髪にも日焼け対策が必要!紫外線との関係とダメージを軽くするヘアケアグッズとは

髪の日焼け対策と紫外線の関係 表紙 紫外線

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

2021年、今年も春になると徐々に紫外線が降り注いできますね。
紫外線というと肌の日焼けのイメージが強いですよね。
ですが、髪の毛も日焼けの対象になります。
髪の毛は頭皮を覆ってくれますが、それが日焼けするとはどういったことなのでしょうか。
今回は髪の毛に焦点を当てた日焼け対策についてです。
どうぞご覧ください。

紫外線と髪の関係とは

まず、紫外線とは太陽からの日射で波長により、100nm~400nmの光線を紫外線と呼びます。

  • UV-A(315~400nm)
  • UV-B(280~315nm)
  • UV-C(100~280nm)

紫外線とは一体何?その正体を調査!普通は知らない紫外線の事

肌への紫外線の影響

紫外線で一番気になるのは肌に対してですよね。

UV-Aは肌の表皮部分の最下層から真皮と呼ばれる組織にまで達してメラニンを作り出す細胞であるメラノサイトの活動を活発にさせるため、日焼けだけでなくしわやたるみの原因にもなります。

一方のUV-Bは皮膚に対する刺激がやや強く長い時間浴びれば赤くなったり、軽い火傷のような症状を引き起こすこともあります。

髪の日焼け対策と紫外線の関係 ハワイUV-Cはオゾン層などで吸収されるため、地表には到達しません。

髪への紫外線の影響

よく日焼け対策には帽子や日傘の対策を勧められると思いますが、その日焼け対策は髪の毛を守るためにも有効です。

毛髪に紫外線が当たると紫外線は吸収されます。
そして、毛髪を構成しているアミノ酸(シスチンやトリプトファンなど)が酸化されて別の物質へと変化してしまいます。

こうなることによって、髪の重要な成分であるケラチンタンパクがダメージを受けます。

また、酸化されることによって髪の毛にシステイン酸という酸化物もでき、毛髪を傷めさせます

一番要注意な場面は、プールや海水浴で髪が濡れているときです。
紫外線を浴びるとそのシステイン酸の生成が加速されていきます。

夏はなんで髪が傷みやすいの?髪と紫外線との関係や対策方法とは?

髪が日焼けするとどうなってしまうのか(そのサインやさまざまな症状)

髪が日焼けするとどんなことが起きてしまうのか、今度はもう少し身近な出来事として考えてみましょう。

髪が紫外線を浴びると髪の主成分であるタンパク質が壊されます。
髪には外側・内側とありますが、外側は紫外線の影響を受けやすいですね。

髪の内側は肌と同じようにメラニンがあるために、紫外線をある程度は吸収することができます。
しかし、外側はキューティクルが髪を覆ってくれているためにダメージを受けやすくなります。

ダメージを受けると髪はこんなふうに変わっていきます。

頭皮が乾燥する
紫外線により頭皮が日焼けすると、顔や腕の皮膚のように軽い火傷のように熱を持ちます。
その熱を持った皮膚は水分をどんどん蒸発させていくので、放っておくと皮膚の水分もなくなります。

すると、頭皮を守るバリア機能が低下していき、かゆみやフケといった肌トラブルになってしまうのです。

髪が色落ちしたり、パサつく
紫外線によりキューティクルが損傷していきます。
そうなると、メラニン色素が壊されて髪の毛が茶色っぽくなります。
それに髪の内部の栄養分も流れてしまいます。

その栄養分が失われるとパサつく原因になります。
せっかく染めたカラーが色落ちしやすくなったり、クセ毛の人はかえってクセが広がりやすくなるという影響も出てきます。

手触りが悪くなる
きれいな髪って触るとツルツルしてますよね。
じつはそれ、髪表面のキューティクルに「メチルエイコサン酸」という天然の油分のようなものが存在しているからなのです。

しかし、紫外線を受けるとその成分は次第に減っていき、キシキシ感や引っ掛かりといった手触りの悪さが目立つようになります。
これは新しく髪が生え変わるまで、一度失われたら元に戻らない仕組みになっています。

薄毛・細毛・抜け毛
紫外線で髪や頭皮が日焼けすると、乾燥はもちろん血行不良も起きます。
頭皮が血行不良になると毛根にも十分な栄養が行き届かなくなってしまい、薄毛や細毛、抜け毛といった原因になります。
白髪
髪には黒髪の色素を作る色素幹細胞が存在しています。
紫外線を受けるとこの細胞がダメージを受けて、黒い髪を作り出せなくなります。

分け目ばかりに白髪が多いなと感じた方は、これに該当するかもしれません。
紫外線は白髪までもさせてしまうなんて、恐ろしいですね。

頭皮の紫外線対策、実は頭皮も光老化を起こしています!

