり光老化での肌の老化は8割にも上ります。

紫外線が当たらないお尻の皮膚はご高齢の方でもシワやシミは殆ど出来ないとされています。

こうして見ると如何に紫外線が肌へ悪影響を与えているのが分かると思います。
また、皮膚がんになる確率は8割にも達し、紫外線を浴びた箇所に発症するそうです。

スポーツやレジャーなど屋外にいる時間が長い方は今後の健康の為にも光老化を防ぎ、紫外線対策をしっかりと行って下さい。

紫外線とは?種類や体や肌に与える影響とメカニズムについて

人から見られる顔の紫外線対策はしっかりと行いましょう!

今回は顔の紫外線対策方法や紫外線対策アイテムなどを紹介しました。

人から一番見られる顔。
その顔が日焼けをすると様々な肌トラブルに繋がり、顔からの印象も変わってきてしまいます。
それを回避するにはUVカットアイテム日焼け止めクリームなどを活用して、紫外線対策を行いましょう。

日焼け対策の荷物が沢山

紫外線は皮膚のシワやシミ、たるみなどの肌トラブルだけではなく、皮膚がんまでもを引き起こす脅威になります。
だからと言って紫外線の強い日はずっと家にこもりっきりと言うわけにはいきません。
買い物などの用事や仕事などで外出する際は紫外線対策をしっかり行い、紫外線の多い夏を乗り切りましょう!

 

色によって効果が変わる!紫外線対策できる帽子のおすすめカラーはこの色!

おしゃれな日傘で紫外線対策がしたい!どんな日傘の色やデザインがコーディネートに似合う?

おすすめの紫外線対策アイテムはこちら
高SPFなのに無添加!エポラーシェ カラー&UVベース  

オーストラリア発のオーガニック日焼け止めクリーム、ソレオ オーガニックスで紫外線から肌を守りましょう!

紫外線対策クリーム『ペネロピムーン・エバーピンク』の口コミは?