なぜ髪はかゆくなるの?その原因と予防、解決策は?

自分の髪を引っ張っている韓国人女性 美髪

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

夏場などでは汗をかいたり、冬場では乾燥したりして、ふと”髪がかゆい!”なんて経験はありませんか?
『シャンプーを変えた』『寝不足だから』など様々な理由が思い浮かぶと思います。
そんな髪のかゆみの原因と解決策を述べさせてもらいます。

何故、髪がかゆくなってしまうのか

そもそもなぜ、髪がかゆくなってしまうのでしょうか。
理由はさまざまあります。

頭皮の乾燥

一般的な原因として、頭皮の乾燥が挙げられます。
特に冬季や乾燥した環境にさらされることで、皮脂の分泌が不足するので頭皮が乾燥してしまいます。
これによって、かゆみやフケが発生しやすくなります。

過剰な皮脂分泌

頭皮の写真頭皮が過剰に皮脂を分泌してしまうのも、かゆみの原因です。
これは皮脂が過剰な細菌の繁殖を招き、炎症を引き起こす可能性があります。
髪を洗う際に、頭皮もしっかりと洗う必要があります。

夏場などは帽子やウィッグを付けていると、汗や蒸れが原因でかゆくなることがあります。
それらを長時間被る方は、ある程度外すことも必要です。

紫外線対策を兼ねたオシャレな帽子はどのようなもの?

アレルギー反応

頭皮が特定の成分に対して、アレルギー反応を示すことがあります。
シャンプーやヘアケア製品、ヘアカラー製品といったものに含まれる化学物質に対してアレルギーがある場合、かゆみや炎症が起こります。
こういったものを使う際は必ず成分を確認し、自身のアレルギーを理解することが必要です。

間違った髪の洗い方をしてしまう

お風呂で綺麗にシャンプーする女性

シャンプーのし過ぎも、頭皮がかゆくなる理由の1つです。
シャンプーの中に入っている『界面活性剤』がシャンプーのし過ぎで、肌に必要な油分や水分を流してしまうのです。

ストレス

日常的な心身のストレスも、髪の健康に大きな影響を与えます。
ストレスが蓄積されると、頭皮の血行が悪化し、かゆみや脱毛などの症状が現れることがあります。
自律神経やホルモンバランスが乱れてしまうことにより、『ヒスタミン』が過剰に出されてしまうと考えられています。

髪の老化にご注意を!髪が老化するメカニズムと予防する方法とは?

かゆみが起きない為の様々な予防

頭皮のかゆみは日常生活において不快であり、1日でも早く治したいところです。
1日でも早く頭皮のかゆみを治すため、また、かゆみを予防するための様々な方法について紹介します。
正しいケアや習慣を取り入れることによって、快適な日常を過ごすことができれば良いと思います。

適切な保湿

頭皮のかゆみの理由の多くは乾燥が原因です。
特に冬の乾燥した時期には、保湿剤やクリームを使用して肌や頭皮の乾燥を防ぐことが大切です。
シャンプーの後は頭皮がとても乾燥しやすい状態です。その為しっかりと保湿をしましょう。
基礎化粧品、ヘアオイルといった保湿が苦手な方は、頭皮専用の保湿剤があるのでそれを使うのもおすすめです。

手に持った茶色いトリートメント

保湿効果があるスキンバームはニキビに効く!?その使い方やおすすめのスキンバームとは

適切なシャンプーの回数にする

シャンプーをして頭皮を清潔にするのはかゆみ予防に不可欠ですが、過度にシャンプーをし過ぎるのはかえって逆効果となります。
シャンプーの回数は1日1回に抑えたい所です。
それでも1日に何回も洗いたいという方は、ぬるま湯を使うなどして、頭皮や髪への負担を減らしましょう。

頭皮がべたつきやすいといった方は、皮脂が毛穴に詰まってしまう可能性があります。
なので、フケやかゆみを発生させないためにも1日1回に抑えて洗いましょう。

シャワーを熱くし過ぎない

白い壁に取り付けられ水が出ているシャワーシャンプーをする時に、温度をお風呂と同じ40℃~42℃にする人が多いです。
しかし、頭皮や髪にとってその温度は熱すぎるのです。
なので、髪を洗うときは38℃~39℃で洗うのが理想的です。
洗う際も、爪を立てずに優しく洗いましょう。