髪の紫外線対策はどうすればいいのか

では、髪を紫外線から守るにはどんな対策をすれば良いのでしょうか。

UVスプレーを使う

髪の日焼け対策と紫外線の関係 日焼け止めスプレー髪と頭皮の紫外線対策にはUVスプレーが良いでしょう。
UVスプレーは紫外線による乾燥ダメージから髪や頭皮を保護してくれます。

お出かけ前にスタイリングした後の髪にシューッと吹きかけます。
髪や肌から10~15cm程度離して、まんべんなくスプレーしましょう。

外出する際は持ち歩いて2~3時間おきに付け直すと、紫外線への防御効果が高まります。
汗をかいたり、タオルで拭いた後も付け直した方が良いでしょう。

帽子をかぶる

髪の毛の紫外線対策にも帽子は有効です。
暑い日には熱中症防止にもなりますし、何役もの効果があります。

ロングヘアの方は帽子から髪がはみ出てると、その部分が日焼けしてしまうのでローシニョンのまとめ髪にするなど、なるべく帽子のツバに髪が収まるように工夫しましょう。

本格的な野外でのレジャーを楽しみたい場合は、日よけカバー付きのハットもおすすめですよ。
海やプールでもしっかり泳ぐのなら水泳キャップは必須ですよ。

日傘を差す

帽子と同じように、日傘も髪や頭皮を守るために非常に効果があります。
日傘ですと顔や腕なども防御できますね。

日傘を選ぶ際のポイントは紫外線カット加工がされているかです。
いくら手持ちの日傘があるとしても、そのUVカット機能は2~3年もすると劣化していきます。
しっかり紫外線対策をしたいのであれば、3年を目安に買い替えながら対策しましょう。

女性用の紫外線対策グッズにはどんなものがおすすめ?紫外線対策グッズとその効果とは?

紫外線で髪にダメージが出来てしまった時のアフターケア

今度はすでに髪の毛が日焼けしてしまって、ダメージを受けてしまった時のケアの仕方です。

冷やすこと

水道から水を出している手日焼け直後の頭皮は熱がこもっているため、冷やしたタオルで頭皮を覆って熱を下げましょう
冷たいシャワーを浴びたり、アイスノンで頭皮を冷やすのも良いでしょう。
髪や頭皮の日焼けにもクールダウンが必要なのです。

髪や頭皮を清潔にする

紫外線のダメージを受けたときも、髪や頭皮を傷つけないように洗いましょう。

  1. 髪を十分すすぎ、手のひらの上でシャンプーを泡立ててから、髪表面に伸ばして髪全体を洗う
  2. 全体的によくすすいだ後に、最初よりも少ない量のシャンプーを使って頭皮をマッサージするようにもう一度洗う
  3. シャンプーを十分に流してからコンディショナーを使用して、しっかりとすすぐ

ドライヤーをかけるときは頭皮から20cm程度離して使いましょう。

トリートメント

紫外線で傷んでパサパサになった髪には、早めの栄養補給が大切です。
洗い流さないオイルトリートメントを使うなど、補修効果の高い製品で集中的にヘアケアしましょう。

トリートメントを揉みこむことでしっかりと栄養が内部まで浸透していきます。
もし、さらに浸透させたいなら蒸しタオルなどで髪を温めるとより効果的です。

頭皮の保湿

髪の日焼け対策と紫外線の関係 梅雨紫外線でダメージを受けた頭皮は乾燥しているので、シャンプーをした後タオルドライをしたり、ドライヤーの後に頭皮に化粧水をつけて保湿しましょう。
普段お顔につけている化粧水でも良いですし頭皮ローションがあれば尚良いです。

頭皮にローションをつけて指の腹でなじませましょう。
もっと言えばローションの後に、最後に薄くクリームで蓋をすると完璧です。

ただし頭皮に強いかゆみや痛みを感じる時、かさぶたから膿のようなものができているときは皮膚科を受診してくださいね。

セラミドの力は頭皮にも!セラミド配合頭皮ローションで頭皮と髪を健康に

紫外線で髪にダメージを受けた髪を修復するシャンプーやトリートメントの選び方とおすすめ5選

先ほどのアフターケアのところでもお伝えしたように、ダメージを受けた際のシャンプーやトリートメントが必要になります。
どんな商品があるのか見ていきましょう。

シャンプーやトリートメントの選び方

シャンプー

目的に合った成分を選ぶ
きしみカチオン界面活性剤(髪をなめらかにする成分)
乾燥したパサパサ毛セラミド
パーマやカラーのダメージ加水分解ケラチン
優しい洗浄成分を選ぶ
アミノ酸系と呼ばれる洗浄成分が頭皮にも毛髪にも優しいです。
「ココイル~」「ラウロイル~」という表記なら、アミノ酸系なので探してみてくださいね。