シャンプーやリンスはしっかりと洗い流す

頭を洗う時に使うシャンプー、リンスの洗い残しも頭皮のトラブルとなります。
なので、洗う際はしっかりと洗い落とすようにしましょう。

ドライヤーを使う際は頭皮に近づけ過ぎない

ドライヤーを使う際に頭皮に近づけ過ぎると、頭皮が乾燥してしまいます。
なので、ドライヤーは頭皮に近づけ過ぎないようにしましょう。

ドライヤーを持ちながら、不満そうな顔をしている女性

美髪の鍵は乾かし方?正しい乾かし方で美しい髪を手に入れよう!

健康的な食生活をする

栄養バランスの取れた食事は、肌や頭皮の健康に直結します。
ビタミンB2・ビタミンB6を多く含む食品をバランスよく食べ、内側からのケアも忘れずに行いましょう。

ストレスの管理をする

ストレスもかゆみの原因となることがあります。
日常生活でストレスを感じやすい場合は、自分に合ったリフレッシュ法を行ってストレスを溜めないようにしましょう。

アレルギーの確認

黒板に書かれた「アレルギー」かゆみの原因としてアレルギーが考えられる場合、自分の頭皮に合ったシャンプーを使いましょう。
どれを選べばいいかわからないという方は、『アミノ酸系シャンプー』を使ってみるのがおすすめです。
数か月ほど試し、頭皮の状態を確認しましょう。

ヘアカラーをすると肌が荒れるのはなぜ!?かぶれないためのカラーリング術とは

そのかゆみはダニが原因?頭皮ダニとは

なんだかかゆみを感じることが増えたり、フケが気になるという方は、頭皮ダニが関係している可能性があります。

頭皮ダニとは?

春から夏にかけて増えたダニの死骸が枕に付着し増えることにより、髪の毛に付いて頭皮のかゆみを引き起こすダニのことです。
通称『皮膚ダニ』といいます。

マダニに噛まれた頭皮

頭皮ダニの原因

頭皮ダニが増殖しやすい状況や原因には、いくつかの要因が考えられます。

過度な皮脂分泌

頭皮が過剰に皮脂を分泌すると、それがダニの栄養源となります。
本来であればダニが余計な皮脂を食べて頭皮を清潔に保ちますが、頭皮の油分が豊富な状態が続くと、ダニが増殖しやすくなります。
その結果、皮脂を食べ過ぎてしまい、頭皮が乾燥してかゆくなったり、根毛の栄養を取られ過ぎて脱毛を起こしてしまったりします。

不衛生な環境

頭皮や髪をきちんと洗わず、不衛生な状態でダニが増殖するのも理由の1つです。
また、寝具のお手入れを怠っていてもダニは増えます。

押し入れに入れられている布団3種

免疫力の低下

免疫力が低下すると、ダニなどの微生物が繁殖しやすくなります。
また、アレルギーにも反応しやすくなります。

頭皮ダニ対策のポイント

頭皮のケアを徹底する

適切なシャンプーや頭皮ケア用品を使用し、定期的な洗髪を心がけましょう。
ただし、過度な洗浄はかえって頭皮を乾燥させて、逆効果なので注意が必要です。

寝具を適度に手入れする

日光に照らされながら、干してある布団枕カバーを洗ったり、枕・布団を干したりしましょう。
そのあとは掃除機をかけて、ダニの死骸を取り除くのも大切です。

寝ている間にもニキビの原因が!?睡眠と生活習慣に潜むニキビの原因とは

適切な生活習慣を心がける

バランスの取れた食事、適度な運動、十分な睡眠など、健康的な生活習慣を心がけましょう。
これにより免疫力が向上し、頭皮ダニの増殖を防げます。ほかにも『疥癬』を防ぐことができます。

専門家の診断

頭皮のかゆみや異常が続く場合は、皮膚科や専門医に相談しましょう。
適切な診断と治療が早期に行われれば、症状の改善が期待できます。

しつこいニキビの原因は顔ダニかも!?ダニがもたらす皮膚疾患とは

かゆみを繰り返さないセルフケアの仕方

頭皮のかゆみを抑えるためには、正しいセルフケアが必要です。
その方法をお伝えします。

適切なシャンプーの選び方

青、白、緑のシャンプーボトルシャンプーは頭皮の状態に合わせて選ぶことが大切です。
敏感肌用のアミノ酸系や無添加、薬用シャンプーを使うのがベストです。

適度な洗髪頻度を守る

頭皮を清潔に保つことは重要ですが、適度な洗髪頻度を守ることも大切です。
繰り返しますが、1日に何度も洗うと頭皮の油分を奪い、乾燥を招く原因となります。
その為、シャンプーは1日1回までにしましょう。

ぬるま湯でのシャワー

シャワーを浴びる際には、ぬるま湯を使うよう心がけましょう。
お風呂の温度と同じ高めのお湯では頭皮を乾燥させ、かゆみを引き起こす可能性があります。
ぬるめのお湯でシャワーを浴び、しっかりとシャンプーやリンスを洗い落としましょう。

ドライヤーを使うときはある程度放す

ちゃんとドライヤーから放して髪を乾かしている女性髪の毛を洗ったときはしっかりとタオルで水気を取って、ドライヤーを使うようにしましょう。
その際、髪から10~15㎝ほど放すとベストです。

ストレス管理をする

日常生活でのストレスは頭皮のかゆみを引き起こす一因となります。
適切なストレス管理を心がけ、自分に合ったストレス対策を心がけましょう。

フケは男性だけじゃない!女性ならではの髪のフケの原因と予防法

かゆみを抑える頭皮ケアローションの使い方と成分

頭皮のかゆみを抑えるための頭皮ケアローションを使うのもおすすめです。
そのかゆみを抑える頭皮ケアローションの使い方と主要成分について、詳しく解説します。

頭皮ケアローションの基本的な使い方

頭皮ケアローションを使う際には、以下の基本的なステップを覚えておきましょう。

1.シャンプー後の清潔な頭皮に使用する

シャンプーで頭皮を洗浄し、清潔な状態にした後に頭皮ケアローションを使用します。
洗った後優しくタオルで乾かし、頭皮の汚れや余分な皮脂を取り除いた状態で使うことが効果的です。

2.髪を分けて地肌に塗っていく

ローションノズルの先を頭皮につけて直接塗ります。

髪を分けてローションをつけようとしているところ

3.後頭部の地肌に横線を引くよう、塗っていく

今度は頭の後ろの髪を手で持ち上げながら、横線を引くように塗っていきます。

4.指の腹を使い、全体をなじませる

ローションを全体につけ終わったら指の腹でなじませます。
この時爪を立てずに、指の腹で優しく揉み込むのがポイントです。

主な成分

上記は保湿成分です。反対にエタノール、アルコールが入っているのは避けましょう。
蒸発するとき肌の水分を取ってしまい、乾燥を進めてしまいます。

セラミドの力は頭皮にも!セラミド配合頭皮ローションで頭皮と髪を健康に

かゆみ対策は人それぞれ、さまざま

いかがでしたでしょうか。
頭皮のかゆみといっても様々な理由があり、その原因に合わせたケアが重要です。

日々の手入れや食生活の見直し、ストレス管理など様々な方法で頭皮のかゆみに対処することが大切です。
この記事を通じて、頭皮のかゆみに関する理解が深まり、適切なケアを行う手助けになれば幸いです。

最後に、頭皮のケア方法は個人差があります。
様々な方法を組み合わせて、自分に合ったケア方法を見つけていくことが大切です。
頭皮の健康は髪の美しさや全体の健康にも影響を与えるため、丁寧なケアを心がけましょう。

 

その洗い方合ってる?洗髪の正しい知識と方法で美しい髪へと変化!

髪のにおいが気になる!髪や頭皮が臭ってしまう場合の対策とは

おすすめの美髪アイテムはこちら
高級海洋成分配合の「エスーマ スペシャル ヘアローション」でスカルプケア! 

頭皮と髪へのやさしさを第一に考えたモイストヘアケアシリーズとは?

栄え続ける男髪を維持することができる炭酸スカルプシャンプーGoomoとは?