トリートメント

ケラチンが配合されているもの
ケラチンはタンパク質成分でダメージを受けた髪の栄養補給ができます。
この補給をすることで傷んだ状態の髪を改善できます。
ダメージの状態に合ったタイプの成分を選ぶ
パサつきが気になるグリセリン、ヒアルロン酸Naなど
切れ毛や枝毛の改善加水分解ケラチン、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa
蓄積したダメージが気になるジメチコンやアモジメチコンといったシリコン入り
髪の指通りを良くしたいキトサン、シリコン
ツヤのある仕上がりにしたいスクワラン、オリーブオイル、アボカドオイル

あとは使う際に、香りやテクスチャーが好みの製品を選びましょう。

おすすめのシャンプー2選

イミュライズシャンプー

オージュア イミュライズ シャンプー 250ml
created by Rinker
  • メーカー名:オージュア
  • 商 品 名:イミュライズシャンプー
  • 価   格:¥3,850(税込)
  • 内 容 量:250ml

毛髪強度をケアしながら髪を洗い上げ、トリートメントが作用しやすい下地を作ります。
髪のダメージに負けない健康的で美しい髪に導きます。
カラーやパーマのダメージが気になる方へおすすめです。

500ml(¥5,830(税込))や1L(¥8,690(税込))のも用意しております。

レジスタンス バンドフォルスN

ケラスターゼ RE バン ド フォルス N 250ml
created by Rinker
  • メーカー名:ケラスターゼ
  • 商 品 名:レジスタンス バンドフォルスN
  • 価   格:¥3,300(税込)
  • 内 容 量:250ml

弱くなった髪を補修して健康的な髪へ導くシャンプーです。
深刻なダメージを繰り返す髪美しく髪を伸ばしたい方におすすめです。

500mlの容量も用意しております。

おすすめのトリートメント3選

イミュライズ ヘアトリートメント

ミルボンオージュアイミュライズトリートメント 250ml
created by Rinker
  • メーカー名:オージュア
  • 商 品 名:イミュライズ ヘアトリートメント
  • 価   格:¥4,950(税込)
  • 内 容 量:250g

先ほどのイミュライズのシャンプーと同じシリ-ズですね。
こちらも毛髪強度をケアして、傷みにくい髪に仕上げます。

こちらも500g(¥7,480(税込))や1kg(¥11,220(税込))の大型サイズをご用意しております。

レジスタンス ソワンドフォルスN

ケラスターゼ RE ソワン ド フォルス N 200g
created by Rinker
  • メーカー名:ケラスターゼ
  • 商 品 名:レジスタンス ソワンドフォルスN
  • 価   格:¥3,520(税込)
  • 内 容 量:200g

こちらもシャンプーのところで挙げたレジスタンスのトリートメントです。
弱くなった髪を補修して、しなやかで健康的な髪へ導きます。
毛髪補修成分であるセラミドカチオン性成分スムース成分が配合しております。

パーフェクト・ヘア・デイ・5イン1・スタイリング・トリートメント

リビング プルーフ パーフェクトヘアデイ 5イン1 スタイリングトリートメント 118ml
created by Rinker
  • メーカー名:Living Proof
  • 商 品 名:パーフェクト・ヘア・デイ・5イン1・スタイリング・トリートメント
  • 価   格:¥4,620(参考価格)
  • 内 容 量:118ml

美しく健康な髪に必要な要素であるボリュームやスムース感を与えてくれるトリートメントです。
シリコンフリーです。

シャンプーやコンディショナーも販売されていますので、セットでそろえるとより効果的です。

危険?!紫外線は肌だけでなく髪にもダメージを与える!シャンプーとリンスの選び方は?

直射日光を受ける髪をいたわりましょう

髪への紫外線の影響をお伝えしてきました。
髪でも紫外線に当たるとキューティクルが壊され、パサつきや薄毛など髪の老化につながります。

それを防ぐには髪の紫外線対策が必要です。
帽子や日傘はもちろん、髪のUVスプレーは強い味方でしょう。

もし、髪の日焼けに困ったらシャンプーやトリートメントでケアしましょう。
こちらではお高めの価格ですが、髪のダメージを修復する製品をいくつかご紹介しました。

まだまだ身近な製品がありそうなので、こちらの選び方を参考にケアしていってみてくださいね。
髪を紫外線から守りましょう!

 

シアバターとアミノ酸が髪を守る?!紫外線から髪を守る成分はこちら!

髪で紫外線から肌を守る?紫外線対策になる髪型とその影響とは?

おすすめの紫外線ヘアアイテムはこちら
『ラスリッシュ』の口コミは?オーガニックシャンプー&トリートメントで髪の紫外線対策

これ1本で髪の悩みを解決「マドンナリリ ヘアオイル」はベタつきません!

高級海洋成分配合の「エスーマ スペシャル ヘアローション」でスカルプケア!